気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談【寝取られ・不倫・浮気】   カテゴリ : H体験談【寝取られ・不倫・浮気】

    kimamamh5190315


    漏れ土曜日にカノの女友達の誕生日祝いにカノと2人でカノの女友達の

    マンションに行ったんだ。

    3人ともカナーリ飲んで、カノはすっかり酔いつぶれて寝てしまった。

    漏れとカノ友はそのあとも飲み続けてたんだけど、おまえらが期待する

    ような展開じゃなかったよw



    それからしばらくしてカノ友がトイレに行ってフラフラな足取りで戻って

    きたんだけど、漏れの横に座ってこう言ったんだ、、、

    「ねぇ、わたしにも○○君のおちんちん見せて〜」と。




    漏れは(゚Д゚)ハァ?と思ったさ。

    なぜ突然そんなこと言うんだろうと思って「冗談だろ?」と言ったさ。

    そしたらカノ友はこう言ったよ。




    「さっきわたしが無くなったビールの買出しに行ってるときに

    ○○(カノの名前ね)にフェラしてもらってたでしょ?」とね。



    漏れは「え?」と思ったさ。

    でもカノ友が言うとおり途中でビールが無くなって、漏れが買ってこよう

    としたら、カノ友が「お客さんにそんなことさせられないから」と

    カノ友が買出しに行った。

    カノ友が買出しに行ってるあいだにカノといちゃいちゃしてたら漏れも

    つい我慢できなくなってカノにフェラさせたんだよね。

    で、終わってしばらくしたときにカノ友が買出し終わって帰ってきた

    からまさか見られていたなんて思わなかったさ(‘A)




    カノ友は漏れがカノにフェラしてもらってる最中に戻ってきてて、

    それを見ながらオナったらしい、、、

    漏れたちが終わったのを見計らって帰ってきたように装って現れたんだと。



    話は戻るけど、それで激しく興奮したカノ友はカノが寝てしまったことを

    いいことに漏れに迫ってきたということだ。

    でも漏れはいくら酔ってるとはいってもそれはマズいと思ったから、

    「おれは○○と付き合ってるわけだし、それに横で○○が寝てるのに

    そんなことできるわけないじゃん」って言ったさ。



    そしたらカノ友は「見るだけだから、、、お願い、、、」なんて悲しい

    顔して悲願するわけよ(´・ω・`)

    漏れが困った顔してるとカノ友は「こっちに来て」と手を取られてカノ友

    のベッドルームへ、、、




    漏れは「やっぱりマズいよ」って言ってるんだけど、カノ友は「見るだけだから」

    と言って立ったまま漏れのジーンズに手をかけてきた。

    漏れもカノ以外の女から迫られたことなんて生まれて初めてだったから、

    まんざら悪い気はしなくて、カノ友にされるがままジーンズもトランクスも

    脱がされてしまった、、、、



    カノ友は「ふーん、これが○○君のおちんちんなんだー」と嬉しそうに

    見ている。

    漏れは「もう満足しただろ?」と膝まで下げられたトランクスに手をかけた

    んだけど、「まだだめだよー!」って言っていきなり漏れの息子をつかむと

    ぱっくり口に咥えたんだ(゚д゚)エ!?



    漏れはとっさのことに慌てたけど、カノ友の口の中にすっぽりと収まった

    漏れの息子は意思とは無関係にムクムクと膨張し始めた(´д`)

    つーか、男ならそこまでされたら後には引けないよな、、、、




    ジュポジュポといやらしい音をたてながら夢中で漏れの息子を咥えるカノ友

    にされるがまま、やがて絶頂を迎えた漏れはカノ友にイキそうなことを伝えると

    カノ友は息子を咥えたまま「うん」と首を縦に振った。

    漏れはそのままカノ友の口の中で果ててしまった、、、、

    kimamamh5190224


    俺が20歳を過ぎたころの今でも心苦しい出来事。


    後悔しても後悔しても償いきれない傷の話です。




    真理と出会ったのは女友達を介して。

    最初はただの友達だった。


    みんなで一緒にゲーセン行ったり夜の海へ出かけたり。


    ただただ純粋に楽しかった。




    ある夜のこと。

    いつものように海まで遊びに行った帰り。


    真理は疲れて後部座席で眠ってしまった。


    運転しているのは男友達、啓介。

    助手席には女友達の栄子。


    俺は後部座席で真理の寝顔を見ていた。


    “いつもは元気いっぱいの真理なのに眠ってしまうと可愛いもんだ”

