気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談[ギャル・ビッチ]   カテゴリ : H体験談[ギャル・ビッチ]

    kimamamh4150071


    巨大SNSサイトのmix◯で暇だから女探してたわけ

    でもビッチばっかだから暇で同級生探すことにした。

    そしたら昔デブだった子がまじで可愛くなってたわけwwwwwすぐメッセ送った

    そしたら誰ってきたwwwww

    存在薄すぎワロタwwwwwwwwwwww

    だからクラスと名前言ったら覚えててくれた

    それにしてもかなりタイプ、ゆうこりんがサバサバした感じ

    デートに誘ったけど忙しいらしく同級生集めてプチ同窓会した

    事件はおきた

    スペックまだだったなwwwww


    ゴリラってあだ名

    元野球部

    騒がしいらしくみんなから人気ある

    風俗通い




    ゆうこりん

    元デブで今はキャバ嬢

    かなり可愛い

    誰が見ても可愛い

    最初はみんな久々だねーって感じで話してた

    でもゆうこりんすげえ呑むし呑ませてくる

    俺気持ち悪くなって吐いた

    ゆうこりんにち◯こ見せたら怒られた泣いた

    他の女は汚いーキャーキャーって感じだったビッチ死ねよ

    ゆうこりんは包茎かよって言ってた

    でもゆうこりん男女からすげーモテモテだった俺のじゃなくなった気がしてイライラしてたんだ

    そしたらスカウトやってる男に口説かれてた、しかもこの男俺の親友

    本気で泣きたかった帰ろうとしたけどエロ展開なきゃ来た意味ないじゃん?

    頑張って空気にたえたよ

    みんなのテンションがMAXになってきたとき王様ゲーム始まった

    ちなみに知り合いの店だから貸し切りになってたわけね

    王様ゲームって王様が下僕に命令言うじゃん?みんな一気とかするじゃん?

    でもゆうこりんは違った

    ゆうこりん『1番と5番キスから行こっかー』

    !?

    !!!

    この人は本物だと思ったよ

    ちなみにゆうこりんのせいで俺は男とキスをした

    命令したゆうこりんは携帯を弄って見てくれてなかった

    次から調子のった男がキス命令連発していた

    違う!俺がしたいことは違う!

    ゆうこりんがまた王様になった

    2番3番ディープキス!

    また俺が男と熱いキスするはめになった

    次は俺が王様だったとりあえず番号指名とキスって言ったらゆうこりんとブスな女だった

    ごめんねって言ったらいいよ言ってくれた天使!!

