気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談【人妻・熟女】   カテゴリ : H体験談【人妻・熟女】

    kimamamh072800285


    月に一度、妻の母が遊びにきて泊まっていく日がやってきた。

    妻と子供も風呂からあがり2階で寝てしまい、義母もその隣の部屋でねてしまった。

     その日の昼の出来事で、義母の洋服が白いワンピースで、庭で孫と遊んでいたときに、

    義母のしゃがんだ後姿が、ブラとパンツがすけすけで、僕はエッチな妄想がどんどん膨らんでしまっていた。

     その夜、一番最後に僕が風呂に入る時に、洗濯機に脱いだ服を入れようとして、

    「もしや…」と思い、義母の下着を探したが、妻と子供服だけだった。

    ガッカリしたが、すぐに思いついたのが義母の少し大きめのかばんを探すことだった。

    リビングにそれはあった。

    暗がりの中ファスナーを開け、一番下にブラとパンツを発見。

    興奮状態が高まってもうどうにもならない。

    ファスナーを閉め、それを持ってお風呂に戻った。

    ベージュの光沢のある素材で、あそこにあたる部分は、

    さほど汚れてはいないが、たてジワがついており、

    ゴムも使用した感じが出ていて、においもやわらかい感じだった。

    kimamamh072800289


    今回 パートの面接に来たのが、

    森 公美子 体型の 45歳の主婦と

    中肉中背の 39歳の主婦、二人

    豊満なエロさの 豊満主婦の 奥さんを 採用。


    小さな食堂&飲み屋の為 10時〜15時までパートをお願いしてる。


    仕事も馴れた頃 昼の部 終了の札を出し、

    「奥さん 今日!もう少し良いかな?」

    と声を掛けると

    「構いませんよ」と、

    奥さんを 奥の六畳に連れ込み

    「奥さんを見た時から 良いと思ってたんだよな〜」

    と 押し倒した

    「駄目です 止めて下さい…」

    「これも仕事の内だから…」 と

    強引に 唇を奪う

    kimamamh072800079


    健康オタクの義姉が離婚して同居する事になり、毎晩のウオーキングに

    夜道は物騒だからって付き合わされるはめになり、始めは、こっちは

    仕事で疲れてるのに面倒だと思い断っていたのですが

    サウナスーツの中に着ているスパッツ風のアンダーとTシャツが

    凄くエロいんです、俺はそのエロさに誘惑されてしまい

    付き合う事にしたんです

    近くの公園の周りを歩き、仕上げはクールダウンのための軽い運動

    その運動が又良くて、人気が無い所でサウナスーツを脱ぎ体操するんです

    ノーブラの義姉の乳首が透けて見えそうだし

    汗で張り付いたスパツの股座も最高です

    それを見て前を膨らましてしまい体操所じゃなく収まるまで

    座り込んでいましたが、収まる所か姉の体操を見ては我慢汁でパンツに

    染みを作っていました

    そろそろ上がりましょうか。

    少し休んでいくんで先に帰ってていいですよ




    あらどうしたの?気分でも悪いの

    いいえ、歩けない理由が出来まして

    足にまめでも出来たのかな

    そんなじゃなくて生理現象ってやつで

    トイレならすぐそこにあるわよ

    じゃなくて

    じゃなくて何?

    俺は立ち上がり義姉に指差して見せました

    まあ!どうしてなの?何考えているの?

    義姉さんのせいですよ

    私の?・・・・

    そうです義姉さんのせいです

    これじゃ歩けないわよね・・・・

    少し公園の中歩いて落ち着かせましょ

    義姉は公園の奥に向かって歩いていくとすぐに戻ってきて

    こっちは駄目アベックさんが一杯だからこっちまでおかしくなってきちゃう

    いいじゃないですか義姉さん覗く訳じゃないんだし

    抱き合うアベックの前を通り過ぎ空いているベンチがありました

    少し休みましょう義姉さん

    そうね・・

    しばらく沈黙が続きその後俺は義姉の太ももの上に手を置いてみました

    義姉は何も言わず黙っています

    手を太ももの間に入れてみました

    汗臭いから駄目よ・・・

    平気ですよ義姉さんの汗なら汗じゃなくても平気ですよ

    汗じゃなくても??

