気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談【レイプ・無理やり】   カテゴリ : H体験談【レイプ・無理やり】

    2172kimama

    大雪の中、車で襲われた妻・・・

    年末に起きた出来事です。


    北海道に住む私は、妻と子供2人の4人家族。


    10月に友人とキャバクラに行き、もらった名刺を大事に持ち帰った為、
    妻にバレ喧嘩となった。

    その時は謝って何とか仲直りしたんですが、

    11月に懲りずに、また友人と飲みに出かけ、またまたキャバクラへ・・・。


    結局妻にバレ、1ヵ月以上も口を聞いてもらっていませんでした。



    そんな最中、私の携帯に一本の電話が・・・。


    それは幼稚園からで、息子を迎えに来てほしいと言うんです。


    いつも妻が行く筈でしたが、午後から雪が降り出し夕方には大雪となっていたので
    迎えが遅れているんだと思っていました。


    幼稚園に息子を迎えに行き、家に帰ると上の子が待っていました。


    19時になっても妻が帰って来ないので、子供達にご飯を作り食べさせて待つ事にしたのだが
    中々帰って来ません。

    電話を掛けてみましたが、全く繋がらず心配だったので、子供を寝かせて

    妻を探しに出掛ける事にしたんです。



    妻の会社は車で30分程の所にあったが、雪の日は渋滞が起きるので、1時間はかかります。



    2abbcace
    仕事のミスから同僚から妻を犯すと言われ・・・

    『お前の奥さん犯られちゃうぞ!』

    友人の渡辺から突然のメールが入った。


    渡辺というのは妻の会社の同僚だ。

    かつては俺も妻と同じ会社だったため渡辺とは同期であり、友人でもあった。


    妻とは社内恋愛の末、結婚し、俺は結婚後に転職して今は別の会社に勤務している。


    妻の由希は32歳、慶応出の知的美人で
    アナウンサーの小林麻耶さん(歌舞伎の実力無いけど偉そうな人と結婚した人の姉)に似ていると言われる俺の自慢の妻だ。


    妻の会社は、大手メーカーの下請け企業で、売上げの殆どを某メーカーに依存していた。


    その会社で、由希は今年の春から責任感の強さを買われて、プロジェクトリーダーを任されていた。



    渡辺のメールでは、そんな妻が重大なミスをしてしまって、先方の担当者に謝罪に行ったというのだ。


    それだけならば、ありふれた話であるが、
    問題は、一緒に行った戸森と、先方の担当者である吉田の2人だ。


    戸森というのは俺や渡辺と同期で、妻の由希に惚れていて結婚の前には何度も口説いていた男だ。


    俺とは研修の時から仲が悪かった。


    吉田というのは俺とは面識はないが、渡辺の話では、妻に横恋慕していて、何かと妻に言い寄っている男だそうだ。


    そして先程、その戸森から渡辺の元にメールが送られてきたというのだ。


    『超ラッキーな展開。

    今ホテル、由希ちゃんとHしまくるぜ。



    俺は渡辺からのメールを読んだ後、すぐに由希に電話を掛けた。

    繋がらない。

    何度掛けても電源が切られている状態だ。


    しかたなく、戸森に電話を掛けてみた。

    一応、同期だからアドレスは知っていた。

    かなり嫌だったが、俺は番号を押した。


    数秒の発信音の後、戸森は電話に出た。

    俺は「戸森か?今何処にいる?」と尋ねた。


    「いきなり、なんだよ?」「由希と一緒にいるんだろ?今何処にいるんだ?」「はあ?知らねえよw」で切られてしまった。


    すぐに掛けなおしたが、電源を切られてしまったらしく繋がらない。


    由希から遅くなるとのメールが入ったのが、19時過ぎだった。

    今は21時を過ぎてる。

    俺は、あては無かったが必死に探した。


    ただ、あてもなく歩いた。

    どのくらい歩いていたのか分からないが、暫くして、突然、携帯が鳴った。


