気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>おすすめ   タグ: おすすめ

    kimamamh072100299


    都会の大学を出た俺・山本ケンは、ある地方都市にある、従業員200人の「中部(なかべ)工業」にエンジニアとして就職した。



    就職して4年間は、特定の女の子とつきあうこともなく、がむしゃらに働いた。

    地元の実家は分家で、本家に頭の上がらない生活は嫌だし、別れた彼女理香の面影のある都会も嫌だった。知らない土地で暮らしたかった。

    そんな26歳の夏の日、社長、中部真一郎氏の自宅に呼ばれた・・・・・

     

    酒が入っての雑談。社長は「今、つきあっている女性(ひと)はいるのか??」

    「いいえ」

    「そうか。では、君は童貞か??」といきなり聞いてきた。

    愛人の噂の絶えない社長のこと。単なるエロ話かと思い「いいえ」

    さらに、女性遍歴を聞かれた。ウソをついても仕方がないので、答える。




    初体験相手の洋子(高校生・バージン)、3年生の夏から1年間つき合った理香もバージンだった。後は、バイト先の先輩たちの単発的に……。

    酒の力や大勢で、無理矢理女を犯したことはない。とも答えた。

     

    「実は、娘の真帆(22)が君のことを気に入っているのだが、どうかね」

    俺は、一気に酔いが醒めた。

    確か、大学を出てから事務所をうろうろしたり、エンジニア見習いのようなことをしていた社長の一人娘。

    小柄で、胸も尻も小さく、だふだぶの制服が似合わない。また、私服のワンピースを着ている姿は、まるで少女のようだった。

    社長の娘でもあり、交際相手としては意識していなかったのだが、せっかく声がかかったので、ひとまず会うことにした。

     

    初回のデートは水族館。水色のワンピースを着てきた真帆。体型が強調されないスタイルなので、初々しく見える。二の腕やふくらはぎに女性らしさを感じたが、その日は手をつないだだけだった。

    その後のデートでも、腕を組んだり、肩を抱く程度。

    話題の中で、真帆は高校時代に付き合っていたという渡会(わたらい)君の話題を持ち出し、延々と語り出した。

    学校帰りに手をつないで帰ったりしたことや、父親に見つかって怒られたことなど。逆に言うと、真帆の男性との付き合いはその程度と言うことになる。

    「ケンさんは??」言葉に窮したが、ウソを言っても始まらない。本気で好きだった人がいたが、別れてしまい、都会も故郷も捨てたことを簡単に話した。

     

    【真帆と旅行の計画】

    晩秋のある日、レストランでの夕食のあとデザートを食べていると、真帆が某リゾートのパンフレットを出し「ここ行きたい」と蚊の鳴くような小さな声で、真っ赤な顔をして言った。

    「お父さんに宿取ってもらうから」と真帆は続けて言った後、しまった、という感じで口をつぐんだ。

    これで全てを理解した。

    只の旅行の誘いではない。

    真帆と(父親である)社長との間には話しがついているはずで

    真帆との旅行→真帆と結婚(婿養子)→次期社長

    というレールの上に乗るはずだ。

     

    確かに、数ヶ月の交際で真帆のことを好きになっている。

    体の関係があったわけでもなく、プロポーションがいいわけでもなく、話がうまいわけでもないのだが、人を好きになるということはこういうことなのか。

    また、真一郎社長の人柄も会社もこの土地も気に入っている。故郷も捨てたつもりなので、山本の姓に未練はない。家は故郷に就職した弟が継ぐはずだ。(歴史はあるが、分家なので大したイエではない)

     

    俺は黙ってうなずき、そのまま食事を済ませ、真帆を送っていった。お互い無言だが、意識は湖畔のリゾートへ。

     

    翌日の午後、俺は社長室に呼ばれた。

    「山本君、クーポン券だ。真帆のことを頼む」安堵と緊張が入り交じった表情の社長。只の旅行クーポン券なのに、とても重く感じられた。

     

    当日。ピンクのニットの上着に、花柄のロングスカートという出で立ちで現れた真帆を助手席に乗せ、晩秋の湖畔のリゾートホテルへ。車と荷物を預け、遊覧船に乗って紅葉を鑑賞したりするが、真帆は明らかに落ち着きを欠いている。