    サウナスーツのポケットはポケットじゃなく

    そこから中に手が入るような作りで俺はそこから

    手を入れ義姉の汗ばんだ太ももを触りました

    義姉はおしりをもぞもぞさせながら

    いけない人なんだ〜

    おばちゃんをからかうもんじゃないわよ

    俺はさらに太ももの奥に入れスパッ越に義姉の割れ目を探ったんです

    義姉さんもう我慢出来ませんなんとかしてくださいこれ

    ここでなんて無理よ

    ここじゃ無かったらいいんですか

    そうゆう意味でもないけど

    困った人ね・・・

    義姉はいきなり茂みの方に歩いて行き手招きしています

    ここなら平気みたい

    義姉のサウナースーツとスパッを半分下ろし汗臭い義姉のおまんこを

    ペロペロしてあげました

    指を噛んで声を殺す義姉

    なめ続けると体を硬直させ直後力が抜けハアハアしていました

    体を起こし甘ったれるように膨らみをいじくる義姉

    ジャージを下ろしパンツの中からちんこを出し姉の

    頭を抑え着けるようにちんこに持っていくと義姉は

    何かが切れたようで夢中でしゃぶりだしました

    kimamamh072800083


    私は某進学中学の教師をしています。

    母親は子供の進学の事に必死で、内申書を少しでもよく書いて貰おうと、

    あの手、この手で私を誘ってきます。

    今まで中3の担任を3回経験しましたが、その内、十数人の母親と関係を

    持ちました。

    一番新しいのが今年の生徒Aでクラスでもトップの母親(38歳)。

    私は独身、アパート暮らしで、

    「近くに来た」

    と言って私の部屋を訪ねてきた。

    彼女は美人でスタイルもよく、とても38歳には見えない。

    「宜しければ昼食でもご一緒にと思って」

    と言い、どこで調べたのか、私の好物の特上寿司とビールを買って

    持ってきてくれた。

    最初は学校の話をしていたが、ビールが進むにつれて、私の彼女の話とか、

    淋しい時はどうしてるのか?とか話題がエッチモードになり、正座していた

    kimamamh072800081

    巣鴨駅で終電間際のタクシー乗り場に並んでいたら、オレの後ろに並んだ熟女が

    かなり酔っ払っている事に気付いた。


    40代前半くらいで、清楚ないでたちの熟だったが

    立っていてもフラフラするほど酔っ払っていたので、声をかけてみると

    普通に話しに乗ってきたので、横に並んで熟の体を支えながら、しばらく会話をした。


    タクシーに乗る順番になった時に何気なく熟を先に乗せてオレも一緒に乗り込んだ。


    熟は、何で貴方が乗っているの!?とビックリしていたが、さっき送って行くって言ったでしょう。

    と言うと

    訳が解っていないようだったが納得したので、運転手には池袋の北口までと言っておいた。


    到着して一緒に降りたが、まだ状況が飲み込めていないらしく、オレに引っ張られて歩きながらキョロキョロしていた。


    ホテル街の入口付近で降りたので、少し休んでいこう!と言って入ろうとしたが、

    帰らないと怒られちゃうから!と言って抵抗した。




    それでも何とか言いくるめてホテルに連れ込むのに成功し、部屋に入ってすぐ

    立ったまま強引にキスして、胸を揉んで、抱き合いながらスカートを捲くり上げて尻を撫でまわすと




    自分から着ていたジャケットを脱いで、ベッドに倒れ込んだ。


    そうとう酔いが回っているらしく、スカートが捲くれ上がってパンツが丸見えだったが、直そうともしないので

    横に座ってパンストの上から指で刺激してみた。


    中心を指でなぞりながら、穴かな?と思う部分をグリグリ押すと、下半身をモゾモゾさせて微かに声を出して感じている。


    同時にワンピースの後ろのファスナーを下げて上半身を剥き出し、ブラジャーをズリ下げて生乳を出しながら

    パンストは股のところを破いて卑猥な格好にさせて遊んだ。


    ワンピースは着たままで、パンストとショーツを同時に脱がそうとすると、自分から腰を浮かせたので剥ぎ取り

    服を脱がすのもそこそこに半裸状態のまま、正常位でハメた。


    kimamamh072800300

    先日、暑い日の昼下がりでした。

    私は、息子とその幼稚園のお友達を、私の家で預かっていました。

    私はプログラマーをしており、ほとんどが在宅での勤務です。

    お友達のお母さんは、景子さんといい、36才で3人の息子さんがいます。

    小柄で、いつも元気いっぱいの景子さんとは、私達夫婦にとって良き友人です。

    エアロビクスのインストラクターの仕事をしていて、お互いに子供同士も仲良し

    ということもあり、仕事の時は子供を一緒に見ています。

    家内は最近は夜6時頃まで、仕事で帰りません。

    景子さんが1時頃、エアロビクスのインストラクターの仕事から帰ってきました。

