気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談[ギャル・ビッチ]   カテゴリ : H体験談[ギャル・ビッチ]

    きまま_035
    高嶺の花の先輩とチューしてからエッチなことをした時のエロ体験談






    先輩との話。


    1コ上で、高校の時から他の人より大人びていた。


    身長も160cmちょっとくらいあって、スレンダーなスタイル。


    顔立ちもはっきりしていて、モデルっぽい雰囲気も出していた。


    それでいて飾らない性格で、よく笑いノリも良いため、男子にはもちろん、後輩女子からの人気も結構高かった。


    俺との関係は、仲良くさせてもらってた先輩の友達でもあったので、その先輩を経由してではあったが、わりとよく遊んだりして仲もそこそこ良かった。


    当時は高嶺の花というか、恋愛うんぬんとか考えられる対象ではなかった。


    今は大学生の傍ら、カットモデルとして雑誌にもよく載ってるらしい。


    髪は鎖骨辺りまでの長さで、色は少し明るめの茶色。


    全体的にふわっとした髪型をしている。


    顔は、スッピンとほとんど変わらないんじゃないかってくらいの薄化粧。


    肌もキレイで、高校の頃からすごい色白だった。


    特別、誰かに似てるってわけじゃないんだけど、カットモデルとして載ってた雑誌に、『佐々木希風スタイル』みたいな感じで紹介されてたから、今回は佐々木希をイメージしてくださいな。


    なので名前は希さんでお願いします。


    今月の初め、先輩たちが新年会がてら久しぶりに集まるというというので、男友達と一緒に参加させてもらいに行ったら、希さんも来ていた。


    希さんに会うのは2年半ぶりだ。


    オシャレな可愛い柄のワンピースを着ていて、その笑顔を見た瞬間、一瞬で当時の淡い気持ちに戻った。


    制服姿で黒髪の印象しかなかったので、希さんがいきなり大人になったような気がして、話をしようとしてもなんとなくぎこちなくなってしまった。


    一次会は普通の飲み会、二次会はカラオケ。


    ひとしきり他人の歌を聞いた後、タバコを買いに外へ出て、そのあとトイレのほうへ歩いていくと、希さんが向こうから歩いてきた。


    希「七尾くん、どこ行ってたの?」

    俺「ちょっとタバコを・・・希さん、色っぽくなったっすよね」

    一次会から思っていたことが、思わず、言葉になって出てしまった。


    希さんは少しびっくりした様子だったが、嬉しそうに微笑んだ。


    希「ねぇ・・・チューしよっか」

    俺「は?」

    俺は突然のその言葉に、変な声が出てしまった。


    俺が固まったまま様子を見ていても、その天使のような笑顔は変わらない。


    希「チューしようよっ」

    この人の微笑みには、人を引き寄せるすごい力がある。


    俺「な、なに言ってんすか~。

    希さーん、酔いすぎですよぉ。

    さ、皆のとこ、戻りましょ!」

    少しキョドりながらも、変な空気になるのが嫌だったので、俺はそう諭す。


    希「酔ってないよ。

    私、そんなにお酒飲んでないから」

    笑顔は変わらなかったけど、一瞬だけ寂しそうな表情が垣間見えた。


    ここで「なんかあったんすか?」と聞くことも出来たけど、雰囲気を察するに、恐らく希さんが俺に求めているのは、そういう事じゃない。


    それに目の前には、あの高嶺の花の希さん。


    ・・・もう俺がするべきことは、一つしかなかった。


    唇を重ねる。


    希さんが発した言葉の理由なんてどうだっていい。


    今はただ、この柔らかい唇を本能のままに絡めあう事だけを考えた。


    そのキスは、なんとも言えない甘い味がする。


    希さんから吐息が漏れ、その瞬間に舌を割っていれる。


    そのまま舌を絡ませていると、さらに衝動が高まった。


    体を引き寄せ、ズボンの下で硬くなった下腹部を希さんのお腹に押し付けた。


    希さんは「んはぁ・・はぁ、七尾くん・・・やだぁ~」と言いつつも、その部分をズボンの上から手のひらで撫でてくれた。


    高校の時には、希さんにこんな事されるなんて、想像すらしたこともなかったので、俺は夢なんじゃないかというくらいの興奮を覚えた。


    希さんの胸を服の上から揉み始めたとき・・・。


    希さん「はぁ、はぁ・・もう、ここじゃやめよっ・・・見られちゃう」と体を押し戻された。




     

