気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談【人妻・熟女】   カテゴリ : H体験談【人妻・熟女】

    kimamamh0510000337
    同じの幼稚園の子のパパさんと浮気した時のエロ体験談





    私35歳の普通の主婦です。


    主婦業11年で子供も2人います。


    主人は8歳年上ですが、優しく普通の夫婦だと思います。


    夜も主人ペースですが、頻繁な方だと思います。


    そんな主婦ですが、この9月に浮気してしまいました。


    し始めてしまいました。


    最初は無理矢理な感じでしたが。


    相手の方は、家がとても近くで、下の娘が同じの幼稚園の子のパパ(ユウちゃん)です。


    ユウちゃんは、もう年少組のときからの知り合いで、もう2年、一緒に送り迎えをしてる仲なので、ほんとに気軽に話せる仲なのです。


    家族ぐるみの付き合いです。


    だから、ユウちゃんにされるとは、思いもよらなかった。


    ただ、私も容姿にはまだまだ自身ありで、ジムのプールでは、ちょっぴり優越感なくらいです。


    ユウちゃんは、1つ年下で背が高く細身な感じで、幼稚園ママのなかではイケメンパパで噂されてます。


    だから私もユウちゃんと仲の良いことも、優越感に浸っていたのは事実です。


    ユウちゃんは、もう何度も幼稚園へ送った帰りに、うちで、お茶してました。


    当然、他のママさん友達も、一緒の時も多かったです。


    ただ、彼とは、とても気が合いました。


    ユウちゃん宅は、奥様が公務員で、彼は、旧家の花生産農家に婿に入ったそうです。


    今は、それほど大きくやらず、主に不動産収入だそうです。


    9月始めのその日も、幼稚園の送りの帰りに、いつも通り「寄ってけば」て軽く誘い、いつも通り、うちのダイニングでアイスティーを前に、お喋りを聞いてもらってたと思います。