    ゆうこりん女の頭抑えて自分からしてたそのとき谷間見えてちょっと勃起した

    もうねこの女に抱かれたいと思ったよ

    だけど俺の経験は1人

    みんなキスばっかで飽きてきたときにゆうこりん王様ktkr

    次はおっぱいマミマミだった

    kimamamh4150073


    あおいちゃん(26歳・アルバイト)は、笑わせてくれる面白い人を募集してたんですよ。

    俺、こういうの、得意かも。

    とりあえず、ハイテンションなギャグ満載のアプローチメールを送ったところ、早速なびいてくれました。




    すかさずもういっちょギャグメール。

    写メもつけて。

    そしたら間髪いれず返事が。

    あっちも写メつけて。

    ふっふっふー。

    これはいけるパターンですね。

    3度目はシモネタを織り込んで電話にさそったら、「ウィウィ、ムッシュ」だってさ。

    ここまで2時間っす。

    楽ねぇ?。

    やっぱこうこなくっちゃね?。




    電話でも相変わらずバカかましつつ、どんどんエロい方へ。

    すっかりいいムードになったところで、あおいちゃんの方から、遊ぼうよって誘ってきたのでした。

    これは即日お持ち帰りでいけそうって思ったんで、家から近い天王寺でお好み焼きを食べることにしたのでした。

    まぁ、自分が食べたかったのもあるけれど。




    翌々日、約束どおりやってきたあおいちゃんは、かわいい系。

    お肉はちょいついているかんじやけれど、一応でるところは出てて。

    山瀬○みさんにちょい似かな。

    俺的には十分合格点っす^^



    ミックスモダン2玉と野菜炒め、それにモロキュウと枝豆にビール2杯ずつ。

    たっぷり食べて、さてこれからどうする?ってきいたら、どうしようって言うんで、「うち来ない?近いから」って誘ってみました。

    そしたら、「それ、いいかも」って即答。

    おいおい、あおいちゃんよぉ?、それって誘ってくれるの、まってたんじゃんw


    kimamamh6100221


    スペック:金髪の家出少女。

    身長は150cmくらい。ややぽっちゃり。好きなタイプww





    いつものようにで漁ってたら「すぐ会えます?」と返答

    期待半分疑い半分で新宿で待ち合わせ

    かよこは異常にでっかいバックを持って、もうすぐ夏なのに

    ジャケットを羽織り、下はホットパンツ、裸足にスリッポン

    という格好だった

    聞くと彼氏が追われているので、家出して逃避行してるらしい

    彼氏はホストだったが、店の金を使いこみ、ボコボコにされ

    てずっとヤクザに追われているとのこと

    今は別々に逃避行してると。

    そんなベタな話あるのかよwww

    「ずっと何も食べてないからお腹減って…」というので回転



    kimamamh6100042



    笑わせてなんぼ。

    大阪だからかな?俺はギャグ100連発で落とす場合がけっこう多いっすね。

    俺なりのパターンがあるんですが、まぁ簡単にいうと、いやまてよ、簡単にいえませんな。

    どうやって笑わすかって説明するのって難しい。




    めぐちゃん(19歳)は中3のときに初めて付き合った大学生の彼氏に処女を奪ってもらったものの、2ヶ月で破局。

    以来、高校を卒業するまで8人の男と付き合っては別れを繰り返していたのでした。

    高校でたてで、8人とはね。

    多いよね。

    ほれやすくて、冷めやすいってやつ。

    そんでもってエッチも好きときているから。

    男にとっては都合がいいっていえばいい。

    最近は短大から帰って、新しい彼氏、あるいはヤリ友を探すのが日課になっていたそうです。

    彼女いわく、同年代の男はおぼこいんだって。

    幼稚っていうか、恋愛もエッチの対象にもならないそうですわ。

    最初の電話は2時間。

    普通の話から入って後半はフェラの話。

    2回目の電話は最初からフェラの話で3時間盛り上がり。

    3回目はベッドで実践ってパターン。

    『パイレーツ・オブ・おにゃらら』が見たいな?っていうもんだから、じゃー俺んちで見ようよ、俺もみたいからってことで誘ったのでした。

    まぁ?、映画をみるのはあくまで口実ですがね、いつものパターンです。




    時間より1時間遅れてやってきた彼女は、送ってもらってた写メとはぜんぜん違う顔立ちでした。

    正直、あんまりかわいくない。

    ちょっと下膨れで、スタイルは小太り。

    胸はAかBカップってかんじ。

    確かに写メは実際よりかわいいし、スタイルもよくないからっていってたんでウソをつかれたわけじゃーないけれど。

    ちょっと期待してたので・・・。

    でも、ぜんぜんOK。

    そんなことにはひるまないニックなのです。

    エッチはハートっす。

    気持ちよくなりたい、気持ちよくしてあげたいって気持ちが大事っ。


    kimamamh6100433


    私が就職して2年程たった夏の話です。

    当時まだバブルの余韻が残っていた頃で、俺はクレジットカードを

    使いすぎて借金の残高が60万くらいになりました。、

    度々返済を滞らせるようになり、返済の催促のTELが

    会社にもかかってくるようになった。

    仕方なくお盆休みに有給休暇を加えて長めに貰い、

    短期で時給の良いアルバイトを探す事にした。




    そして、とある高原の観光地にある会員制リゾートホテルに住み込みで

    働くことになったのです。

    現地に着き、ホテル近くの寮に案内された。

    社会人で東京から1人で来たのを気遣ってくれたのか、

    和室2間の部屋を個室として与えてくれた。




