気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談【レイプ・無理やり】   カテゴリ : H体験談【レイプ・無理やり】

    kimamamh071400348


    私は個人タクシーの運転手をしています。

    妻も成人した息子もいる、どう見ても中年と言

    う年齢の私ですが、ゴールデンウィークの夜、神様に感謝したくなるような思い出と、懺

    悔しなければならない行為をしてしまいました。


    私は自分で言うのもおこがましいですが、真面目一辺倒でお客様第一ををモットーにして

    おりました。


    話は4月27日の金曜日まで遡ります。


    折からの不況でタクシー業界もかなり厳しく、特に個人タクシーの私は殆ど休み返上でタ

    クシーを走らせていました。


    夜の10時くらいだったか、繁華街の大通りを空車で流していたところ、10人くらいの

    団体の1人が大きく手を振って呼んでいました。

    見た所、かなり若い団体に見えましたの

    で内心、「嫌だな。

    」と思っていました。

    理由は若い人は近場の所まで、と言う方が殆ど

    ですし、特に週末の夜のこの時間は稼がなければいけない時間帯でもありましたから。




    私は「遠方の客でありますように。

    」と期待してハザードを点灯し、団体の横に車を停め

    てドアをあけました。





    1人の、見るからに今時の若者と言った男性が代表して顔を覗かし、

    「・・すみません。

    かなり酔っているんですけど、乗せてもらえますか?」

    と、尋ねてきました。

    見た目と違い丁寧な言葉使いでした。


    私は、「吐きそうなの?」と聞き返しました。


    彼は正直に言葉に詰まりながら、「・・判りません、さっき吐いたんで大丈夫だと思うん

    ですけど。

    」と、言いました。


    私は「いいですよ。

    どこまでですか?」と、若いのに紳士な対応に、快く返事をしました。


    彼は喜んで、「乗せてくれるって!」と嬉しそうに皆に報告していました。


    驚いた事にタクシーに乗せられたのは、高校の制服を着た女の子で、明らかに酔いつぶ

    れ、意識も無い状態でした。




    常識で言えば未成年、ましてや高校生が飲酒などと・・とな

    るかもしれませんが、私は極力お客様のプライベートに介入を避けてましたので、黙認し

    ておきました。


    若い男に行く先を教えてもらい、タクシー代を前払いで頂いて車を発進させ、時折

    「大丈夫ですか?吐きたくなったら教えてくださいね。

    」と声をかけていました。


    信号待ちの時、確認の為後ろを振り返ると、女の子は後部座席に横になり、完全に寝てい

    るか、意識を失っているかの状態でした。


    その時、私は年甲斐も無く女の子の制服のスカートのあまりの短さと剥き出しで放り出さ

    れた太ももに、ドキッとしてしまいました。


    信号待ちの度に、いけないと思いながらも、そーっと後ろを振り向き太ももあたりを見て

    いました。


    kimamamh071400344


    僕の進んだ高校は、ちょっとタチの悪い生徒もいるような学校だった。


    口内をのさばり歩く奴らとそれを避ける僕ら、ガタイも態度もでかいガラの良くない輩と隅っこで静かに暮らす僕ら。


    彼らは授業などロクに受けはしないし、外でケンカばかりして、同類相憐れむみたいな不良の女子と不純な交遊をしたり、そんな日常だった。


    下手に関われば学校も荒れるからと、先生たちも敢えて無関心を装っていた。


    けれどそいつらを除けば、そんなに酷いスクールライフでもないし(偏差値は余り高くなかったとしても)、平穏といえば平穏な日々に馴れていた。


    そんな僕らの、高校2年生時分のことだ。




    奴らについて話す僕の言葉にトゲがあるとしたら、それにはそれなりの理由がある。




    2年生の1学期、新任の先生が来た。


    23歳の、女の先生だった。


    僕はその先生が好きだった。


    淡い気持ちではあったけど、成就を望めるような恋ではないけど、そっと想ってた。





    けれど、先生は奴らに狙われた。


