気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談[近親相姦]   カテゴリ : H体験談[近親相姦]

    Pic00010025


    これ実話です。

    体験談を勝手に書きます。読みたい方だけどうぞ。



    自分には妹が3人いる。その中の、一番上の妹との話。

    この妹との怪しい関係は自分がまだ小学生の頃から。なにをしてたかというと、ひたすら俺がクンニ。

    フェラとか手コキをさせるんじゃなく、ひたすら妹の毛も生えていないマンコをなめていた。いや、なめさせてもらってた。

    妹も小さかったし、感じるとか濡れるって訳じゃないけど、気持ち悪くはないみたいで、なめさせてくれた。

    今思うと、なにが楽しかったんだろう…でも、小学生の妹のは毛もないし、ピンク色できれいだった。

    そんな関係をずっと続けてたんだけど、俺が精通があってオナニーを覚え、妹も少しずつ感じるようになりだしてから、自然としなくなった。

    最初は入らなかった指が入るようになったり、無性に入れたくなったりしてしまって、怖くなったのかもしれない。それ以来、何ごともなく普通の兄弟をしてた。



    それから何年かして、お互い大学生になってから、実家に夏休みに帰省したら、妹も帰って来た。

    その日の夜の話。

    妹と俺は、同じ部屋で寝ていた。一人暮らしだから部屋はないし、仕方なくというか、変に意識もせず普通に寝ていた。






    そしたら…夢で自分の彼女に手マンする夢を見ていた。でもだんだんなんか違うことに気付いて来た。

    俺の右手に温かい感触がある。なんかヌルヌルしてて、絶対夢じゃないリアルな感触。なんだ…?

    と無理矢理眠気を振り払い、今の状況を確認しようとしてみた。。。



    すると、なんと妹が俺の右手を使い、自らのマンコに導いてた。

    俺の中指と人差し指はは妹のまんこの中。

    かなり驚いた…

    と同時に寝ぼけたボーっとした状態の俺には刺激が強すぎたのか、かなりエロモードに。



    しばらく寝たふりして様子を見ていたが、指の感触がいやらしくて、しかも妹のって考えたらムラムラ…。

    しかも、動きに合わせて「あっ…んっ…」って、今まで聞いたことない声を押し殺しながら出してる。

    当たり前ながら今までないくらい勃起していた。



    そこで我慢しきれなくなり、指を少し動かしてみると…!

    「あっ!」

    ってかなりの反応。

    こういう声を押し殺しながらも、出てしまった声が異常に好きな俺。しかも妹の。

    Pic00010014


    オレは27歳。

    7年前に母親が死んでオヤジと二人暮らしだった。

    5つ上に兄がいるが転勤で関西に住んでいる。

    2年前、急に11歳下の妹が出来ることになった。

    オヤジが再婚した。

    当時妹は14歳。

    (ちなみに新しい母は今年40、オヤジは49だ)

    再婚当初、オレは「妹」というのがどうもピンとこなかった。

    次男坊で25年生きてたからね。


    逆に妹は一人娘だったのにいきなり「兄」が出来て、オドオドしていた。

    初めて会ったときには「あ、かわいいな」と思った。

    正直、そう思う。

    ネコ顔でやわらかそうな淡い色の髪をポニーテールでまとめてて。

    背は小さいけれど太ってもいない。

    そして、中学生にしては豊満なバストをしていた。

    オレは「おっぱい星人」なので、目の前の「妹」に激しく反応しなかせらも、心のどこかで「ウソだろ、こんなのはエロ小説の中でしかない話だ」と思っていた。

    だが、話はまさにエロ小説のように進んでいく……



    妹は厳しく育てられていたせいか、最近のバカ厨房や工房と違って品行方正だった。

    最初、オレのことを「あの……」とか呼んでいたが、「兄ちゃんでいいよ」と言ったら、ものすごく嬉しそうな顔をしたのをよく覚えている。


    オレは仕事とは別に下手の横好きでバンド活動をやっていて、部屋にはキーボードやらギターやらMacが積まれていたのだが、ある日、妹が某バンドのファンだということがわかり、妹の好きだという曲を軽く弾いてやったことから一気にうち解けたように思う。