    仕事が終わると寮内では各グループ毎に部屋に集まり、飲んで騒いでました。




    3日目の夜、仲間の部屋で飲んでいた俺はトイレに行こうと廊下を

    歩いていると「S美、大丈夫か?」、「しっかりしろ!」

    という男の声が聞こえてきた。

    トイレ前には廊下に横たわってピクリとも動かない女の子と

    屈みこんでいる男が。 地元の若い連中のグループの椰子らでした。




    私「どうしたの?」

    男「飲みすぎたみたいで・・・」

    ただオロオロする男を横目に

    私「彼女の部屋分かる?」

    男「あ、はい。」

    私「取りあえず、運ぼう。」

    彼女を抱き上げ、部屋まで運ぶ。

    階段を上がる際、何度か持ち返る振りをして左手で太ももを、

    右手で乳房をまさぐってました。

    「あれ、でかいな、Dくらいありそうだ。」


    kimamamh5260364


    会社の先輩と変態バーに行ってきたwwwwwwww

    先輩Fさん都内信用金庫事務方

    43才彼女いない歴=21年

    趣味風俗

    4月のある日Fさんから電話が入る

    F『よー、俺お前の支店に異動することになったからな』

    俺『そうすっかなんかうれしーな(棒)』

    F『だからよ、変態バー行こうぜ』

    相変わらずJapaneseが苦手なFさん

    F『今日よ仕事終わったらラブメールすっからよ、じゃあな』

    18時にメールが来た

    『新宿20時集合』

    文章も苦手なFさん

    俺『集合場所書いてない、

    5W1Hで伝えるのが原則だと思います、やり直し』




    ちなみに俺はこの春めでたく営業課長代理

    Fさん主任

    課長代理>>>>係長>>>>主任

    要するに命令できる立場www

    その後数回の添削の末、

    新宿区役所前のバス停に21時集合となった

    社章は外してくるように言われた

    バス停の前に待っていると…黒いワンボックスが止まった

    パワーウインドが下がりFさんが顔を出し

    F『早くのれよ、後ろつかえるから』となかば強引に車に乗せられた

    いやな予感がした

    俺『運転している人ってひょっとして…』

    F『違うよ、クルル今捕まっているんだよwww裏風俗がばれてさwww』

    F『今日は凄いぞ所謂インターネットだなwww』

    多分インターナショナルとインターネットを掛けたのだろう

    F『…で世界の変態が集まるとこに行く、所謂変態のダーマ神殿だな』

    お前が本当に転職して欲しいwww

    何て言っているうちに雑居ビルの前に車は止まる

    F『今日はガクガクになるまで抜けるからなwww』

    見るからに怪しい扉の前に立ち腰を振りながら無邪気に笑うFさん

    インターホンを押し

    F『ブラックフランクです』

    とHNを伝えるとチンピラみたいのが出てきてメモを受けとるF

    F『上の◯号室だ行こうぜ』とムーンウォークで廊下を歩く

    何となくはしゃぎっぷりがダメな感じだ

    ◯号室に着くとすでに嗅ぎなれない臭いがする

    控え室らしき所に通され

    バスタオルを腰に巻いて待つわれら変態探偵団

    壁を見ると

    新人情報

    『サバンナのゆきりん、ロシアの優子、本日初出勤!!』

    Fさんに新人情報のイミフを糺していると

    アフロヘアーの何者かに拐われるFさん

    多分だwww

    俺は優子と名札の付いた白人に

    いきなりビンタされて!?って顔しているとキスをされた

    スゲー涎のキス

    俺は焦りまくり『スパシーバ、スパシーバ』と言ってみたが全然通じてない

    俺『ミグ、ヤコブレフ、ボルシチ、…』知っているロシア語を言ってみたが

    優子『ЕИХ…ЁШБЗ…』

    全くわからないwww

    優子はいきなり愚息をくわえてきたwww

    外人のフェラはイヤらしいなwww唾液と鼻息とすごいんだよ、

    あっという間にいきそうになる俺、

    哀しいかな『イく』とロシア語で言えない俺

    俺『アーアー、ゴー、マイサンゴー』果てた

    優子はしりを向けてきた

    優子『オニイサン、ナターシャのまん◯、いれる』



    ナターシャのまん◯は綺麗だったが…

    チーズがひっくり返った臭いがする、絶望的な満臭だった

    俺『マイサン、ノースタンダッ…』

    Fさんに貰った漢方のお陰でマイサンはギンギンだった

    優子(ナターシャ)はマイサンにゴムをつけ勝手に騎乗位を仕掛けてきた

    外人のまん◯って緩いと思うだろ、あいつら締めたりするんだよwww

    あっという間に逝った

    三回逝かされたwww

    確かに腰がガクガクになった

    優子(ナターシャ)とベッドでチチクリあっていると隣の部屋から『おー、スゲー』

    『ハンパネー』

    と声が聞こえてきた

    よく考えると変態バーなはずだ

    ナターシャと隣の部屋に行くとFさんがサバンナのゆきりんにビンタされていた

    そばにいた他の客に聞くと、サバンナのゆきりんはドS

    Fさんを痛く気に入ったらしくこれからサバンナ調教をすると言うことらしい

    すでにFさんの口許にはキュートな猿轡が咬まされていた

    優子(ナターシャ)が拙い日本語で『』と伝えてくれたwww

    Fさんは地主だwww止めないと大変な事になるが

    優子(ナターシャ)がまたフェラをしてくれたのでやめたwww

    Fさんはすてねこみたいな瞳でこちらを見ているが、

    優子(ナターシャ)のフェラのせいで動けない俺

    優子(ナターシャ)三回目の合体中に変な歌が聞こえてきた

    どうやらサバンナ調教の開始だ

    Fさんの背後に浣腸を構えたゆきりん(アフロ)