    もちろん、性欲の対象としてだ。




    僕は、奴らがそんな風な話をしているのを、帰り道で聞いた。


    「今度来たセンコーよ、かなりいいカラダしてるべ」

    「そそるよな、腰つきとかむっちむちで、ボインちゃんだしな」

    「ああいう女をよ、ヒィヒィよがり狂わせてみてーんだよねオレ」

    「俺も。

    上にまたがってもらって、腰振ってイカせてもらいてーや」

    「けっこうスキモノだったりすんじゃねーの、澄ました顔して、淫乱そうだべ」

    「やっちまいてーな」

    そんなことを話しているのを聞いた。




    先生は、色が白くて背が高くて、若々しくて瑞々しさのある、弾けそうなピチピチした体つきで、それは確かに、高校生の僕らを刺激するものだった。


    17歳なんて、性欲も妄想も一番豊かで昂ぶっている年頃だ。


    先生のことを性の対象にしている生徒も、僕や奴らばかりじゃなかっただろう。


    けれど先生は、凄く大人しくて、地味で、気が弱そうで、どうして教師になってなろうと思ったんだろうというくらい、印象は細い女性だった。


    清楚というか、清純そうな雰囲気や身なりで、けれど、そんな様子に似つかぬ魅力的なカラダつきをしていた。


    足首からふくらはぎは適度に引き締まっていて、お尻と腰回りは女性らしい豊かさを備えて、ウェストは細めなのに、乳房はFカップかそれ以上あるんじゃないかってくらい、ブラウスの胸元を盛り上げている。


    化粧は薄めで、肌も顔立ちもキレイで、長めの黒髪がいつもいい香りをさせてた。




    だから僕は、奴らが普段は出もしない授業に出てきて先生を眺め回しているのを、いやな気分で見てた。


    先生への質問を無理やりひねりだして、職員室まで隣を歩いたりしてた。


    そんな僕の子供みたいな騎士道精神が、奴らのシャクにさわったらしい。


    「おい、亀田」

    「僕、ですか?」

    「てめぇ以外にカメがいるのか」

    「おい、てめぇはなんのつもりだ?」

    「え?」

    「いつもいつも、ミユキにくっついてまとわりつきやがってよ」

    「ミユキって、渡辺先生のこと?」

    「おめぇよ、俺たちのジャマしてんだろ?」



    僕は正直、かなりビビってた。


    今まで、同じ学校の生徒とはいえ、接点はあまりなく、穏やかに棲み分けて、お互いに不干渉の不文律に基づいていたので、こんなに接近し、自分の身が奴らの恐怖にさらされるなど、考えていなかった。


    盲目だったといえば、そうかもしれない。


    けれどともかく、僕は奴らに睨まれる存在となってしまっていた。


    情けないけど、震えるほど怖かった。


    僕はひ弱だったし、歯向かえるような術はとうてい何1つとしてない。




    「おい、コイツ利用しようぜ」

    僕は彼らに捕まり、僕の独りよがりの彼らへの抵抗は無力で、結果的には、彼らが先生を獲物にするためのオトリにさせられる結末しか導けなかった。




    僕は美術室に連れて行かれ、猿ぐつわをさせされ、下半身をむき出しにされた。


    そのまま、椅子に座らされると、手は背中で体に縛られ、足は椅子の足に、縄みたいなヒモでくくりつけられた。


    「おい、こいつかぶってんだけど、皮」

    「カメ公のくせに、カメが隠れてやがんの」

    「おい、剥いてやれよ」

    「げっ、マジで?きったねぇチンコさわるの?」

    「やれって!」

    「あー、キモい。

    ほれ、うっわ・・・」

    そうして、僕の股間が本物の剥き出しにされた。


    「くせっ。

    包茎はやっぱ臭うな」

    僕は亀頭の根元を何か細い糸のようなもの巻かれ、あらぬ方向にちんちんを引っ張るように、糸の先を椅子の足に固定された。

    kimamamh071400196


    私は31歳の中学教師です。 

    私は、同僚の〇〇礼子(25歳 T162B84 W59 H85ちなみにこれは、

    彼女いわくです)にとても憧れていました。

    彼女は同僚、生徒からもとても人気がありました。

    それもそのはず、一流モデル並みの美形、スタイルもよく、

    そのうえ性格も明るくて、とてもやさしい女性でした。 

    どうも彼氏とは1年程前に別れたようで、今は(今から半年程前)