    その日、別に普段のTシャツにジーンズで、インナーも大した物でなく、逆に恥かしいぐらいのショーツでした。


    ユウちゃんは、キャミやスタンクトップや短パン姿も見てるのに、何でその日にって感じです。


    お喋りしながら、何かをしに椅子を立ち、テレビの前にきたときです。


    後ろから強い衝撃を受けました。


    それは地震でも起きたかと。


    それはユウちゃんが後ろから覆いかぶさってきたとは全く思わなかった。


    私は、何かあったかと誤解したぐらい、予知してない事でした。


    状況を理解するのに、間があったと思います。


    「何、何・・・何!なに・・・」と私は声を出していたと思います。


    その口にユウちゃんの唇が押付けられて理解したと思います。


    顔を左右に振りながら、「何・何・何・・どうしたの?」って叫びながら。


    ソファーに倒されながら、次にはカーペットの上に倒れていました。


    それでも、突然の事に「何・何・なに」と口にしてました。


    ユウちゃんは、「好きです好きですアイさん」と連呼しながら、もうTシャツを捲り上げブラに手がありました。


    私も懸命に擦り起きようとしましたが、ビクともしません。


    ホントに一瞬でブラをズリ上げられ、白昼のリビングの明るさの下で、私の胸が半分あらわにされた。


    私は両手で胸を隠しながら「ダメダメ駄目!」と口にしていたと思います。


    スイッチが入ったユウちゃんは、ひるむことなく、両手で私の両腕を掴みました。


    私も必死であり、手は解けなかったので、ユウちゃんは、手を離しました。


    その時、私、暴力を振るわれる、顔を殴られる予感が頭を過ぎりました。


    しかし、ユウちゃんは、「好きですアイさん」と顔を寄せてきたのです。


    それは、とても愛らしいスキンシップでした。


    私は「どうしたの?ユウちゃん」と口にしましたが、ユウちゃんは「好きです」と言いながら顔を摺り寄せてます。


    少し間があり、ユウちゃんも私も落ち着いた間を感じたと思います。


    そして、私は起き上がろうとカーペットに手を着いたとき、彼の顔が私の胸へ移りました。


    強い刺激を感じました。



    kimamamh00222000381
    31歳の看護師とエッチした時のエロ体験談





    47歳。

    会社員。


    8月末の出来事でした。


    その日は、会議が長引き午後8時に会社を出ました。


    いつもの帰り道。

    アダルトビデオショップの横を通ります。


    何気なく覗いてみることにしました。


    無数に並んでいるビデオの品定めをすること15分。


    気付くと横にうつむき加減の小柄な30歳前後の女性が立っていました。


    肩までの髪の毛、タンクトップにミニスカートでサンダル履き。


    タンクトップの胸の部分を見ると大きめのオッパイで乳首を確認することができ、ブラジャーを着けていないのが分かりました。


    私に近づき、ミニスカートを少しずつ上げていきました。

    すると毛の無いワレメが。


    そして見せ付けるように私の前に来て脚を広げました。


    「触って欲しいのか?」

    問いに、小さく頷きました。


    女性器に手を触れるとピクッと反応し、更に脚を広げて触りやすい体制を取りました。


    すでに濡れていて、指2本がすんなりと入りました。


    動かすと両手で口を塞ぎ、声が漏れないようにしました。


    続けると、私に抱きついて、顔を私の胸に当てて喘ぎ声を出しました。


    この場でこれ以上続けるかどうか迷い始めた時。