    Pic00010030


    「いってくるー」

    「いってらっしゃーい」

    玄関の閉まる音。雪尋がバイトに行った。

    「…はぁ」

    どさっ、とソファに寝そべる。その音が響くほど、家の中は静かだった。

    お父さんは仕事、お母さんは買い物、そして雪尋はバイト。今この家は、私一人だった。

    だからといって、何かをする気力もない。テレビをつけるのも面倒で、そのままぼーっと寝転んでいた。

    そうしていると、自然に思い浮かぶ事。



    雪尋の、こと。



    (暇つぶしに弟を思い浮かべる姉って…なんだかなあ…)

    そう思いつつも、イメージは勝手に組みあがっていく。



    悪戯っぽい笑みを浮かべた雪尋。何かからかおうとする時は決まってする顔。だからわかりやすいのだけど。




    しどろもどろになって慌てる雪尋。悪戯するのは好きな癖に、あたしがちょっと乗ってやるとすぐにあたふたする。全く、可愛い奴め。

    怒った雪尋。笑った雪尋。「仕方ないな」という顔をして、いつもあたしの我が侭を聞いてくれる雪尋。



    大好きな、雪尋。



    ああ、どうしよう。

    ついさっき、送り出したばかりだというのに。



    あたしはもう、雪尋に会いたくなってる。



    バイト場に行こうかとも思ったが、それはさすがに迷惑だろうから却下。

    だから、雪尋の部屋に行くことにした。

    Pic00010013


    先週の日曜日に妹と映画を見た。

    朝九時くらいに妹に起こされた。そそくさと着替えてから軽い朝食を済ませ、俺はバイクを出し

    二人乗りでTSUTAYAへ行った。妹が前から見たがっていた『ゼブラーマン』と、俺が見たかった

    『実録新撰組』を借りてきた。

     一度家に戻り、ヘルメットや借りてきたDVDを居間に起き、妹と近くのコンビニへ行った。

    俺は三週間ぶりの休みで、家でゆっくり過ごせると思い、ビール数本とツマミを、妹にはジュース

    とお菓子を買ってあげた。最近部活を頑張ってるらしい妹は、普段お菓子などを我慢してるみたいで

    今日はここぞとばかり買っていた。

     家に帰ってから、妹は手早く飲み物やお菓子をテーブルに広げ、『ゼブラーマン』をセットし、

    「兄ちゃん早く〜!」とグラスや氷を用意している俺を急かすように呼ぶ。お昼くらいから見始めた

    『ゼブラーマン』は意外に面白くて、二人とも笑いながら見ていた。ビールも一本二本とすすんだ。

    映画が終わり俺はトイレへ行った。戻ってきてテーブルに置いていたビールを飲もうと缶と持つと

    カラになっていた。まだ二口程しか飲んでいなかったのだが。ふと横を見るとのぞみがニコニコしながら

    こっちを見ている。

    「お前飲んだのか?」




    と聞くと

    「うん。ちょっとだけ。でも・・・ビールってマズイんだね〜」

    と言って舌をペロッと出した。

    「お前、未成年だろう。前にも飲んだ事あるのか?」

    とタバコに火を点けながら聞くと

    「ないよ〜!初めて飲んだ。兄ちゃんがすっごくおいしそうに飲んでたからさ〜。ちょっとだけ」

    俺がトイレへ行ってる三分くらいの間に、二口くらいしか飲んでいない500ml缶を

    全部飲んだのかと呆れながら「もうダメだぞ」と言って冷蔵庫からビールを出した。のぞみにはグラスに

    ジュースを注いで出してあげた。

    「ごめんね。あたしお兄ちゃんと会うの久しぶりだったし・・・」

    ぼそぼそと言っている。

    「いいよ。それより『新撰組』見るか?」

    テーブルを片付けながら聞く。

    「ん〜ちょっと休憩〜。っていうか時代劇じゃん」

    そう言いながら片付けを手伝ってくれている。

     二人でソファに座りながらいま見た『ゼブラーマン』の話で盛り上がる。こういう子供特有のはしゃぎ

    かたは中学三年になった今も変わらない。

     新しいタバコに火を点ける。一口吸って、いつもどおりふぅ〜っと煙を吐く。ふとのぞみを見ると俺の右手

    を見ている。いや、タバコを見ていた。