    同僚の二枚目男性教師Kと、仲が良いと言う噂がありました。

    これから告白することは、今から半年程前のことです。



    私は容姿もたいしたことなく冴えない男です。

    それなりに今まで何人かの女性とは御付き合いしてきました。

    ただ飽き易い性格のため、いつも別れてしまいます。

    しかし、自分で言うのもなんですがエッチが良いのか(たんにチンポがでかいのか)

    付き会いはじめるときは、あまり積極的でない相手の女性も、




    別れ話をする頃にはいつも別れたくないと言ってくれます。

    中には、2号でもいいから付き合って、と言われます。



    さてそんな私が礼子を好きになって2年、同僚との噂話を聞いて、

    あせって遂には告白をしてしまいました。 

    しかし結果は、やんわりと遠回しに断られました。 

    どうも今好きな男性がいるような感じでした。



    私は諦めきれずその後も食事に誘ったり遊びに誘ったりと、

    しつこいくらいにまとわりつきました。 

    嫌われるパタ−ンの典型です。 

    そしてついに、「迷惑です。はっきり言ってあなたみたいなタイプ嫌いなんです。

    話しかけないでください。」と言われてしまいました。

    どうやらKにアドバイスをされたみたいです。

    それ以降、彼女とKはますます仲良くなっていました。



    私は遂に彼女をレイプすることにしました。

    Kにとられるくらいなら、と半ばやけ気味でした。 

    私は仕事の都合上で、学校の校舎に夜、彼女と二人きりになるチャンスがありました。

    私はクスリを使って強引に彼女を宿直部屋に連れ込み、下着姿で縛りました。

    見れば見るほどすばらしい体です。

    色も白く、シミなどありません。

    私は彼女が目を覚ますのをひたすら待ちました。



    ようやく彼女は目を覚まし、そして自分の姿にびっくりした様子で

    「何をしてるんですか、はやく解いてください。訴えますよ。」と、

    大きな声で叫びました。 私は当然聞き入れません。

    「誰か、誰かいませんか。助けて。」彼女は必死でした。

    私は「礼子さん、あなたの体でたっぷり楽しませてもらいます。」と、

    わざとエロ小説みたいなセリフで、彼女の気持ちを楽しみました。



    「いや….いやっ..お願い止めて..助けて」彼女は私にお願いしましたが

    私は彼女の後ろに回り、彼女の胸を背後からゆっくりもみました。

    最高です。 今までの女性とは比べ物になりません。

    柔らかく弾力性があり肌もすべすべです。 

    彼女は必死で大きな声を出して抵抗しようとしましたが

    私は彼女の口をタオルで縛り遂にブラジャ−をとりました。 

    彼女は小刻みに震えていました。

    見事なまでの乳房です。乳首も淡いピンク色です。

    私は、礼子が結構男性経験が多くて乳首もすっかり黒ずんでいるものだと

    思っていたので意外でした。

    後から聞いた話では、彼女にとって私は5人目だそうです。

    私は生の礼子のオッパイを楽しみました。


    kimamamh070800159


     もう何年前になるのかな・・・やっと過去の出来事だと思えるようになりました。


    当時中学3年生になった私はクラス変えで新しいクラスメートと一緒になり

    楽しい学校生活を送っていました。


    二学期になりクラスの班変えがあってS子と同じ班になりました。


    彼女は学校を仕切っていた不良グループの一人と付き合っていて

    教師に向かって反抗したりする手の付けられない生徒でした。


    正直言って私も嫌いでしたが仲の良い振りをしてご機嫌を取っていないと

    何をされるか分かりません。

    クラスの女の子全員がそうでした。


    その子が「席、隣同士になろーよ」と言ってきましたが

    私は受験もあるしS子が隣りだと勉強にも集中できません。


    断るのも怖くて愛想笑いをしながら誤魔化していたらS子が

    「あたしの隣りが嫌なら嫌ってハッキリ言えばいーじゃんよ!」とキレました。


    それが悪夢の始まりでした・・・・




    S子はクラスの女子生徒に

    「隣り同士が嫌なら嫌って言えばいいのにさ〜」と言いました。


    みんな「そ、そうだよね」と話を合わせるしかありませんでした。


    それから誰も私に声をかけてきませんでした・・・仲の良かった友達も・・・

    私に話し掛けようものなら仲間だと思われ虐められる。

    みんなそう思ってました。


    針のむしろに座っているかのような一日が終わり、帰ろうとしたら

    S子が私を呼び止めました「誰が帰っていいって言ったよ?」

    見ると不良仲間の女子生徒も二人いました。


    「ちょっと来いよコラ!」私は腕をつかまれで強引に連れていかれました。


    私は気が弱く、強い態度に出ることが出来ずに「ねえ、どこに行くの?」と

    この期に及んで機嫌を取ることしか出来ませんでした。


    連れて行かれた場所はプールの女子更衣室でした。


    そこにはS子の彼氏を含む4人の男子生徒がいました・・・(続きます)