    子供は二人ともお昼寝をしています。景子さんが、寝ている息子を抱きかか

    えようとしたときに、その事件は始まりました。

    「痛いっ!」呻くような声を聞いた私が、リビングから和室を覗き込むと、景子

    さんは、自分の子供に覆い被さるようにして、ピクリとも動きません。

    「大丈夫ですか?どうしました?」

    「腰が・・・。」




    「まさか、ぎっくり腰?」

    「うううう・・・。」

    私は慌てて、彼女を抱きかかえ、子供の隣に寝かせました。

    「動けますか?」

    「ダメみたい。」彼女の苦痛に満ちた表情と、玉のような脂汗がその痛みを物語

    っていました。

    「景子さん、病院に行きましょう。車で送りますから。」

    「お、お、お願いします。」

    「今車の準備をしてきますから、待っててください。」

    私は、急いで車に行き、シートを倒して、彼女が横になるスペースを作りました。

    「車の準備が出来ましたから、抱き上げますよ。」

    「ハイ。」

    「行きますよ!それっ!」

    「痛いっ、ダメ!」

    彼女は少しでも動かすと、大きな声で苦痛を訴えてきます。

    「どうしよう。動かせないことには病院にも連れて行けない。」

    「すみません。でも、少しでも動かすと痛みが・・・。」

    「私も3ヶ月前にギックリ腰をやりましたから、よくわかります。あっ!そうだ。

    あの時の痛み止めの座薬がまだ残っていた!」私は、冷蔵庫に痛み止めの

    「ボルタレン座薬」が残っていたことを思い出しました。

    「景子さん、痛み止めの座薬が冷蔵庫にありますから、取ってきます。座薬

    を入れると10分程で痛みが和らぎますから、それから車に乗りましょう!」

    「ハイ。お願いします。」

    私は良いことを思い出したと思い、急いで冷蔵庫から座薬を取り出し、景子さん

    に手渡しました。

    「これです。私は部屋の外にいますから、終わったら声をかけてください。」

    「すみません。」消え入るような声で返事をしながら、少し赤らめている景子さ

    んの顔を見ないふりをしながら、私は部屋の外に行き、待っていました。

    部屋の中から、衣擦れのような音と共に、呻き声が聞こえました。

    しばらくすると、その音が聞こえなくなったので、入れ終わったものと思って声

    をかけました。

    「終わりましたか?」

    「い、い、いいえ。まだなんです。」

    「えっ?」

    「実は、手が届かなくて・・・。」

    確かにうつ伏せの状態で、身動きの出来ない体では、座薬の挿入は難しい・・・。

    「どうしましょうか?」声をかけながら、部屋を覗き込むと、景子さんのスウェ

    ットの下半分が少し下にズレ、お尻がほんの少し見えかかっていました。私は

    (しまった。失礼なことをした)と思いながらも、極力顔だけを見るようにして景

    子さんと話しました。

    「でも、経験から言って、痛みはますます酷くなりますよ。」

    「もう一度、動かしてみましょうか?」

    そう言いながら、少しだけ体勢を変えようとしてみましたが、その都度、激痛に

    耐えかねた景子さんは、中止を求めます。

    困り果てながらも、先ほど見てしまった景子さんの下半身の一部が、頭にこびり

    ついて離れない私は、思い切って、ある提案をしてみました。

    「景子さん。このままでは痛みで二進も三進もいきません。大変失礼な事だと承

    知していますが、私に座薬を入れさせて下さい。もちろん、目をつぶってやりま

    す。そして、誰にも言いません。」

    この提案を聞いた景子さんは、一瞬、驚きの表情を浮かべましたが、少し考えた

    後、顔を真っ赤にしながら、聞き取れないほどの小さい声で返事をしました。

    kimamamh072800308

    真夜中に最寄駅から15分ほどの家までの道のりを歩いていると、前方に千鳥足で歩いている女性を発見した。

    オレも酔っていたので何も考えずに後ろから、お姉さんこれから遊びに行かない?と声をかけると、振り向いた女性は

    同じマンションに住む30代後半くらいの奥さんだった。

    たまにエントランスやゴミ置き場で顔を見かけるので、憶えていた。

    内心、うわぁ〜!ヤバイ!と思っていたら、奥さんが“あー、知ってる。同じマンションの人でしょ〜。”と言った。

    オレが気まずそうに、あっ!どうもすいません。友達と勘違いして、ゴメンなさい。と返答をすると、

    奥さんは“なーんだ、ナンパされたのかと思ったのに!”と残念そうに言う。

    話しは変わるが、最初に後ろから見た時に、白いワンピース姿(丈が短くミニっぽい)で、スタイルが良く、

    少し茶色い髪のロングヘアーだったので若い女性と思って声をかけた。

    とても子供がいる人妻には見えなかったから声をかけたのだが...!