    そう思いながらも自分の中にわずかに湧いてきている淡い感情にはまだ気づかなかった。




    窮屈そうに後部シートに横たわる彼女は純真そのもの。





    150cmあるかないかくらいの小さな体には似合わぬ胸のふくらみを携えている。


    腰より少し上くらいの長い髪。

    真理はいつもこの髪を自慢気にひるがえす。


    正直美人とは言えないが、幼さを残した白い顔は誰にでも好印象を与えていた。


    今日この時までは彼女を強く意識したことはなかったのだが、

    初めて彼女の寝顔を見て”可愛い”、素直にそう思った。




    前の座席の二人を少し気にしながら真理の頭をそっと持ち上げ自分の片膝を割り込ませた。


    ハーフパンツをはいている俺の素足にはらりと真理の髪がかかる。




    どきっとした。




    優しく、そう、できるだけ優しく真理の黒い髪を撫でてみた。




    やわらかい。




    不思議と幸せな気持ちになれた。

    ずっと優しく髪を撫でていたい。


    そんなことを思っているとふいに真理が動いた。


    “びくっ”後ろめたいことは何もしていないのだが、

    今の自分の不思議な感情を悟られたかのように動揺した。




    だが彼女はまた静かな寝息を立てだした。


    “ほっ”安堵感。


    そのとき真理がぽつりと口を開いた。


    「倫くん・・・」

    “えっ!?”

