気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談【外人】   カテゴリ : H体験談【外人】

    images
    妻を外国人従業員に寝取られた体験談


    農林高校を卒業した私は、海外にボランティアで植樹を教える為に1年程行った事があります。

    東南アジアの地域で現地農家の家に住み込みでした。

    そこでお世話になったのがヨギさんです。

    生活は日本では考えられない程、貧しく現地の生活が大変なのは直ぐに分かりました。

    日本に戻ってからもヨギさんとは何度か手紙のやり取りをしていました。


    0050
    ドイツの「FKKという」変態サウナでの体験談




    ドイツには『FKK』っていう変態サウナがあって、そこに行くと全裸の白人美女がウジャウジャいるのよ。


    入場料払って中で交渉。


    一発50ユーロで制限時間は無し。


    50ユーロ払えば何回でも自分のペースでセックス出来る。


    相手は自分の意思で変えてもいいし、向こうから営業してくる、そんな場所。


    で、まぁこの間、運良くドイツに行けたわけ。


    基本的にドイツの主要都市には『FKK』があるんだけど、特にフランクフルトには無茶苦茶ある。

    0272
    若い黒人に妻を抱かせた時のエロ体験談





    妻とは結婚して4年になります。


    去年、高校出たての若い黒人が私の会社に入社し、私の部下になりました。


    私は、彼が入社した後は、前にも増して、妻にせがむようになりました。


    黒人の彼は18歳。


    彼の話しぶりや、会社の女の子に対する態度を見ると、

    彼はセックスについてかなり経験を積んでいるのは確かでした。


    それにジーンズの膨らみから察するにかなり大物を持っているようでした。


    実際、その後、何回かトイレで見る機会もあり、

    勃起していない状態だったにもかからわず、かなりの巨根だったのです。


    彼のペニスを見て、私はすぐに想像をするようになりました。


    彼が妻のあそこに、あの巨根を突き立てている光景の想像です。


    私の妻が、彼のペニスに愛しそうに奉仕している光景を、夢見るようになっていました。


    ちょうどその頃、私の妄想のシナリオと似たようなストーリーを

    妻と二人で雑誌で読んだのでした。


    妻ももそのストーリーを気に入ってました。


    「もし、私が彼とすることになったら、

    この話にあるようなことを全部、あなたにさせると思うわよ」

    そんなことも言ってました。


    妻の言う通りだと思いましたし、

    多分、そうなったら、私もその通りにするだろうと思っていました。


    その話は妻をかなり興奮させたらしく、

    彼とさせるという私の妄想に対しても、彼女はあまり抵抗しなくなっていきました。


    そして、もう一押しと、妻が同意するまで強引に説得し続けたところ、

    とうとう、妻も、一度やってみても構わないというところまできたのです。


    最初は、あまりにうるさく誘い続ける私を黙らせるために、

    妻は同意したのだろうと思いましたが、

    どうやら、彼女も次第に考えが膨らんでいたらしく、

    しまいには、彼女の方から

    「例の件はどうなったの?」

    と催促するほどになっていました。


    私は、何度か妻を会社の若手のパーティーに誘い出しました。


    集まった者の中には、当然、彼も含まれています。


    妻は、引き締まった身体のセクシーな女性なので、

    男性の興味を引き付けるのは容易いものです。


    彼も例外ではなく、彼が妻と一緒にいた時の様子から、

    彼も妻に惹かれてることが分かりました。


    彼は、身長が180センチ以上はあり、顔も悪くなく、大きな筋肉質の身体をしています。


    ボクシングやウェイトリフティングをしてるという話しを聞いたこともあり、

    強靭な肉体を持っているのは本当でした。


    そんなある日、職場で私は彼に言ったのです。


    「それほど私の妻に関心があるなら、一度、プライベートで妻に会ったらどうだ?」

    すると、彼は、「是非そうしたい!」と言いました。


    私は彼は妻に最適の男であると思っていました。


