気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談【その他】   カテゴリ : H体験談【その他】

    kimamamh081900362


     夏の日の昼下がり、1組の男女が5階建てくらいのビルの裏手で会話している。

     女はデニムのノースリーブワンピース。

     男はハーフパンツにポロシャツ。

     男が女にささやく。

    「さぁ、脱いで」

     女がためらいがちにワンピースの前のボタンを外していく。

     全開になったワンピースの下には下着を着けていない。

     その代わりに、赤い麻縄が亀甲に締め上げられ、股間にも股縄が食い込んでいる。

     男は脱がせたワンピースを自分の腕に掛けると、ポケットから取り出した銀色の手錠を女の手首に掛けた。

     鎖を腰の後ろに回してもう片方の手首にも冷たい鉄の輪を掛ける。

     女は身体の後ろに固定された腕を動かそうとしたが、ガチャガチャと鎖が鳴るばかり。

     朱縄で絞り出された乳房も、股縄が食い込んだ黒いデルタも、全く隠すことができない。



     男はさらにポケットからボールギャグを取り出した。

     穴が空いたピンポン球のようなそれを女の口に押し込むと、ベルトを首の後ろで結ぶ。




    「うつむいてるとよだれまみれになるから、胸を張って背筋を伸ばして歩くんだよ」

     男が言う。

     女はもううなずくこともできない。



     最後に男が取り出したのは小さなプラスチック製の箱だった。

     箱にはダイヤルがついている。

     男がダイヤルを回すと、女の股間から身体を伝って電動音が響き始めた。

     同時に湿った柔肌の内側で残酷な機械が荒々しい蠕動を始めていた。

     女は身体をくの字に曲げて苦し気なうめき声を上げ、太ももの内側を擦り合わせた。

     ボールギャグからよだれが垂れ落ちるが、女にはどうしようもなかった。

     男がダイヤルを戻して言った。

    「弱めにしておくよ。歩けないとどうしようもないからね。

     じゃ、俺はエレベーターで屋上に行って待ってるから。

     早く来ないとバイブのスイッチは入りっぱなしだよ」

     亀甲に縄掛けされ、股縄を締め込まれ、後ろ手に手錠を掛けられてボールギャグまで噛まされて、股間にリモコンバイブまで仕込まれた女を尻目に、男は歩み去った。

     女の前には、屋上に続く外から丸見えの非常階段が冷徹な姿をさらしていた。



     いつまでもこんな格好で突っ立ってもいられない。

     女は意を決して非常階段を上り始めた。



     後ろ手に縛られている上に、男の命令でピンヒールのミュールを履かされているので、足下がおぼつかない。

     一歩一歩慎重に上っていく。

     階段の手すりの下は10センチほどの間隔で鉄の棒が並んでいるだけだった。

     偶然こちらの方向を見上げている通行人がいたら、彼女の恥ずかしい緊縛姿を余すところなく見られてしまうだろう。

     恥ずかしさのあまり、顔が火照るのを感じる。



     股間に締め込まれた股縄には、淫核と膣口に当たるように結び玉が作られていた。

     ヴァギナの中に押し込まれたリモコンバイブの微妙な蠕動とはまた別に、その結び玉は、歩を進めるたびに敏感な柔肌をねっとりと擦り上げていた。

     3階まで達した頃には、股縄は女の垂れ流す液体でじっとりと湿っていた。

     たまらなくなって、女は踊り場で腰を折り、手すりの柱に尻を押し付けて腰を動かした。

     顔をうつむけてしまったので、ボールギャグの穴からよだれが糸を引いて垂れる。

     だがそんなことでは、厚着した上から痒いところを掻くようなもどかしさが募るばかり。

    kimamamh081900116


    ある日人通りが少ない道を歩いてたらいきなり一人の男に口を抑えられうつ伏せにされる。

    人通りがほとんどないため誰も助けにこない。男に着ていたTシャツをまくりあげられて男の目的に気づき『やめて』と必死に叫ぶが口を抑えられてるため声が出ない。

    そして男に馬乗りにされて必死に抵抗すると男のあそこが固く大きくなっていくのがわかる。

    そしてちょっと想像してしまい私のあそこは濡れ始める。

    まくりあげられたTシャツからのぞく下着の上から男が大きな手を使い胸を揉みしだく。下着から乳首がはみ出し、その乳首を




    指先でつまみながら耳元で『もう固くなってる』と囁く。

    私の乳首はビンビンに固く勃ち、抑えられた口元から息が漏れる。

    乳首をつまむ力が強くなり、堪えきれず『んっっあっ』と声をもらしてしまう。

    彼は私のスカートをまくりパンツの上から手マンし始めた。