    話しは戻って、奥さんが“今日は帰っても一人だから、つまんないと思ってたのに〜。”と続けて言った。

    奥さんの酔った姿と解放的な態度が、誘っても平気そうな感じだったので、これから一緒に遊びますかっ!?と言ってみると、

    奥さんは“えぇ〜本当にいいの!? もっと若いコのほうがいいんじゃない!”と遠慮している様子。




    だが明らかに酔っていて、正常な判断が出来てなく、足元をフラフラさせながら“じゃ〜行こう。”と

    オレに腕組みしてきたので、フラフラ歩く奥さんを引っ張って行くように来た道を戻って歩き始めた。

    繁華街に戻る道すがら奥さんに、何処に行きましょうか?と尋ねると、

    案の定!“落ち着けるとこにしようよ。”と意味ありげな言い方をする。

    オレもストレートには言わず、静かな所がいいんですか?と誘導するように聞きなおしながらホテル街の方向に向かう。

    kimamamh072800315




    はじめて投稿いたします。

    今まで読むだけでしたが今月になって童貞狩りをされているという方がいらっしゃるのを見て勇気を振り絞って書くことにしました。

    実は私、知り合いの方の息子さんと性的な関係を持つようになって誰にも相談できず悶々としておりました。

    裕樹君が高校に入った年の春、たまたま、うちに来ていた裕樹君に、「お祝い、何が欲しい?」って聞いたとき、なんと、「おばちゃん。

    」って屈託なく言ったのを昨日のことのように思います。

    まだ、あどけなさの残る裕樹君だったので、「おばちゃんは、ここの奥さんだから、持っていけないわよ。

    」って冗談めかしてはぐらかそうとしたら、急にうつむいて黙ってしまったので、「おばちゃん貰えたとしてどうするの?」って言った。

    そうしたら、また、屈託のない笑顔でわたしを見て言うんです。

    「セックス。

    」 そのときはちょっとたじろぎました。

    そして優しく説き伏せるように話しましたが、もう、そのとき私はどきどきしてしまってちょっとどもりながら必死にいいました。

    kimamamh072800131


    半年程前から、私は妻に「3P やってみない?」と言い続けていました。

    妻は「何考えてんの」

    「なんで?」と聞くと

    「私が見ず知らずの男とHしてるところ、見たいの?」

    「見たい!3Pをきっかけにして、チンポコが元気になるかもしれないし、

    お前に対する愛情も確かめたい」

    「バッカじゃないの」

    「そーかなー」

    「だって、病気が怖いし、妊娠も怖いし、とにかく絶対イヤダ」と言っていました。

    最近の私は、年齢と疲れからか半立ちが多く、おもちゃの助けを借りて

    どうにか妻に満足?してもらっています。「やりたい」という性欲は強いのですが・・・。

    妻は不満タラタラかもしれません。妻は生チンが好きなのです。

    そして「お硬いのがお好き」なのです。

    ある日、SEX中にいつもの通り、ダメもとで聞いてみました。

    すると妻は「いいよ」と言ったのです。




    「えっ、本当?」と何度も聞いてしまいました。

    どういうかぜのふきまわしかは、わかりませんが・・・。

    私にある考えが浮かびました。

    パートナーは友人にして、妻と友人の中出しSEXを、内緒でビデオ撮りしようと・・・。

    妻の淫乱さを引き出すためのギャンブルとも言えます。

    妻からの条件として、「コンドーム装着」と「生フェラ無し」が出ましたが

    適当に聞き流してパートナー捜しのふりをしました。

    妻の知らない3P経験者の友人に依頼して快諾はもらっていました。



    さて当日、チョット緊張。

    ラブホに入ってから 妻はいつもと違って言葉少な。

    私も、さすがに3Pは初めてなので緊張しましたが、本当の目的は、

    妻と友人の中出しSEXを撮影する事です。

    友人は、何度か経験があって、話をリードしてくれました。

    30分くらいたって、友人が「さーて、シャワーを順番に浴びましょうか。

    最後は奥様でいいですね」

    の一言で一人ずつ交代でシャワーを浴びました。

    妻が一番最後に、恥ずかしそうに入ってきました。

    レザーのミニとキャミです。ミニの下は黒のスケスケ紐Tバックです。

    部屋を暗くし、私と友人の間に座らせました。

    私が最初に妻の体を触り始め、友人が続きました。

