気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談【JD】   カテゴリ : H体験談【JD】

    kimamamh20139


    先日サークルの合宿があった。

    男子3人女子2人で飲んでた。

    女子の片方は途中で疲れて眠ってた。

    男も一人疲れて寝てた。

    もう片方の女子のゆかは、色白細身でめちゃくちゃかわいい。

    この日は髪をアップにしていた。

    俺はこの子と飲めただけで満足していた。

    ゆかは、短パンにパーカーを着ていた。

    結構飲んでいたけどあまり顔にでないのか、よっている感じには見えなかった。

    飲んでいると部屋に暖房が効いてきて、ゆかは「暑いー」といってパーカーを脱ぎだした。

    ゆかはジップをゆっくりと下げた。

    胸の辺りまで下げたあたりで俺は異変に気づく。

    素肌にパーカーを着ていたのだ!俺はドキドキしながらゆかを見た。

    もう一人の起きている男は俺らを背にしてテレビに夢中だった。

    ジップはもうへその上の辺りまで下がっていた。

    緊張しながら俺はその姿を見つめた。

    ゆかは一番下までジップを下ろし、へそも露になった。

    左右のCカップ程度の胸は大体5合目ぐらいまで見えていてとてもエロかった。

    俺の心臓の鼓動は鳴り止まない。

    事態に気づかないゆかは相当酔っていたのだと思う。

    そのままの状態で、目の前の床にある酒に手を出した。



    kimamamh20169

    私はあるフランチャイズチェーンの学習塾の室長を務めていま

    す。

    事件は1年程前、アルバイト講師募集の広告に、ある女子大生が

    応募してきたことから始まります。


    彼女はグラビアアイドルの乙葉に外見が良く似ていて、同じよ

    うに巨乳です。

    講師の採用に当たっては、フランチャイズチェーンのオーナー(50

    代男性)とペアになって面接をしますが、たいそう彼女のことが気に入り、彼女が

    帰ったあと私に「あの娘、ええ乳しとったなあ」と話し掛けてきました。

    その言い方

    がいかにもエロ親父らしく、あまりいい感じはしませんでした。


    彼女は当然すぐ採用になり、持ち前の明るさもあって、たちま

    ち生徒や他の講師たちからも好かれるアイドル的存在になりました。

    ニックネーム

    は、ある男性講師がつけた「乙葉チャン」です。

    その乙葉チャンが、エロ親父のオ

    ーナーの毒牙にかかったのは、昨年の秋の終わりでした。






    ようやく寒くなってきたある日の午前のこと、私は銀行の通帳

    を事務室に置き忘れていたことを思い出し、自転車に乗って取りに行きました。


    室長としてオーナーから預かっている鍵で中に入り、2階へ上っていくと、なにやら

    女性の泣き声と男の声が聞こえてきました。

    「おや?変だな」と思いました。

    学習塾

    は生徒たち相手なので、午後2時が出勤時間なのです。

    まだお昼前でしたので、普

    通なら人がいるはずがありません。

    声は、事務室から聞こえてきています。

    私はどき

    どきしながら、足音を立てないようにして階段を上り、事務室のドア(上半分が、

    透明なガラスになっている)からそっと中を覗いてみました。



    Pic00010025



    私が麻布大一年生の頃、軽音部室でみんなで飲んでいたの。

    みんなだいぶぐでんぐでんになってきた頃、

    お酒がなくなってしまって一年の私たちが買いに行くことに

    なったんだけど、四年の先輩が「鈴木、こんにゃく買ってきて。」

    って言うから、まさかとは思ったんだけど。

    色んなお酒とか買って帰ってきたら、本当にその先輩ったらオナニー

    始めちゃったの! しばらくしたら、

    「おう、鈴木。濁り酒作ってやる。」とか言って私の日本酒が入ってる

    コップにザーメンを入れちゃったの!