    水泳部は有名無実化していて活動は月曜日の部活の時間に水遊びをするだけ・・・

    部員も不良グループの人達ばかりで顧問の先生も来ることはありません。


    「あたしさぁ、こいつにシカトされちゃった」と私を男子生徒の前に突き飛ばしました。


    S子の彼氏のAが

    「お前さ、俺のオンナをシカトするなんていい度胸してんじゃん」と凄みました。


    「S子のプライドボロボロじゃねぇか、どう責任取るんだよ?」と。


    AはS子に「おい、この女どうするよ?」と尋ねると

    S子は「当然、脱いでもらうに決まってんじゃん」と言いました。


    私は(とにかく愛想ふりまくしかない)と思って「スタイル自信ないんですよ〜」

    と言うとS子が「テメェ、いつまでヘラヘラしてんだよ!!」と私の口を塞ぎ

    それと同時に女子生徒二人も私に飛びかかり服を脱がそうとしました。


    ここで初めて事の重大さに気付いた私は必死で抵抗しました。


    S子が「ちょっと、なんとかして」と男子に言うと「どれどれ」と

    男子が私を羽交い絞めにして「オラァ!」一気に床に倒しました。




    それと同時に女子二人が私の両腕を押さえ付け、男子二人が足を押さえつけてきました。


    私は力を振り絞って抵抗しましたが大勢に押さえつけられて動けなくなり

    そして男子の一人が私にまたがり胸に手を伸ばしてきました。


    口にタオルを捻じ込まれ、ガムテープを貼られているので声も出せず

    「おい、こいつけっこう胸あるじゃん」と男子がいやらしい言い方をしました。


    「早く剥いちゃってよ」とS子が言うと男子は私の制服のベストを脱がしてきました。


    私が暴れると「コラ、制服をハサミで切るぞ!」と脅され

    それでも必死で抵抗していると男子がキレて「オメー、死にてぇか?」と首を締めてきました。


    本当に意識が遠くなり(このまま死んじゃう)と思い少し抵抗をやめましたが

    ベストもブラウスも剥ぎ取られ、ブラも取られてしまいました。


    「おお〜、オッパイでけえじゃん」と男子が私の胸を揉んできました。


    「そんなのいいから全部脱がしなって」とS子が言い、今度はS子が

    抵抗できない私のスカートと下着を脱がしてきました。


    (それだけは守らなくちゃ)と思いましたが私はとうとう全裸にされてしまいました。





    足を押さえていた男子が「俺、女の裸見んの初めてだ」と

    興奮した様子で私の太ももをさすってきました。


    跨っていた男子が「すげえな」とニタニタしながら胸に吸い付いてきましたが

    こんな状況で触られても嫌悪感しか感じません。


    男子は私の下半身にも手を伸ばしました(そこだけはイヤ!)と思いましたが

    他の男子二人に足を持ち上げられて性器が上を向く格好になってしまいました。


    「うえ〜、こうなってんのかぁ」男子の一人が呟きます。

    そして

    「うわ、くっせえ!こいつのマ○コメチャ臭せぇよ」と跨っていた男子が言いました。


    まだ誰にも見せた事の無い秘部をこんな連中に見られたショックと

    臭いと言われたことに対する羞恥心で涙が止まりませんでした・・・・。


    男子は私を大の字の格好に戻し、ズボンを脱ぎ始めました。


    私はギョッとなり首を左右に激しく振り、腰をバタつかせて抵抗しました。


    それだけはイヤでした。

    口でしてもいい、手でしてもいい

    他の言う事ならなんでも聞くけど挿れられるのだけは許してほしい、そう思いました。



    kimamamh070100316



    私は中学二年の女子です。

    ある日の放課後、気分が悪くなり保健室に行こうと、保健室に行ったのですがあいにく保健室の先生はお休みで、鍵もしまっていたので、よろよろと職員室に向かい、鍵を開けてもらうことにしました。