    戸森からのメールだった。


    『場所が知りたいんだろ?教えてやるよ、××ホテル。

    ああ、そうそう、お前の由希ちゃん美味しく頂きましたw ありがと~う

    誤解するなよな。

    合意のうえだぞ。

    ○○社の吉田さんと2人で、たっぷり、かわいがってやったよ。


    俺はすぐに由希に電話を掛けた。

    繋がらない。

    戸森にも電話を掛けた。

    こちらも繋がらない。


    21
    旅館の柔道部に彼女が犯されていた・・・

    去年の夏、俺の彼女だった真理がチェリー坊どもに思う存分突ききられた話です。



    真理は学生時代のサークルの後輩で、年は3つ下。

    今年で24歳(やられた時は23歳)です。


    俺が4年生の時に新人で入ってきたのですが、男どもの争奪戦のはて、俺が付き合う栄冠を勝ち取りました。


    身長は159センチ、スリーサイズは91(Eカップ)-61-92、で今思い出してもよだれが出るほどの
    ダイナマイトボディでした。


    付き合い始めて4年間、全て順調でした。

    あの日がくるまでは。



    真理が就職して1年目の夏。

    二人で千葉まで1泊の予定でドライブに行きました。


    ドイツ村で遊んだりバーベキューを食べたりした後、予約してあった勝浦の旅館
    に着いたのが夜7時。

    ところが、予約してあったはずの旅館が、どうした手違い

    か予約がされておらず、仕方なく他の宿を探すことになったのです。


    これが悪夢の始まりでした。



    今思えば適当なラブホを探して入れば良かったものを、勝浦で魚が食べたい
    という間抜けな根性を出して、旅館を探しました。

    当然ながらあまり良いところもなく、

    夜も遅くなったので、とある和風旅館にチェックインしたのでした。


    この旅館は値段も安いせいか、東京の高校の柔道部が合宿にきていたのです。


    車でついた時にマイクロバスが止まっていたので、その時点で気づくべきでしたが。






    食事も満足なものではなかったのですが、幸せいっぱいの気分でビールや日本酒を
    飲んで二人とも相当酔っ払っていました。



    食事の後、二人で風呂に行きました。

    あいにく家族風呂もなかったのですが、

    露天風呂があるとのことで、二人別々に男湯と女湯に入りました。

    30分後

    に部屋でと約束をして。

    それが2時間後に、チェリー坊どもに思い切り

    ストロークされた状態で会うことになろうとは、この時思いもしませんでした。



    俺が露天風呂に入ると、合宿の高校生らしい数人の若造が既に風呂に入っていました。


    若いな~などののんきな目で見ながら風呂に入っていたのですが、そのうちの1人が
    塀によじ登っていました。

    (こいつ何やってんだ~)と思っていたのですが、

    そいつが他の仲間に言ったのです。

    「おい女風呂見えるぞ!」

    このやろ~と思いましたが、まさかそんなに鮮明に見えるわけもないだろう、
    とたかをくくって、風呂につかっていました。



    そいつの言葉を聴くやいなや、他の若造どももかわるがわる塀によじ登りました。


    (真理が入ってくるからまずいな)という潜在意識はあったのですが、
    どれくらい見えるのかもわからず、チ○ポ丸出しで塀によじ昇る若造ども
    をやめろという気持ち半分、まさか見えないよなという気持ち半分で見ていました。


    数分後、1人のチェリー坊が大声出したいのを抑えるように塀から飛びおりて
    仲間にささやいたのです。

    「おい、すげえ身体の女が入ってきた」


    まさかと思いましたが、注意するのもためらわれ、そのまま風呂に使っていましたが、
    若造どもはかわるがわる塀に登っては鼻血を出さんばかりに顔を硬直させて、
    「おっぱいでけ~」とか「肌むっちむち」「あそこが見てえ~」などと
    報告しあっています。