    視線を感じました。


    棚の陰に隠れて、こちらを覗き見ている男性がいるのです。


    「あの男。

    連れか?」

    そうだと答えました。


    すると、私の手を引き店の外に出て、人目につきづらい暗がりに。


    《31歳、既婚の看護師。

    露出好き。

    女性一人だと色々と怖いので、病院の同僚に付き添ってもらっている。

    貴方は紳士で安心できると思いこうした》

    簡単な説明をしてくれました。


    そして、私に抱きついてキスを。

    連れの男性にOKサインをして。


    「もし、良かったらホテルに連れて行って下さい!」

    腕にしがみついてきました。


    歩いて向かうことに。


    途中、人の気配が無かったのでタンクトップを脱がし、ミニスカートを腰まで捲くり、私の少し前を歩かせました。


    女性はキョロキョロ辺りを見廻して人がいないか確認していた時、前方からサラリーマンが歩いてきました。


    ミニを直し、胸はバッグで隠してサラリーマンが去るのを待ちました。




    senaka_4344-004s
    美人奥様とセックスした時のエロ体験談






    美人過ぎるほど奇麗という言葉がぴったしの奥様が不釣り合いのママチャリに乗ってきました。


    うちの実家は自転車屋なんですよ。


    「訳が分からないけど急に空気が抜けちゃってぇ~」と甘えた声。


    パンクというより、フレンチバルブの辺りかな‥と思った俺は何気にサドルに手を置いてしゃがんで見てみた。


    サドルがまだ暖かいこの美人のマソコが今の今までここに密着していたんだな‥

    「ちょっと用事済まして来ていいですか?」

    と美人が言うので

    「どうぞ、見ておきますから」

    と俺。


    美人が店を出て行って即、サドルにそっと鼻を近づけた。


    ふと顔をあげると美人が何故か店に戻っていて俺を見ていた。


    やや気まずい空気が俺と美人の間を流れたが、どうも美人の様子がおかしい。


    「あ、あのトイレ貸していただけないでしょうか‥?」

    そうか、トイレに行きたいのか。


    俺はさっきのことが帳消しになるような気がした。


    「ああ‥どうぞ。

    こっちです」

    店の奥、自宅につながる短い廊下を通って居間に上げて、トイレに案内した。


    その間無言ではあったが、美人はかなり逼迫している様子だった。


    こんな通りがかりの自転車屋で女性がトイレを借りるなんて、それだけでも想像できる事態だ。


    美人がトイレのドアを閉めて、中に入った後俺は所在なさげにそのまま立っていた。


    どこで待ってたらいいのか、ちょっと判断がつかないような‥

    あんまり近くにいても美人は恥ずかしいだろうし、かと言って見知らぬ他人を家の中に入れたまま店の方に戻るのも無用心な気がした。


    考えてみれば、トイレの中にいる美人には、俺がどこにいるのか分かるはずもないので俺はそのままトイレのドアのまん前に立っていた。


    美人が出てくる気配がしたら、少し離れよう‥そして、中の音に耳をそば立てた。


    トイレの水を流しながら用をたしていたが、じゃーっとおしっこの音ははっきりと聞こえた。


    長い長い音だった。


    相当ガマンしていたのだろう中での水音はすっかり止んで下着を履くような衣擦れの音がしたので俺は素早くその場を離れ、居間の方に向かった。


    しかし、美人は一向に出てくる気配はなく、何なんだ‥?と心配になったが、きっとトイレに行ってスッキリしたら急に恥ずかしくなって出て来ずらくなったのだろう‥と思っていた。