    すぐ目隠しをして、じらすように、二人で妻をいたぶり始めました。

    ビデオRecを開始です。

    ミニの中に手を入れて、ワレメちゃんや生足をなぞったり、

    キャミの上から乳首をくすぐったりしました。

    私が上半身、友人は下半身です。

    最初はくすぐったいのを我慢していたみたいですが

    時間がたつにつれて、反応が変わってきました。

    私達は、じらすように肝心なところの周りを攻め続けました。

    そして、ミニとキャミを脱がせました。形のいいオッパイが出てきました。

    紐Tバック1枚です。Tバックにシミが付き始めています。

    私が妻の両手と両足を持ち、オ○ンコが全開になるような体位にしました。

    妻は「ねーどうするの、なにするの」と言っています。

    友人は、じらすようにオ○ンコの周りを舐めています。

    妻は、「あん・・・、はーはーはー」と息が荒くなり

    顔を振っています。まるでイヤイヤしている子供のようです。

    Tバックのシミが、大きくなっています。

    私は「こんなに濡らしちゃって、オ○ンコがカゼひいちゃうよ。

    ○○さんに脱がしてもらいなさい」と言うと

    「恥ずかしいからやめて、お願い。こんなかっこじゃ いや」

    と言いつつも、Tバックのシミが、更に大きくなっています。

    友人が右の紐、左の紐とゆっくり解いていく時、妻は、お尻でイヤイヤをするように振っていました。

    大事なところを隠していた、最後の小さな布切れが無くなりました。

    「あーーー」

    ここで、友人にも妻のオ○ンコと裸体を、じっくり見てもらう為に部屋の明かりを点けました。

    オ○ンコは全開です。愛液が明かりで光っています。アナルも見えています。

    妻の目隠しを取りました。

    妻は「あー いや、こんな・・・、恥ずかしい」

    妻は、真っ赤な顔を真横に向けて、恥ずかしさを我慢しています。

    かわいいもんです。

    今度は、じらし攻撃ではなく、ピンポイントで攻めました。

    クリトリスと乳首を舐めると、声を出し裸体をのけぞらせます。

    目はうつろになってきて、明かりの事など関係ない様子でした。

    私達も、妻の前で最後の1枚を脱ぎました。

    妻は、友人のギンギンに立ったペニスを見つけると、目で追いかけていました。

    友人のペニスは、私より硬そうで、エラもはっていて妻好みだと思います。



    私達は、絶えず上半身と下半身を同時に攻め続けました。

    クリを愛撫し、乳首を舐めまわしました。

    オ○ンコが全開になるように、手足を拘束しました。

    「イヤイヤ 恥ずかしい」と言いながら顔を左右に振っていました。

    妻の体はピンク色になり、汗がにじみ始めています。

    愛液が、もう少しで溢れ出てきそうです。

    更に激しく、妻をいたぶり続けました。

    妻の体は、私達の言いなりになってきたので、手足の拘束具をはずしました。

    妻は、おもちゃのように、されるがままでした。

    私は、妻の痴態に興奮してしまい、ペニスも若い頃のように元気でした。

    妻も「あなた・・・硬く・なってる・・・オチンチン・・・早く入れて」と・・・。

    私は、素早くコンドームを付け妻のオ○ンコに、バックで挿入しました。

    妻は生フェラ無しと言っていたのに友人のペニスを、フェラっています。

    「はーーー あなた 硬くて・・・いいー」

    オ○ンコは、私のペニスを包み込み、せがむように収縮していました。

    私もかなりの興奮状態で、いつもより数段も激しいピストン運動をしていました。

    「あーあ・あ・あな・た  すごい・・・」

    「もっと・・・激しく・・・」

    「どうにか・・・なっちゃいそー 気持ちいいーーー」

    私は「出すぞー」と言うと

    「あなた・・・いっぱい・・・出して」

    「あーん あー いっちゃうー」と一緒にイってくれました。

    私はコンドームの中で、はてました。

    3Pは、無事に終了しました。

    友人はまだ挿入も射精もしていません。

    妻は全裸でベッドによこになっていました。



    ここからが、本日のメインイベントです。

    3Pが終わって、打合せ通り私が先にシャワーを浴びに行きました。

    気づかれないようにビデオカメラを持って!