    「どうした?」

    「う〜ん、タバコっておいしいの?」

    俺の右手に視線を落としたまま聞いてくる。

    「おいしいね〜。社会人に特に」

    ビールを一口飲む。これもうまい。すると

    「ね、一回だけタバコ吸って見てもいい?」

    俺の顔を覗き込みながら聞いてきた。 

    「だめだめ。酒もタバコも大人になってからな。ってか女の子はタバコ吸っちゃだめ」

    タバコを消し、残ってたビールを飲んで缶を捨てる。俺もグラスを出しお茶を注いだ。

    「どうしたんだ、今日は。いきなりビール飲んだりタバコ吸いたいって言ったり」

    体をこっちに向けてお菓子を食べながら

    「ん〜別に・・・ちょっと大人の気分を味わってみたかっただけだよ」

    そう言いながらグラス俺に突き出す。お茶を注いであげながら

    「大人のって・・・。お前普段は大丈夫か?吸ったりしてないよな?」

    「吸ってないよ〜」

    そう言いながらテレビの方を向く。気のせいか今までより声のトーンが低い。

    「いいか?とにかく酒はもうだめだからな。まだ子供なんだから」

    「・・・」

    返事が無い。

    言い過ぎていじけたかなと思いながらも俺もソファに座って、テレビのリモコンをとる。

    「テレビ見ようか」

    スイッチを入れる。

     ドラマの再放送にワイドショー、バラエティー番組とチャンネルと替えながら、チラッと

    のぞみを見る。膝の上に顔を乗せ、前に組んだ腕の指先辺りに視線を落としている。俺の視線に

    気づいてはいるだろうが、なんとなくのぞみがいじけてる様に見える。しばらくテレビを見て

    いたが、急に黙り込んでしまったのぞみとの空気が気まずくなり

    「どうした?」

    肘でのぞみの肩をつついた。

    「・・・」

    「・・・いじけてんのか?」

    「・・・」

    「・・・なんかあったの?」

    全く反応が無い。

    俺はまたタバコを吸いながら、斜め前に膝を抱いて座っているのぞみの横顔と

    テレビを交互に見ながら、吐く煙にため息をのせた。

     お茶を取りに立ち上がったとき、のぞみが俺の方に少しだけ体を向けた。目の端で俺の膝辺りを

    見ている。俺も一瞬動きを止めて

    「ん?どうした?」

    少し柔らかい口調で聞いた。が、のぞみはゆっくり首を横に振ってまたさっきと同じ体勢に戻った。

     冷蔵庫からお茶と紅茶を持ってきて横に座り、テーブルからのぞみのグラスを取り紅茶を注いで渡すが、

    下を向いたまま受け取ろうとしない。

    「ほら・・・」

    グラスを顔の前に突き出すが首を横に振る。少しのぞみの横顔を見て、グラスをテーブルに戻そうと

    体を動かしたとき、俺のジーパンの裾をのぞみが摘んだ。 

    「・・・ちゃん・・・な・と・・・いる・・・?」

    聞き取れない小さな声で何か言ってきた。

    いつもは凄く元気なのぞみの、今はとても弱々しい声に少し戸惑いながら

    「・・・ん?何?」

    そう聞き返しながらテーブルに置きかけたグラスを自分の方へ戻し一口、ゆっくり飲んだ。またテレビの

    音だけになったが、すぐに俺の方に顔を向け、少し震えた消えそうなか細い声で

    「・・・兄ちゃん・・・好き・・・な人・・・いるん・・・だよね?」

    目を合わせたり反らしたし、落ち着かない表情で、少し泣きそうな顔でそう聞いてきた。

    なぜか胸の奥が、ほんの少しだけ、痛みに似た苦しさを感じた。

    なぜかはわからない。不意に感じた苦しさだった。

     のぞみは今まで俺にそんな顔を見せた事はない。初めて見たのぞみだ。またうつむいてしまったのぞみを

    見ながら、いつもと違う、違和感を感じる喉から声を押し出した。

    「・・・ん?なんで?」

    声がおかしい。かすれている。

    また沈黙になった。

    俺はたまにのぞみを見ては、どこを見るでもなく床に視線を落としていた。

    一つわざとらしくなってしまった咳払いをして

    「・・・どうした?」