    そしたら一気コールかかちゃって、飲まずに居られない雰囲気に

    なってしまい、私もかなり酔ってたし、しょうがなく一気に飲んだの。

    そしたら、俺も俺もって、集ってきちゃってもう一杯飲まされた。

    Pic00010020



    大学生の頃、冬の話。

    授業が終わってうちに帰ったら、アパートの廊下でターバンを巻いた季節に沿わない薄着の女の子(イスラム圏の女の子)が行き倒れていた。

    無視するわけにもいかないので大丈夫かと声をかけると、片言な日本語。

    どうやら、風邪を引いているみたいで熱が相当高く意識が朦朧としているようだ。



    この子もアパートの住人だろうから、部屋まで送ろうと部屋を訪ねると、実は俺の隣の住人であることが判明。お隣の顔も知らないなんて世知辛い世の中だ。

    「部屋に薬はあるのか?病院に送っていこうか?」と日本語と英語を交えて会話すると「薬はない、医者はいやだ」という素敵な返事。



    じゃあ、と言うことでうちからパブロンと体温計と実家からアホみたいに送られてくる桃缶とポカリを差し入れに行くと、今度はターバンを取ったパジャマ姿の女の子。

    さっきは気付かなかったがこの子、アラビア半島によくいる感じの目くりっくりの美少女だ。

    薬と桃缶(キンキンに冷えている)とポカリを渡して、暖かくして寝るように言ってその日はサヨナラ。


    Pic00010018



    ある週末の晩、ベッドでまったりしながら、彼女に口で舐めてもらってる時にベッドサイドにあった携帯がなりました。



    僕は出ないつもりでしたが、しばらく鳴ってると「出ていいよ」と彼女に言われ、彼女に咥えられたまま出ると、実家の母親からでした…。



    一瞬マズいなと思いましたが、まーバレる訳でもないしと思い直し、「おー、どした?」と言うと、「元気?今何してたの?」と言われました。



    まさか「今彼女に口で咥えてもらってる」などと言える訳もなく、「あー、今はゆっくりしてたとこだよ」と返し、普通の会話を続けました。



    しかし、少しSっ気のある彼女は、電話中にも休むことなく咥え続け、明らかに動揺させようと激し目に舐めたり、咥えられたりしました…。



    久々の実家からの電話だったので、互いの近況報告や体は大丈夫か?などの話しを真面目にしたいとこなんですが、激しく咥えられてるとやはり気持ちよさを享受することに専念してしまい、適当な相槌を打つようになったり、声が出そうになったりしてました…。

    Pic0001smagazo+1000+795+21





    彼女と出逢ったのは大学三年の頃。

    同じ大学の友人の女友達の、更に友達という遠い関係ではあったが、妙な

    縁があって彼女の名前は以前からよく聞いていた。

    といっても、大したことではない。当時世話になっていた大学の先輩と

    一時期付き合っていたという事。本当は高校時代から付き合っている

    彼氏がいたのだが、喧嘩別れしてしまった時にその先輩と深い仲になって

    しまい、前の彼氏とよりを戻す際に一悶着あり、軽くそれに巻き込まれた

    事があったというだけ。



    だから、最初に遭ったときから彼女は「彼氏持ちの射程外」だった。

    下ネタが平気で言い合えるような男女が集まって、誰かの家で飲んで。

    気が付いたら数少ない布団の中で皆が抱き合うように寝ていて。

    そんな飲み会を繰り返しながらも、彼女との仲が進展するはずもなかった。




    しょうがないから、という訳ではないけれども、俺はそのうち別の飲み友達

    の一人と恋愛のようなものを始めるようになった。当然、彼女に相談もする

    ようになる。

    俺の女性経験の無さを見抜いてか、「キスまでなら良いよ」とデートの練習台

    にもなってくれた。だが、それはあくまで友達としての関係の中での、限られた

    遊びだった。そんな遊びは、俺の恋愛がうまく行かなかった後でも変わらなかった。



    俺が大学院を卒業し、彼女も院を出て地元に帰ってしまってからも軽い関係は

    続いた。

    彼氏のところに遊びに来たけど、留守だったからデートしようと何度か遊びに

    出かける事もあった。手を繋いで、キスをして、それ以上の事は絶対に起こら

    なかったけれども、俺は幸せだった。



    その時は、まだ。

    Pic0001smagazo+1000+795+25



    高校の時。教育実習で来た先生との思い出。

    その先生は決して美人ではないけど、地味可愛い?色白の人で、何より巨乳だった。

    当然男子生徒の間ではその話でもちきり。

    単純な俺も、すぐにほのかな恋心を抱いた。



    ある休日、地元を自転車で走っているとき、

    町に一軒しかない(地元は田舎)ラブホの前を通りかかると、

    先生が男の人とそこに入っていった。

    今思えば、20歳過ぎの女性なのだから、当たり前なのだが、

    当時は地味で真面目なイメージがあった分、すごくいやらしく感じた。



    翌日、廊下で先生に話しかけた。

    「昨日男とラブホ行ったろ」

    びっくりする先生。

    「いいのかよ。先生なのにさ。やらしいよ。」

    Pic00010028


    義弟,といっても大学時代の同級生で友達,なおかつ最近,俺の妹と結婚したヤツの経験した話。

    この間,二人で夜釣りに行ったとき初めて聞いて,ちょい萌えた。




     義弟は,もう6年近く前だが,26歳の時に交通事故に遭い,リハビリ込みで3ヶ月ほど入院したことがある。

    その事故は,昼間に横断歩道を渡っていると,軽自動車に突っこまれて,右腕上腕部を骨折,右手人差し指と左手中指にヒビが入り,さらに右足をひどく打撲するというものであった。