    ベッドに全裸で横になっていた妻に、私はパサッとバスローブをかけましたが

    わざとお尻は丸見え状態にしておきました。

    妻はバスタオルをお尻までかけなおす気力はなさそうで、そのままよこになっていました。

    私はシャワーを出して、もとの部屋にそーっと戻りました。

    友人は私を確認すると、妻のお尻を触り始めました。

    抵抗する様子は無く、バスローブをかけたまま動きませんでした。

    私はビデオを回しました。

    友人は妻のオ○ンコを指で触ると、妻の体はピクッと反応しました。

    「やめてください。主人にいいますよ」と言う妻の声が聞こえましたが、

    友人はかまわず触り続けていました。

    抵抗がだんだん無くなり、「はー・・・はー」と妻の小さい声が聞こえます。

    声が途切れなくなった頃、驚いた事に妻は、自分からバスローブを取り

    もっと触ってと言いたげに、足を広げました。

    すると妻は、友人の前でオナニーを始めました。

    私は驚きました。妻が自分から知らない男の前でオナニーするなんて!

    私なんか、頼み込んでやっと見せてもらうのに・・・。

    「んんー あん・・・」

    3Pをやった相手なので、かなり大胆になっているみたいです。

    片手は友人のペニスをしっかり握っています。

    先ほどの3Pで、友人のペニスは妻のオ○ンコに入っていません。

    ですから、妻は友人のペニスを味わってみたいのかもしれません。

    私は、こんな積極的で別人のような妻を初めて見ました。

    そのまま69の形になり、妻は、友人の硬いペニスを咥えました。

    「うぐっ、あうっ、あーー」 妻のみだらな声が何度も何度も聞こえてきました。

    友人は、ラブホのかなり大きい窓のブラインドを開けました。

    2階で窓のサイズも1.2mx1.2mくらいなので、外からも向かいのビルからも、丸見えだと思います。

    窓の外に向かって妻を立たせました。妻は、37歳という年齢のわりに、体の線はきれいです。

    腰のクビレから、お尻のハリ具合、お尻から足首へのラインは最高です。

    ちなみにサイズは、161、50、B=86(Dカップ)、W=61、H=88です。

    外光をいっぱい浴びている妻の裸体はとてもきれいでした。

    妻の両手は拘束され、手を下ろせないようにロープで固定されました。

    友人は、後ろから妻の体を触りまくっています。

    「奥さん、いい体してるなー」

    「外やビルから丸見えだよ。もっと見せてあげなよ」

    「あん 恥ずかしい・・・」

    「恥ずかしいならやめる?」と手を止めると

    「いや やめないで・・・もっと・・・ あー 恥ずかしい」

    「あー いや 見られてる・・・」

    と言いながらも、外から見られる事を嫌がりもせず友人に攻められています。

    妻の様子から、『普通のSEXではない!』と、かなり興奮しているみたいです。

    妻のオ○ンコから愛液が足へ、伝って落ちていくのがわかりました。



    妻は、私以外の男に手を拘束されて攻められている事と

    自分の痴態が外から見られているかもしれないという状況で

    二重の興奮状態だと思います。

    声を荒げ、狂ったように顔を振っていました。

    「ねー 見られてるの?・・・見られてるの?」

    「ああ、丸見えだよ。歩道から一人こっちを見てるよ」

    「あっ、ビルからも見てるよ」

    「いや こんな姿 見られてるなんて・・・あー」

    「こんな・・・どうにかなっちゃう あー もっと・・・触って」

    「あん 見てー見てー めちゃくちゃにしてーーー」

    と自分から、下半身を窓に近づけていました。

    しばらく攻め続けロープをはずすと、妻はベッドに崩れ落ちました。

    友人は気を使ってくれて、オ○ンコが撮れるように向きを変えてくれました。

    妻のオ○ンコの周りと足は、愛液でいやらしく光っていました。

    愛液の香りが部屋一杯に広がっています。


    kimamamh072800133


     今から義姉・純子を・・・

    今から数年前から狙っていた義姉の純子を犯しに行く。

    俺40独身、純子は41だが30台前半に見える良い女だ。

    数日前に我慢できず告白したが「ただの憧れだよー」とあしらわれ

    悔しい思いをしたので今日、強引に犯す事にした。

    待ってろよ、純子・・・タップリ可愛がってやるからな・・・・

     

     

     