    そう聞いて紅茶を飲み、グラスをテーブルに置く。カコッと乾いた音と同時に、のぞみはゆっくり顔を

    上げ、涙ぐんだ目で肩越しに俺を見て

    「・・・前に・・・付き合ってた人の・・・こと、・・・まだ・・・好きなの?」

    今度はまっすぐ俺を見ている。

    さっきとは違う痛みが胸の奥でする。

    確かに半年くらい前までおれには彼女がいた。二年程付き合っていたが最後はグダグダで、あまり良い別れ方

    ではなかった。たまに思い出すが未練を持つこともなかった。だからは好きだと言う感情どころか、むしろ

    最近は忘れていた事だった。

    Pic00010010


    ネット通販で母の名前でバイブを注文したら3日後に宅配便で届いた。

    俺は通販の箱を知らん顔してテーブルに置いて母が仕事から帰るのを待ち、

    開封する母を観察した。

    帰宅した母はすぐに包みに気がつき不思議そうな顔をしながら開封したが

    中身を見てすぐに包み直して自分の部屋へ持って行った。



    それから数日はいつもと変わらない日々が続いたが、

    1週間後から時々モーターの音が母の部屋から聞こえた。

    俺は気付かない振りをしながら母と接していたが、

    母の留守中に母の部屋を物色していたら下着の入った引き出しの奥に

    俺が注文したバイブがハンカチに包まれて入っていた。

    バイブは既に酸っぱいニオイがしていてあきらかに生で使ってると思うと

    異常に興奮した。



    その夜もモーターの音が聞こえてきたのでこっそり母の部屋を覗いて見たら




    「ハア!ハア!」と息を殺しながらベッドに横たわり、全裸で足を広げ

    大きな乳房を揉みながら股間にヌルヌルに濡れ光るバイブを

    抜差ししている母の姿があった。

    それから毎晩、母は同じ事をしていた。



    ある日の夕食後母に「最近変な声が夜中に聞こえるけどどこか具合が悪いの?」

    とトボケて尋ねたら母は少し慌てて「どこも悪くないよ」と答えた。

    「もしかしてお母さんもオナニーしてる?」と

    思いきって聞くと母は黙ってうつむいたままになった。

    「ヤッパしてるんだね」と言うと真っ赤な顔をした母は黙ってうなづいた。

    「お母さんのオナニー見てみたいな。ねえいいでしょ?お願いだから見せて」

    と甘えた声で何度も何度も頼み込んだ。

    母は黙って自分の部屋に入って扉を閉めた。

    俺はがっかりしながらも諦めずに次の手を考えていたら

    「いいわよ。入って来なさい」と母の声が聞こえた。



    俺が扉を開けると真っ暗な部屋で全裸の母がベッドに横たわり

    両手で乳首を隠していた。

    ピッタリと閉じたムチムチしたふとももの付け根には黒々としたヘアが密生していた。

    「1度だけよ」と言うと母は乳首を隠した両手でそのまま豊かな乳房を揉み始めた。

    しばらくすると息づかいが荒くなり始め、両足を立てるように開くと

    片手が茂みに伸びた。

    Pic00010028


    俺が中学3年の時の夏休み中、遠方に住む親戚で不幸があって両親が3日間ほど留守にすることになり、俺は左ヒザと左足首に障害があるために迷惑がかからないようにと福祉専門学校に通っているK姉さんと一緒に留守番をした。


    俺とK姉さんの2人で留守番をすることになった時、最初は母親が心配して「本当に大丈夫なの?」と聞いてきたが、K姉さんは「心配しなくていいわよ。

    M君(俺)は無理をするようなことはないし、何かあっても私が学校で習っていることをすればいいんだから」と言って2人で留守番をすることになった。




    K姉さんは俺より5歳年上で実の姉ではなく、俺が5歳の時にK姉さんの父親と俺の母親が再婚して一緒に住むようになったのだ。




    両親が親戚のところに行くために外出した後、1日目は何事もなく過ごして夜9時すぎには各自の寝室で就寝した。


    しかし、2日目の早朝(5時半ごろ)、トイレに行くために目を覚ますとK姉さんが俺の横で添い寝をいていた。

    (俺は障害の関係で使いやすいようにベッドはセミダブルを使っていた)