    でも、一言だけ念を押しておきました。


    私:「もし、妻とすることになっても、コンドームはつけるんだぞ。

    私はいつもそうしている」

    彼:「俺はそんなの使ったことないっすよ」

    私:「そうか。

    分かった。

    まあいいだろう。

    妻はいつも終わった後に、

    私に舐めとってもらいたがるから」

    彼:「え!○○さん変態なんすね。

    でも、いいすよ、この話、俺も乗ります。


    まあ、この話し、冗談だとしても、奥さんには、俺は乗り気だって言ってくださいよ」

    私:「大丈夫だ。

    本当にやりたいなら絶対できる」

    帰宅して妻にに話しました。


    妻はかんかんに怒っていましたが、それでも私は彼女を説得し続けました。


    彼に妻を抱かせ、本当に黒人男が最高なのかを知りたかったからです。


    そして、とうとう妻も根負けし、この件を承諾したのでした。


    妻の意思に反しての嫌々ながらの承諾であったのは確かです。


    妻:「いいわ。

    あなたを喜ばすために彼に抱かれるわよ。


    そして、黒人男の方が女を喜ばすのが上手かどうか、試してみることにするわ。


    でもね、一言、言っておくと、彼のアレが評判通りだとしたら、

    あなたは最悪の状態になると思うわ。

    それだけは覚悟してね。




    pic-0212000248
    金髪巨乳の彼女とホテルに行った時のエロ体験談




    たしか7~8年前の話。


    外国からきた彼女と付き合っていたんですが、その彼女との話です。


    当時、大学1年だった私はろくに勉強もせず遊んでばかりで、毎晩のように六本木や渋谷に繰り出していました。


    今考えると本当にアホだったな・・・と。


    そしてその日もいつもと変らず、友人と麻布のとあるクラブに遊びに行きました。


    そのクラブは地下にあって、結構有名なクラブだったと思います。


    扉を開けると階段になっていて、重低音のドゥン、ドゥンという音が内臓に響いてきます。


    急な階段をゆっくりと降りるとフロアにはすでにぎっしりと人がいて、ボコボコぶつかりながら、まるで芋洗いのようになっていました。


    フロアでは黒人、白人など、ほとんど無国籍状態の様相を呈していて、まるでここが日本というのを忘れそうになるほどです。


    (乗り遅れたらマズイ!)

    友人と素早く目線で会話すると、取る物もとりあえずフロアに乱入しました。


    ちょっと薄暗いフロア、ライトが乱雑な動きで踊っている人を照らしていきます。


    DJもそこそこイイ感じで、私達がかなり気分良く暴れていると、隣にいた白人のお姉ちゃんに急に声を掛けられました。


    金髪がダンスに合わせて綺麗に上下しています。


    ついでに金髪と一緒に乳も上下しています、一目でわかる巨乳です。


    「オニイサン、キョウハヒトリ?」

    「イエス、イエス、オーケイ!」

    ハイテンションだったので訳の判らない英語を喋っていると、どうやら気に入ってもらえたようで、「あっちで飲もう」みたいに言われました。


    とりあえず友人はほったらかしにして、女の子を連れてフロアを後にしました。


    フロアを出て隣にあるバーカウンターに移動すると、とりあえずマスターにカクテルを注文します。


    ダンスフロアではギラギラしたライトが叩くように降り注いでいましたが、カウンターは淡いブルーライトで照らされているシックな空間です。


    カクテルを2つ注文して、彼女と椅子に腰掛けて乾杯をしました。


    落ち着いて見ると、結構な美人。


    出る所が出て、引っ込む所はしっかりと引っ込んでいるナイスバディです。


    彼女は、自分はジェーンと呼ばれていて、今留学していると言いました。


    たどたどしい日本語ですが、とりあえず意思の疎通は問題なく出来るようです。


    「俺は◯◯って呼ばれてる、大学生、よろしく」と言うと、彼女はニッコリとして「トモダチ!トモダチ!」とヤバイくらいにノリノリです。


    その後もジェーンとテンションの高い会話が続き、外で飲み直そうという事になり外へ出ました。


    もちろん、お互い飲み直す気はありません。


    暗黙の了解でホテルに直行です(笑)