    さっき帰ってきた。義姉を犯してきた・・何度も何度も・・・

    義姉のマンションに着いて駐車場脇で張っていたら、丁度帰ってくるとことだ

    った。

    「あれ、明彦君どうしたの?」急に立ち塞がった俺に少しビックリしたように

    立ち止った。義姉は雇われのスナックママをしていて、元々ほとんど酒は




    飲めないが今日は少し酔っているようで目が少しトロンとしている。

    近づきながら「うん、ちょっと急用が・・・」

    言い終わらないうちに羽交い絞めにして口を押さえ、車の後部席に押し込ん

    だ。

    随分簡単だった。

    あまりに急な事で義姉は抵抗どころか声すら上げていなかった。

    車が走りだすと少し我に返ったのか震えた声で「何?なんなの?」と聞いてき

    た。

    「お義姉さんが静かにしてれば乱暴はしないから」と冷たい声で言うと

    「え?何?何で・・・何するの?」消え入りそうな声で独り言のように

    繰り返しつぶやいてた。


    kimamamh072100271


    主婦(37歳)です。

    いつも不倫の掲示板を見て、私にはあまり起こりそうもないことだと思いつつ、興味深々で興奮してます。

    昨日、とうとう私も皆さんと同じように経験してしまいました。

    隣の高校生としてしまいました。

    お隣の洋子さんの息子さんで汗だくで学校から帰ってきた姿を見かけたので、冷たいジュースを飲みなさいと家に入れたのが間違いのもと・・・

    リビングでお話して、台所に向かいコップを洗っているとき後ろから抱きつかれて・・若い男の子の汗に匂いに思わずキューとなって・・・

    「やめなさい・・」といっても、荒々しく私のお乳やお尻をさすって、ズボンには固くなったおちんちんが張りだし、お尻に押し付けてきて・・・

    じっとしていると、ブラウスを脱がされて、ブラジャーをはずされて、痛いくらいにお乳を揉んで、乳首に口をつけ舐めまわされて・・・

    思わず、僕ちゃんの頭を抱えてしまった・・・

    スカートをずらされて、パンティーの上から私のあそこを揉んできて、さっとパンティーを下ろしたかと思うと、膝をついて私のあそこに口を埋めて、ペロペロと舐めまわされた。

    少し固い床にそのまま寝かされて、僕ちゃんの固くなったペニスを入れられてしまった。

    どうしよう・・これから、既成事実をつくられて、これから僕ちゃんとの関係がずるずる続くのかしら?洋子さんやうちの主人にばれたらどうしよう・・・

    でも、若い男の子ってとのセックスの虜になりそうで・・不安 また昨日のようなことを待つ自分と後悔する自分がジキルとハイドのように私の中で葛藤する どうしよう・・・




    戸惑う女さん、私もこんなことになるとは思ってもみなかった・・・


    でも、さっきまで、また僕ちゃんが私のうちに来て、断りきれずに家に入れてしまいました。

    玄関に入るなり、僕ちゃんは狂ったように、今日もまた私の身体をまさぐり、抵抗しようと思ったんだけど・・今日は寝室にまで連れて行かれて、明るい昼間なのに、ベッドの上にねかされて・・・

    僕ちゃんに私のあそこをピチャピチャとまた舐められているうちに、我慢できなくなって、私も僕ちゃんのおちんちんに手が行ってしまい、頬張ってしまいました。

    今日は、四つん這いにされて、後ろから若い種馬のような僕ちゃんに突かれているうちに、もう離れられないのかなって思いました。

    いけない事だとわかっているつもりだけど・・・

    火かついたっていうか・・・

    からだが燃えてきて、さっき僕ちゃんが帰るまで、お互いを貪るようにセックスをしてしまいました。

    昨日、あんな風に急に年の離れた高校生とはじめてしてしまったというのに、今日もまたしてしまって・・私に隙があったんでしょうけど、でも私もまだおんなとしての部分が残っている。

    若い男性にもまだおんなとして見られるところがあるんだ・・・

    でも、どうしよう。

    いつかばれてしまいそうで、怖い・・・

    ・このまま、いつも昼間に若い男のことセックスをする日々が続くのか・・僕ちゃんが高校を卒業するまではセックスをすることになるんだろうか 求められたら断れないくらい、なぜかおぼれてしまいそうになっている どうしよう


    週末は主人がずーっと家にいたので、お隣の僕ちゃんの攻撃には遭わなかった。

    洋子さんには、まだ覚られてないようで、いつものように世間話をしました。

    あなたの息子さんが同じ年の私を女としてみて、何度も何度もされちゃったのと心では言いながら、意外と平静な顔でお話してたんじゃないかなあ?今朝、僕ちゃんが学校に行くときに「おはよう」って声かけると、「今日は試験で半日だから、今日もいいでしょ」と小さな声でささやかれた。