    やつらが見ているのは真理以外には考えられず、

    全員袋だたきにしてやりたい気持ちでした。

    ただ、柔道部らしく皆小柄なやつでも

    筋肉隆々で下手に注意できない状況でした。



    中には自分のチ○ポをしごきながら覗いているやつもいる始末。


    そのうち1人が「オ○ンコ見えた!」と報告すると、他のやつらが
    「ああ、あんなダイナマイトないい女とやりて~」と口々に言い合っていました。


    俺はいたたまれなくなり、一刻も早く真理を抱きたいという気持ちで一杯になり、
    風呂を出ました。

    真理もまもなくでるだろうと思いながら。


    まさかあの若造どもが、本当に欲望を真理にぶつけるとは思いませでした。



    1人で部屋に戻って、さっきのことを思いだし、真理に責任はないのに、一体
    何を無防備に風呂に入ってるんだとか、怒りを抑えるのに精一杯でした。


    戻ってきたら、メチャクチャに抱いてやろうと考えていたのです。


    部屋でたばこをふかしながら、待つこと20分。

    真理はいっこうに帰ってきません。


    風呂に入ってから既に40分は過ぎており、おかしいなと思いました。



    さっきのチェリー坊どもの獣じみた視線を見ていたこともあり、俺は急に
    不安になって露天風呂へと戻りました。


    4559

    教育ママが堕落した瞬間。

    大学進学が決まり、適当に地元でバイトって言っても、近所のスーパーしかなく、地元の郵便局に家庭教師やりますというメモを張っておいた。

    4件ほど連絡が来たが、1件は電話の段階で折り合いが合わずに、結局3件でやることになった。

    3件とも比較的裕福な家庭だった。


    1件は超教育ママって感じの40歳のお母さんで、息子の成績が生き甲斐みたいな感じだった。

    有名な塾にも通わせているらしく、正直、俺じゃあ役不足って感じだった。

    金額面ではかなり貰えたが、やっている事はただ難しい問題を答えさせているだけ、俺は隣で本を読んでいたりした。

    それでも首にならなかったのは、とある母親の事情があった。


    息子の勉強や成績の事で、夫婦喧嘩が耐えなかった家庭で、子供部屋に俺がいるのに、両親の怒鳴り声が聞こえてくる始末だった。

    それはまずいと思っているうちに、お父さんは家庭を放棄し、帰ってこなくなった。

    余計にお母さんは意地になってしまい、俺を首にする事は出来なくなってしまった。

    他人の家庭の事なので、あまり突っ込んで聞くつもりもなかったが、しばらく経ってから、お母さんがその環境に耐え切れなくなったのか、子供の勉強が終わった後、お母さんに誘われて、飲みに行く事になった。



    12
    主人の知り合いの男に襲われました・・

    昨日、主人の知り合いの男がウチに来て、主人と私の三人でお酒を飲みました。

    お酒が弱い主人は酔いが回ったらしく、
    『少し酔い覚ます』
    と言うと一人二階の寝室へ休みに行きました。


    一時間以上経っても主人は一向に降りて来る気配がなく、寝室を覗きに行くと主人は完全に熟睡してました。

    しかたなく私は主人の知り合いの男と二人、再び飲む事になりました。

    やがて私もその男もかなりいい気分になり、気が付くと私達はかなり距離を近くして飲んでました。


    時折男の顔が真近まで迫るようになり、さらにお酒が進むと話題はエッチな話になりました。

    初体験、主人とのエッチの回数、好きな体位、浮気願望…やがて男の手が私の太ももに触れだし、次第にスカートの中に入ってきました。


    慌てて男の手を掴むと、いきなりキスされました!
    私は必死に顔を振り拒否しましたが、男は、
    『エッチは絶対しない!大丈夫!絶対言わない!絶対バレないよ!一回だから!絶対大丈夫だから!』
    私の耳元で囁くと、再び男の手がスカートの中に入ってきました。