    鍵を開けてくれる先生というのがエロいと有名な数学教師で、三十代の酒井(仮名)先生でした。

    保健室の鍵を開けてもらい、酒井先生にはもう用はないので

    「ありがとうございました」

    と頭を下げて別れようとすると、

    「ちょっと、様子を見てあげよう」

    と、先生は中に入ってきたのです。

    私は先生の好意を断ることもできず、中に入れてしまったのです。

    これが初体験になることとは知らずに。

    「ベットにでも寝てなさい。薬を出そう」

    私は暑いので毛布もかけずにベットに横になりました。

    カチャっと鍵をしめるような音を聞いたので私は恐くなり、起き上がりました。

    しかしもう遅く、先生が私を抱き締めて押し倒したのです。

    「茉莉(仮名)ちゃん…好きなの…あぁ…汗の味…」


    kimamamh070100086


    15歳の頃の話です。

    当時の私は生真面目で、地味で至って根暗そうな娘でした。

    根暗なのは今もですが。

    お洒落など目覚める気配もなく、恋愛だの好きなタイプだのの話題よりは、一人で図書室に篭るようなタイプでした。

    思春期だったのもあって、自分が「女」になる事が嫌で、女性らしくなりたくない時期でもありました。

    事件は、昼間の人気のある場所で起きました。

    友だちと待ち合わせをしてると、知らないおじさんがナンパ(?)してきました。

    「友だちを待ってる」と断ると「じゃあ友だちが来るまでならいいでしょ」と言われました。

    ところが、運悪くその友だちはその日急用でこれなくなりました。

    すると、その男性は「誰も来ないなら行こう」と腕を掴んで駐車場に連れこもうとしたのです。

    「離してください」「やめてください!」と声を荒げましたが、周囲の人は誰も助けてくれませんでした。

    結局連れ込まれ、乱暴されました。

    男は、私の写真を撮ると「ばら撒かれたくなければ言う事を聞け」と脅してきました。




    kimamamh070100341



    ついにやらされました。

    私は19歳の新入女子大生です。

    私は某大学の女子剣道部に所属して毎日稽古を頑張っています。


    でも、私の剣道部は普通ではないのです。

    よく男子ラグビー部のレイプ事件などを聞きますが、私達も実は男性を集団逆レイプをしています。


    体育会系ですから上下関係が厳しくいやでも従わなければ行けません。




    まず2・3回生の先輩二人がサークルの練習の後にあそこの大きそうな人を逆ナンパします。

    年齢は高校生から20代の社会人までいろいろです。


    ちょっと照れて喜んでいる人もいれば、半ば無理やり連れてこられる人もやっぱりいます。


    逆ナンパしてつれてくるのがキャンパスのサークルボックス。





    練習後で汗臭いにおいが充満した部室に連れ込み、そこには部員30人が待っているという形です。


    キャンパスの裏手で時間によって人一人とおらない所ですから声を出されても誰にも聞こえません。


    当然誰にもばれ無い。

    そこに連れ込まれた男の人はまず先輩たちに押さえつけられ服を剥ぎ取られます。


    そこから男いじめが始まります。





    kimamamh070100272



    ネーちゃん(Hカップ)が最近可愛く見えてくる・・・。



    家族構成は俺と姉と親ってとこで、今親たちは夫婦みずいらずで温泉旅行だった。

    で、2人って状態・・。

    なんか、朝から変な感じしたんだけど・・。



    そして、時はたち夜に・・・。

    いつものように野球をTVで観てから姉が

    「先に寝るね」

    といって眠りに着いた・・。

    実は姉。寝つきが悪いため、睡眠薬を飲んで寝る。

    そのおかげで、ゆっくり寝られてるし。

    姉が眠りに着いた。

    俺は風呂に入った。

    俺のおちんちんを観てると自然とエロくなる。

    kimamamh6160018


    私は子持ちですが、先日ふと入ったマッサージ店で恐ろしい体験をしました。

    最初、うつぶせで施術されたんですが、メインでやってほしかった首、肩はほとんどスルーで、腰とおしり、肛門周辺、付け根ばかり揉まれました。

    これはちょっと違うでしょ? と思ったのですが、”リンパの流れを良くするには、こういうマッサージがいいんですよ”等言われてしまったので、我慢することしかできず。

    実際、こういうことをされると、興奮するどころか、もしかしたらレイプされるんじゃないかと、怖くて怖くて生きた心地がなかったです。

    また、仰向けになったらなったで、大胸筋?を揉むふりをして、胸をわしづかみしながら大きく揺さぶったり、付け根あたりのマッサージは、小指を立てながら(多分)、局部を突きながら力づくでやったり。

    あとは恥ずかしくて書けませんが。

    こんなことされた女性の方いらっしゃいますか?