    俺を呼んだ?・・・しかし彼女は変わらず静かな寝息を立てている。


    「寝言か・・・」

    真理をみつめる俺に啓介から野次が飛んだ。


    「いたずらするんじゃありませんよー」

    思わずムキになる。


    「誰がするかよ!」

    「でも何かえっちぃ雰囲気ー」

    栄子からも。


    「疲れてるっぽいから膝貸してるだけだよ」

    少しすね気味に言ってみる。

    前部座席から冷やかすような笑い。


    「でも・・・可愛いよな・・・ 好き・・・・かも」

    つぶやくように言ったその言葉は前の二人の耳には入らなかったようだ。


    そのまま何事もなくその夜は過ぎていった。




    それから日々は流れ、俺は新しいバイトを探していた。


    それまではコンビニで深夜働いていたのだが、どうもあれはだれる。


    暇にならず、それでいて高収入な楽なバイトはないものか・・・。


    ○nやFrom○を見ていた俺の目に飛び込んできたものは

    (月給40万~ バイト可)の文字。


    ホストクラブの従業員募集だった。

    お袋似の女顔で性別を間違われることも多かった俺は

    “いっちょやってみっか”と奮起。


    早速電話して面接に。




    晴れて採用された俺はその日のうちに先輩に基本的な接待を叩き込まれた。


    深夜1時開店のその店は水商売や風俗の女達がターゲット。

    うさばらしにくるわけだ。


    新規は一万で飲み放題だが、指名がつくと座席料込みで三万二千円。

    そこへドリンクやフード料金がかかる。


    その街でもかなりの高級店。

    必然的にマナーや接待術が問われる。

    kimamamh5190305


    大学時代の寝取られ話を。




    2年になったばかりの5月の連休に、奈々の別荘に4人で行った。


    奈々の彼氏の尾崎は2人きりで行きたかったらしかったが、

    奈々はどうしてもみんなで行きたいと言い張った。




    尾崎は嫉妬深い男で、奈々が他の男と話をしているだけで機嫌が悪くなるような奴だった。


    器の小ささもあるのだろうが、2人があまりに釣り合いがとれていなかったことも

    尾崎の嫉妬の原因だったのかもしれない。




    清楚な顔立ちの奈々はそれだけで十分に美人だったが、

    柔和で上品な雰囲気のおかげで、さらに魅力を感じさせる女の子だった。


    不細工で下品な尾崎のどこが良くて付き合っているのか、周囲の誰もが理解に苦しんでいた。




    別荘は海辺のリゾートマンションで、近くにはテニスコートも併設されていた。





    尾崎も奈々も、どちらも高校時代からテニス部だったので、

    2人に教えてもらいながらテニスを楽しんだ。




    俺がそのとき付き合っていたのは彩という子だった。


    もう少し背が高ければ、グラビアアイドルにでもなれそうな子だった。


    男好きがするというか、一度お願いしたくなるタイプの顔のくせに、

    笑うとかわいらしいという二面性がたまらなかった。




    テニスの汗を流すために、部屋に戻ると風呂に入ることにした。


    「俺ら先に入るわ」と言った尾崎は、奈々を連れて2人で入ろうとする。


    奈々は嫌がっていたが、そのまま尾崎に連れ込まれた。


    案の定というか何というか、しばらくすると押し殺したような奈々の声と、

    激しく体を打ち付ける音が聞こえてきた。




    「やだもう〜。

    尾崎くん激しすぎだよ〜」と彩は笑っていたが、明らかに興奮していて、

    俺の耳元で、「おっきくなった?」と聞いてきた。


    彩がこういうことを言うのは、自分もしたくなっている時だった。


    このままだと、今すぐにでも「して」って言い出すだろうなあ…などと思っていたら、

    「終わったぞー」と言いながら尾崎が出てきた。

    奈々は恥ずかしそうに後ろにいる。


    「ったく、なぁーにが終わったんだよ?」と聞くと、

    「次は彩ちゃんとお前の番やろ?」と、尾崎はニヤついて答えた。




    脱衣所で彩を裸にすると、パンツから糸を引くくらいに濡れていた。


    いやらしい匂いがすぐに漂ってきて、指を入れると素直に入っていく。


    「わかりやすいよな、お前は」と言って彩の顔を見ると、

    もう顔つきが変わっていて、「早く欲しい…」とでも言いたげだった。




    いくらシャワーをひねってみても、水音なんかでごまかせるはずなかったが、

    もう彩は壁に手をついて、こっちに尻を突き出している。


    前戯も何もないまま引き寄せて、つながった。




    水に濡れた彩の体は相変わらず綺麗で、穴の締まりもキツくていい。


    「外で聞かれてるぞ」と言ってやると興奮して、キュッキュッと締め付けてくる。


    彩の体は素晴らしかったが、この時考えていたのは奈々のことだった。


    彩と付き合ってはいたが、俺は実は密かに奈々に惚れていた。




    「ここで奈々もやられてたのか?」

    「しかも生でやられたのか?イカされたのか?」

    「どこに出されたんだ?」



    などと考えていると、一気に登り詰めてしまった。


    急いで彩から引き抜くと、そのままマンコにぶっかけた。


    マンコ穴から垂れた精子が、そのまま床に落ちていく。


    彩はもっとしてもらいたいみたいだったが、ここで連発といわけにもいかない。


    「後でしてやっから」と言ってなだめ、体を洗って風呂を出た。


    kimamamh5190199



    いまから9年前。町外れの田舎町で仕事してたんだよ。

    小さなマンションの工事現場で監督なんて仕事さ。

    そこにウチの会社の担当になった保険外交員のおねいちゃんがやってきたのさ。

    長い髪で、ユウキナエの乳がでかくなった感じのマニア受けしそうなタイプ。

    ウマがあって、何度か事務所に訪ねてきたよ。世間話とか、暇つぶしに。

    契約が済んだあとも、マメに来るおねいちゃんだった。

    こっちは仕事に追われて、事務所に寄った誘導員の女の子をいただいたりしてたから、

    ユウキナエさんには何の感情もなかったのさ。



    ある日、仕事を終えてJRで帰宅途中に駅で ばったりユウキナエさんと遭遇。




    「いま お帰りですか?遅かったんですね。」

    時刻は11時半。




    「いつも こんなもんだよ。ナエさんはどうしたの?酔ってるみたいだけど。」

    「友達と呑んでたんですけどぉ、つまんないから帰ってきゃいました。友達っていっても

     女の子ですよ。女の子ですからねぇ。」

    酔っ払いが・・・・・。




    「そ、そう・・・。それじゃね。また今度。」

    と言って歩き出そうとしたんだが。

    「えぇぇぇぇぇぇ。かぁえぇるぅのぉ。呑みにいこうよぉ。」

    と、袖を掴まれた。

    「少しだけね。明日も早いから すぐ帰るからね。」



    それから、2時間後。

    俺の肩にはナエさんの顔が載っていた。あぁぁあ。やっちゃったよ。




    「ナエさん、帰るよ。」

    「・・・・・・・・・」

    「ナエさん!」

    「やだ!」



    「ここで帰ったら、なんにもならないじゃないですかっ!」



    「へっ?」

    「だってHさん、いつも忙しくしてるから、ゼンゼンあたしと遊んでくれないじゃないですかっ!」



    こっこの おねいちゃん、確か歳は俺より2つ上。それに、仕事場で忙しいのは当たり前だろうに・・・。




    「ど、ど、ど、どうしろと?」

    「2人っきりになりたい。」

    「なってどうするの?」

    「へっへぇぇ」



    その時の時刻は午前1時半。俺は5時には起きて出勤しなければならない。



    寝不足で出勤したら、地獄を見る。どうする?