    下着の上からアソコをなぞられ、唇から首筋にかけ延々とキスをされました。

    次第に衣服は乱れいつの間にかブラのホックを外され、胸を揉まれてました。

    『乳首硬くなってるよ』
    男が言うとセーターを脱がされ男に激しく舐め回されたり吸われたりしました。

    同時に男の手は下着の中へ指が入ってきて、直接アソコを触られました。



    050_20140311161920ec5
    万引きしたセレブな人妻とセックス三昧

    俺がまだ新人1年目の時、都内の金持ちが多く住む地域で働いてました。

    1年目2年目はそこで修行して、3年目から本社勤務なんです。


    高級食材などがウリのスーパーみたいなもんですが、接客業した事のない俺は大変でした。

    それでも客層がセレブばかりで、余裕があるっぽいので助かったと思います。



    月曜日の午後は店長が本社会議の為に行きます。

    そんな月曜日に運悪く万引きを見つけてしまいました。


    薄い白のトレンチコートを着た30前後のキレイな女性です。

    コートの下から見える網タイもセクシーで、お上品な奥さまという見た目でした。



    ちょうど先輩に言われて商品の整理をしていた時に、挙動不審なこの女性を発見したんです。


    何気なく死角に回り込みながら観察していると、完全に万引きしていました。

    しかも1度だけではなく、2度も3度もしているんです。


    俺が戻ってこないので先輩が来てしまい、万引きを伝えると即行動。

    先輩は女性に小声で話し掛けそのまま事務所へ連れて行きました。

    俺は後ろで黙って見てるだけ。


    ビトンのバッグの中には、万引きした商品が7種もありました。

    なぜ?と思うような缶詰や、刺身まで入っていました。


    女性は終始うつむき、先輩が尋ねても小声でモゾモゾとしか答えません。


    結婚しているというので、旦那さんに連絡をしようとしました。


    当然頑なにそれは拒否し続けます。

    じゃ~警察に連絡しましょうねって続くんですが、それも勘弁してくれの一点張り。


    そんなもん許せないんですけど?って先輩は次第に怒り口調になっていきました。

    そんな状態にいても、俺は先輩の隣に座って黙々と2人を見ていました。


    先輩に電話が入り席を外しました。


    「ちょっとお前見てて?戻ってきたら警察に連絡するからさ」
    そういって扉から出て行くと、突然その女性が俺に泣き付いてきました。


    「ゴメンナサイ!何でもするから許して?ね?お願い!」

    立ち上がって俺の前に立ち、両手を無理やり掴んで懇願してきました。



    この奥さん、身近で見てもマジで可愛いんです。


    目はパッチリ二重で、化粧はナチュラルメイクかほぼ素顔に近い。

    なのに目鼻立ちもクッキリしていて、昔モデルやってましたって言っても信じちゃうレベルなんです。


    そんな女性が必死に俺の手を掴んで「何でもする!」なんて懇願するんですよ。

    モテない男としちゃエロ漫画かエロDVDを連想するじゃないですか。



    「じゃ~書面で書いておきますか?そしたら頼んでみますけど」

    万引きした事や許してもらう代わりに何でもする事、名前・住所・連絡先、拇印を押させました。


    その書いている光景を携帯ムービーで撮っていたわけですが、これでどうにかなるとは思っていませんでした。


    だって無理やりじゃ恐喝とか暴行とかになりそうだし、しかも結婚しているって言ってるし。

    その紙を財布に畳んで、俺は部屋を出ました。



    kimamam630299
    ジムの帰りに巻き込まれたハプニングで・・

    夏になると、旦那の会社でテニス大会をするから私もペアで出場するようにと旦那が言い出しました。


    私はどうも話しが変だと思って、会社の同僚の奥さんに聞いてみると、旦那は同じ課の女子社員にペアを組もうと申し込んで、「奥さんとペアを組んで下さい」とやんわりと断られたそうでした。