    ホテルに入るとジェーンが私に抱きついてきてディープなキスをしました。


    舌をぐっと奥まで入れてきて私の舌に絡ませます。


    私も負け時とジェーンの口に舌を入れ返して、さらにジェーンの唇に吸い付きました。


    長いキスをしてジェーンはハァハァと息を切らせながら「キス、ウマイネ」と、何かキスを誉められてるみたいです。


    ちょっと恥ずかしくなりつつ、ジェーンとラブチェアに座ります。


    チェアに座りながら、コンビニで買ったビールを片手にまた話し込んでいると、ジェーンが少しずつ自分の事を話し始めました。


    「彼氏とは2ヶ月前に別れた、今はフリーだ」というような事を言っていました。


    そして、「貴方は横顔が元彼にそっくりだ、びっくりした」というような言葉を続けました。


    私はジェーンの肩に手を回すと、チェアに深々と腰掛けました。


    ジェーンも私の腕枕に体を預けてきて、深く腰掛けます。


    そしてまたジェーンとキスをしました。


    今度はソフトな唇をつけるだけの懐かしい感じがするキスです。


    ジェーンは目がとろーんとしています。


    私はゆっくりとジェーンのシャツを脱がします。


    シャツが脱げた瞬間、ポーンと音が鳴ったと思うくらいの巨乳が露わになりました。


    ブラの上から両手で胸を隠しながら「スケベェ!」とニヤリとしながらジェーンが私を見ます。


    私は続けざまにブラを外します。


    ジェーンが両手を離すとブラはハラハラと床に落ち、Gカップの巨乳が私の目の前に現れます。




     

    40b34f59-s
    黒人に中出しされた時のエロ体験談




    先月の話です。


    旦那の浮気が原因で離婚した私は、同じくバツイチの女友達とBARでお酒を飲みながら愚痴を言い合っていました。


    いい感じにお酒もまわってきてそろそろ帰ろうかといった時に、他のテーブルにいた外国人(黒人)二人組がカタコトの日本語で話し掛けてきました。


    二人共とても体格がガッチリしていて初めは怖かったのですが、とても明るい感じで雰囲気もよかったので、友達と話し合って同じテーブルで飲むことになりました。


    私は英語は全く解かりませんが、友達は以前英会話スクールに通っていたので多少の英語とカタコトの日本語でのおかしな会話でした。


    体格の大きな彼らはお酒の量もハンパじゃなくビールを水のようにガブガブ飲んでいました。


    私たちはそろそろ帰ろうかといったところだったので付き合うのはかなりキツく、もうグラグラでした。


    会話も初めは普通の日常会話でしたが、当然のように下ネタになり「サイズが大きいの?」とか「激しいの?」とか、私たちが普段想像している事を聞いたりしました。


    結局そのまま話しの流れで私達はお持ち帰りされてしまい、ラブホテルの部屋に別々に分かれて入りました。


    部屋に入るなり力強く抱き締められてディープキスをされ、そのまま服を脱がされ攻められると、お酒のせいもあり力が抜けてしまいました。


    私の相手の彼(デイブ)がズボンを脱いで、パンツ越しにペニスを私に触らせました。


    (どのくらい大きいのかな?)

    期待して握ってみると、まだ小さい状態なのに別れた旦那の勃起したザイズより余裕で大きかったので、(エッ、ウソ!)と内心かなりビビッてしまいました。


    恐る恐るパンツを下げると黒光したペニスが現れました。


    この時点で20cm位はあったと思います。




     

    a11122343004356
    外国人の男性とエッチした時のエロ体験談




    結婚して2年目、子供はまだいませんが、1つ年下の旦那とくらしていました。


    私の名前…美佳という事にしておきます。


    旦那は29才、昔は凄く優しくて、本当に私を大切にしてくれたのですが、結婚してからはあんまり話も聞いてくれないし、専業主婦の私は退屈で仕方ありませんでした。


    髪を切っても、新しい服を着ても、何も言ってくれないんです。


    帰ってきてもお風呂に入ってすぐに寝てしまい、夜の営みなんて一年以上ありません。


    もう私を女として見てくれないのかな…。


    そんな事を考える毎日が続いていたある日、大学時代の友達から電話がかかってきました。


    『美佳〜!久しぶりぃ〜!』

    彼女の名は裕子としておきます。


    裕子は週末、夜に食事をしにいこうと誘ってくれました。


    (一日くらい、いいわよね…)