    私の声が次第に大きくなり、小刻みに震えていくと、偶然そこに気の弱そうな男子中学生が現れた。

    必死に(助けて)とうるませた目で訴えるが、男子中学生には伝わらない。


    kimamamh081900423


    ポリネシアンセックスとは

    南太平洋諸島(ポリネシア)に暮らすの人々の間に伝わるセックススタイル。



    セックスは5日に1度、中4日は性器の接触はしないで、しっかりと抱き合い肌を密着させて眠る。

    前戯や抱擁や愛撫に最低1時間をかける。

    女性の中に挿入後も最低30分はじっと抱き合ってから前後運動を始める。

    オルガスムがあった後も、性器を結合させたまま抱き合っている。




    ポリネシアンセックスを実践する際の注意点

    ・ポリネシアンセックスを試みる前に食事をあまり取らないようにして下さい。

    ・食後数時間たってから行うか、果物を食べるかお茶を飲んだ後の午前中が最適です。

    ・落ち着いて集中できる環境をつくることが大事です。

    ・相手の性器へ興奮することよりも、常に深呼吸して体全体をリラックスにするようにします。



    kimamamh081200249


    私はある出会い系に登録しています。



    そこで知り会った彼(セフレ)との話です。



    わたしは特にSMプレイとかしているわけではないんですが、その日彼の希望でバイブ



    を入れっぱなしにされたんです。



    それも、アソコとお尻の穴の2箇所。



    まだ濡れていなかったんですが、無理やり押しこまれてスイッチを入れられました。



    しかもベルトで固定されてしまって、暴れても抜けないようにされました。すぐにわた



    しは大洪水です。わたしは彼が見ている前でものすごく感じてしまいました。






    下半身がビクビクして、耐えられなくなったわたしは床に四つんばいになって、おでこ



    を床にくっつけて必死にがまんします。容赦なく襲って来る快感に身体が震えてコツン



    コツンと床とおでこが当たります。やがてわたしは大きな声を上げてあっけなくいって



    しまいました。



    でも、そこからが凄かったんです。さすがにバイブ、疲れを知らないんです。



    わたしがイってしまったにも関わらず、どんどん責めつづけます。



    わたしはヒイヒイ叫びながら床を転がりまわり、3回も4回も連続でイキます。



    どんなにタフな男性でもこんなに続けざまにわたしをイカせることは出来ないでしょ



    う。

    kimamamh080400073


    普通に付き合ってた彼女に「ただ縛るだけ。

    縛りの練習」と言われて縛られたら、

    そのまま浣腸された。

    しかも彼女のおしっこを・・・500cc以上あったかな。


    アナルプラグで栓をされて、「私のおしっこを吸収しなさい。

    あなたは私の奴隷に

    なる」と言われて、もう放心状態だった。

    しばらくしてやっとアナルプラグを

    抜いてもらえてトイレで出したら、そのままペニスバンドで犯された。


    アナルを初めて犯された時は恥ずかしいのと変な快感とで涙が止まらなくて、

    泣きながら犯されてた。

    彼女が犯しながら抱きしめてくれて、「大丈夫。

    私が

    ついているから、どんどん変になりなさい。

    」って耳元でささやいてくれたから

    本当に気が狂うかと思った。

    最初にだまされて調教された日に完全に奴隷化

    されてしまったみたいで、今は全然嫌だとは思わないし、「犯すよ」と言われれば

    ペニバンを受け入れるのが当然になってる。

    「犯すよ」という言葉を待ってるし、

    抱きしめられてペニバンが体の中に入ってくるとたまらなく幸せな気持ちになる。

    kimamamh080400064


    みなさんこんにちは、友美っていいます。

    今年の夏にした変態H体験を聞いてください。



    うちにはケントっていう名前の

    シベリアンハスキーがいます。

    実は、私にHなことを教えてくれたのは

    ケントなんです。



    私が中学生で、

    まだケントが小さかった時のことです。

    部屋の中でケントと遊んでいるときに、

    スカートの中に入ってきたケントが

    足の付け根のあたりをペロッて舐めたんです。



    その瞬間、ぞくぞくってして




    体に電流みたいなのが流れました。

    その頃はオナニーしたこともなかったので、

    私にとってはすごい衝撃でした。