    「じゃ、近くのホテルに行こうか?」

    寝不足決定。

    「うん!」

    完徹になるかも・・・・。

    腕にしがみつかれた時の胸の感触はDカップ。

    アルコールとシャンプーの香り。

    忙しく疲れた身体に湧き上がる種族維持本能。

    徹夜がなんだ!寝不足がなんだ!


    kimamamh5190049


    夏休みに海へ行ったら、友達の彼女に会った。



    彼女は、女友達3人と来ていた。



    彼女は、水色のビキニを着ていたのだが、これが普段学校で見ているよりも

    ナイスバディで、一気に彼女を犯したくなった。



    結構そのときは寒かったから、シャワー浴びにいこうって誘って、

    一緒のシャワー室に入った。



    それでシャワー浴びながら、



    「○○、いい身体してるなー もう○○(友達)は野獣だろ?」

    っていってると、






    「そんなことないよ。喧嘩ばっかりで、最近Hもほとんどしてないし。」

    っていうから、



    「俺がしてやるよー」

    なんて言って、シャワー浴びながら、

    後ろから抱き付いて、ビキニの上から胸を揉みしだきながら、

    大きくなったチンポを押し付けた。



    「やんっ MAくん だめえ。そんなとこ押し付けちゃ」



    声が出ないようにキスして舌をからめながら、

    ビキニの中に指をいれて乳首を両方とも指ではさみながら、

    舌でとろとろになるまでディープキスした。





    我慢できなくなってきたから、下のお口にも指を這わせて、

    クリちゃんを指ではじきながら、



    「こんなところでキスされるだけで、下のあそこがこんなに濡れてるぞ、

     ○○(友達の彼女)は、エッチだなあ。」



    「あっ だって MAがうまいんだよ、もう」



    「MAの舐めていい?」

    ってきくから おもむろにチンポを出してやった。



    「はあっ 固いの久しぶり。MAの太くて固くて、やんっ びくびく動くの」



    舌でなぞるように舐めながら、お口の奥までくわえて激しく顔を動かしている



    「自分で動かせるんだよ 俺。もう奥でこんなふうにびくびくされたいんだろ?」

    っていうと、



    自分で壁に手をついて 腰をつきだして、



    「MAの、MAの入れてえ」

    っていうんで、 



    下着をお尻が出るまでおろしてから、バックで両方のお尻を両手でつかんで、

    あそこを指で広げながら、チンポをあそこにくっつけたまま奥まで一気に突き上げた。



    「んっ はああっ」って大きな声を出した。



    そしたら隣に女の子達がいるらしくって、

    「隣でしてるよ。ぜったい きゃー」って言ってた。



    「バックで犯されてるところ、隣で聞かれてるよ。いいの?」



    「あっ。あぅ。だって、久しぶりだもん。MAのすごく気持ちいいの。最高」



    声を出さないように口を手で押さえながら、くちゃくちゃ音がでるまま、

    シャワーを浴びながら、ずっとバックで奥深くを突きまくっていた。



    「MAっ MAっ イクッ イクゥ」



    胸を揉みしだきながら、首筋にキスしたり、クリちゃんを指でいじったりしながら、

    彼女がイクまで激しく音が部屋に響くくらい打ちつけた。



    「ああ~っ! あっ、あっ!」



    「気持ちよさそうだな。奥にたくさん出してやるよ」



    「あ ああ だめ 赤ちゃんできちゃうよう」



    「気持ちいいんだろ?自分で腰を動かして エッチな女だな○○は。」



    「だめえ また イクの だめえ」



    「イクぞ○○」



    「たっぷりと出してやるぞ!」「妊娠しろ!!」



    「うっ!」



    ドクッ、ドクッ、ドククッ、グピュ、ドピュッ、ドピュピュン!