    私はすぐに旦那に相談しました。


    旦那も裕子の事は知っていましたし、たまには遊んでおいでと言ってくれました。


    当日、私は気合いを入れて服を選び、丁寧にメイクをして出かけました。


    裕子が予約してくれたレストランに行き、そのあと裕子が知っているBARに入りました。


    そこは、外国人がたくさん集まる店の様で、少し薄暗くて聞いたこともない音楽が流れていました。


    『ふふ…美佳も絶対気に入ると思うわよ…このお店…』

    『う…うん…ちょっと怖いけど…』

    私達はいくつもあるテーブルの一つに席をとり、カクテルを注文して飲んでいました。


    すると、外国人が何人も声をかけてくるのです…。


    私は英語が全くダメでしたが、裕子は英会話に通って3年。


    流暢な英語で彼らと話をしています。


    『なんて言ってるの?』

    『ん?…奥で一緒に飲まないかって』

    『奥で?…』

    店を見渡してやっと気付いたのですが、カーテンにで仕切られた通路が一つありました。


    その向こうは店内より更に薄暗く、真っ赤なライトが小さく灯っているだけだったのです。


    裕子が何かを言うと、その外国人達は残念そうに引き下がっていきました。


    『奥って何があるの?』

    『ふふふ…それは後のお楽しみ』

    裕子は笑っているだけで、何も教えてくれません。


    ふと、他のテーブルを見ると、さっき私達を誘ってきた外国人が、一人でカウンターで飲んでいる女の子に声をかけていました。


    (何よ…誰でもいいんじゃん!)

    私は内心、久しぶりにナンパの様な事をされて、ひそかにドキドキしていました。


    そして、その気持ちを裏切られた気分になってしまっていたのです。


    そんな気分で飲んでいても楽しくないので、帰ろうかなと思った時、二人の外国人が声をかけてきたのです。


    『ハーイ!ユウコ!』

    二人は裕子の知り合いの様でした。


    二人の外国人は、褐色の肌と引き締まった体を見せ付けるような、露出の多い服装でした。


    それぞれにかなりの美男子で、モデルの様なスタイルに私は一瞬心の中で喜んだのを覚えています。


    裕子は軽く挨拶をすませ、テーブルに二人を座らせると、楽しそうに会話を始めました。


    私は気後れしたまま、一人ぼっちになってしまい、どうしていいかわかりません。


    そんな私を気遣ってか、二人のうち一人が話し掛けてきました。


    『アナタナマエハ?』

    『え…あ…美佳です…』

    『ミカ…ヨロシク、ボクハ、ルカ』

    『ルカ?…えっと…あの…よろしく』

    その様子を見て、裕子がルカに何か言いました。


    ルカは少し笑い、突然私の手を握り見つめてきました。


    『何?何て言ったの?』

    『美佳は私の友達の中でも1番の美人なのよって言ったの』

    『そんな…』

    『いいじゃない…ほんとに美佳は綺麗なんだから』

    ルカは、私の手を握りながら拙い日本語で囁いてきます。


    『ミカ…トテモキレイデスネ』

    『ワタシハ、トテモシアワセデス』

    『キョウハ、オゴルヨ』

    私は気分をよくして、ルカとの会話を楽しみました。


    おそらく私より年下の、それもかなりカッコイイ外国人から優しくされ、お酒もかなり飲んでしまいました。


    『あ〜!美佳、ルカと仲良くなってきてるぅ〜!』

    『そんなことないわよ…』

    『いいじゃない、今日は旦那を忘れて楽しんじゃいなさいよ、ルカは凄く優しくしてくれるから…』

    『そ…そうね…』

    『じゃ、私はリカルドと奥に行ってるから!』

    『え?ちょっと!』

    『帰りは私、待たなくていいから、別行動にしましょ!』

    裕子はそのまま彼と奥の薄暗い廊下へと消えていきました。


    (やだ…どうしよう…)