    Fさんもやっと事の真相がつかめたらしく暴れ始める

    すると何かの拍子か手錠が外れ自由の身になった猿轡さん

    ゆきりんから逃げようとするFさんは床にあったタンバリン

    (サバンナ調教の小道具)で転んだと同時に俺射精www

    Fさんはパニクリ一番やってはいけないことをしてしまった

    ゆきりんを押し倒し挿入しようとしたwww

    ゆきりん『らめー』www

    キレたFさんはお構いなしに腰を振る

    まぁレイプですな

    ゆきりんの悲鳴は段段あえぎごえになってきた

    Fさん『サバンナ、サバンナ、サバンナのピストンはどうなんだ?』

    ゆきりんは熱いキスで答えた

    2人の夏物語は10分で終わった

    Fさんが昇天したあと拍手喝采であった

    終電も近いので店を後にしようとした時に

    サバンナのゆきりんがFさんに抱きついていた

    kimamamh5260212


    大学生時代、とある趣味を通じて知り合った札幌在住の3歳年下の女17歳がいた。

    初めて旅行に行った時に会ったがまぁまぁ可愛かった。

    当時真面目でカタブツな彼女がいたが、その子はギャル系。

    おっぱいでかいし可愛いし、何より18歳とは思えないエロさがあった。

    その時は彼女いたし、何より彼女が大切だったし。

    他の女抱いて快楽を求めようなんて考えは全くなく、何もせずに別れた。




    実は二人で会っている時、彼女から電話がきたんだ。

    女の感ってすげーのな。

    マジビビッたわwなんとかごまかし、その場をやり過ごす。

    翌日以降、いけないとは思いつつも心がワクワクしながら旅行中もその子とずっとメールを続けながら半年がたった。

    正直、気になり始めていたんだと思う。

    それからと言う物、彼女との些細なケンカが続きほとほと飽き飽きしていた。

    それから約半年後、オレは彼女と別れた。

    その時も17♀に相談したり、向こうに彼氏がいたがお互いの恋愛の話をしながら時折連絡を取っていた。




    もともと17♀は母子家庭で育ちが悪く、ヤンキー仲間が非常に多い事から高校を退学になるほどのやんちゃぶり。

    必然的に彼氏にもDQNが多く、毎度毎度(とは言っても3ヵ月~半年周期で変わるw)苦労をしていたようで不憫でならなかった。

    そんな中で知り合った彼氏A、どうもこれがまたいい」奴でなんだが相当なバカ。

    自分がギャンブルで作った借金の数百万をギャンブルで返そうとしてまた借金を増やす大バカ野郎。

    オレと同い年らしいが高校を出ておらず、ススキノでホストをやってはバックレ、バイトを始めては店で店長とケンカしてクビ。

    それでも17♀は本気で惚れていて、助けてあげて厚生させて一緒になりたかったようだ。

    借金を返す為にキャバクラでバイトをし、コツコツと働いて返していたそうだ。

    ここからがそのバカ彼氏Aの真骨頂なんだが、その減った借金を返す為に頑張って増やしたそうな。

    それから約半年後、もともとバイクが大好きだったオレは学生最後の思い出作りの為、北海道ツアーを企画。

    大学の気の会う仲間同士で約2週間の長旅に出かけた。




    船で上陸したライダー、長距離トラックさんならわかると思うがフェリーだと苫小牧、函館あたりがメイン。

    オレは函館に上陸。

    フェリーで到着した最初の日に電話で話した。

    17♀は18♀に一つ年をとる。

    前々から聞いていたが、そんな男と本気で付き合っていると当然絡んでくるのはお金。

    お金が必要だと手っ取り早く大金が手に入る仕事、そう、風俗業。

    2~3ヶ月続けたらしいが体調を崩して辞めたらしい。

    今はキャバクラでバイトをしていて、バイト上がりに電話を掛けてきた。

    札幌に来た時はぜひ会いに来てwという。

    オレ『てめーw売上かw』18♀『うんw』オレ『行った事ないし行ってみるかなー』それから北海道の自然を満喫しつつ、向かった札幌。




    それから札幌についてそうそうお茶。

    普段から連絡を取り合っていたので近辺の話は知っている。

    今夜はバイトがなく、飯を一緒に食ってホテルで話をする事に。

    友人への体裁を保つ為に18♀と一緒に同じ趣味の連れ17♂を呼び、話し込む。

    ところがコイツら、夜中になって帰らねぇw疲れたオレはいつの間にか寝る。

    朝起こしに来る友人。

    ビジネスホテルだったがお互い部屋を行き来していたので鍵は開けてあった。

    友人『お、おい。

    お前w』オレ『ん・・・おはよう。

    ?!?!』隣で18♀が寝てやがるwwwww17♂は帰ったらしい。


    kimamamh5260063


    Hの状況を詳しくと言われて書き足してみました。

    まあ、DQNな俺にはこの程度しか無理ですね。

    実際のHの時ってあんまりセリフがあるわけじゃないし、

    そこまで詳しく事細かに覚えてるわけもないし。



    もう5年くらい前になるけど、

    俺の人生で最高に勃起した出来事を書こうと思います。

    今でも思い出しておかずにしている、

    最強に奇妙でエロい出来事を。

    当時22才でおもいっきり肉体労働してた俺の趣味は

    キャバクラ通い。

    週に4回くらいのペースで行き、給料全部キャバクラで使うくらいのDQNだった。

    そんな時期に何かの気まぐれでスナックってやつに行ってみたわけ。




    そりゃーもうつまんない。

    今なら違うかもしれないけど、当時キャバクラに行きまくってた

    俺からするとそりゃもうつまんない。

    俺と同じキャバレンジャーのこうじも

    つまんないって顔してた。

    そんでさっさと出てキャバに行こうと思ってた時に

    俺の携帯が鳴ったわけ。

    知らない番号だった。

    一応出てみるといきなり女が「久しぶりー、〇〇君でしょー?