    俺は、大量の濃い精液を子宮に注ぎ込んだ。



    「あああう MAのが MAのがでてるう。熱いっ。すごいい」



    彼女はびくっびくって、身体を痙攣させながらイってしまった。




    kimamamh5190200


    ちょっと昔の話し。


    その当時つき合ってた彼女は顔もけっこうかわいく、おとなしくマジメな子でした。

    色白、

    童顔、小柄でスレンダー。


    でもDカップあるおっぱいは美巨乳で、昔から男受け、特にオヤジ受けがよかったようだ。


    そんな彼女とつき合ってた俺はけっこう心配で、彼女から周りの男の話しを聞くようにして

    いた。


    その話しの一つに当時彼女が勤めていた会社の社長の話しがあった。

    彼女が入社したての頃

    、社長がけっこうカッコいいの、と話したことがり、あまり他の男を褒めない彼女だったの

    でなんとなく気になり、それからというものことあるごとに会社の話を聞くようにした。


    その社長は独身で、お金もあるしかなりの遊び人だという話しだった。


    しばらくして、彼女が少し暗いので何かあったのか?と聞くと、その社長にセクハラをされ

    ている、とのこと。

    俺は憤慨するのと同時に軽い興奮を覚えてしまい、詳細を聞いた。


    最初のうちは、会社で二人きりになると、食事に誘ってくるだけだったようだが、そのうち

    カラダに触れてくるようになり、尻やおっぱいを触ってくることも日常茶飯事になったとい

    う。





    でも立場上我慢するしかない、ということで彼女が我慢できるなら、と俺も納得せざるを得

    なかった。

    内心は社長がカッコいいから我慢できるんじゃないか?と疑心暗鬼にかられてい

    たが。


    それからまたしばらくして、彼女が会社の飲み会があると言ってきた。


    それ以前にも何度か飲み会があったようだが他の人もいるし社長もおおっぴらにセクハラを

    してくるわけでもないようなので一応安心していた。


    しかしその時はなんとなくイヤな予感がして、俺も会社を早く出て彼女が飲み会をする場所

    を聞いていたのでそこに向かい、物陰から待つことにした。

    一時間ほど待っただろうか。


    彼女が会社の人とでてきた。

    勿論社長らしき人も一緒だ。

    彼女はだいぶ飲まされたのか相当

    酔っているらしい。


    お開きになり駅に向かうかと思いきや、彼女はその社長らしき人に支えられタクシーに乗っ

    てしまった。

    俺も大急ぎでタクシーをつかまえ、ドラマばりにそのタクシーを追いかけた。


    かなり長時間乗っていた気がする。

    気付くとメーターは五千円にも達していた。


    彼女の家は社長の家と同じ方向なのでたまに帰りは送ってもらうことがあると言っていたの

    を思い出した。

    今まではそれでも特に何もなかったようだ。

    お触りくらいはあったようだが

    ・・・。


    とあるマンションの前にタクシーが止まった。

    社長の家らしい。

    俺も少し手前で降りた。


    陰に隠れ、様子を伺っていると、社長に引きずられるように彼女も降りてしまった。


    耳をすますと、具合が悪いみたいだから少しウチで休んでいきなさい、と社長の声が聞こえ

    た。

    彼女は断ると思いきや、前後不覚なのか返事をするわけでもなくそのまま社長に腰を抱

    かれマンションに入っていく・・。


    いよいよヤバい、と思って止めに入ろうと思ったが、その時の俺はなぜかすぐ追いかけるこ

    とができなかった。

    少し間をおきフラフラと俺もマンションに入る。

    エレベーターが止まっ

    た階を確認し、後を追う。


    どこの部屋かはわからなかったが窓に明かりがついている部屋にとりあえず向かう。

    物音が

    聞こえる。

    玄関となりの窓にはカーテンがかかっていたが、ほんの少し隙間があった。

    俺は

    ボーっとしながらチラっと覗いてみた。

    そこには・・。


    彼女は抵抗しながらも社長にキスをされていた。

    俺の心臓は爆発しそうなほどドキドキしな

    がらそれでも目は離せない。


    kimamamh5190309

    一ヶ月程前、12年ぶりに高校時代陸上部で同期の鈴木に駅で偶然、出会った。


    鈴木はかなり酔っているらしく俺の腕を掴み「俺の家に来い、俺の家に・・」を

    繰り返し放さない。

    俺も懐かしかったので鈴木の家に行った。

    玄関に入って奥さん

    を見て驚いた。

    すごい美人なのだ、俺は下半身が疼くのを我慢しながら3人で酒を

    飲んでいた。