    kimamamh6160046


    親がレイプされるってのはそんな笑い話じゃないですよ。ほんとにそれで人生変わります。

    僕は・・実際その時はものすごいショックでした。

    ただ今となっては普通にこういうとこで話せる・・というくらい

    人生滅茶苦茶にはされてないです。家庭は滅茶苦茶ですけどね。

    別に普通に話せるんですが文章にするのがめんどくさくて控えてました。

    けどあんまりにもちゃかした話が多いものなので・・

    文章下手なんで最後まで書ききれるか分りませんけど・・・





    僕は中学生の頃ほんとどうしようもない弱虫で

    いじめと恐喝の的だった。

    殴られては金をせびられたが中学生の僕にそんなにお金が

    あるはずもなく結局親のお金を盗んでは不良達に渡していた。

    しかし回数を重ねていく事でとうとうその現場を母に見つかってしまった。

    母に問い詰められて僕は本当の事を話した・・。




    すると母はその子達と話をすると言い出した。

    僕は話なんて通じないと言い張ったが聞き入れず結局不良達の

    溜まり場に案内する事になった。

    不良達の溜まり場はリーダー格のAの家だった。

    Aの家は恐喝なんてする事もないくらい金持ちで

    庭も広くそこにA専用のプレハブが建っていた。

    親が見にこないことをいいことにそのプレハブでA達はやりたい放題だった。

    母と一緒にプレハブまで行くとA達は庭で煙草をすっていた。

    母はそんなA達を見てしばし唖然としたがすぐに近ずき

    うちの子に関るのはやめて欲しい。家のお金までもちだしている。

    これ以上するなら学校や家庭に報告する・・というような事を言った。



    A達は黙ってそれを聞いてしばし話し合っていたが素直に謝りだした。

    僕にとってもこの反応は意外だった。

    そして今まで取ったお金も返したいからプレハブの中に来て欲しいと言い出した。

    僕はA達がここまで物分りがいいのはおかしいと思ったが

    母は相手が中学生ということもあったのかすっかり信用してついていってしまった。

    A達は7人、男5人女2人のグループだったがそのうちの女2人を含む5人が中に母と

    一緒にプレハブに入って行った。

    そして母がプレハブに入ったのを見ると僕は突然みぞおちを殴られた。

    僕は息がとまりその場にうずくまった。

    「お前何親連れてきてんだよ!」

    そう言い放つと残った二人はうずくまる僕の背中を蹴りまくり僕はビニールの紐で

    後ろでにしばられて座ったまま庭の木に縛り付けられてしまった。

    僕を縛りつけた2人もプレハブの中に入って行った。そして数分後・・

    「何するの!やめなさい!やめなさい??!!」

    母の怒声と叫び声、そしてA達の歓声がプレハブの中か響いた。

    僕はその時ここに母を連れてきたことを猛烈に後悔した。


    kimamamh6160286


    私は41歳 地方の町で小さな電気屋をしています、

    今は大手の家電屋さんに押さ

    れて 商売も今一つです、

    その中で 修理 取り付け 電気工事と小回りの利く

    仕事で頑張って おります、