    それから毎日のように、

    私は親に隠れてケントを自分の部屋に入れて、

    体を舐めてもらうようになったんです。



    最初の頃は恥ずかしかったので

    パンティーを履いたままでした。

    パンティーのアソコの部分に

    牛乳を垂らしてあげると、

    ケントは喜んで舐めてくれます。



    それがいつからか直接舐めてもらうようになりケントのザラザラした舌で

    乳首とかクリトリスを舐められると、体がビクビクッてするようになっていました。

    初めて私にイクッてことを教えてくれたのもケントなんです。

    ここからが本題なんですが、夏休み中のある日のことです。

    私は大喧嘩して彼と別れました。

    原因は彼の浮気で、それも私の親友と寝たんです。

    その日は一日中頭にきていて、夜中になっても寝ることができませんでした。

    それで、部屋にケントを入れて、愚痴を聞いてもらっていたんです。

    そうしたら、気分が少し良くなってきて、愚痴を言っているのもバカらしくなってきました。




    中学教師です。


     以前、私が剣道部へ入部した夏の合宿の話を投稿しましたが、今回は学校での話では

    なく、当時の女先輩からのシゴキにより、痔になった時に、診療所で受けた恥辱の話です。


     我が剣道部は、入部当初はあまり練習をしてなくて、そういう意味では楽な部活でしたが

    夏の合宿以降は、なぜか部内試合形式の練習が多く、2,3年の先輩によくしごかれる様に

    なりました。

    試合に負けると、罰として竹刀浣腸の刑が待っています。

    私はお尻の肉が薄く

    普通にしていてもアナルが少し見えるくらいなので、まともに竹刀浣腸が突き刺さることが

    多く、とうとう痔になってしまったようです。


     そんなある寒い冬の日でした。

    私はしょっちゅうパンツが血で汚れるようになってきたの

    で、県営の診療所へ行きました。

    診療所は普段は健康診断が主らしくて、ドクターは日替わ

    りで担当しており、その日は金曜の夕方だったためか、たまたま看護婦さんが不在で、受付

    のおじいちゃん(事務長さん?)と、女医さんだけのようでした。

    ほかの患者さんも少なく

    おかげで、すぐに診察室前の待合の席に座って待つようにいわれました。


     診察室とと診察室前待合室の間はドアで仕切られていましたが、処置室と診察室前待合室

    はカーテンだけで仕切られており、私の前に処置を受けている人の影が映っているようでし




    た。

    私は、こんなに見えてしまうのは恥ずかしいと思い、後に誰も来ないことを祈ってまし

    た。


     そんな処置室のカーテンは時折女医さんのお尻が動くたびにゆれて中が見えてしまう時が

    あり、一瞬ですが、女性が処置されているのがわかりました。

    どうやら下着だけでベットに

    寝かされているようで、その脇には毛が生えていることにびっくりしました。

    そんな時折見

    える中の様子を期待しながら、待っていたせいか、いつしか半分身を乗り出している自分に

    気づき、足を組みなおして落ち着こうとしていました。


     処置が終わると、すぐに自分の名前が呼ばれ、診察室に入りました。

    前の女性はそのまま

    外へ出たらしくて、残念ながら顔は見れませんでした。


     先生は思ったより美人でしたが、年齢は30近くだったと思います。

    髪は後ろで束ねてお

    り、切れ長の目で、鼻筋が通っていて、唇はふっくらとしてさくらんぼのようです。

    手は白

    く、指は長く繊細な印象でした。


     私は痔になったことを告げると、すぐ処置室へ行くように言われました。


    「診察しますから、下脱いでください。


    やさしく言われると、私はそそくさとズボンを脱いで、上まで脱いでしまい、パンツ一丁で

    待っていました。

    先生は処置室に入ってくると、

    「あ、上はよかったんですが…下着は脱いでください。




    俺が26のとき、18歳の子と。


    俺が働いているスポーツ洋品店にバイトとして入ってきたんだけど、

    見た目が遊んでそうな感じがして、俺は苦手なタイプだった。


    その子の歓迎会の帰り、俺の家で三次会をやることになり、

    俺、先輩A(男)、先輩B(女)、その子(仮にKとする)の4人で飲み始めた。


    その後、俺はベロベロに酔っ払って小一時間ほど寝てしまった。


    そのあいだに先輩2人は帰ってしまったようで、俺が目を覚ますとKが

    俺の部屋の後片付けをしていた。