    1539
    3人のおじさんとエッチした時のエロ体験談




    リラクゼーションサロンチーフのえりです。


    3人のおじさんは勤務が一緒で、暇な時は性欲処理されてます。


    38歳のがっちりしたおじさん、39歳のおちんぽデカイおじさん、42歳のぽっちゃりおじさん。


    3人のおじさんにハメられまくるのが凄く気持ちいいです。


    シフトの関係でお店を臨時休業した日があって、そのときの話です。


    お店は臨時休業ですが朝10時頃にお店に行って、3人のおじさんにも研修という事で集まってもらいました。


    3人集まったらおじさん達も気づいたみたいでした。


    「お疲れ様~。

    今日は3人に集まってもらって、研修いっぱいしたいなぁって思って呼んだの♪」

    私服で肩出しの胸元が大きく開いたスケスケのミニスカワンピで、おじさん達もさっそく覗いてました。


    「最近忙しくてチーフと全くしてなかったからなぁ・・・。

    めっちゃ溜まってる」

    3人のおじさんみんな溜まってるみたいで、私のエッチな私服でもうビンビンでした。


    私も1日臨時休業中にセックスし放題の研修できると思うと興奮しちゃってました。


    私が最初にお客さん役やって、みんなの性欲処理を優先しました。


    「じゃぁ早速だけどぉ・・・お客さんのおまんこをどこでも奥までほぐす練習しよ」

    ワンピを捲っていやらしいエッチな顔と甘い猫撫で声で・・・。


    「前回来た時にぃ、ハメハメいっぱいしてもらったのが気持ち良すぎて、スタッフさんに聞いたら60分以上のコースもあるって聞いたからぁ、今日はもっとされたいからぁ120分でお願いします♪」

    「ありがとございまーす!本日なんですが、男性スタッフが朝から3人揃ってて3人同時という事も出来るんですが如何されます?」

    「え~♪ホントですかぁ♪料金上がったりとかしないです?」

    「料金はそのままで、値上がりなどは一切ありませんよ!オプション500円付けてもらうとハメ撮り撮影と施術後にハメ撮りDVDプレゼントもありますよ!」

    「じゃぁ3人同時でオプションも付けて120分のコースでお願いしまーす♪」

    「ありがとうございます!では120分とオプションで7500円になります。

    はい・・・ちょうどお預かりします。

    では撮影も今から始めていきますね」

    撮影始まってすぐに38歳と39歳のおじさんにカウンターでおっぱいとおまんこを弄られ始めました。


    「はぁん・・・早速エッチなの始まってるぅ・・・ぁぁん・・・いいのぉ」

    服をずらされておっぱい丸出しにされて、下もずらされて弄られました。


    エッチなのを期待していただけにおまんこもすぐグシュグシュにされました。


    「えりちゃん相変わらずエロエロだねぇ!もうおちんぽこんなにビンビンだよ!もう我慢できないからおちんぽぶち込んでセックスしちゃお!」

    カウンターで後ろから38歳のおじさんにハメハメされて・・・。


    「ぁぁぁん・・・おちんぽちょ~気持ちいいのぉ♪奥まで圧が来て、はぁん・・・。

    おまんこズボズボ大好きなのぉ」

    「えりちゃんのハメハメセックス見てたらもうこんなにビンビンだよ!しゃぶってよ!!」

    39歳のおじさんのデカおちんぽで口を塞がれて、前と後ろで串刺しみたいにされて、お口は唾液たっぷりでねっとり舌を使っていやらしい音を出しながらしゃぶって、おまんこもグショグショで突かれる度にいやらしい音がして・・・。