    午後4時。空気が冷たく感じられてきた。

    「部屋に行こうよ」と蚊の鳴くような声で真帆が言う。

    「えー、『オルゴール博物館』見に行くんじゃないの??」と意地悪を言うと、俺の体にしがみ付いて、半分怒ったような顔をした。

     

    【ホテルの部屋で】

    ベルボーイが去り、二人きりの部屋。眼下には、湖が広がっている。

    真帆も並んで景色を見ているが、そわそわと落ち着かない。

    「真帆」声をかけ、細くて折れそうな体を抱きしめる。

    真帆も抱きつき返してくる。

    一旦体を離すと、真帆は目をつぶって上を向いていた。真帆の唇に自分の唇をそっと合わせる。温かくて柔らかい感触。真帆は心なしか震えている。

    唇を合わせるだけの長い長いキス。終わると、真帆の口から吐息が漏れた。

     

    真帆をソファに座らせ、肩を抱きながら暮れゆく湖畔を眺める。口火を切ったのは真帆。

    「ケンさん……私、まだしたことがないの……何も分からないけど、いや??」

    「そんなことないよ、真帆、喜んでいただくよ」

    真帆は緊張して固くなっているので。とりあえず、部屋の明かりを落とし、カーテンを閉め、ベッドに促す。

    服を着たまま抱きしめ、ニットの上から胸を包み込むようにそっと撫でる。

    「あんっ、くすぐったい……暑くなってきた」まあ、暖房を強くしたからね。

    ニットとキャミソールを裾から持ち上げて脱がし、下もスカートとストッキングを脱がす。殆ど暗闇なので、抵抗なく脱いでくれた。

    耳を舐めながら胸を揉むと

    「恥ずかしい」

    「???」

    「胸、小さいでしょ」確かに、片手ですっぽり包まれる位の小ぶりの胸。揉んだ感触しかないが、中身はしっかり詰まって、張りもある。

    「かわいいよ。早く明かりをつけてじっくり見たい」

    「お願い、もうちょっと待って。」

    俺は、暗闇の中、指で背中や脇腹を撫でると、真帆は身もだえていた。

    (愛撫しながら自分もパンツ1枚に)

    ふくらはぎ、太ももを撫で、いよいよ内股へ。

    ショーツのお腹の部分をそっと押し、恥丘をそっと撫でる。ショーツ越しにヘアの感触がする。そして、局部をクロッチの上から軽く触ると………すでにそこは湿っていた。

    「真帆、触るよ」

    「うん、くすぐったいような、ゾクゾクするような感じ」

    そう言いながらも呼吸は荒くなっている。

    局部を撫でながら、背中に手を回して、ブラのホックを外し、ブラを上にたくし上げる。

    「ちょっとぉ、どうやって外したの??」

    その質問を遮るように、乳首を指で転がし、口に含む

    「ああんっ、くすぐったい。でも気持ちいい。乳首っておいしいの」

    「うん、塩味が利いて、おいしいよ」

     

    「あっ、汗くさくない??」

    「真帆のいい匂いがする」

    「ねえ、シャワー浴びたい」

    真帆の局部を押すと、そこは大洪水になっていた。真帆も気が付いたらしい。

     

    「そうだね、シャワー浴びるか」と俺は部屋の照明を付けた。

    「きゃあ」ベッドの上には、真っ赤な顔をしてショーツ1枚だけ付けた真帆がいた。

    胸は大きくないが、それでもかわいく膨らんでいて、垂れていない。体も、スリムではあるが、思ったよりは肉が付いている。お腹にも適度な肉が付き、あばらも出ていない。なによりも、真っ白く光り輝いて見えた。

    「真帆、きれいだよ」

    「ケンさんに見られちゃった」

     

    傍らにあった寝間着を手に取ると、真帆は身を縮めるように風呂場へ。少しして、俺も付いていく。

    「きゃっ」

    「入れて」

    「うん・・・・ケンの大きい。それでよくズボン穿けるね」

    「普段はもっと小さいよ。これは真帆用のサイズだよ」

    「触っていい」「ああ」

    「こんな大きいの、私の中に入るの??」

    「大丈夫だよ」

    「固い・・・」

    今まで見たことはないのかと尋ねると、友達が冗談で見せてくれたAVぐらいしかないという。モザイクがかかっていたので。モザイクの向こうが気になっていたとか。

     