    少しびっくりしながらもトイレに行って戻るとK姉さんが起きていて「おはよう」と言ってきた。


    俺が「どうしてこの部屋にいるの?」と聞くと「M君が寝ている間に様子を見に来たんだけど何回も部屋を行き来すると起きるかもしれなかったから…それに前は一緒に寝てたでしょ」と言い、少し話をしてK姉さんが「朝食を準備するね」と言って部屋を出た。

    Pic00010015


    何年か前に離婚したあと、おもしろ半分に娘にちょっかいを

    だしたら意外にも嫌がらずにいたので、何度か一緒に風呂に

    入るたびに指でいかせてやったらそのうちにチンポをしごいて

    くれるようになった。



    それ以降は毎晩一緒にベットに入り、寝る前にえっちなことを

    していた。小5の頃から濡れるようになってきたので、とうとう

    やってしまった。1ヶ月くらいは出血したり痛がっていたのだが

    しばらくすると慣れたようで声をだすようになり6年になる頃には

    いくようになった。




    それからは自分から腰を振る始末で、かなりの締め付けに

    ヒクヒク感が加わって絶好の状態。オジサンとなった私には




    こらえきれないのでまだ生理がないのをよいことにずっと

    中だしをしていたらできてしまったようだ。



    気分が悪いというので12月の中頃に近くの医者に連れて

    行ったがちっとも良くならないので、しょうがない、正月前に

    病院にいったら妊娠してるとのこと。まだ初潮前なので

    間違いだと言ったら初めての生理の前にも1度排卵が

    あるからといわれ、絶句してしまった。



    冬休みの間におろす予定だが、その前に毎日昼間から

    やりまくっている。







    悪いのは承知です。こんなことして親だなんて言えないですね。

    っていうか、初潮が来たらちゃんと避妊しようねって娘とも話し

    合ってたんですよ。いちおう、娘を愛してますから・・・



    娘は小学校を卒業したら田舎に引っ越して誰にも判らないように

    産みたいといっているので、今、フレンズという昔の映画の

    原作本を読ませています。それでどうするかよく考えるようにと。




    やっと娘の卒業式がすんだ。それに娘も実質オトナである。


     

    Pic00010006

     
    姉とエッチしたいと思ってもう数年が経ったが

    ついに姉とエッチできた!

    しかも姉の方から誘わせた!

    とりあえず俺20姉24ね

    チキンだから俺の方から誘う事はできなく

    そこでどうしたらエッチしたい事をアピールし姉のほうから誘わせるかを考えていたんだ。

    そんなある日気付いてしまった

    俺は普段から家ではパンツとシャツだけしか着てないんだが

    このパンツだけの状態で胡座をかくとなんと隙間から息子が見えるんだ!

    すごい時なんて隙間からぽろんっと出る事すらある。

    俺はこれを利用した

    勿論普通に座っただけじゃ息子は見えない

    コツは出来るだけ股を開いて胡座をかくこと。

    足とパンツとの隙間を出来るだけ作るのがポイントね

    まずは飯食う時とか親には見えないように姉の方から見えるようにいつもしていたんだ




    やべぇ!!

    まじやべぇって!

    妹やばい!

    こんな締まる女始めて!

    やや遅漏気味な俺が五分もたなかったぞ?

    妹も安全日だとか言うからすげぇ興奮して、中出し二回した。

    なんつーか、未だ興奮冷めなくてすげぇやべぇ。

    後でヤった時の様子思い出しながら書くよ!!

    なんかまだムラムラすんですけど!?

    このスレ最高!