    俺は人は見かけによらないんだな〜と思った。


    俺が目を覚ましたことに気付いたKが「先輩、大丈夫ですか?」と聞いてきたので、

    俺は「あぁ、大丈夫」と答えた。

    Kは俺の横に座り水をくれた。


    苦手なタイプと思っていたはずが、妙にドキドキしている自分がいた。




    コップの水を飲み干すとKが「先輩って付き合っている人いるんですか?」

    と聞くので「いや今はいないんだ(ていうか童貞だし)」と答えた。


    この展開は!!と思っているとKがいきなり顔を近づけてきてキスをしてきた。


    kimamamh080400040


    妻は潔癖症だ。

    普段はとても優しく、かわいいのだが、潔癖症スイッチが入ると人が変わる。




    H自体には嫌悪感はなく、むしろ好きなくらいなので良いのだが、プレイの内容によってはスイッチが入り、その後はずっと不機嫌になる。

    今は交際期間を含めて5年になるので、何が地雷であるのかを把握しているが、新たな地雷を踏む度に苦悩する毎日だった。




    妻は少しMっ気があるので、嫌がってもそのまま続けてやろうと一度試したことがあったが、やはり心底嫌だったようで、それからセックスストライキを3ヶ月やられたた。

    そのため、絶対に地雷を避けるようになった。


    kimamamh070800362

    俺の友人Pは、ちょっと変わった性的嗜好の持ち主だ。

    説明が難しいんだが、「玉の輿喰い」とでも言えばいいか。



    「人妻喰い」っているよな。人様の奥方を掠め取ることに

    この上ない興奮を覚える輩。まあ、俺がそうなんだが。

    あと「セレブ喰い」っつうか、社交界にうまく潜り込んで、

    大物女優とか女性実業家とか女流作家とか、

    その手の有名どころばかりを狙ってハメる友人もいる。



    Pの場合はその折衷型みたいな感じなんだが、

    簡単に言うと「旦那が有名人か金持ちの成り上がり奥様」を

    専門に喰ってる。



    あまり詳しく書けなくて申し訳ないが、Pは20代後半。

    某高級ヘアサロングループに勤めてる美容師だ。




    要は客に手を出してるわけだな。



    Pは都内の2店舗に掛け持ちで出てるんだが、

    どっちも「セレブ御用達」の店として知られてる。

    有名女優や女性国会議員も来るが、その手の客は同僚の別の美容師が担当。

    雑誌で「カリスマ美容師」なんて取り上げられてるのも、

    この同僚のほうだ。

    Pはもっぱら富裕層の夫人を任されてるが、腕は確かだし

    何と言っても男前だから、客の評判は良いらしい。

    まあ、その評判の背景が問題なんだが。



    Pが女を落とすテクはケースバイケースだが、大まかに言うと、

    何度か自分が担当して親しくなり、向こうが指名してくるまで

    気に入ってもらえた客の中からターゲットを選ぶ。

    年代は20代から50代(!)まで幅広い。

    仲良くなったら仕事絡み(ヘアケアの相談とか)の理由をつけて

    店外で会うんだが、これで6割の奥様が喰われる。

    残る4割も全員2回目で喰われるな。



    喰う相手は上場企業の社長夫人や、医師や弁護士の奥様が多いが、

    旦那どもの職業は多種多彩。

    プロスポーツ選手、俳優、ミュージシャン、デザイナー、作家、大学教授

    …どれもこれも、テレビや雑誌でお馴染みの面々だ。

    騎手とか華道の家元、大相撲の幕内力士、人気漫画家なんてのもいたし、

    ここだけの話、かなり有名どころを含め国会議員のセンセイも何人かいる。



    共通してるのは、旦那は各界のトップ級だが、奥様は素人さん

    …OLとか家事手伝いとか看護師とか、一般人出身ってことか。

    最近じゃ紳助の番組や「豪邸拝見」系でテレビ出演する人もいるが、

    どれも旦那とセットだしな。

    中には元国際線客室乗務員や、アルバイトでモデルをしてた人もいるけど、

    今の地位が「旦那あってこそ」ってのには変わりない。



    もう一つ共通点を挙げれば、喰われた奥様が例外なく

    「熱心なリピーター」になるってこと。

    もちろん店の客としてだけじゃなく、Pのセックス相手としてもだ。

    陳腐な表現だが、虜というか奴隷というか…とにかくメロメロになる。



    奥様がたの気持ちも分からんではない。

    Pはルックスだけじゃなく頭も切れるし、話題も豊富で話術も巧み。

    だがやっぱり、彼女らが依存症になるのはセックスだな。

    kimamamh62400097


    やったぜみんな!俺も昨夜童貞を卒業しました~!!パフパフパフ~!