    義弟にまったく落ち度はなく,運転していた若い女性が携帯電話に出て,ブレーキを踏むところをアクセルを踏んでしまったことが原因らしい。




     義弟は地元を離れて就職していたため,入院の準備も大変で,俺も買い物をしてやったり,仕事帰りに何か用事がないか,病院に寄ってました。

    いつも個室のベッドの上で両手をつり上げられ,右足にも包帯がまかれ,不自由そうな状態でした。

    彼の仕事の方も,近々,彼がメインの長期海外出張が予定されていたらしく,大変だったらしい。

    入院直後には上司や同僚が来て,個室で仕事の打ち合わせをよくしてた。

    事故相手の女性も時々,会ったことがある。

    彼女は,親元を離れて生活している19才の女子大生で,知的で整った顔立ちの娘だった。

    学校のないときに時々来ては,義弟の見舞いと簡単な用件を聞いていた。

    病室ではいつも済まなそうにしていた。

    義弟は基本的にいい人なので,まぁ済んだことは仕方ないよと逆に彼女へ気を遣っていた(義弟の当時の上司は切れて,その彼女にぶつぶつ文句言ってましたが)。




    (ここからが私の知らなかった話です)

     義弟に気を遣ってもらえばもらうほど,彼女は自分の不注意が大きな事故を呼んだことを後悔したらしい。

    そのうちに彼女が「なんでもしますから遠慮なく言ってください」というようになったそうな。

    最初,義弟は「特にないよ」と言っていたらしい。

    しかし度々そう言われ,お互いに慣れてきたこともあり半分冗談で「悶々しているのだけど,両手がこういう状況で困っている(笑)」と言ったそうな。

    彼女も何を言っているかはすぐにピンときたらしい。

    「ごめんなさい,それは勘弁してください」とのこと。

    義弟も笑いながら「冗談だよ」というと,「すいません」となんども言ってくれたそうです。

    義弟的には19歳の女子大生が困っている顔を見ただけで,当時はけっこう萌えたそうです。


    Pic00010010


     ある晩、私はC君に呼び出され、カラオケBOXに行きました。

    C君はK大

    のアメフト部で、ルックスも良く、女の子達に人気があります。

    私はつい最近、

    C君と付き合い始めたばかりですが、もう離れられないと感じていました。


    気性で強引で利己的だけれど、はっきり言って、私は彼のセックスの虜だった

    のです。


     C君は鍛え抜かれた体と甘いマスクだけでなく、あっちの方もすごいんです。


    彼は私に、器具で弄ばれる悦びを教えてくれました。

    彼はその器具を、ローター

    と呼んでいました。

    逞しいペニスで私を貫き、激しく突き動かしながら、快感

    にのたうち回る私の最も敏感な部分にローターを当てがうのです。

    初めて彼に

    抱かれたとき、私はそれまでに味わったことのない快感に打ちのめされ、痙攣

    しながら絶頂を迎えました。

    そして何度も抱かれるうちに、ローターの刺激だ

    けで連続してイケるようになり、今では、その小さな低い振動音を聞いただけ

    で、心臓が跳ね、脚が緩んでしまうようになりました。


     カラオケBOXで合コンをやっているが、女の子が足りないから来てくれ、

    とC君は電話で言っていました。

    Pic00010017


    俺には4つ上に姉がいる。

    俺が中3の時、姉は時々大学の仲良を家に呼んできては泊めたりしていたんだけど、

    お風呂も入ったりするので濡れた髪が色っぽかったりして俺はドキドキしていた。



    いつも来るのは肉感的で色っぽい薫さんと

    ちょっと冷たい知的な感じだけどお尻の大きな友里さんだった

    特に俺は顔が佐藤寛子のようなちょいキツ目の友里さんが好みだったので

    友里さんが来たときは自分でも恥ずかしいくらいドキドキして顔が真っ赤になって

    姉貴や薫さんにからかわれたりしていた

    そんな時、友里さんは特に嫌がった感じじゃなくて、照れ笑いをするだけだった



    前期試験の勉強とかで6月末に泊りにきたときはお風呂上りにTシャツに7分丈のスパッツ、

    しかも多分ノーブラだったのでなんとなく胸にポッチが浮いてるような・・



    その夜俺は受験勉強など手につくはずも無く




    脳裏に焼きついた友里さんの姿で思いっきりコキまくって

    ザーメンぶちまけたけたのは言うまでもない



    次に泊りにきたのは夏休み、泳ぎに行った帰りに家によったときだった。

    Pic00010022


    携帯から失礼します。私、女ですが投稿しちゃいます。