    俺は、真帆の体をじっくり眺めた。肩や太ももなど、何となく体の線が固い。まさにバージンの体。

    以前にも別の女の子のバージンを頂いたことがあるが、やはり、体験を重ねると体の線が丸くなってくる。

    この真帆の体をしっかりと目に焼き付けた。

     

    全裸のままベッドに戻り、布団をかぶると再び抱き合ってキス。そして、胸とうなじの攻撃に移る。

    最初はくすぐったそうにしていたが、次第に吐息が荒くなり、乳首を舐めたりすると「あんっ」と声が出るようになった。

    足元に回り込んで、太ももの内側から局部に舌を這わせる。すると、あっという間に濡れてきた。

    ピンク色の局部も、いずれは黒ずんでくるのか・・・・感慨深く眺める、と、

    「ケン、恥ずかしいよ」

    「真帆、最初はしっかり濡らさないと」と適当なことを言う

    舐め続けると「あん、あんっ、あんっ」と喘ぎ声が再び出るようになった。

    「気持ちいいの??」

    「何だかしびれるようで、気持ちいい」

     

    「挿れてみようか」

    「うん……でも、こんな大きいの入るの??」

    真帆をベッドの下の方に横たえ、足を開く。あの、少女のような真帆が、おっぱい丸出しで足を開いて俺を受け入れようとしている。

     

    逸物を局部にあてがい、押し出すようにする。先っぽは入った

    「入ったよ」

    「何か、アソコが広げられたような感じ」

    「奥に進むよ」

    そう言って、腰を前に押し出す

    「痛いっ!!」

    「真帆???」

    「何か、裂けるような感じがする。でも、続けて」

    俺は更に腰を押し出す。ものすごく締まる。

    「あああああっ、」真帆が絶叫する。

    「奥まで入ったよ」

    「あそこがこじ開けられたように痛い。動くの待って」

    俺は、逸物を突き刺したまま、真帆にキスをする。真帆は涙を浮かべていたので、唇で吸い取る。

    「ケン、やっと一つになれた。うれしい」苦痛に歪みながらも、嬉しそうに言った。

     

    「動くよ」「ええ」

    そろそろと動くが、やはり痛いみたいだ。

    昔の女みたいに、ピストンするとよがり声を上げて逸物を締め付けてくれるようなエッチとは大違い。

    しばらくそろそろと動いていたが、真帆の愛液が少なくなってきたのか、滑りが悪くなったので、一旦抜くことにした。

    真帆の股間、腰の下に敷いたタオル、俺の逸物は血に染まっていた。

     

    「ケンさん、ごめんなさい」

    「???」

    「気持ちよくなかったでしょ。」

    「あんなAVのようなエッチと一緒にしたくないよ。今のは、俺と真帆が一つになるための大切なセレモニーだ。いまに真帆も感じるようになるよ」

    「ケン・・・」真帆はしがみついた。

     

    血の始末をしたいというので、別々にシャワーを浴びて再びベッドへ。

    「ケン、小さくならないね」

    「ああ」

    「手コキっていうのやってみたい。精液が出るところ見てみたいの」

    そういうと、枕元にあったローションを手に取り、俺のを扱きだした。

    握り方とか強さとか教えると、真帆はすぐにこつを掴み、俺は発射。真帆はしげしげと眺めていた。

     