    一人になった私は急に不安になりました。


    『ミカ…シンパイナイ…』

    ルカは相変わらず、優しい口調とかわいらしい笑顔で話し掛けてきます。


    気がつくとルカは私の肩を抱き、かなり密着した状態で横に座っていました。


    『ボクノクニデハ、コンナキレイナヒトイナイ』

    『えぇ?嘘ばっかり』

    『ホント!ウソジャナイヨ!ミカ…ボクノメヲミテ』

    ルカの綺麗な目を見て話しているうちに、なんだか恥ずかしいような…、それでいてずっとこうしていたいような…、不思議な気持ちになっていきました。


    ルカは私の腰に手を回し、もう一つの手で頭を撫でてくれます。


    お酒の勢いもあり、私はルカの肩に頭をもたれさせて、甘えるような格好になりました。


    『ミカ…スキダヨ…』

    『うん…ありがとう…』

    『ミカ…コッチヲミテ』

    私はルカの言うままに、見つめ合います。


    相手の顔があまりに近くにあった為、恥ずかしくなって顔が真っ赤になってしまいました。


    『ミカミタイナヒトヲマッテタ…キミニアウタメニウマレタ』

    『…ああ…ルカ…』

    私はもう夢中でした。


    旦那の顔が一瞬浮かびましたが、頭の中の彼の表情は私を冷たく見下してる時のものでした。


    しかし目の前のルカは優しくて、愛の言葉を恥ずかしげもなく伝えてくれる…。


    しかも慣れない日本語を一生懸命に使って…。


    『オクニイク?』

    『え…奥って…何があるの?』

    『ヘヤダヨ』

    『ど…どんな…』

    『イコウ…フタリデ』

    ルカは優しく私の手をとり、席を立ちます。


    そして、バーテンダーに何かを言って、奥の廊下へと私を連れていったのです。


    カーテンをくぐって見えてきたのは、暗くて小さな赤い照明に照らされた廊下に、いくつも部屋があり、それぞれの扉に番号を書いてあるという、不思議な空間でした。


    『ココダヨ…』

    ルカは2番の部屋の扉を開けました。




    0303
    黒人女性の彼女とセックスした時のエロ体験談





    ただのエロ話って訳じゃないんだ。


    <スペック>

    俺:24歳の男、非童貞、チビメガネ、現無職だけど来月からリーマン。


    黒:20歳の女、濃い目のカフェオレ、身長180cmあるかないかで学生らしい。


    数週間前、俺が暇に飽かしてしょぼい神社巡りをしてると、汚ねぇ神社で黒人女性を見つけた。


    観光客どころか地元住民すら滅多に来ないような神社なので、俺は大層びっくらこいた。


    黒さんは拝殿の前に突っ立ってぼけーっとしてた。


    その後ろで、俺は半分壊れてるプラ製ベンチに座ってぼけーっとしてた。


    本当は俺も参拝したかったんだけど、でけえ上に黒い人に若干びびってたので、黒さんがどっか行くまで時間を潰してたんだ。


    んでしばらく経ったら、黒さんが振り向いて境内の参道みたいなところを鳥居に向かって歩いてきた。


    こっちガン見してた。


    黒人っつったら中学ん時ALTで来たマッチョなアメリカ人しか知らん俺は、細身で長身の黒人女性に心底びびった。


    人種差別とか言われるかも知れんけど、とにかく怖かった。


    不審な人を見つけたらこちらから挨拶してやれとは、小学生ん時から言われてきた。


    その教えに則って、俺は元気よく黒さんに変な英語で挨拶した。


    「Hi!Today is veryhot isn’t you?」

    ・・・とか言ったけど、正しい英語なのかは知らん。


    とにかく挨拶したんだ。


    そしたら黒さん、しばらくぼんやり俺を見つめた後、急に泣き出した。


    もう俺はびびりすぎて小便漏らしそうになった。


    そっからはもう英語なんて話せずに、日本語で「どどどどどうしたんすか!?具合悪いんすか!?」とか言ってた。


    とにかく俺はヨヨヨと泣く黒さんをベンチに座らせて、自販機にポカリを買いに走った。


    戻ってみると、まだ黒さんはベンチに座って泣いてた。


    黒さんの手を掴んで強引にポカリを握らせ、『これ、飲んで、あなたの』みたいなジェスチャーでなんとか意志を伝えた。