    大学時代、友達歴3年のMがいました。

    Mはかなりの男前で、めちゃめちゃタイプだったんです。

    でも、当時Mには彼女がいたので本当に私とは友達どまり。

    そんなMが一人暮らしをしだしたので、他に友達も呼んで皆でM宅で飲もうということに…。

    しかし、誘っていた友人達がドタキャン!Mと二人きりになってしまいました。

    Mはせっかくだからとドライブにも連れて行ってくれましたが、結局お酒を買ってM宅でゆっくり飲むことに…

    一人暮らしの男の部屋で二人きりになるのも躊躇いましたが、Mには彼女もいるし、友達の私に手をだすなんてまさかないだろうと安易に考えていました。

    Mのマンションは高層で、一角が全面ガラス窓。そこにベッドが置いてありました。

    お決まりの間接照明で、『あ〜、ここでいっぱい女の子口説いてるんだろうなぁ』なんて思いながらMと飲み始めました。

    だいぶお酒も入った頃、Mが立ち上がり私の背後へ周り抱き着いてきたんです。

    私もタイプのMとこうなることを期待していたのかもしれません。

    耳にキスをされ、穴に舌を入れられ、それだけでパンツがグショグショになった。

    Mに「Hしたいな」と囁かれながらブラのホックをはずされ、服の上から乳首をつままれました。

    「でも私達友達やん?」と一応抵抗しましたが、「俺、お前のことタイプやもん」と制され、自分に向い合うように私を膝の上に座らせ、服をめくりあげ左手でおっぱいをモミながら乳首に吸い付かれました。


    Pic00010030


    とりあえずスペック


    大学3年

    ブサメン

    オタク

    童貞

    彼女いない歴=年齢

    好きな女の子

    同じ大学、同じ学科、同じ学年

    可愛い

    黒髪だけど巻いてる

    いわゆる黒髪ビッチ

    背はあんまり高くない

    おっぱいは普通

    足か細い




    AV女優の有村千佳に似てる

    (以下、仮名で千佳とします)



    大学入学した時に、調子に乗って大学デビュー(笑)を目指していた

    メガネからコンタクトにしたり、髪を染めたりした

    そして彼女が欲しい一心で、同じ学科の女の子に話しかけまくった

    多分ウザがられてただろうけど、話しかけまくった

    ギャル系の女の子は無駄にノリが良いので、リアクションをくれた

    同じ講義の前後に、なぜかリア充グループに無理やり割り込んで話をしていた

    その中に千佳がいた

    戸田恵梨香ファンの俺は、千佳に一発で惚れた

    他にも目星をつけていた女の子はいたが、千佳が一番のお気に入りだった

    千佳はちょっとSっぽい性格で俺はオドオドしてる童貞だったので、千佳の属するギャルグループの荷物持ちみたいなポジションになった

    といってもイジメとかではなく、そういうキャラとしてわざと命令されたりしてた

    向こうからすれば便利な男くらいだったろうが、俺にはご褒美だった

    ギャル達とちょっとでも接点が出来て、俺もリア充になれた…とか思ってた

    千佳がTSUTAYAでバイトしてると知ってからは、偶然を装ってTSUTAYAによく出没した

    自転車で片道30分のTSUTAYAに、通い詰めた

    TSUTAYAでは千佳と毎回ちょっとだけ話した

    今考えればかなり恥ずかしいのだが、わざとAVを借りたりして「女慣れしてるリア充アピール」とかしてた

    「最近溜まってるんだよねww」とか、馬鹿な事をレジでドヤ顔で話していた

    千佳もビッチっぽかったので、「AV借りすぎww」とか普通に返してくれた

    内心ウザイと思われてたかもしれないけど

    この辺りが1年の年末近く

    俺はもう完全に千佳に惚れていた

    学科内でもバレバレだったし

    同性のオタ友にもしょっちゅう弄られてた

    とはいえ、学科内では「童貞がギャルのストーカーしてる(笑)」みたいな、可哀想なキャラとして認識されていたように思う

    そして1年も終わりの3月

    学科の懇親会があった

    大学の食堂を学科で貸し切っての、「1年間お疲れ様でした会」的なもの

    オードブルとかジュースが振舞われ、俺はそれをドカ食いしながら、いつもの「ウザがられコミュ力」を発揮して千佳の近くの席を陣取った

    年明けから冬休みが長かったこともあり、話題はちょっとさかのぼってクリスマスや年末年始の過ごし方が中心だった

    クリスマスでお分かりだろう

    俺は千佳を寝取られた

    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