    リクエストもらってないんですが、勝手に書かせていただきます。

    文が下手&練りなれてないので、長々となってしまうかと思いますが、何卒ご容赦下さい。






    今日は自分が仕事を有休で休みを取っており、妹は何故か家にいました。

    大学ってまだ始まってないのかな?よくわかりませんが。

    自分は22、妹は19です。

    親は仕事でおらず、祖父母もたまたま旅行に行ってました。

    弟もいるのですが、高校に行ってたみたいです。

    居間にいた妹と会話しながらだらだらとテレビを見ていたのですが、妹が肩こりやすいらしく、肩がだるいと言うので揉んであげる事にしました。

    揉んでみるとたいした事なかったんですが、気持ちよさそうだったので、だまって揉んでました。


     

    Pic00010016


    私が母と関係を持ってから、もう6年近くになります。

    当時、私は大学受験に失敗して浪人中でした。

    世間では夏休みですが、浪人中の私には休みもなく、受験の追い込みでは予備校に通い1日 12時間以上勉強をしていました。

    母は中学の教師をしており、夏休み中ですが、ほぼ毎日学校に出かけていました。

    その頃 私は、受験勉強のストレスもあり、以前にも増してオナニーの回数が増え、予備校をサボってはオナニに耽り、オネネタの映像だけでは物足りず、下着を盗んだり、風呂場を覗いたりなど自分では制御できなくな私が母と関係を持ってから、もう6年近くになります。




    私が母と関係を持ってから、もう6年近くになります。

    当時、私は大学受験に失敗して浪人中でした。

    世間では夏休みですが、浪人中の私には休みもなく、受験の追い込みでは予備校に通い1日 12時間以上勉強をしていました。

    母は中学の教師をしており、夏休み中ですが、ほぼ毎日学校に出かけていました。

    その頃 私は、受験勉強のストレスもあり、以前にも増してオナニーの回数が増え、予備校をサボってはオナニに耽り、オネネタの映像だけでは物足りず、下着を盗んだり、風呂場を覗いたりなど自分では制御できなくなり、とうとう警察に捕まってしまいました。

    それも数回目に 母が迎えにきて もう絶対にこのようなことはさせないと 母が土下座して何とか返して貰いました。



    母と自宅に戻り、母からこんこんと説教されるのと思っていましたが、母の口から出た言葉は耳を疑うもので、我慢できなくなってどうしようもなかったら、お母さんがしてあげるから、絶対に今日のようなことはもうしないで』という言葉でした。

    その言葉が終わると同時に母の手は私のチャックを下ろし、ペニスを扱きはじめ、私が呆然としていると、勃起したペニスを口でしゃぶり始め、その気持ち良さに、私はすぐに射精しましたがその精液を飲み込み、何度も何度も私の生気を吸い取って行きました。

    翌日からは、ほぼ毎日のように母に行為を求め 母の手、口で逝かされました。

    母が布団に入ると、私もその中に潜り込むと、ごく自然に母は私のペニスを扱き、勃起したペニスを咥え込んでくれます。



    回数を重ねて行くうちに、私も余裕ができ、豆電球の光に写った 母の紅潮した顔、私のペニスを頬張り、舌で舐めまわす時の厭らしい表情がなまめかしく、母に対する違った欲望がむくむくと芽生えてきました。
     


    Pic00010024


    ここで妹と二人で温泉に行ったときの話しをしたら食いつくやつはいるのか?



    もう誰も聞かんと思うが、この春に妹が高校卒業記念&免許をとったからってんで

    せがまれて温泉につれてったんよ。妹の運転はあまりうまくないが

    まあ楽できたよ、うん。いつも運転させられてたからね。

    で、山梨の某温泉についたんだけど、オレとちょっと年が離れていたせいもあって

    「家族風呂はいかがいたしますか?」なんてきかれちまったんよ。

    したら妹が「はい!」って。オイオイちょっと待てよと。




    で、部屋に行って「なんで家族風呂なんてとるんだよ」「だって一緒に入るなんて


    Pic00010017


    妹が風邪をひいて家で寝ていて様子を見に行ったら、「座薬を入れてよ!熱が下がんないから!」

    と言ってきた。親に言えや!と返したら母親は今いない。親父には見られたくない。という事らしい。

    妹は後ろ向きに四つん這いになってその下は見るな!と半分ケツをペロリとだした。

    ロケット型の白い座薬を妹の※にゆっくりと入れる。



    だが、直ぐケツの力で這い出してしまう。奥まで入れろ!と言われ、汚ねぇから触れねぇーよ!

    と切り返したら、引出しからコンドームを1つ渡し「これで!」と。

    指に不自然にそれをハメると妹は何度も絶対に変な事するなよ!絶対に変な事するなよ!

    と言いながらもう一度四つん這いに。オレは無心でゆっくりと奥まで一気に入れる。

     

    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