    【第2回戦】

    翌日も観光地巡りをするが、真帆は腕を組みっぱなしだし、人が回りにいないとキスをせがんでくる。

    昼食を食べた後、真帆が言った。

    「ねえ、部屋に戻りたい」

    ホテルに電話をして、部屋の清掃が済んでいることを確認すると、ホテルに戻った。



    昨日は、間にシャワーで中断されたので、先にシャワーを浴び、室内着に着替えてベッドに横たわる。



    カーテンを閉め、薄明かりの中、真帆の服を脱がし、ブラとショーツだけにする。

    ブラを外すと、小さな乳首はぴんぴんに立っていた。

    口に含むと「ああんっ」と腰をのけぞらせた。

    耳を舐めながら乳首をこね回すと、真帆は喘ぎ声を上げて腰を振ってよがりだす。

    ショーツを脱がせ、局部に触れてみると、すでに大洪水。

    クリを舐めると「ひぃぃぃぃ、しびれる」と



    俺の逸物は立っていたが、真帆はおしゃぶりはしたくないようなので、ローションを垂らして手でこいてもらう。

    で、真帆を横たえて挿入。

    「ああんっ」

    「痛くない??」

    「少しだけ痛いけど、気持ちいい。ピストンしていいよ」

    俺は、ゆっくりではあるが前後にピストンする。

    「あんっ、あんっ、あんっ、気持ちいい。もう痛くないよ。あんっ」

     

    まだまだ反応はぎこちないが、締め付けの良さに俺は逝きそうになった。

    「真帆、逝くよ」

    「いいわ、出して」

    俺は、逸物を抜くと、お腹に振りかけた。

     

    「ケン、気持ちよかった」

    「真帆」俺は、腕枕をする。

    「ケンの、ちっちゃくなっちゃった」真帆は、俺の逸物をこね回す。

    「ん、ケン、また大きくなってきたよ」

    「うん、真帆が魅力的だから」

    「まあ、ケンったら。もう一回しようか」

     

    今度はバックから責め立ることにする。小ぶりのお尻を抱え、背中から手を回して胸を揉み、ピストンする。

    最後は、お尻に振りかけた。

    「何か当たるところが違って、バックも気持ちいいね」と真帆。



     

    【クリスマスイブのこと】

    旅行から帰ってきたあとも、俺たちの交際は順調だった。真帆の家に行くこともあったが、階下にいる両親に気を使うので、アパートに来てもらうこともあった。

    会社の中でも話が広まりつつある。話の出所は社長で真帆の父親の真一郎氏。ちょっとプレッシャーを感じる。

     

    クリスマスイブのある日。真帆の両親&真帆と食事をした。レストランを出るとき、真帆は父親の車からカバンを取りだすと俺の車に乗り込み、アパートに泊まりに来た。

    「よくOKしてもらえたね」

    「う、うん」

    「何か緊張してない??」

    「そ、そんなことないよ」

    車中の真帆は何となくぎこちない。

      

    通りがかりのコンビニでケーキやワインなどを買い、アパートへ。

    真帆は黙ったまま。

    「真帆、何か変だよ??」

    「ケンさん、あの………」

    「何でも言いなよ。」

    「私、どうしよう」

    「???」

    真帆はとうとう言った。「一緒になりたい」

    「真帆、それは俺のせりふ……」

    「でも……」

    少し前に真帆は父親と話した。真帆はケンのこと好きだし、父親も気に入ってくれている。真帆は22歳とまだ若いが、結婚に異存はない。



    但し………

    真帆は社長の跡取りであり、社長自身が長男なので、婿(むこ)を取らなくてはならない。

    ケンは旧家の長男と聞く。長男に婿に来てくれ、と言えるだろうか………

    真一郎氏自身も、親戚から家を絶やさないで欲しいと言われていて、悩んでいる。

     

    「私、どうしよう」真帆は泣きだしてしまった。

    ケンは真帆を抱きしめて言う。

    「真帆。君と一緒になるんだったら、婿でもいいよ。」

    「えっ」

    「旅行のチケットをもらったときに、その覚悟は出来ているよ」

    「あなた、長男でしょ」

    「俺は故郷を捨てたんだ。地元に弟がいるから、奴に継がせるよ。実は、旅行の後に兄弟で話して、快く引き受けてくれたよ」

    「ケン」真帆は俺にしがみついてきた。



     

    kimamamh5260129


    スペック


    オレ(現在21


    当時中学一年


    まぁまぁモテてたいちねんながら二三年出し抜いて剣道部エース


    相手


    Fカップぐらいかな?