    ははは、そう急かすな急かすな、今からゆっくりじっくり話すから。


    まずは俺の自己紹介を。

    俺は28歳にして未だに童貞で、女の子とまともに

    会話すらしたことがない哺乳類の平均童貞卒業年齢をアゲアゲに

    しちゃってる諸悪の根源だ。

    顔は木村拓也的なえなりかずき。


    体系は魔裟斗的なアケボノといった風体だ。

    まぁ、いわゆるモテナイ男の

    典型だな。

    ちなみに生まれてこの方バレンタインデーにチョコをくれたのは

    おばあちゃんとお母さんだけだ。

    これは俺の予想なんだがお母さんと

    おばあちゃんのチョコは絶対義理だと思う。


    それでこんな駄目な俺が童貞卒業という奇跡を成し遂げた理由は、

    いつものようにゲーセンでアルカナハートに熱狂した帰り道に

    中学時代の無二の親友、井出君と再会したからだ。

    井手君は中学時代、

    毎週俺から金を巻き上げては煙草や酒を買っていた。

    強くもないくせに

    酒を飲んで赤ら顔でよく俺にこういったもんだ。





    「俺は大人になったらチョービックになっかんよ。

    そんときゃお前にもいい想いを

    させてやんよ。

    期待してまっとけよ。

    だからとりあえず財布みせろや」

    俺は将来の井出君に期待して、毎週五千円ずつ手渡していたのだが、

    二十歳を越してすでに八年が経過しているのに井手君が大成を成したという

    話は全くきかなかった。

    久しぶりにあった井出君は飲み屋街の

    ポン引きになっていた。

    たいした出世だ。


    「おお!おめぇゲロリンじゃねぇか!ははっ!久しぶりだなこの野郎!」

    井出君は中学時代からほとんど変化のない俺を一瞬で認識してくれた。


    なぜオタクと障害者は老けないのだろうか。

    そんな疑問はどこふく風だ。


    ちなみにゲロリンというあだ名は、中学時代の俺が給食時間にゲロを

    吐いたことに端を発する。



    「お前、金もってんだろ?いい店知ってんだよってけよ。

    もちろんよるよなコラ!」

    切れているのか優しいのかわからない口調でひっぱられ、連れて行かれた先が

    ソープランドだった。

    俺はたじろいだ。

    まだ俺童貞なんですけど!

    俺は小声で井出君に、自分が童貞だということを説明した。

    なんで自分の最も

    人に知られたくないことを話さなくてはいけないのだといぶかりながら。




    「ぶわはははっはっ!お前まだ童貞なのかよ!ありえねぇ!すげぇキモイ!」

    道行く人々の視線が俺にささる。

    井出君は昔も今も周りの目を気にせず

    わが道を走っているようだ。

    頼むから国道を制限速度を守って走って欲しい。


    「よし、よしよし!じゃあ童貞卒業するための秘密の方法を教えてやんよ!

    これだったら恥ずかしくもなく一瞬のうちに卒業できっから!マジ楽勝!」

    背中を力強くぽんぽんと叩かれむせつつも、頼りがいのある人だなと

    少しだけ井出君を見直した。

    まさかこんな簡単に童貞って卒業できるのか?

    井出君にかかれば恥じることなく?一瞬で?そうか、井出君はポン引きの名手

    なんだ。

    童貞の手際よい卒業の仕方なんて知ってて当然なんだ。


    井出君は童貞卒業のプロだ。

    彼に頼れば難なく俺は一般人の仲間入りだ。


    「よ、よろしくおねがいします」

    俺は井出君に童貞卒業までの先導を頼んだ。


    「おう、まかせとけや!!」

    頼もしい返事だ!やったぞ、まさか今日童貞を卒業できるとは思わなかった!

    2014年はついている!俺は井出君に言われるがまま歩いた。


    数分ほど歩いていると、見えてきたのはコンビニだった。


    ソープランドじゃなかったのか!?と一瞬不思議がった俺に井出君は、

    「童貞卒業には色々と金がかかる。

    とりあえず五千円出してみろ」

    そういわれて五千円を手渡すと、井出君は駆け足でコンビニの中に入っていった。


    数分後出てきた井出君の手にはウイスキーのミニボトルが握られていた。


    「最初は恥ずかしいからな、これ飲んで羞恥心を麻痺させろや」

    そういって俺の口に無理矢理ミニボトルをくわえさせる井出君。


    仕方なく半分ほど飲み干すと、俺の脳は快楽の境地へといざなわれた。


    「よし、あとは抜いてもらうだけよ!ついてこい」

    そういわれて井出君の後ろに付きしたがって歩いていると

    ネオンがまぶしい怪しい雰囲気のソープランドに辿りついた!