    奥さんは控えめな性格なのか俺達の話に入らず黙って酒を注いでいた

    その内、鈴木は完全に酔っ払ってしまい横になっていびきをかいて寝てしまった。


    奥さんは気まずそうに上目がちに俺を見つめ帰って欲しいけど言えず黙って俺に酌

    をしてる。

    俺は鈴木が起きている時から奥さんの体をいやらしく舐め回すように

    見ていた。

    奥さんもそんな俺の視線を感じていたらしく二人になると益々、体を

    硬くしている。

    俺はそんな奥さんに襲いかかり犯した。

    奥さんも覚悟していたらし

    く、俺が襲いかかり押し倒し、唇を奪う時、「ひっ、優しくして・・」と小さく

    洩らした。

    kimamamh5110092


    あくまでも聞いた話だが、話を分かり易くするために

    話を「自分=T」「友人A」「彼女=M美」ということにします。


    その当時、自分はバイトを見つけるのにも苦労する

    ような地方の田舎にいた学生だった。


    やることと言えば麻雀とパチンコくらいで、

    週末のイベント的な活動と言えば、車で1時間くらいの

    新幹線の駅のある街にいくことくらい。


    地方都市の僻地にある大学だったので、自分も含めて

    多くの学生がアパートなどに一人住まい。


    そしては自分は夏休み前だというのに、友人との麻雀で

    軽い借金状態で、本当に金がねー、という感じ。


    ただ、周りの悪友どもには彼女がいないのに、自分には彼女がいたことが、

    ちょっとした優越感であり、幸せだった。


    いつものように負けがこんでいた麻雀中のことだ。

    友人Aが、

    「なー、T。

    どうせ金なくて(麻雀を)打っているんだろ。





    負けたらどうすんだよ。

    払えんのか、今週中に」

    そして俺。

    「うるせーな、夏にバイトでもして払うからよー」

    そして友人Aがとんでもないことを言い出した。


    「じゃーよ、3万円で一回で彼女を一晩貸せや。


    一晩じゃなくて、一発でいいさ。

    一発3万円つーことで。


    そのときは麻雀中の軽い冗談と捉えていたので、

    大して怒りもせずに、その場をはぐらかし、他の友人たちも、

    そりゃかわいそうだろーとか、3万円は安いだろーとか冗談を言ってた。


    ただし、友人Aだけはそれを言い出した半荘のあいだ、

    ロン、ツモやリーチのたびに「これで、M美との一発に近づいた」

    「一発ツモでM美と一発ぅ」とか言いつづけていた。


    その日はいつも以上に大きく負けた。

    友人Aへの追加の借金と

    今までの総額で、まだ決まってもいない夏のバイト代が飛びそうな額。


    その晩の麻雀はお開きになり、俺を友人Aは帰りの方角が

    同じなので、歩いて一緒に帰ることになった。


    二人で歩いている時、Aが話しかけてきた。


    「おい、はよ金返せよ。

    こっちにも我慢の限界があるかんな」

    「1X万円なんだから、3発くらいで殆ど返せるじゃんよー」

    「あんまり返してくんないと、おめーの親に電話すんぞー」

    奴は妙な圧力をかけてきた。


    それだけはカンベン、としか俺は返事ができなかった。


    「明日土曜日だから、どうせ彼女が部屋にくんだろ〜、

    そん時に、俺もおめーの部屋にいるから、ジュースか

    なんか買いにとか言って、外に出ろや。


    ヤッた回数は、ちゃんと報告すっからよー」

    歩いている間、殆どなんの返事もできなかった。


    Aの部屋は俺の部屋よりも近く、

    彼は「じゃー明日の昼前には行くわー」とだけ言い帰っていった。


    何も言えなかった。

    友人Aだけではなく、他の友人にも借金を

    していた当時の自分にとって、10万円近い金がアッサリと

    チャラになる、というのは本当に悪魔の囁きだった。


    自分の部屋に着くとM美からの留守電が入っていた。


    (当時はまだ携帯電話が一般的ではなかった)

    明日の午後2時頃に部屋に来るとのこと。

    で、バスで

    街の方に行って映画でも見ようかーとか、ノンキなことを伝言として残していた。


    Aの奴が来なければ、Aの奴が来れば、その両方の思いで

    その晩は悩み続け、次の朝は寝不足だった。


    Aは午後1時過ぎに俺の部屋に来た。


    今思えば何で奴を部屋に入れたのだろうと思う。


    Aは俺の気持ちなんかには、お構いなしで、部屋に上がるやいなや、

    「で、M美ちゃんは何時にくんの?」「あ、あぁ、2時過ぎかなー、たぶん・・・」

    うんうんとAは頷き、やつぎ早に話し続けた、

    「Tさ、おめー全部ですげー額の借金あんだろ?