    そして少し経つと、ややゆっくりとした動作で美人が出てきた。


    俺はさっきの事もあるし、何て声を掛けていいかもわからず所在なさげにしていると、

    「あの‥どうもすみませんでした。

    ありがとうございました‥」

    美人がはにかんだ様子で言った。


    さっきバルブを見た時に自転車に貼られていた住所のシールで確認していたので

    「ずいぶん遠くから来たんですね?」

    と言ってみた。


    シールの住所A町はここから10km弱は離れていると思う。


    「タイヤ見る時にシールの住所を見てたんですよ」

    我ながらバレバレな言い訳だとは思ったが、ついそんな言葉が口から出てしまった。




    a11122343002341
    彼女の母とセックスした時のエロ体験談







    大学生の時に、付き合っていた彼女の一人暮らしの住まいに俺は住み着き、半同棲の生活をしていた。


    そんなある日、二人の愛の巣の彼女の家に、いきなり彼女の母が遊びにきた。


    事前に電話とかもなく、僕たちは裸で僕は寝室の布団にもぐりこみ、彼女は慌てて服を着て玄関へ迎えにいきました。


    しばらくリビングで話しこんでるようなので、その隙きにと思いパンツを履いているとドアが閉まる音がしました。


    出て行ったのかな?ほっとして昨日の後始末をしているといきなり襖を開けられお母さんと目が合ってしまいました。


    互いに面識はあるので騒がれたりはしなかったのですが、僕は下着一枚で、しかも彼女が脱ぎ散らかした下着を手にしているのです。


    「まぁ、久我さん。


    ちょっと・・・」

    お母さんはベッドに腰掛けると説教をはじめました。


    僕はパンツ一丁で正座というなさけない姿です。


    説教は、彼女が帰ってくるまで続きました。


    ふと、顔を目線をあげると?彼女のお母さんの丈の短いスカートの奥が覗けます。


    ストッキングに黒い下着。


    なんだか年甲斐もなく派手な下着をつけエロティックな感じ。


    以前会った時よりも、ずいぶんお洒落な格好だった。


    僕は同棲しているということだけは隠しつづけ、とにかく謝り倒しました。


    彼女が帰ってくると、

    「もういいわ。


    お願いだから、避妊とかだけは注意してね。


    お父さんには秘密にするから。


    ゴミ箱の中身を一瞥すると僕に服を着るように促し、一緒にリビングへ行きました。


    週末だったこともあって、お母さんは彼女を実家に迎えにきたようでした。


    そのまま、僕はうちを出てクルマでブラブラして、夜に帰宅すると明かりがついてます。


    あれ?いかなかったのかな?鍵を開けて

    「ただいま」

    と声をかけると、お母さんと見知らぬ男が一緒にソファに隣り合っていました。


    彼女のお父さんではありません。


    男は

    「誰だ?」

    と一瞬すごんできましたが、僕は無視して、

    「お母さん、どなたですか?」

    そう聞きましたが、絶句して何も答えません。


    男がこっちへ近寄ってきました。


    簡単に組み伏せて、

    「人を呼びますよ?」

    と脅すと男はすぐに退散した。


    玄関に鍵をかけ、ふたりきりになった。


    「お願い、このことは誰にも・・・」

    さっきまで高飛車だったカノジョのお母さんが口を開いて出てきた言葉がそれでした。


    男は誰かと聞くと口をつぐみましたが、お母さんの格好を見れば一目瞭然。


    確かに僕から見ても美熟女ですが、まさかカノジョの母の浮気現場を目撃するなんて目の前では上着を脱ぎ捨て、胸元が大きく開いています。


    どうしようか迷ったけど、お母さんの隣に座った。


    「千鶴は知ってるんですか?」

    彼女は力なく首を振る。


    しかし、こうやってみるとふくよかな千鶴に比べ、お母さんはスレンダーでその割には娘顔負けのグラマラスなおっぱいだ。




    kimamamh0412000039
    チェーン店のスーパーで働いた時のエロ体験談






    あたしは専業主婦の四十路のおばちゃんです。


    2年前から先月までは、とあるスーパーでパートしてました。


    主人の収入で一応最低限の生活はなんとかできていたのですが、息子達も手が掛からなくなったこともあって暇になったことからパートにでたんです。


    チェーン店のスーパー。


    他の店舗に応援しにいくことも度々。


    働いていたお店の店長さんに

    「他店から名指しでの応援要請がきてるよ」

    「此処だけの話し、長内店長は手が早いって噂あるから気をつけてね」

    と言われたことがありました。


    当時あたしは41歳。


    「まさかあたしのような、おばちゃんにそんなことあるわけないじゃないですか~」

    店長にはにかみながら、飛び切りの笑顔で返事しました。


    あたしは少し嬉しかったんです。


    あたしの周りの人達からは、若い!とか可愛い!なんてたま~に言われてはいたんです。