    覚えてるー?」とかぬかすわけ。

    もちろん間違い電話だったわけで、「違うよ」と言って

    電話を切ったんだけど、5分くらいしてまたかかってきたわけ。

    しかも今度はしつこい。

    「絶対〇〇君でしょ?この前遊んだあゆみだよ覚えてないの?」

    って感じでなかなか引き下がらない。

    どうもナンパしてきた男にでたらめな番号を教えられた

    みたいなんだけど、全然信用しないわけ。

    しょうがないから、「暇なの?暇なら俺と遊ぶ?」

    と聞くと、あっさり「いいよー」って返事が・・・。

    こんな女に本当の番号教える奴いないよなーと

    思ったが、つまんねースナックにいるよりましだから

    そっこーで迎えに行きましたよ。

    飲酒運転バリバリで。

    後で気付いたんだけど、携帯だから間違い電話の相手が

    車で行ける範囲にいるってことも

    結構偶然だよな。でも、バカな女の人口密度が高い東京なら

    まあそんなに不思議でもないか?

    そんなことどうでもいいけどさ。

    で、着いてから車を降りて女を確認したわけ。

    ちょっと怖いからわざわざ歩いて待ち合わせ場所まで行って。

    そしたらどーみてもかなり若い子しかいないわけよ。

    もともと人がいるような場所じゃなくて、

    住宅街みたいなところで待ち合わせしたから

    間違いないはずなんだけど、どーみても若いの。

    俺の予想では20才くらいのバカそうな女のはずだったんだけど、

    全然若いわけ。

    〇〇君さぁー、こんな子ナンパしちゃまずいでしょ・・。

    でもまあ、俺の許容範囲には入ってるし、

    顔ははっきりいってかわいいから、



    (説明は難しいけど、田中麗奈から田舎臭さを取った感じ?)



    さっさと声かけて車まで連れてったのよ。

    年聞いたらやっぱ若かった。

    15才だって。一応誕生日くれば16才の高1って言ってたけど、

    それでも犯罪には変わりない。

    まあ、俺はDQNだからたいして気にしなかったけど。

    とくに行き先も言わずに車を走らせても

    何も言わないから、そりゃもう俺のアパートに直行ですよ。

    なるべく警戒されないようにいろいろ話とかしたけど、

    もともと男を警戒するって感覚を持ってないみたいで、

    あっさり俺のアパートに到着。

    時間的には1時くらいだったかな?

    暇なら遊ぶ?とか言っといて、すでにやる気満々だった俺は

    そっこーでベッドに誘ったのよ。

    「眠いから寝ない?」みたいな感じで。

    そしたらまたもやあっさりベッドに来るわけ。

    そんで早速いただこうと思ったらいきなり

    生理ときたもんだ。このバカ!!

    一気にテンションが下がりましたよ。

    でもちんぽの血圧は下がらなかったんですよ。

    そこで、お風呂場ですることにしたんだけど、

    俺的には血を見ながらってゆうのはかなり

    鬱なんで、電気はもちろん真っ暗。

    手探り状態で胸を揉み、まんこも触ろうと思ったけど

    血が付くのはイヤだし、濡れさせなくても

    入るだろうと思ってちょっとしゃぶらせてから

    立ちバックでさっさと挿入しようとした。



    (フェラはそんなたいして上手くなかったし)