    いよいよ童貞卒業なのか!こんなところで童貞卒業なんていいのだろうか!

    などと葛藤する暇もなく、井手君に背中をおされて中へ入る。


    細かい注文は全て井出君まかせだった。

    俺は待合室でふらついていた。


    視界がぐるぐるまわり、なんだかちょっと気分が悪い。


    しばらくすると、ソムリエ風の格好をしたおじさんに呼ばれ、言われた通りに歩を進めた。




    レジの前を通って店の奥に歩いていくと、左右の壁に隙間なくドアがついている

    廊下に辿りついた。

    ここはまさしくプレイルーム。

    廊下の中央には俺を待っていたのか

    可愛い女性が立っていた。

    茶髪でカールしているヘアスタイルがゴージャスだ。


    目元はぱちくり二重まぶた。

    口元は常にうるおっててかっている。


    こんな真冬に寒くないのかキラキラと輝く装飾が施された黒のキャミソールを着ている。


    胸元がセクシー!華奢な体格なのに胸だけはEカップはある。


    絶妙なバランスだ。

    ジェンガをやらせたら彼女の右に出るものはいない。


    「こんばんは~よろしくおねがいしますサヤです☆」

    ブサイク極まりない俺に、くったくのない笑顔で応対してくれるサヤさん!

    なんて分け隔てない人なんだ!俺は一瞬でほれてしまった。

    こんな人の中に

    俺のたけった竿竹が入っていくのかと思うと興奮して打ち震える。


    サヤさんに案内されて個室に入ると、部屋の中はサヤさんの体から発せられる

    いい香りと同じものが漂っていた。

    客がくるまでサヤさんは一人この部屋で

    過ごしているんだろうな。

    サヤさんのマイルームほっほう!!

    「じゃあ服をぬごうね☆」

    そういうと、サヤさんは俺の服を脱がし始めた!なんて親切なんだ!

    俺の安っぽい色あせたユニクロのジャケットをやさしくあつかってくれる。


    「う…うーん」

    俺の服を脱がし終えた時だった。

    サヤさんはちょっと困った顔をした。


    どうしたんだ?思った以上に俺がデブだったのだろうか?

    サヤさんの心情はわかぬまま、俺の服はどんどん脱がされていく。


    とうとうトランクス一枚になった!くそ!やばいぜ!見られる!

    さすがにトランクスだけは自分で脱ぐことにした俺は、手早くトラをずり下げる。


    サヤさんは少しの間俺のチンコを見ていた。

    無表情でじっと見ていた。


    ぐ!なんだこの間は!俺のチンコは結局のところどうなんだ!答えてくれ!

    「お、おおきいぃ~」

    出ました社交辞令!俺のチンコがでかいわけがない!デブのチンコは

    脂肪にうもれて小さくなりがちだし、俺のチンコは皮をかぶっている!

    でかいわけがない。

    でもその気心はうれしいよサヤさん!

    「じゃあお風呂入ろうね」

    サヤさんに案内されてバスルームへ!振り返るとサヤさんはキャミソールを

    ぬぎ裸になっていた!





    暖色の照明に照らされ、ほてったように赤みがかったサヤさんの裸体。


    商売上人に裸を見せるのは、とっくに慣れてしまったのか微塵も

    照れた様子を見せない。

    手際よく大小様々な道具を用意していく。


    「おじゃまします~」

    先に浴槽につかっていた俺を見下ろしながら、サヤさんが湯船につかった。


    体を丸くしたせいでおっぱいが宙に浮いて形を変える。

    柔らかそうだ。

    触ったら

    たまらんだろう。

    しかしおっぱいを触っていいものか。

    許可を得る勇気すらない!