    中一


    剣道部


    同じ小学校


    出会いは、まぁ小学校一緒だったからそのときかな


    むこうが引っ越してきた


    しょうろくの時そいつに屋上に呼ばれた


    行ったらクラスの女勢ぞろいでオレくそびびった


    で、こくられた


    女十人以上の無言のプレッシャーにまけてそのまま付き合うことになった








    ちなみにその時は相手もでかぱいじゃない


    めんどいから相手の名前エフにするわ


    で付き合ったんだけど、小学生だしエロいこととかもなくて


    俺がめんどくさくなってすぐにわかれてってお願いした


    小学校の時はそれぐらいしかない


    で、当然のように同じ中学へ


    オレは小さいころからずっと剣道やってたんだが


    エフも剣道部に入ってきやがった


    ちなみにオレは部活をなめきってて週に一回練習でるくらい


    なんで俺のが強いのに外周とかしなきゃならんのとか思ってた


    オレまじクズwwwww


    それでそいつは中学入るころにはめちゃくちゃ胸がでかくなってた


    学年一のきょ乳だとおもう


    しかもエロかった


    夏ごろエフがえんこうしたって噂が立った


    それが原因でエフは学年のボス的な美少女から嫌われて


    かなり精神てきによわっていた


    一方オレは当時付き合ってた彼女にスケベしようやぁと言ったら


    振られてムラムラしていた


    同じ部活なのに全然話してなかったが


    ある日偶然帰り道が一緒になりそこからまた仲良くなった


    再び仲良くなる中で


    オレはそいつのおっぱいがめちゃくちゃ気になりだした


    でも現実的にどうにかしたいという気持ちはなかった


    だが、ある日エフをリアルに欲望の対象として見ることになる事件が起こる


    いつものように帰っている時だった


    あれは確か土曜日か何かで部活帰りだけどまだ正午ぐらいだった


    いまでもその時の道路も周りの蒸し暑い空気も鮮明に覚えている


    エフが追いかけてきて一緒に帰ることになったんだが


    その道すがら唐突にこう聞かれた


    「オレくん…付き合ってほしいの。」


    オレは迷った。


    だってこいついじめられてんじゃん。オレ守る自信ないし


    だから黙ってた。


    そしたらエフがこういった


    「付き合ってくれたらエッチしてもいいよ」


    あ、ちなみにエフは結構可愛いよ。女子からいじめられるぐらいだからな


    ボアを可愛くした感じだな






    オレはビビったよ


    こいつ変態じゃんって


    でも、ぶっとんだ


    エフの部活帰りで汗ばんだうなじ


    汗ですこし透けた半そでのシャツから透けてるたわわなおぱい


    ブラジャーすけすけ


    しかも部活帰りの女子っていいにおいだよなwwww


    「うん、付き合おう」


    即答しました


    今思えば最低だなwwwwww


    めっちゃくちゃ喜んでたわ


    なんか本当に学校で心細かったらしい


    守ってねとか本当に大好きだったよとか言われてたんだけど


    オレの頭の中はエフの制服の下に眠るふたつのマスクメロンでいっぱいだった


    オレの家まで送らせたんだが、道中で初デートする日を決めた


    そしてその日せくろすすることも


    その日が来た


    確か学校帰りだったか


    制服だったのは覚えている


    中学生だからお出かけのつもりで三つぐらい先の駅で降りた


    当時は電車に乗って違う駅に降りるだけで立派なお出かけだった


    ちなみにその日が来るまでは毎日バッキバキになってたわwwww


    学校帰りだったけどその日もまだ午後二時ぐらいだったかな?


    オレは駅に降りるなりすぐにエフにsクロスしようと提案した


    エフは黙ってうなづいた


    レ「場所どうすんの?」


    エフ「…あたしは…どこでもいいよ…///」


    オレ「どこでもいいじゃねぇよ。オレわかんないんだからお前決めろよ」


    エフ「…はい…」


    ってな感じで、俺たちは手をつないで知らない街を歩きだした。


    エフはオレの手を引いて一生懸命人がいなそうな場所を探してくれた


    俺は股間をふくらませてだまって手をひかれて歩いた


    夏の午後二時


    いわゆる2PMだ


    くそあつい


    俺はダンダンイライラしてきた


    もうどこでもいいからはやくしようや


    っていった


    エフは焦った。


    で、もうほんとに目の前にあった結構ぼろいマンションmンに入った


    ごく一般的な団地ッて感じね


    で、いろいろ探したのよ


    そしたら最上階と屋上の間の階段があったんだ


    全然人が来そうな感じ


    だからエフはビビってた


    でも、俺はもう歩きたくなかったしここにしようって決めた


    ちなみにそのころにはえんこうをした話を本人から聞いた


    一万でおっさんに処女うったらしい


    ばかwwww


    そんなわけで向こうが先輩なので


    俺はエフにお前がちゃんとリードしろよって命令した


    さていよいよだ


    ポジション的にはエフが少し上の段に立ってた。


    んで、俺はその少し下の段で座ってた


    まずエフはパンツを脱ぎだした。


    いきなりだよ?