    それでも、あたしよりも若い男性にそんなふうに思われていたら!?なんて妄想したりして。


    でも何回か長内店長の店に応援しに行ったのに、何事もなく普通でした。


    店長からは「何かあったら言ってね」と優しい言葉を貰って、いい気分で働いていました。


    家庭も安泰、職場も円満。


    そんな幸せが崩れだしたのが下着泥棒の被害にあいだしてからでした。


    家は主人の会社の借り上げ借家で南側に小さい庭もあります。


    洗濯はいつもパートに行く前にして干してから出てました。


    まさか、人通りのある所からは全然見えません。


    玄関から人目につきやすい家の横を通り抜けないと、たどり着けない場所なんです。


    この借家に住んでからは一度も盗まれたことはなかったのに~。


    気持ちはブルーになってしまいました。


    数カ月して2回目の下着泥棒。


    油断してたあたしも悪かったのかもしれません。


    その時には盗られた場所に真新しい下着が袋に入ってありました。


    でも物凄くHな下着ばかりでした。




    a11122343000828
    姉の旦那さんにフェラした時のエロ体験談






    お盆の長期休暇を利用して私の親と私の家族、姉夫婦で旅行に行くのが恒例。


    大分県にある某有名なリゾートホテルでの出来事。


    私より2年ほど早く結婚した姉夫婦。


    3人で旅行やスノボーに連れていってもらったり、同じ部屋で義兄と寝る事もよくあります。


    実の兄のような関係。


    男性としてはみていなかった。


    私にも実の妹のように接してくれていた。


    優しくカッコ良くて紹介されてから正直姉に嫉妬するくらい好きなお義兄ちゃん。


    身長も183cmもあり、独身の頃の飲み会で遅くなったときに偶然義兄が迎えに来てくれ、友人たちが大騒ぎになったほどのイケメンです。


    筋肉質でがっちりしていて顔はTOKIOの長瀬君に似ていると言われてる。


    でも、彼よりももっとダンディーにした感じ。


    到着してから家族みんなで広いプールに入ったり施設内を楽しく過ごしてバイキング形式の食事も堪能して部屋でみんなで飲み直そうと言うことになりました。


    父、母、義兄(33)、姉(32)、夫(31)、私(30)でいろいろお酒を買い込んで楽しく盛り上がっていました。


    泊まった部屋がトイレはないのですが、広い宴会場のような場所に10人でも広いくらいの広間にみんなで寝る部屋でした。


    子供たちも広い部屋で大喜びで遊び回っていて、それに優しくお軽い義兄は一緒になって走り回って遊んでくれています。


    私「お義兄ちゃん、かなり飲んでるんだから走り回ったらどんどん酔い回っちゃうよ~」

    義兄「大丈夫!今回の旅行はA君(夫)いないから子供たちが寂しがらないように俺が盛り上げないと!」本当に良いお父さんだし明るいしカッコイイお義兄ちゃん。


    姉に「お義兄ちゃんって全然変わらないよね~凄い若く見えるし優しいし。

    ママ友とかから大人気なんじゃない?」

    姉「確かに時々私より年下と思われて本人喜んでるのが腹立つこともあるよ(笑)でもお風呂上がりとか全裸で出ててきて寝てたりかなりだらしないとこあるよ(笑)」

    私「そういえば実家でお風呂からパンツだけで出てきたことあるよね。

    お母さんがビックリしてた(笑)

    姉「そう!あれ本当は全裸ででそうになったの私が止めたんよ!今は夏でも服来て出てくるでしょ?あの時私そうとうキレたからね(笑)

    そんな感じで盛り上がって、そのままそのホテルの展望風呂にある噴水アートショーをみんなで水着に着替えて見に行きました。


    昼のプールではちょっと恥ずかしかったのでTシャツを来てましたが、もう暗くなっていたのでこの日の為に買ったパンツタイプビキニで入りました。


    うちの親たちも何年ぶりに水着着ただろうと喜んで入っていました。




    pic-0212001704
    マッサージ師を誘惑してセックスした時のエロ体験談






    マッサージされるのがすごく好きなんです。


    初めて体験したのは旅行先でのことでした。


    それからというもの、旅行とマッサージはセットになっています。


    でも、ただ単にマッサージを受けるだけじゃないんです、私の場合。


    先日も友人と旅行に出掛けました。


    友人はお風呂に行っています。


    あまりマッサージには興味ないんですね。


    で、マッサージ師と二人きりです。


    今日のマッサージ師は30代半ばの男性です。


    そう、男性でないと意味がないんです。


    夫とはしばらくセックスしていません。


    ですから私、欲求不満なんですね。


    その解消として、マッサージを受けるんです。


    いつものように、私はノーパンノーブラで浴衣を着ています。


    まずうつ伏せでマッサージが始まりました。


    背中が感じる私は、時々くすぐったくて身をよじらせてました。


    はじめは先生も笑いながら気にしてなかったけど、お尻のマッサージでノーパンに気づいたようです。




     