    でよー、それを随分とチャラか、逆に儲かっちゃうような

    ことすんべーよ」と半分興奮したように話し始めた。

    kimamamh5110017


    夏休み、同僚と海に行った時のお話です。


    私は着替えが遅くなり、同期の奥さんの二人だけで海の家の更衣室で水着に着替えることになったのです。

    更衣室は2個しかなく、とても混んでいました。

    ふと見ると板張りの個室ほどの大きさの物置き小屋がありました。

    入ってみると元更衣室の様で、仕切りの板はそこらじゅう隙間だらけ。

    隣り同士はほとんど丸見えです。

    とりあえず私達はここで着替えることにしました。

    着替えていると目の前の隙間を通して奥さんと目と目が合ってしまいました。


    「見ちゃ駄目(笑)」

    そう言いながらも、微笑みながら奥さんは躊躇うことなくワンピースの前ボタンを外し始めました。

    そして、あっと言う間にスッポンポンに。


    「もう! 見ちゃ駄目だってば。

     ○○ちゃん(私の妻のこと)に言っちゃうよ!」

    でも、目は笑っています。

    彼女の下半身に目を向けると、そこには丁寧に剃られたツルツルのオ○○コが。

    まさか他人、それもとても良く手入れをした縦すじを、それをこんな間近で拝めるとは夢にも思いませんでした。

    私の下半身が熱くなるのが判りました。

    彼女がビキニのパンティを履くために前屈みになると、今度はその目の前の隙間から私の下半身が見えてしまったようです。


    「あ、大っきくなってる(笑)」

    「見たなぁ? 旦那に言っちゃおうかな?(笑)」

    「駄目ー内緒、内緒(笑)」

    「じゃあ見せて。


    「えー、何をー?」

    「オ○○コ」

    「えー? ホントにー? 駄目だよ・・・・」

    「じゃあ、ここ見たこと言っちゃおうかな??」

    「もー、じゃあ…見せるだけ…ね。





    彼女が股間の高さにある隙間の前で、ビキニを下げました。


    「よく見える。

    綺麗なオ○○コだねー。

    あまり経験が少ないですね(笑)」

    「そう?経験はね・・・???」

    「ね、もうちょっと開いて見せて…。


    「指で…そう…。

    中も綺麗だねー。


    私は指を隙間から入れました。


    「ね、この指に当ててみて。


    「駄目だよ…。


    「早くっ! 人が来ちゃう。


    彼女は割れ目を私の指に触れさせました。

    しっとりと濡れているように思えました。


    「あ、動かしちゃ駄目…あ、嫌…もう駄目…これ以上は駄目…駄目…」

    声色が変わってきましたが、彼女はパンティを上げてしまいました。


    kimamamh5110344


    九州のある混浴、そこは日中でもほとんど人が来ない鄙びた共同浴場。

    女と二人で平日の昼間に行った。

    なんと脱衣所は入り口から丸見え。しかし山肌に隠れて外部からは見えない。

    そこで二人して服を脱いだ。

    彼女は32歳。年の割にはいい体だと思う。バストDカップでウエストは58センチ。

    腹の中は何も入っていないの?って言う位ウエストが細い。



    風呂場は階段下に下りていくと川沿いに半露天になってる。

    どこからも見えないので、堂々まずはフェラをしてもらう。

    フェラだけは年を重ねた女の方が絶対上手い。



    彼女が入れたい!というので浴槽の中で挿入。

    彼女が上になって細腰を振る。お湯の抵抗でゆっくりとした動きになるのは仕方ない。

    でもお湯のせいで少々のぼせてくる。






    それでも夢中になると周りが見えなくなるものだ、、、とその時、音がした。



    時は遅かった。浴槽の脇に40歳位のオッサンが素っ裸で立って見てる。

    「何しよおとや?ココは風呂ぞ!」

    僕達は慌てて離れる。彼女は「ヤバイ」って顔して顔を壁に向けている。

    いったいこのオッサンは何時から見ていたんだろうか?

    「お前ら、金払っとらんやろ?」

    そう、ここは無人の共同浴場。僕たちは一人200円の金をケチって無人の

    集金箱に入れなかった、、、このオッサンは最初から見てたんだ!



    実はこの話。僕とネットで知り合ったオッサンと仕組んだ出来事なんだ。

    予め僕たちの到着時刻を教えて、彼に登場してもらった。



    「今から警察行こうか?」

    こんな子供騙しみたいな芝居に彼女は完璧に動揺している(笑)