    狭い湯船の中で俺とサヤさんの体が重なる。

    他人の肌に触れるなんて

    何年ぶりだろう!ここ最近はゲームの中で擬似的に他人と殴り合う事でしか

    肌を触れ合ったことがない。

    思わずサヤさんの体を撫でようとしてしまったが、

    またもや勇気がでなかった。

    サヤさんなら何もかも許してくれそうなのだが。


    「キミ、動物園のニオイがするね」

    うわー!しまった!今更ながら思い出した。

    そういえば俺は一週間風呂に入って

    いなかった!職場は肉製品の加工工場だから凄く臭いので風呂なんて

    入らなくてもチャラヘッチャラだと思っていた。

    だから全く風呂に入っていなかったんだが、

    サヤさんはそんなこと些細なことだと言わんばかりの笑顔で俺のニオイを

    動物園のニオイと表現してくれた。

    動物園のニオイ。

    動物園といえば

    幼稚園児たちが生まれて初めて野生の獣と対峙し、生きていることの素晴らしさを

    実感する人生の登竜門的な場所だ。

    つまりサヤさんは俺のことを

    風俗嬢に成り立てのころに接客した思い出深い客と重ねているんだ。


    きっとそうに違いない。

    なるほど、サヤさんは俺を気に入ってくれたというわけか。


    「じゃあ、ちょっと足をあげてね」

    そういうと、サヤさんは俺の足を水中から引き上げ、浴槽の縁に乗せた。


    水の上に浮かんでいるような状態でとても不安定だ。

    これから何が始まるのだろう?

    サヤさんは俺の股間付近にいる。

    俺のチンコは見せたい放題だった。


    何が起こるのかとヒヤヒヤしていると、突然サヤさんは俺のチンコをつかみ、おもむろに

    指でもてあそんだ。

    緊張のあまりピクリとも動かなかった俺のチンコは、少しずつ

    本来の機能を取り戻し始めた。

    ま、まさか、これは潜望鏡とかいうやつなのか。


    サヤさんはこの体勢のまま俺のチンコをしゃぶってくれるわけか。

    うわ、最高すぎる。






    俺のチンコは次第に太くなっていった。

    同時に皮がめくれていき、隠れていた

    亀頭が顔を出す。

    オハヨーッ!しかしこの時、サヤさんの顔が少し変化した。


    ジーザス!!そういえば風呂に入っていなかったから、当然チンコも

    洗っていなかったんだ。

    包茎だから通常の数倍チンカスが溜まりやすいのに。


    サヤさんはチンコの皮をめくった時に漂った異臭に

    「ちょっと洗おうね。

    虫とかついてるし」

    優しく対処した!なんていい人なんだ。

    ニオイについてはあえて言及せず、

    虫がついていると指摘することで、チンコを洗う際に俺を傷つけないように

    配慮するとは!俺はハイ!と返事をし、サヤさんにチンコを洗ってもらった。


    俺のチンコは予想以上に汚かったらしく、ごしごし洗ってもチンカスが

    次から次へと出てきた。

    湯船の水面はチンカスで埋め尽くされ、俺色に染まった。


    しかしそれでもサヤさんは文句も言わず、湯を足しながら俺のチンコを

    洗ってくれた。

    うれしいぜ!そしていよいよ、待ちに待ったフェラチオズムが始まった。


    サヤさんは洗う過程で極限無比に勃起した俺のチンコをやさしく舌でつつみながら

    口内にご招待した。

    サヤさんの口の中は素晴らしかった。

    暖かく、ぬめぬめしていて、

    たまにザラザラした舌があたり、俺のチンコをまったく飽きさせない。


    フェラチオズムを堪能していると、下半身が急激に熱くなっていくのを感じた。


    やばい、出る!出る!うわーー!!ゴボボボボボボッ!!

    出てしまった。

    なんの断りもなく、サヤさんの口内で発射してしまった。


    まあでも、サヤさんなら許してくれるだろう。

    しかしなんて気持ちいいんだ。

    数秒ごとに

    心地のよいめまいがする。

    湯気とめまいのせいか、サヤさんの表情がすこし

    変わったような気がする。

    気のせいだろう。


    「おまえ…な、だにごれ…」

    気のせいじゃない、サヤさんの顔が青くなっている。

    そして口からダラダラと

    俺の精子を垂れ流している。

    よく見ると俺の精子は黒っぽかった。


    まさか、俺は性病なのか!?童貞なのに性病だったというのか!