    gaijineroeroe425000204
    友達の母ちゃんとエッチした時のエロ体験談




    俺、ゆうすけ、高2。

    隣に住んでる友達の母ちゃんはデブってわけではないが大柄で洋ピンに出て来るようなムチムチボディの爆乳で爆尻。


    年は40代前半、いつもピタッと身体にフィットしたジャージ姿でいる。


    これより友達の母ちゃんの事を祐さんと呼んで仲良くしてもらっていた。

    俺は、この祐さんとヤリたくてヤリたくて仕方ない。


    俺が中学の時に祐さん家族が隣に引っ越して来て、祐さんの身体に一目惚れ。


    それ以来毎日祐さんを想いながらオナニーしてた。


    俺の部屋からは祐さん夫婦の寝室が見えるんだけど、夜はいつもカーテン閉まってて一度も祐さん夫婦のセックスを見た事もない。


    何度も覗きチャレンジしたけどダメだった…

    童貞だった俺は初体験は祐さんと決めていた。


    そしてついに、先日祐さんとセックスが出来ました。


    その日は昼前から雨が振り出し、俺は学校から濡れながらチャリンコで帰りました。


    その日は学校は昼までだったんで家に帰り着き、家の鍵を探したら鍵が無い事に気付いた。


    いつも家の鍵は持ってたんだけど、どうやら鍵を自分の部屋に忘れたまま学校に行ったらしく、一人っ子だった俺は玄関で雨宿り状態に…

    しばらくしたら隣の祐さんが出て来て俺に気付いた。


    祐さんは専業主婦で、雨の降り具合を見る為に外に出て来たとこ、家に入れないでいる俺に気付いたとの事。


    祐さんは俺を家に上げてくれた。


    びしょ濡れの俺はタオルを貸してもらい頭を拭いてると「ほら、ゆうちゃん全部脱ぎなさい、風邪引くよ」と俺を脱がそうとする。


    俺はゆうすけだから祐さんは俺の事をゆうちゃんと呼んでるんです。


    恥ずかしかったんですが、祐さんは強引に雨で濡れた学生服を脱がしオマケに俺のパンツまで脱がそうとした。


    恥ずかしかったんでパンツは拒否すると「何恥ずかしがっての。

    早く脱ぎなさい。

    」と恐いくらいです。



    kimamamh0510000516
    サークルメンバーの人妻とエッチした時のエロ体験談




    俺はある社会人サークルに入ってた。


    サークル内のA子から「飲もうよ」と、友人B(男)と俺にお誘いがあった。


    A子、B男、C子(サークル内の女)、俺の4人で飲むことになった。


    飲み会当日、B男から「仕事で行けなくなった」と連絡があり、結局3人で飲み始めた。


    <飲み会メンバーのスペック紹介(当時)>

    A子:26才、人妻・子供無し。


    身長165cmくらい、巨乳じゃないが、出るとこは出て引っ込むとこは引っ込んだエッチな体してる。


    で、超美人。


    誰かに例えると、滝川クリステルを、もう少し日本人っぽくした感じ。


    C子:26才、独身、A子の親友。


    ドムという程ではないが、太め。


    巨乳だが腰もそれなりに太い、顔は普通。


    俺:28才、独身、彼女無し。


    あまりかっこよくもなく、モテない人種に入るのでは、と思ってる。


    女性経験はあまり豊富じゃない。


    飲み会が始まり、最初は普通に世間話をしてた。


    そのうちみんな酔ってきて、俺に彼女がいないという話をしてから、やたらC子がしなだれかかってくる。


    やけに胸元の開いた服を着て来てて、巨乳の谷間を見せつけてくる。


    C子はタイプじゃなかったのだが、酒の力で俺のスモールサイズが硬くなってくる。


    しかし、ここで落とされたらサークル公認にされかねないと思った俺は、あくまで冷たい態度で接していた。


    その頃、話題はエロにシフトしていき、最近いつエッチしたかとか、どこが感じるかとか、俺のが勃起したら何cmくらいになるかとか、A子の旦那が忙しく出張が多いため欲求不満で今日も出張から帰ってこないとかいう話で盛り上がってきた。