    kimamamh5260213


    出会ない系の通り、俺は出会い系のさくらのバイトをしてた。

    男のキャラを操って女の子と会話をする内容なんだけど、

    いつも通りサクラをしてると一人の女の子に

    「迷惑メールを止めろ!」

    って感じのメールが連打されてきてたんだ。





    普段なら相手にしないで無視するところだったんだけど

    その時、何故か優しさを出した俺は気まぐれで

    その子のアドレス向けのメールを止めてあげようと思ったんだ。

    俺はサクラの仕事を長い間やってたから客の管理ページを見る事が出来たんだ。

    そして迷惑メールを止めてあげた。

    本当はそんなことしちゃダメなんだけどね。

    そして当然のことなんだけどメールを止めてもメール連打は止まらなかった

    「警察へいく!」




    「まじで迷惑!うざい!」

    とかまぁそんな感じのメールがまぁまぁ届いてた

    携帯電話でまぁよく頑張るねぇと俺は思いながらも

    俺がしてあげれることはしたんだから後は他社からのメールだし。と思ってた

    そんなこと知らないその子は俺がまだ送ってるんだと勘違いしずっとメールを送ってきてた。

    こっちはもう止めたのにあまりにもしつこいメールに俺はいい加減教えてあげようと思った。

    だが、会社のメールを通して俺がそんなこと言った日にゃ履歴に残って大変なことになる。

    俺はその子のアドレスをコピーして自分の携帯へ送った。

    そしてフリアドを使ってその子にメールをしたんだ。

    「もうメール止めたよ。まだ届くんだったら他社からだからアドレス変更してね」

    ってな感じで。

    こんなこと言ってもどうせ信じてくれないだろうし

    メールで怒鳴るんだろうなぁって思ってた俺に返信がきた

    「え?まじ?wwありがとうwこんなメールしていいの?w」

    案外普通の返信が来た事に俺はちょっとドキドキしながらも

    バレたらやばいのでもうここらで切り上げようと思いながら返信した

    「ダメにきまってるwでも可哀そうだから気まぐれで止めた。

    もう変なとこに登録すんなよーばいばーい」

    みたいな感じで。

    するとまた返信が来たw

    「ねぇねぇ!サクラって時給いいの!?w暇だから相手して!!w」

    正直俺もこの女の子とメールするの楽しかったんだけど

    もしもこいつが男で俺の事を逆に騙そうとしてたら?ってのが頭にあってちょっと試してみた

    「え?w別に良いけどw誰にも言うなよ?ってか写メないの?」

    本業がサクラなだけに写メだけでなんとなくサクラか本物かわかるんだ。

    だから写メで確認とってみて女の子ならメールしよー♪って思ってる俺がいたw

    数分待ってると携帯にメールが届いた

    「ハイ(絵文字)」

    あっさりした本文に画像が添付されていた

    そこには制服を来た女の子が廊下であろう場所で友達と一緒に撮影した写メが添付されてた

    画像をPCに転送して写メが撮影された日付を調べてみた

    するとつい数分前に取られた写メだ!というのがわかったんだ

    まぁこの時点で俺は女の子とメール出来てるという事実で心臓が凄い脈打ってたw

    ちなみに女の子は細身で見た目は桐谷美玲っぽい感じの目じりがキっとなった子だった

    「え?右側?まじで?」

    俺は返信でそう送った。

    本気で可愛かったし、ドキっとしちゃったから。

    「ブサイクですけどなにか?はいっそっちも写メちょーだい!

    あと名前なに?あたしちなつ(仮名)」

    俺は自分の写メなんて撮影した事なかったから急いで会社のトイレへ駆け込んだ

    そして鏡に向かって10枚ぐらい写メをとったw

    10枚目を撮ってる時に友達に見られて凄いはずかしかったw

    そして写メと一緒に名前をおくってみた!

    「写メみれた!なんかオダギリジョーに似てる!」

    正直オダジョーには似ても似つかない。

    この子は目が相当悪いのかそれとも馬鹿なのかどっちかだと俺は思った。

    若い子って暇つぶし相手が出来ると凄い勢いでメールしてくる。

    俺も可愛い女の子とメールしてるんだっていう嬉しさでその日からメールしまくった

    まるで高校時代の初恋の時みたいに朝方までメールしまくってたんだ。

    一週間毎日夜までメールしてわかった事がいくつかあった

    ・母親とふたりで暮らしてる

    ・学生でバイトはしてない

    ・処女

    ・着うたをダウンロードしようとしてサイトに登録されたことw

    ・住んでる場所が地方

    俺は都会に住んでる。

    ちなつの家には新幹線で片道3時間ぐらいの距離だった

    まァ可愛い子だけど俺は会えないだろうなーってこの時は思ってた

    あっ重要な事を一つ書き忘れてた

    ・すんごくエロい

    若いからだろうな。

    ちなつは可愛い顔してすんげーエロかったww

    最初は可愛いメールだったんだ、それが段々外が暗くなるにつれて

    お前はエロ親父か!