    オッサンはチ○ポ丸出しで仁王立ち。しかもいきり勃っている。

    僕は「すみません。それだけは勘弁してください」

    彼女も「すみません」

    オッサンは「風呂に浸かったまま、すみませんって、、、お前ら反省しとるとか!」

    と予め決めておいた台本通りの展開。

    オッサン「キチっと立って起立しろ!反省しろ!」

    僕もチ○ポ丸出しでその場に起立。

    彼女にも「早くして!」と促す。彼女は抵抗するが、

    「やばいよ。早くしないと」

    彼女はイヤイヤと胸とアソコを手で隠しながら立った。

    オッサンは「ちゃんと手を横にして(きおつけ)の姿勢にしてすみませんと言え!警察行きたいか!」と、、、

    僕は彼女に「もう二度と会う人じゃないから見られても良いからちゃんとしようよ!」と促す。

    彼女は半べそかきながらDカップの胸をオッサンの目の前に晒した。もちろんアソコの手も退かした。



    ちなみに彼女のアソコは剃毛済なので、縦ラインが見えます。

    kimamamh5110336


    仕事の同僚であり、彼女の理恵のHを見てしまいました。

    21時頃レジ締めをやった後、同じチェーン店のお店の前を通過して帰るんですが、見慣れた車が止まっていました。



    「もう店閉まっているのにどうしたのかな」と僕は車を路駐して気づかれないようにバックヤード側のシャッターから店を覗きに入りました。

    このS店は店長がM先輩(既婚者)で、僕はよく応援で働きに来るので合鍵は持っていました。

    店の中は閉店後で電気が消えていて暗く、奥の事務室だけが明かりがついていて、事務室は腰の高さから上は全部ガラスでした。

    「まさか・・・」と思い、ここから事務所を覗いてみようと思いました。



    事務所から少し離れたところにバックヤードがあり、そこから事務室が丸見えでした。

    覗いた時にはすでに理恵は裸で、M先輩はイスに座っていて、理恵はフェラをしていてお尻の穴が丸見えでした。フェラで顔を上下するたびに見慣れた理恵の肛門が開いたり閉じたりしていました・・・。

    kimamamh5110019


    思い切って告白します。

    26歳一児の母、恵子です。

    1歳の一人娘、真奈美と31歳の夫と3人で小さいですが一戸建てに住んでいます。

    夫を裏切ってもうすぐ1年になります。


     去年の春に夫が隣の県に転勤になり、通勤できなくなったので週末だけ帰ってくる生活になってからです。

    寂しさと子育てのストレスから出会い系のサイトでメル友を募集したのです。

    36歳の秀というバツイチの人と頻繁にメールするようになりました。


     一度食事でもと誘われたとき、興味半分で会うことにしたんです。

    平日の昼間だし真奈美を連れて行ってるので安心しきってました。

    私はお酒に弱く少しのビールを飲んだだけで気分が悪くなってしまいました。

    真奈美も眠くて機嫌が悪くなってきたので仕方なく自宅まで送ってもらいました。

    自宅を知られたとか、そんな余裕は無かったのです。

    彼は真奈美を抱いてベビーベッドに寝かしつけてくれました。

    そこで彼は豹変し私を犯したのです。

    夫とは違う逞しい体で抱きしめられると堰を切ったように乱れてしまい。

    彼のなすがままでした。

    夫とは比べ物にならない大きなペニスで今までに無い圧迫感であっさりと逝かされてしまいました。


     週末に夫が帰って来たとき、まともに顔を見れませんでした。

    罪悪感で泣きそうになるのを必死で堪えました。

    日曜の夜、夫を送り出してからすぐに彼はやってきます。

    これで最後にしてくださいと何度も訴えてますが、彼のペニスを目の前にすると理性が無くなってしまうのです。

    夢中でほおばり、中で出されてしまいます。

    真奈美の前で、夫婦のベッドで他人の男性に抱かれる異様な状況に狂喜乱舞している私がいます。


     いつしか彼は「恵子」と呼び捨てにするようになりました。

    夫のいない月曜から木曜の夜まで私たちの家で暮らすようになりました。

    夕方に帰ってきて食事をして真奈美を寝かしつけた後は、二人で手をつないで寝室へ行きます。

    そう、まるで夫婦のように。

    会社の飲み会でイタズラされて…
    会社の飲み会でイタズラされて…
    「ザーメンって知ってる?」と言ってきた女友達。教えてあげようと家に連れていったら…
    「ザーメンって知ってる?」と言ってきた女友達。教えてあげようと家に連れていったら…
    小学5年生の処女膜を頂いて1カ月。逃げる態度をとる彼女から一変、話しかけてきて…
    小学5年生の処女膜を頂いて1カ月。逃げる態度をとる彼女から一変、話しかけてきて…
    初めての子宮貫通は俺じゃなくて…
    初めての子宮貫通は俺じゃなくて…
    嫁の日記がエロすぎる…
    嫁の日記がエロすぎる…
    一人ドライブで山に行った時に知り合った男性と野外で…
    一人ドライブで山に行った時に知り合った男性と野外で…
    出会い系で出会った34歳の巨乳子持ち主婦。顔合わせだけと言って会う事にしたのだが…
    出会い系で出会った34歳の巨乳子持ち主婦。顔合わせだけと言って会う事にしたのだが…
    洗濯機が壊れ、しばらくコインランドリーに通うことに。妻の帰りがだんだん遅くなっていて…
    洗濯機が壊れ、しばらくコインランドリーに通うことに。妻の帰りがだんだん遅くなっていて…
    出会い系で典型的な欲求不満の団地妻とホテルへ…
    出会い系で典型的な欲求不満の団地妻とホテルへ…
    純君の通う大学の学園祭に誘われて行ったら…
    純君の通う大学の学園祭に誘われて行ったら…