    キスもしないでだ


    それでその時ものすごく覚えていることがあるんだよね


    ほんとに鮮明に


    今でも完全に写真のように頭に残っている


    それはなにかというとだな


    オレがエフのスカートをめくりあげたら


    白く濁ったえきがおまんまんからモモのあたりまでたれてきてたんだ


    あとにもさきにも触れもしないであんなに濡れてる女見たのは初めてだ


    なんかその時本能的にめちゃくちゃ興奮して


    俺はものすごく記憶に残ってる


    んで、まずはよくまんまんを観察することにした


    ちなみにエフはその時制服でパンツだけ脱いだ状態


    エフを少し上の段に立たせて、自分のスカートのすそをもたせて


    めくり上げるように言った


    で、たたせたまま、まんまんを観察した

    kimamamh5260170


    社会人になり、出会いもなく、暇潰しにと、出会い系サイトで一人の女性とメールのやりとりをするようになった。


    彼女は33歳の独身で、自己PRには「名前は沙希。

    小柄で童顔」と書いてあった。


    俺とは10歳年の差があったけど、年上で童顔がタイプの俺にとっては絶好の相手が見付かったとその時は思った。


    二月程、メールのやりとりをして、仲良くなったある日、こちらから

    俺「今度の日曜日もしよかったら会ってみたいな。


    と送信すると、

    沙希「いいよ。

    でも期待しないでね。


    と、すんなりと会うことになった。


    出会い系は初めての事で、まだ写メの交換もしていないのでお互いの顔も知らず、ましてや電話で声も聞いたことがなかったので、かなり緊張したけど、どんな人なのか、勝手に理想像を頭の中で描いていた。


    そしてその日を迎えた。


    日曜日の昼12時にデパートの時計台前の入り口で待っていると、グレーのタイトスカートを履いている小柄の女性が数メートル先にいた。


    メールで当日の互いの服装等を言っていたので、この人に間違いないな、と思った。


    高鳴る鼓動の中、こちらから声をかけてみた。


    俺「ど、ど〜も。

    さ、沙希さんですか?」

    すると、彼女はこちらを振り向き、




    沙希「あっ、ど、ど〜も。

    はじめまして。


    お互い照れながら、笑顔で会釈を交した。


    彼女を見ると、本当に童顔小動物っぽい顔で、小さな粒羅な瞳が可愛く、とても30代には見えなかった。


    俺「沙希さん。

    か、可愛いですね。


    思わず口に出てしまった。


    沙希「そ、そんな事ないよ。


    恥ずかしそうに手を振りながらリアクションする姿がまた可愛いかった。


    俺「と、とりあえず食事でもしましょうか?」

    緊張のあまり、目を反らしながら、町の中を歩いて行った。


    彼女は時折、無言でチラチラとこちらを見ながら、歩いていた。


    本当に小動物っぽい動きをするなぁ。

    とその時はそれくらいしか思わなかった。


    それから数分歩いた後、とあるパスタ屋さんへ入った。


    沙希「まだ、緊張してる?w」

    彼女の方から口を開いてきた。

    kimamamh5260058


    痴漢の常習犯だったAもついにヤキがまわったのか、

    気の強い女に手を出してしまい、駅のホームに引き摺り下ろされ

    警察に突き出すだの無実だのともみ合っているうちに足を滑らせ

    入ってきた急行電車にはねられて即死した。


    Aの死体はバラバラになってしまい、とくに頭部は

    どこを探しても見つからなかった。




    それ以来、終電が通り過ぎて駅の電灯が消えた後、

    線路の上をさまよう首無しの幽霊が、駅員によって目撃されるようになった。


    自分の首を求めてさまようAの幽霊であろう、というのが

    駅員たちの間で噂になった。


    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