    と言いたくなるようなメールに変わっていくのがまたおもしろかったw

    例をあげるなら「ち○こみてみたい!w」とか「オ○ニーしないの?!w」

    とかライトエロな内容からかなりディープエロな内容のメールまでw

    そしてそんなメールを続ける中である日それは送られてきた

    「お風呂上り!!!!!」

    という本文と一緒に添付されたいた写メだ。

    いつもより!←が多いのは恥ずかしいのをテンションで隠してるんだろうなって思えるぐらい

    何を送って来てんだよ・・・・って思うぐらい清々しい程のおっぱい写メだった

    サイズは恐らくB。そんなに大きくはないが綺麗な色と形でした。

    kimamamh5260052

    こないだバイト先の人とエッチしちゃいました。


    相手は3つ年上でお兄ちゃんの様に慕ってるこーちゃん。


    こーちゃんとは普段からかなり仲良しで一緒に帰ったり飲みに行ったりしててこーちゃんには同棲してる彼女がいてあたしにも彼氏がいるんだけど2人共そんなの関係ないって感じでほんとの兄弟みたいにいつもじゃれあってた。


    あの日も上がりの時間が同じで終わってから休憩室でテレビを見てて他の人は全員帰って「俺らもそろそろ帰るかー」って言ってそれぞれ更衣室へ。


    更衣室で着替えてたらピカッ…ゴロゴロドッカーン!!