    それであとに引けなくて私にペアを組もうと言い出したらしいのです。


    私はアホらしくて呆れてきましたが、旦那の顔も立てないといけないのでテニス大会にでる事にしました。

    大学の時体育のテニスの授業で使っていた、テニスウェアを押入の奧からだして、穿いてみました。


    すると、スコートのウェストがきつくてとても入りませんでした。

    大学の時は楽々だったのにいったいどうしたのかしらと思いました。


    テニス大会は会社のグランド脇のテニスコートで開催されました。

    私はテニスのスコートが着れないので、いつものスェットを穿いてでました。


    旦那は私の格好を見て「会社のみんなが見ているのにその格好はなんだ」と言ってひどく不機嫌でした。


    旦那は試合もやる気がないらしくて一回戦で負けてしまいました。

    結局優勝したのは旦那が誘った同じ課の女の子でした。

    家に帰ってからも旦那は不機嫌で、夜も寝るとき私に背を向けて寝ました。


    翌日私は体重計を買ってきて、体重を量ってみました。

    大学の時より6キロも増えていて、私はどうしようもなく愕然とするだけでした。


    これではいけないと思い私は、体重を落とすためになんとかしようと思いました。

    ちょうど近所の秀美さんが駅前のアスレチッククラブに通っているので、一緒に行くことにしました。


    受付で入会の手続きをすると、指導員の祐輔さんを紹介されました。

    最初に簡単な体力測定をしたあと、一月に1キロづつ無理なく痩せた方がいいと、パソコンに向かいました。


    なんでパソコンなんか使うのかしらと思っていると、すぐに練習メニューがプリンターから出てきました。

    用紙には私の名前も入っていてずいぶんと便利になったのだと感心しました。


    さっそく秀美さんと一緒に準備体操をしたあと、自転車に10分乗る事にしました。

    普段なら自転車で10分走るのはなんともないのですが、部屋の中で漕ぐ自転車はなんの楽しさもなく、10分間が一時間くらいにも感じました。


    練習が終わったあとは、息が苦しくてしばらくは起きあがれませんでした。


    0448
    週末の温泉旅館で起きた凌辱

    「あはははは!いいぞー奥さん!いい格好だー」
    「ほれほれ、もっと腰をふらんかー」

    旅館の宴会場の小さなステージで、妻が全裸になって犬のような格好をしている。

    手を真っすぐ伸ばし床に付け、足は膝を軽く曲げて腰を振っている。


    膝を付いた形ではないので、後ろから見ると足を開いて内股で歩いているように見える。


    「うわー、後ろから丸見えじゃん!」
    中年のハゲがかったオヤジが、ステージにかぶりついて見ている。


    「ほれ、泣いてみろよ。

    ワンって」
    野次が飛ぶ。


    「わ、、、わん・・・。


    恥で消え入りそうな小さな声で妻が泣く。

    また、どっと笑いが起こる。

    せまい宴会場に、20人くらいの客が詰め掛けている。


    「おいおい、乳首が床にこすれちまうぞ?しっかり手を伸ばしとけよ」
    「乳首立ってるんじゃないのか、あれ」

    せまいステージを、よつんばいで歩き回る。

    ほどけた髪で顔が見えにくい。

    全身を紅潮させながら、ひときわ大きく尻を振り、胸を揺らす。

    そのステージのはしっこに正座したまま、私は激しく勃起していた。


    「おいダンナ。

    つまみがきれたぞ」
    「すみません、ほんとに今日は何にもないんです・・・。

    「じゃ、あれでも食うか?わはははは」

    妻が怯えて動きを止める。


    「そ、それだけは勘弁してください!」
    「なんだと!てめぇ、なにがおもてなしの旅館だ!予約とってわざわざきたのに、散々じゃねーか!」


    それは今朝の出来事。

    今週末の予約は入ってなかったはずなのに、建設業の会社のグループが到着した。


    小さな旅館を切り盛りしている私たちは、何かの間違いだと信じたかった。

    こういう小さい旅館は口コミでやっているようなもので、悪い噂が立てば一瞬でつぶれる。

    従業員は週末に予約が入っていないので休暇を出した。


    旅行予約会社に確認すると、たしかに先週から予約されていた。

    何か手違いがあったようで宿泊予約がされていない、申し訳ないが泊めれない、と断ろうとすると
    「なんとかなるから」
    と、妻が引き止めた。



    kimamamh090900262
    上司に騙されて知らない人に犯された。

    中途入社で、昨年から不動産会社で営業秘書をしています。


    入って1週間目くらいに、なにか失敗したお詫びにお客様のところへ行くのに、
    女性が一緒のほうがいいと言われ、連れて行かれました。


    わたしはあまりお酒は強くはないのですが、2杯目を半分くらい飲んだところで、
    とても一人でまっすぐ座っていられないほどフラフラして、おかしいと思い、
    薬かな、とも思ったのですが、とてもなにか言い出せる雰囲気ではありませんでした。



    いかにも心配するようなそぶりで近寄ってきた男に肩を抱かれるような格好になってしまい、
    気持ちが焦りましたが、体に力が入らず、言葉もちゃんと話せなそうな感じで、
    それでやっと何か飲まされたと気が付いたのですが、
    上司はむしろ私の失態を非難するような感じで、男は上司から私をかばうようなことを
    言うので、どちらにそういうことをされているかわからないまま、そうしているしか
    ありませんでした。


    意識はそれとなくはっきりしていましたが、体に力がまったく入らず、
    膝に座らされたり、胸をつかまれたり、されるがままになっているしかなく、
    男が私を抱きなおすたびに、服が乱れ「酔わされ上手でかわいい」というようなこ
    とを言われ、上司も男を止めるそぶりはまったくありませんでした。


    完全に諦めていましたが、もしかして上司が止めてくれたらと、心の中で泣いてい
    ました。




    113
    夫にさえ見せたことのない姿を二人の男に晒しました。

    私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。

    今は名前が変わってしまった会社です。

    そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。


    夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

    しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に罹ってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。


    夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。


    夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。

    夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。

    発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。


    ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

    売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



    給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

    しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に私も同意見でした。


    なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


    私は義父を実の父親のように愛していました。

    結婚したいと挨拶に行った時、既に両親が他界していた私に義母は露骨に嫌そうな顔をしました。


    しかし義父が味方をしてくれて、私を嫁として受け入れてくれました。

    その後も義父は、何かにつけ私に配慮してくれ、いつも助けてくれたのです。


    そんな義父のためにも、なんとか頑張りたい。

    恩返しの真似事がしたいと思いました。


    この頃、工場では私の仕事はほとんど無かったため、私は少しでも助けになればと、学習塾で得意な英語を教えるアルバイトも始めました。




    そんな時、あの男、木島が農機メーカーの担当者として私達の前に現れました。

    木島は、常務の肝入りでコンペが開かれると知らせてきました。

    そのコンペは新製品に使われる部品の鋳造業者を決めるためのもので、技術的に当社でも対応できるものでした。


    私は、茶髪で軽薄そうな木島のことがどうしても信頼できませんでした。

    まだかなり若いのに他人を見下したような話し方や目つきが鳥肌が立つくらい嫌でした。


    しかし、それでも、私達は喉から手が出るほど仕事が欲しかったのです。

    だから、夫に反対はせずに、その話に飛びつきました。

    そして木島に助けられながら、資料やサンプルを作ってコンペに臨みました。



    コンペの当日、私達は予定の2時間前から、本部で待機していました。

    他社のキャンセル等で、突然早まる事もあるからです。


    待機中、夫がトイレに立った隙に、木島がそっと耳打ちしてきました。

    「実は、常務が奥様に会いたがっております。

    コンペの前に、ご挨拶しませんか?」

    以前、農機メーカーの運動会に私達下請けも参加したことがありました。

    その時に、私のことを知ったそうです。

    常務は重田という40代の男で、現在の社長の長男であり、次期社長を約束されていました。


    私は、当然、挨拶したいと申し出ました。

    ところが、木島は変なことを言い出しました。


    「では、コンペは社長にお任せして、奥様は、これから常務に会いに行きましょう」

    「え?ご挨拶は主人と一緒に伺う方が良いのではないでしょうか?それにコンペも」

    木島は私の言葉を遮りました。



    5
    大好きな母さんが召使にされたんです・・・

    栃木県の那須塩原の近くに父の会社の社長が保有する別荘がありました。


    子供の頃、毎年、夏休みになるとそこへ泊まりに行ってました。


    小学5年生の時だったと思います。


    その年も父と母と3人で別荘へ行きました。


    別荘に着くと、いつもならば誰も居ないのですが、
    その年はたまたま、総務の人のミスか何かで
    すでに社長とその親類が滞在していました。


    父は、すみませんと頭を下げて帰ろうとしたのですが
    社長や奥様が、部屋も余ってるし、せっかく遠くからきたのだからと勧めてくれて
    僕たちも滞在することになりました。


    それが大きな間違いでした。


    子供心に今もよく覚えています。


    父も母もまるで召使でした。

    料理を運んだり、皿を下げたり。


    それだけだったら、まだ良かったのですが・・・
    社長宅には僕と同じ年の男子、カス男が居て、その従兄弟で二つ年上の
    ぶた男とその弟で僕のいっこ下のクソ男も別荘に滞在していました。


    母がその3人の面倒まで見ることになったのです。



    母は今でも品のある婦人という感じですが、その当時は30代前半でしたので
    子供から見ても美人の奥さんという感じだったと思います。


    ちなみに社長の奥様はその当時40過ぎていたので、おばさんって感じでした。


    カス男「お前のお母さん美人でいいなあ」
    ぶた男「オッパイがぶらんぶらんしてるな」
    小学生とはいえ、ませていた奴らは、自分の母親とは違う見栄えの良い大人の女に興味を持ったのです。



    kimamamh070800085
    妻の強姦DVDを見てしまった・・・

    私は41歳の借金男です。



    全ての預貯金等を解約し返済しても260万円の借金が残りました。


    これも早期に完済しないとあっという間に利子で元の木阿弥です。



    そんなある日、36歳の妻が離婚届と完済証を私に差し出しました。



    「どうやって完済したんだ?」
    「聞かないでください。

    黙って別れてください。



    離婚届は私が預かりました。

    そして、妻に完済理由を問い詰めました。

    妻は黙って紙袋を私に渡して家を出て行きました。

    紙袋の中身は4本のDVD-ROMでした。



    DVD1には妻が5人の中高年男によってたかって強姦される映像が映っていました。



    どう見ても私より年上の50代60代のジジイ達に約1時間30分の間、両足を拡げられて組み敷かれ、一人ずつ中出しされていました。



    涙を流している妻が写っていました。

    そして、彼らは一人数枚の一万円札を妻に放り投げて画面から消えました。



    DVD2は、明らかに不良少年でした。

    10代後半の悪そうな少年8人に囲まれ「やらしてくれんの?童貞二人いるからよろしく頼むよ。



    そういうとあっという間に裸にされ、手足を少年達に押さえつけられて、何の前戯もなしにつばを膣にかけられただけで、一人ひとりの肉棒を膣内に挿入されて、ガンガン激しく突かれて中出しされていました。



    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