    そのな時、

    ある家のビデオの調子が悪いので見て欲し

    いと言う依頼がありました、

    その家は町中で 私より五歳位若い 色白の やや

    ポッチャリした 男好きのする顔立ちの奥さんがいる家です、

    普通は若い子に行っ

    て貰うのですが、

    丁度外に出掛けていないのを これ幸いと私が行きました、


    家は二階建ての なかなか綺麗な家です、

    主人は飲食関係の仕事で夜は一二時を過

    ぎまで帰らない様です、

    行った時間は五時を少し回った頃でした、

    ここの家で私の

    仕事も最後でした、

    チャイムを鳴らすと 奥さんが明るい顔で出て来ました、


    話を聞くと一階のビデオと二階の一つのビデオが調子が悪く止まってしまう、

    と言

    う事でした、

    私はまず一階のビデオを引っ張り出し 色々と して見ても殆ど反応

    が無く 一度持ち帰り 店で修理をする事になりました、

    奥さんは 暫く私に説明

    をして 私のする事をソファーに座って見ていましたが 時間が掛かりそうに言う

    と「私、

    シャワーを浴びて来ますから、

    二階も お願いします」と奥の 風呂場に

    消えてしまいました、

    私は すぐ二階に上がり 奥さんの寝室のビデオを触り始め




    ました、

    kimamamh6100254


    5年前、私が大学時代に母校の教育実習に行っていた時、男子生徒達に学校で

    犯されました。


    そして、それが毎日のように続き、後数日で実習期間が終わりを迎えようとする

    ある日の夕方、彼らはとうとう私の家までやって来たのです。


    しかし、その日は実家から小学生の妹が家に泊まりに来ていて………。


    その時のことを話したいと思います。




    玄関先でチャイムが数回鳴り、私は不用心にも誰かを確認しないで扉を開けました。

    」すると、いつも私を犯しているリーダー格の加藤君が一人で立っており、何も言わ

    ずいきなり私が犯されている写真を見せ付けたのです。




    私はその写真と加藤君の姿に頭の中は完全にパニックになりました。


    「なぜ、ここにいるの?……いや、どうやって、私の住所を知ったのか……」

    頭の中では疑問符がめまぐるしくかけめぐり、しかし、恐怖のあまり何も言えず

    ただ呆然と立ちつくす私の姿に加藤君はニヤニヤといやらしい笑みを浮かべて立っ

    ています。







    「か、加藤君、どうしたの……」

    教育実習生と言えど、将来は先生になる身。

    怪訝とした態度で対応しようとしま

    したが、声は震えいました。

    それに、年上と言っても150cmちょっとの身長

    しかない私にとって、180cm近い男子生徒が相手では、まるで大人と子供の

    体格差があります。




    「先生、遊びに来たよ。

    それに、こいつらも………」

    と、初めて口を開いた加藤君の後ろにはいつも私を犯していたグループの男子

    生徒5?6人が物陰から姿を現し、加藤君と同様に好色の笑みを浮かべていました。




    「じゃ、おじゃまします」