    勢いよく雷が鳴って雷が大っ嫌いなあたしは悲鳴をあげた。


    こーちゃんが隣から飛んで来てくれて泣きながら抱きつくと「まこはほんと怖がりだなー」ってめそめそしながら震えるあたしを抱きしめて髪を撫でてくれた。





    しばらくして近くにあったジャケットをかけてくれてこーちゃんが離れようとしたけどまだ雷は鳴っていて怖くて背中に腕を回してしがみついた。


    「もうちょっとだけ…」そう言うとこーちゃんは「いや、無理」そう言って離れようとする。


    「やだ、怖いよー」「いやまじやばいって」「やだぁー」「無理だから」「いいのー」「よくねぇよ!!」そう言って無理やり腕をはずされた。


    「何でー?」「まこそのかっこ…」気づいたらあたしは下着だけ、こーちゃんもパンツにTシャツだけだった。


    「ごめっ…」我に返って恥ずかしくて真っ赤になる。





    「もー無理」こーちゃんに抱きしめられた。


    「ちょっと!!」「俺ちんこ勃ってんだけど」「やだー」「まこのせいだろ」「そんなこと言われても…」

    離れなきゃ!!と思って見上げるとキスされた。





    「んーっ」前に酔ってしたことがあるんだけどこーちゃんはキスが上手い。


    気づいたら舌が入ってきてぴちゃぴちゃという音が響いていた。


    「んんっ…ふぅ…」声が漏れる。

    頭がぼーっとして首に手を回す。


    器用に片手でブラを外されて唇が離れる。


    「すげ…きれー…」そう言ったと同時に胸にしゃぶりついてきてそのまま畳に押し倒された。


    ごつごつした大きな手で胸を揉まれながら唇で乳首を挟まれて舌先でちろちろされて声が漏れる。


    普段からエロ話ばっかりしてるからどうしたら感じるかもわかっていて重点的に攻められ続ける。


    「んっ…ぅんっ…あっあんっ…」気持ちがよくてこーちゃんの頭を掴んで髪の毛をくしゃくしゃしてただ喘いでいた。


    「まこすげーかわいい…俺ずっとこうしたかった」こーちゃんはそう言ってするっとパンティーの紐をほどいて割れ目に手を伸ばした。





    「やぁっ…」「嫌じゃないだろ、もう溢れて雫れてきてる…」そのまま指を二本入れられてかき回された。


    指で攻めるのが得意と言ってただけあって感じるところを確実に突いてくる。


    指を深く出し入れしながら同時にクリも強くこねられて「あんっ…あっ…んーっ…あぁんっ……はっ…やぁっ…」あたしは腰をうねらせながらただひたすら喘いでいた。


    指が奥深くまで入ってきて一カ所をこすられた時に今までに感じたことのない感覚が襲ってきた。

    kimamamh5190210


    バイト先の飲み会でみんなで居酒屋で飲んだ後に終電無くなったから、そのうちの女子2人がうちにとまる事になった

    バイト先で俺はヘタレキャラだったし、女の子2人なら危なくないとかの理由で無理矢理押しかけられた

    けどかなりその時点でドキドキしてました

    しかも2人とも年上だった

    んで、お姉さん好きな自分にはかなり神がかった展開で、「寝て起きたらすぐ帰って下さいよ」とか言ってたけど内心ガッツポーズもんでした





    Aさんは黒髪ロングでかなりスタイルいいでも胸はあんまりないKさんは茶髪パーマで体形は普通、けど身長150くらいなのに胸がでかった

    2人は部屋にあがるなり

    「男のくせに片付いてる」

    「なんか几帳面すぎてうけるw」

    とか言いたい放題、しかも

    「ビールないの?」とかあんたら眠りにきたんじゃないのかいでも即効ビール出してつまみも出しました

    それからしばらくした後に寝るからお風呂と着替え貸してと言われ断ると文句言われそうなのでこれも了解して準備しました




    とりあえず2人分のTシャツと短パン貸しました

    すると

    「覗くなよっ」

    と言って笑いながら2人で風呂入りに行きました

    一緒に入るのかいっと思ってたら風呂場から楽しそうな声が聞こえてくるのでなんかいいなぁと少し萌え?みたいな感じに浸ってました



    風呂から上がってくるとあたり前のように俺のビールのんで


    「効くね~」

    とかもう可愛いくなかったらただのおっさんみたいでちょっと年上は恐いかもと思った

    ビール飲むのに俺も付き合ってたら途中で「ん?」って思ってよく見たら


    kimamamh5110043


    じゃあ書きます。

    叩かないでくださいね。

    某ネットで知り合った人(瞬仮名)とえっちの話。

    掲示板にオナニーしたと書き込みしたら行きなりメッセージが来てオナニーよくするの?と。

    私はあんまりしないです…と嘘ついた。

    本当は毎日するのに。

    メールで一緒にオナニーして画像や動画送り合ったりしてエスカレーションして会ってえっちしようか?と誘われた。

    私は彼氏と別れたばかりで寂しくてオッケーした。

    後日某駅で待ち合わせ。

    写メ通りかっこいい…。

    彼の家に連れてかれちょっとお喋り。

    次第に雰囲気がえっちになってきて…彼が後ろからおっぱいを揉んできた。



    「やっ…何…?」

    「いいじゃん。

    やりに来たんだろ?」

    「そうだけど…」私ははじめての人で久しぶりのえっちに恥ずかしくて真っ赤…。

    激しく揉んでくる。



    「あっ…あぁん…」上着を脱がされた。

    ブラジャー外されて生で触られた。



    「んっ…あぁ…あん」左の乳首を舐めながら右のおっぱいを激しく揉んでくる。

    スカートとレギンスを脱がされパンティ一枚に。





    パンティの上からクリを触られた。



    「あぁ…あぁん…はぁん…はぁ」喘ぎ声を出すと激しく弄ってくる。



    「パンティぐちょぐちょだよ?」

    「うん…気持ちいいから…」私は早く入れて欲しかった。

    パンティ脱がされて四つん這いになってと言われ、

    「えっ…恥ずかしいよ…」

    「いいから」いうとおりするとバックからおまんこに指を入れてくる。



    「あぁん…あぁ…あぁん」最初は一本だったのが二本に。

    ぐちゅぐちゅ、クチュクチュ…

    「おまんこぐちゅぐちゅだよ?仁美はいやらしいね」

    「そんな事言わないでぇ…」恥ずかしいけど内心言葉責めに興奮して更におまんこを濡らした。



    「もう我慢出来ない…入れて…」

    「どこに何を?」

    「えっ…」






    「おちんちん入れて…」

    「どこに?」

    「っ…おまんこにおちんちん入れて…」彼はにんまりしてバックから挿入してくる。

    ぐちゅ…ズプ…奥まで一気に入れられた。



    「あぁぁぁぁ…!」動いてくる。

    ぐちゅぐちゅ、パンパン…ズボズボ…

    「気持ちいい…!」

    「俺も気持ちいいよ…」行きなり抜かれて

    「えっ…何で…」彼がテーブルに座って足を広げてきた。



    「こっちおいで」そばまでいっておちんちんを眺める。



    「瞬のおっきい…すごい立ってる…」おちんちんはビンビン。


    会社の飲み会でイタズラされて…
    会社の飲み会でイタズラされて…
    「ザーメンって知ってる?」と言ってきた女友達。教えてあげようと家に連れていったら…
    「ザーメンって知ってる?」と言ってきた女友達。教えてあげようと家に連れていったら…
    小学5年生の処女膜を頂いて1カ月。逃げる態度をとる彼女から一変、話しかけてきて…
    小学5年生の処女膜を頂いて1カ月。逃げる態度をとる彼女から一変、話しかけてきて…
    初めての子宮貫通は俺じゃなくて…
    初めての子宮貫通は俺じゃなくて…
    嫁の日記がエロすぎる…
    嫁の日記がエロすぎる…
    一人ドライブで山に行った時に知り合った男性と野外で…
    一人ドライブで山に行った時に知り合った男性と野外で…
    出会い系で出会った34歳の巨乳子持ち主婦。顔合わせだけと言って会う事にしたのだが…
    出会い系で出会った34歳の巨乳子持ち主婦。顔合わせだけと言って会う事にしたのだが…
    洗濯機が壊れ、しばらくコインランドリーに通うことに。妻の帰りがだんだん遅くなっていて…
    洗濯機が壊れ、しばらくコインランドリーに通うことに。妻の帰りがだんだん遅くなっていて…
    出会い系で典型的な欲求不満の団地妻とホテルへ…
    出会い系で典型的な欲求不満の団地妻とホテルへ…
    純君の通う大学の学園祭に誘われて行ったら…
    純君の通う大学の学園祭に誘われて行ったら…