    五年ぶりくらいに見る自分の精子に唖然となる。





    オナニーは毎日かかさずやっていた俺だったが、射精は五年以上していなかった。


    理由は2ちゃんねるのオナ禁スレだ。

    オナ禁スレの情報によれば、一ヶ月以上

    オナニーをしないでいると、五感が研ぎ澄まされ、万物のことわりを悟った仙人のような

    存在になれるという。

    その存在のことをスーパーサイヤジンというらしいのだが、

    俺はその存在になるためにオナ禁をしていたのだ。

    だが完全なオナ禁は無理だと

    思ったので、しこって射精ギリギリまできたら射精せずにそのまま放置するという、

    途中下車オナニーを行っていたのだ。

    だから五年以上俺は自分の精子を

    みたことがなかった。

    もしかすると、寸止めオナニーのせいで俺の精子は黒く

    なってしまったのかもしれない。

    とにかくこの黒い精子は見た目が悪く、臭いはなお悪かった。


    職場の環境のせいで臭いには鈍感になっているはずだった俺ですら、

    黒い精子の臭いには顔をしかめた。

    ありとあらゆる魚介類を集結させ、一ヶ月放置して

    腐敗した死骸をミキサーで液状にし、うらごしして水分だけを抽出して完成させた汁のような

    あってはならない臭いだった。

    その臭い精子を口いっぱいにぶちまけられた

    サヤさんは、悪寒がするのか身を震わせ、鼻水と涙を垂れ流し左手を口の中に

    突っ込んでいた。

    サヤさんをじっと見ていると、突然サヤさんの口内から茶色の液体が

    とめどなくあふれてきた。

    俺の精子かと思ったが、それはサヤさんの胃の内容物だった。


    サヤさんは嘔吐したのだ。

    湯船は俺の精子とサヤさんの吐瀉物で混濁していた。


    自分のウンコは臭くないが、他人のウンコはめちゃくさいということわざがあるが、

    それにならってサヤさんのゲロはめちゃくさかった。

    すっぱくて腐ったような臭いだ。


    あまりのクサさに、その場を一秒でも早くはなれたかったのだが、サヤさんを

    そうさせたのは俺だ。

    我慢しなきゃいけない。

    しかしゲロと精子が交ざった湯に

    つかっていると、なんだか俺も…オエーーーーー!!

    や、やっちまった。

    もらいゲロだった。

    気分が悪くてうつむいていたサヤさんの頭に

    ぶっかけるようにゲロを吐いてしまった。

    サヤさんのトリートメントの効いた髪の毛が

    ゲロまみれになってしまった。

    サヤさんは顔をあげ、俺を睨んだ。


    「いい加減にしろよ…客だからってなにやっても許されると思うな!!」



    kimamamh072800310


    今では大問題になってしまいますが、私が学生だった1980年代は体罰が普通に行われていました。



    中でも一番忘れられないのが、高校(とても厳しい私立の女子高でした)の時、数学の男の先生(当時40代後半ぐらい)から3年間受けていたお尻叩きの体罰でした。



    当時の私は、その数学の先生に目をつけられていて、忘れ物したりすると、黒板に両手をついてお尻を突き出す格好にさせられ、先生の大きくて逞しい平手で思いっきり「バシーーンッ!!バシーーンッ!!バシーーンッ!!」と3発連続でお尻を引っ叩かれていました。



    数学の男の先生は、180センチを超える長身の上にガッチリした体付きでしたので、スカートの上からでも、本気でのお尻平手打ちは物凄い痛さでした。



    私が通っていた当時(1984年度〜1986年度)の女子高には、女子生徒のお尻を“竹刀”や“木の棒”で思いっきり叩く男の先生が10数人はいましたし、女子生徒のお尻を平手で思いっきり叩く女の先生も何人かはいましたが、男の先生で女子生徒のお尻を平手で叩いていたのは数学の先生だけだったのです。



    でも、数学の先生は渋いオジ様でしたので、恥ずかしながらも、お尻が痛いと同時に気持ちよく感じてしまい、恐怖と激痛を味わうだけだった、他の男の先生たちによる竹刀や木の棒での手加減なしのお尻叩きとは大違いでした。



    高2のある日、トイレで喫煙したのが数学の先生にバレて、指導室に連れて行かれた事がありました。



    数学の先生と二人っきりの指導室で、先生からお説教受けた後にお尻叩きのお仕置きを受ける事になり、「今日はお尻をいっぱい叩いてもらえるかも♪」とワクワクしていましたら、予想以上の展開が待っていました。






    いつもみたいにスカートの上からお尻を叩かれると思っていましたら、数学の先生に「スカートの上から尻を叩いてもあまり痛くないから、スカートを脱げ!」と言われたのです。



    先ほども述べましたように、本当はスカートの上からでも充分に痛いけど、あえて口には出さず、嬉しさと恥ずかしさにドキドキしながらスカートを脱いでパンツ丸出しになり、壁に両手をついてお尻を突き出すと、数学の先生に平手で思いっきりいっぱいお尻を叩かれました。

    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