    そしたら、また黒さんは泣き出しちゃって、もう途方に暮れちゃって、俺は黒さんの隣に腰掛けてオロナミンC飲んだ。


    しばらくして、ようやく落ち着きを取り戻した黒さん。


    ポカリ飲みながら、“うめえ、なんだこれ”みたいな顔してた。


    黒さんも俺も、英語スキルは同じくらいだった。


    片言と流暢の間くらい。


    黒さんはエストニア人らしい。


    お互い上手とは言えない英語で喋った。


    何で泣いてたのか聞くと、俺が初めて話し掛けてくれた人だとか言ってた。


    詳しく聞くと、黒さんは母国で酷い差別を受けていたらしい。


    日本でも虐め問題はあるけど、それよかもっと酷い。


    石投げられたり唾かけられたりレイプされそうになったり、学校じゃ無視してくれる方がありがたいそうだ。


    俺もだんだん慣れてきて、黒さんに対する恐怖心はほぼ無くなってた。


    んな重い話になんて答えたらいいのか分からなかった俺は、「大変だね」みたいな事しか言えなかった。


    そしたら黒さんは、「日本人はすごい、尊敬している」みたいな事を言った。


    何でと聞くと、黒さんはつっかえながら喋りだした。


    『日本人は有色人種で唯一白人に立ち向かい、ボコボコにしてぶん投げた。



     

    0480
    日系ブラジル人の友達に呼ばれてパーティーに行った時のエロ体験談




    数日前、大学の時の時の友達である日系ブラジル人から電話がかかってきた。


    「ブラジルがワールドカップでベスト8に進んだ事を祝って、パーティーをするから来ないか」というお誘いがあった。


    別に何もする事がなかったんで行く事に。


    場所は、郊外に家を持っているブラジル人の所との事。


    そいつと駅で待ち合わせていった。


    会場となった家は、かなり大きな一軒家で、見るからに金持ちそうな感じのブラジル人が出てきた。


    パーティーは、地下でするとの事。


    その地下室はかなり広く、ブラジル国旗が飾ってあり、高そうなスピーカーが四方にあって、そこからサンバがガンガン流れている。


    俺たちが、入ったときには既に10人くらいの男女がいて、みんな酒を飲みながら、踊っていた。


    一緒に行った友達も、そこにいる連中と知り合いらしく、親しそうに言葉を交わし、俺を紹介すると踊り始めた。


    俺は最初、そのノリについていけずソファーに座って眺めていたんだけど、後から来た女が隣に座ったので、その女と話していた。




    0352
    妻が英語教師のマイケルとデートした時のエロ体験談



    私は33歳(サラリーマン)、妻31歳(専業主婦)、娘4歳の3人家族です。


    私と妻の出会いは大学のサークルの先輩後輩で、妻によれば初めて付き合った男性。


    そして、初めてセックスした男性も私とのことです。


    つまり、妻の言っていることが正しければ、妻のこれまでの男性経験は私のみとなります。


    妻は身長は155cmくらい。


    スレンダーでバストはBかCカップ。


    肩にかかるくらいの黒髪で和風顔のルックスです。


    贔屓目かもしれませんが、まずまずの美人だと思います。


    昨年8月のある金曜の話。


    娘が通学している英会話教室で、保護者と講師、及び日本人社員の懇親会がありました。


    定期的に開かれている懇親会で、今回は特に娘のクラスを担当していた講師が帰国するとのことで、私たち夫妻も出席するつもりでした。


    金曜に隣の市に在住する父母に娘を預け、懇親会出席後の土曜か日曜に私たちも父母の所に里帰りする予定でした。


    しかし、私は残業のため懇親会に急遽出席できなくなり、妻のみ出席となってしまったのです。


    来週の月曜火曜は有休を取っているため気合いを入れて仕事をしていましたが、仕事が終わり帰宅途中に、ふと妄想が浮かびました。


    大学受験以来、英語を真剣に勉強していない、そして海外旅行にも行ったことがない妻が、酒もある席で外国人講師と何を話しているのだろうか・・・。


    妻とはここ半年くらいセックスしておらず、少しの興奮と心配が入り混じった感情を持った為なのか、娘が生まれてからは年に2回くらいしかセックスしていない妻を今夜は抱こうとウキウキした気持ちで帰宅しました。