    kimamamh00322000504
    友人の奥さんが家に来た時のエロ体験談




    私には3歳年下の友人(マサ君)がいました。


    彼とは近所で、私が車をいじっていると「カッコいいですね」と話しかけて来たのがキッカケで仲良くなったんです。


    マサ君は結婚4年目の33歳、奥さんは確か29歳だったと

    結婚4年を迎えても子供が出来ないので、病院で検査すると旦那の精子が少ないと言うのです。


    奥さんは凄い美人で、若干ポッチャリしていましたが、胸も大きく何と言っても色気が半端無いんです。


    私が遊びに行っても、凄く感じが良く正直惚れそうなぐらい素敵な奥様。


    私は35歳になるも独身男

    そして独身なのに一軒家を建てしまいました。


    もちろん自分だけの稼ぎじゃ戸建ては無理なので、実家の多大なる援助のおかげで、6年前から一軒家で一人暮らし。


    結婚したいな~って思う彼女はいたんですけど、振られてしまった勢いで、家を建てたのです。


    独身で一軒家を建てたのは良いんですけど、何故か以前よりも寂しい気持ちになる事が多く。


    無駄に広い家に一人というのは淋しいものです。


    そんな矢先、実家の犬が子犬を生んで一匹育てる事になったんです。


    ラブラドールで、凄く可愛い犬でした。


    もちろん家の中で飼い始めたんですが、犬は大きくなるのが早く半年も過ぎると、大人と変わりない体格です。


    名前は次郎!♂です。


    ある日、私は次郎のペニスが大きくなり赤い先端が剥き出しになっているのを見たんです。


    次郎はペロペロ舐めながら、私を見ていました。



    a11122343001563
    経理の人妻とホテルに行った時のエロ体験談





    大学4年間バイトした会社を辞める時、もう会うこともないだろうからと、経理の津田さん(39歳)に

    「ずっと、好きでした。

    津田さんに会えるからこのバイトやめずに来てたんです。


    と社員休憩室で正直に告白した。


    津田さんは黙ってしまったが、

    「ありがとう。

    うれしいわ」

    と言ってくれた。


    「就職祝いでもしないとね」

    と言ってきたので、

    「津田さんがいいです」

    と、童貞のくせに言った俺。


    津田さんはキスをしてくれたが、俺の気持ちは高ぶったままで、なんとかドライブデートの約束を取り付けた。


    そしてデートの日、3月だったがコートを羽織った津田さんと待ち合わせ。


    車に乗ったらコートを脱ぎ白のブラウスから大きな胸がいつもより強調されていた。


    昼食を終え、子供が帰ってくるからと言うので、仕方なく帰路につく。


    帰りの国道沿いにラブホテルがあり、津田さんは

    「私が就職祝いで、本当にいいの?」

    と助手席から言う。


    「もちろんです。

    津田さんじゃないとダメなんです」

    と答えたる

    車の中で彼女がいない事、童貞な事を白状していたので、津田さんは気を使っていたようだ。


    部屋に入って服を脱がされ、津田さんも下着姿で風呂場に行く。


    俺の仮性包茎チンポをやさしく剥いて手でコスられて、出してしまった。


    津田さんはやさしく洗ってくれ、自分も裸になり触らせてくれた。


    フェラですぐ元気になり、

    「ここで出しちゃダメ」

    とベッドへ行く。




    a11122343000215
    隣の奥さんにフェラしてもらった時のエロ体験談





    私は単身赴任中の会社員です。


    もう年は52歳になります。


    いわゆるその辺のおじさんで、服装もあまり気にしないし、体型も徐々にメタボに近づきつつあります。


    ただ、自分で言うのもなんですが、唯一自慢できることがあります。


    それは、ずばり「チンポ」のサイズです。


    特に長さなんですが、勃起したらなんと20センチを超える長さです。


    単身ながら、妻とうまくいっているのも、このおかげといっても過言ではありません。


    なにせ、わたしのチンポが大きすぎて、ほかのチンポに浮気される心配ないのです。


    (自分が思っているだけなのかもしれませんが、、)

    ちなみに、隣の奥さんとのことなんですが、年齢は44歳のかすみさん。


    子供さんは1人おられるのですが、大学生で、家から出ているので、だんなさんと2人暮らしです。


    かすみさんは、年の割には、スタイル抜群で、おそらくGカップはあると思われるバストが僕の一番の気になるポイントです。


    ある仕事休みの日のことなのですが、洗濯を干している最中に、私のショーツが隣のベランダに飛んでいってしまったのです。




    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