    そう言うと加藤君は私に抱きつき、暴れる私を部屋の中に押し込むようにして

    上がり込み、その後から5?6人の生徒達が次々に上がっていきました。




    しかし、その日は小学生の妹が泊まりに来ていたのです。


    妹は何が起こったのか解らず、彼らの顔を不思議そうに見ていました。


    そんな妹に目を付けた加藤君は、素早く妹の後ろのまわりこむとか細い両腕を後ろ

    にひねり上げました。




    あまりの痛さに悲鳴を上げる妹。

    直ぐに私は

    「妹には何もしないで」と叫びましたが、加藤君は相変わらずニヤニヤと好色の笑み

    を浮かべているだけでした。




    そうしている間に、他の男子生徒数人が妹と同じように私の両手をひねり上げ、

    私の自由を奪います。


    「加藤君、妹は関係ないでしょ。

    目当ては私の体なんでしょ」



    何も言わない加藤君に、私は必死に問いかけました。

    ただニヤニヤと笑っている姿

    はまるで殺人鬼か何かのようです。


    “妹だけでも助けたい”その一心からいつの間にか声の震えはなくなり、いつもの

    先生のような口調に戻っていました。




    「ねぇ、この子先生の妹?いくつ?」

    加藤君は妹の顔をジロジロと覗き込みながら、やっと話し始めました。


    「そうよ。

    …………まだ、小学生なの。

    だから乱暴は止めて…ねっ」



    私はまるで幼稚園の先生みたいに優しく、そして、泣き叫ぶ子をしたためるような

    口調でそう言いました。


    「へぇ、小学生か……」



    ポツリとそう言うと、加藤は両手を後ろにねじ上げられているためツンと前に突き

    だした、未だ小さい膨らみ始めた妹の胸を片手でまさぐり始めたのです。


    「きやっーーー」



    妹の短い悲鳴が部屋中に響きわたりました。


    「やめてっ。

    妹には何もしないで」

    私はそう叫び、妹の元に歩み寄ろうとしましたが、私の両腕をねじ上げている男子

    生徒にそのまま床に押さえつけられると、まるで一つの餌を貪るカラス達みたいに

    纏っていた衣類全てを生徒達に脱がされました。




    「先生、今日はここで俺達と楽しもうな」

    加藤は私のそんな姿を見つめ、尚も妹の胸を揉みしだきながら馬鹿にするような口調

    でそう言うと、それが合図とばかりに、加藤君を除く他の男子生徒全員が私に襲いか

    かってきたのです。


    そして、私を犯しながら男達は口々に加藤君の事を喋り始めました。




    「加藤って、ロリコン趣味なんだよなぁ」

    「そうそう、だって、先生を犯ろうって提案したのも彼奴(加藤)だし。

    先生って

    身長150位だろ、だから目をつけたんだろうなっ」

    「なんか、アソコの毛も生えていない少女が好きって言ってたっけなぁ」



    「一度、小学生と犯りたいって言っていたぞ」

    「だから、今日先生の家に来たんだろう。

    先生の妹が来るってどっかで聞いたって

     言ってたぜ」

    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