    23時頃に帰宅した時、妻はすでに懇親会から帰っていました。




     

    sukesuke076016
    イスラム圏の女の子を家に招いた時のエロ体験談




    大学生の頃、冬の話。


    授業が終わってうちに帰ったら、アパートの廊下でターバンを巻いた季節に沿わない薄着の女の子(イスラム圏の女の子)が行き倒れていた。


    無視するわけにもいかないので「大丈夫か?」と声をかけると、片言な日本語。


    どうやら、風邪を引いているみたいで、熱が相当高く意識が朦朧としているようだ。


    この子もアパートの住人だろうから、部屋まで送ろうと部屋を訪ねると、実は俺の隣の住人であることが判明。


    お隣の顔も知らないなんて世知辛い世の中だ。


    「部屋に薬はあるのか?病院に送っていこうか?」

    日本語と英語を交えて会話すると、「薬はない、医者はいやだ」という返事。


    じゃあ、と言うことでうちから風邪薬と体温計と、実家からアホみたいに送られてくる桃缶とポカリを差し入れに行くと、今度はターバンを取ったパジャマ姿の女の子。


    さっきは気付かなかったがこの子、アラビア半島によくいる感じの目くりっくりの美少女だ。


    薬と桃缶(キンキンに冷えている)とポカリを渡して、暖かくして寝るように言ってその日はサヨナラ。


    何日か後、うちで夕飯(カレー)を食べているとチャイムが鳴ったので、出てみるとターバンを巻いた女の子。


    手にはなぜかタオルを持っている。


    話を要約すると・・・。


    「先日はありがとう、おかげで助かった。

    お礼をしようと、留学生の友達に相談したら日本には『鶴の恩返し』と言う話があるらしく、自分の髪で織るわけにわいかないからタオル(使用品、洗濯済み)を持ってきた」のだそうだ。




     

    0048
    仲良くなった外国人にハメ動画を見せられた時のエロ体験談




    今となっては良い思い出(?)の体験談を投稿します。


    大学生の頃、俺には凄く大好きな女の子がいました。


    名前はエリ。


    初めてエリと出会ったのは、人気のない授業だった。


    俺もバカだったんだけど、何を間違えたのか『英語で文学を学ぶ』みたいな授業を取っちゃったんです。


    教室に行ったら学生が10人も居ないし、その中には黒人まで居るっていうクラス。


    だけどそこで初めてエリと出会い、はっきり言うと一目惚れでした。


    俺はエリと仲良くしたかったんだけど、エリはいつも友達と2人で固まってた。


    喋るきっかけとか隙もないんだが、その代わり黒人と仲良くなっちまったんです。


    名前はリカルド。


    頭は天然ドレッドだし、タトゥーも入ってるジャマイカ人。


    覚えてないけどリカルドの方から話し掛けてきて、1年かけて仲良くなっていったって感じ。


    仲良くって言っても、俺は別に・・・って思ってたよ。




     

    0843
    バリ島で童貞を卒業した時のエロ体験談




    俺のスペック。


    身長175cm・体重63キロ・顔フツメン(?)。


    25年間彼女なし。


    もともとコミュ障で面倒臭がりな俺は、今まで彼女を作るという事を全く考えもしなかった。


    しかし、俺も男だ。


    そろそろセックスをしていない事に引け目を感じるようになってきた。


    俺は思い切って初海外(バリ)に行く事にした。


    なぜって、単純に暇だったからだ。


    なぜバリかというと、物価も安く、治安がよさそうというのが決め手だった。


    バリってインドネシアなんだが、利用した航空会社がガルーダインドネシア航空という聞いたことない怪しい航空会社だった。


    だが、ここで思わぬ誤算が・・・。


    CAさんがむちゃくちゃ美人だった。


    アジアンビューティーというか、着ていた民族衣装みたいなのもすごく良かった。


    俺は飛行機のトイレで2回抜いた。


    バリに到着し、ホテルに移動。


    泊まったホテルはすごく豪華で俺には勿体無いものだった。


    夕飯を食べた後、一人で部屋にいても暇なんで、夜の街に出ることにした。


    噂によれば『ナシゴレン』とかいう食べ物が美味いらしい。




     

    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