    ああ、きょうも昼から若い男の子に私のからだを自由にされるんだわ・・・

    キューンと胸が・・・

    期待しているもう一人のわたし・・・

    こわい、 こんなに淫乱な私・・・

    今日は、自分から積極的に僕ちゃんを責めそうで 上になって悶える私を想像しちゃいました 朝から、変な気分



    NHKの昼の連続ドラマを見終わった頃、玄関のチャイムの音・・・

    隣の僕ちゃんだった。

    「試験うまくいったの?」「おばさんのことを考えて試験に身が入らなかった。

    でも、最低ラインは大丈夫だと思う」と普通の会話・・・

    「ねえ、忠志くん、この間のことは、もう忘れましょうね。

    おばさんと忠志くん、2人ともどうかしてたの・・・

    あんなことは、忠志くんがもっと大きくなって、大人になって、好きな人が出来たらそのヒトとすることなの・・・

    ね、わかった」私は僕ちゃんに諭すように話した。

    「おばさん」僕ちゃんはまた、私に挑みかけてきた。

    僕ちゃんの手首を握り、抵抗しようとしたけど、若いといってももう大人の身体をした僕ちゃんに振りほどかれ、スカートをたくし上げられ、パンティーを引き摺り下ろされ、僕ちゃんの指がわたしのあそこに・・・

    ・私の身体を何年も前から知っているように、私の感じる部分をナゾッテ、「おばさん、濡れてるよ」なんて・・・

    もういっぱしの熟練したジゴロ気取り・・確かに、僕ちゃんに弄られ、いたぶられるわたしのあの部分は、私の意識のコントロール外の状態で・・・

    僕ちゃんの背中に手をまわしてしまった。

    私の抑制はとれ、僕ちゃんの学生ズボンのジッパーに手を伸ばし、引き下げ、ブリーフから僕ちゃんのジュニアを出して擦りはじめてしまった。

    kimamamh072100269


    去年の秋、妻に浮気された。





    自分たち夫婦は、結婚7年、子供ひとり、お互い仕事を持ち、浮気もなく円満な夫婦だった・・・。あの温泉に行くまでは。







    10月末、自分の32の誕生日前に夫婦二人で一泊の旅行に出かける事になった。妻の実家の義母の提案だ。





    このところ、お互い仕事が忙しく、妻も帰ったら育児、自分は残業が続き少しの事で喧嘩もしてたのを妻が言っていたのだろうと思う。もしくは、二人目が出来ないのをセックスレスだとでも思っていたのか(・・;)





    そんなこんなで温泉旅行だ。遠くに行くつもりがなかったため、車で40分位、宿が10件程の小さな温泉地、場所はお互い知っていたが二人とも行ったことが無いから即決。ネットで宿を探して、せっかくだからちょっと料金が高く雰囲気が良さげな所にした。








    当日、妻は黒とグレーのワンピに薄く柄の入った黒のタイツ。年は29歳。身長が167cmでスリーサイズはよくわからないが、胸はCカップ。細身のスタイルで胸が際立っていた。それを見て久々にドキドキしていた。





    早目に家を出て宿までのドライブ!意外に車で盛り上がり、宿まですぐに着いた。

    早く着いたがチェックイン出来たので、部屋に案内してもらい、風呂でも入りに行くことになった。

    館内案内を見ると、女湯の露天風呂が17時まで混浴\(^^)/チョー行きたい・・・!



    『かな!露天風呂が混浴だって!ちょっと行こうぜ』

    『えー!やだよ!男の人いたらやだもん』

    『4時半まで、あと1時間位だから誰もいないよ。いたら入らなければいいじゃん!試しに見るだけでも行こうぜ』

    『えー!見るだけね』



    やった!心でガッツポーズ。混浴ってなんか夫婦で入るとエロい感じがするから、その時は、どうしても入ってみたかった。



    エレベーターで1Fに行き宴会場の前を過ぎ、まず男湯の前を過ぎ、女湯を過ぎ、角を曲がり露天風呂ののれんが目に入ってきた。まだ妻は、嫌がっているのでひとりで見に行った。案の定誰もいない、脱衣場は共同だ。





    『かな、誰もいないよ!少しだけ入らない?』

    『誰も来ないかな?』

    『平日だし、この時間なら来ないよ!』

    『・・・・ヒロも一緒だから入ってみようかな』





    よっしゃ!心でガッツポーズ。

    誰もいないけど、混浴ってだけで無性に興奮\(^^)/



    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