    「えりちゃんのおまんこ相変わらず絡みつきと締め付けが最高だわ!おまんこグショグショで突く度にエロエロな音がしてたまらんわ!」

    「えりちゃんの口まんこもたまらんぞ!いやらしい顔でエロエロなおしゃぶり音で舌が絡みついてきてむっちゃ気持ちいいおしゃぶりだな!」

    店の入口付近のカウンターで串刺しで2回くらいイカされたらベッドに移動して、39歳のおじさんがおまんこに挿入してきて、38歳のおじさんがお口に入れてきて交代しました。


    うつ伏せに寝て、寝バックされながらのおしゃぶりをさせられて・・・。


    「あーもう!チーフの体たまんねぇな!!真昼間の明るいうちから店内で生ちんぽハメまくり最高すぎる!!」

    「チーフのエロエロボディはハメハメしまくる為のものだね!お口もおまんこも極上で可愛いチーフをハメハメ専用に出来て最高!!」

    もう私も久々のハメハメされまくりでイキまくっちゃいました♪

    39歳のおじさんが限界で中出しして、38歳のおじさんもおまんこでイキたいらしく連続中出しされて、ビデオ撮影してた42歳のおじさんも我慢できなくて即ハメして・・・。


    「チーフの極上まんこ、いつでもたまんねぇ!!自分で腰動かしちゃって・・・。

    淫乱チーフとセックスし放題とか最高だぁ!」

    ビデオ撮影しながら寝バックでハメハメされてそのまま中出しされました。


    一緒に働いていて店舗の店長を任せてる女の子が私の幼馴染で、その子も混ぜてセックス研修なんてどう?って提案したら・・・。


    「え?あの店長に生ハメ生中出ししまくっていいんですか?店長も性欲処理専用店長にしちゃいますよ?」

    「いいよぉ♪ゆうこも、ああ見えて実はセックス大好きのおちんぽ大好きエロエロな女の子だから♪」

    ゆうこを呼び出して、『新しい試みで今研修してるから、制服持って私服で来て』と電話して呼んで、その間も変わらずセックス施術の続きで・・・。




     

    43
    M性感に行った時のエロ体験談





    <俺のスペック>

    ・男性経験20人ほど。


    ・アナル非処女。


    ・普通の風俗は一応経験ある。


    ・素人童貞・年齢:26才(フツメンだと思いたい)

    ・彼女いない歴=人生・身長172cm体重68キロ(今朝計測)

    ・眼鏡くん。


    M性感のお話。


    一応アナルセックスも体験したこともあるけど、M性感ってそういや行ったことないなぁと、ある日ふらりととあるM性感に足を運んだのでした。


    店名を晒していいのか悩むので、大阪のとあるM性感とだけ言っておきます。


    大阪・M性感でググると出てくるので適当に検索して想像してください。


    結構有名店なので調べたら上の方に出てきます。


    お店に入ると男の人が(以下略)。


    とりあえず、ナンバー1の女の子を指名したわけです。


    その店の良し悪しを知るにはナンバー1と遊ぶのが一番だと思ったんだね。


    エレベーターの前で待ってたら綺麗なお姉さま(有希様)が登場。


    エレベーターで早速僕の乳首をワイシャツの上から弄ってくるわけですよ。


    「ふふふ・・・もう、こんなに硬くしちゃって・・・」

    そう言いながら今度は股間もいやらしくソフトタッチで触ってくるんです。


    そのテクニックに俺の愚息は思わずギンギンに・・・!

    「若いのね♪」

    そんな悪戯っ子のような笑みは妖艶と言って差し支えないでしょう。


    そのあとホテル迄の道中も腕を組みながら、色々話を聞かれてましたね。


    有希「よく来るの?」

    俺「いえ、初めてなんです」

    有希「そうなんだ・・・こういうの興味あるの?」

    俺「はい、どっちかと言えばMなんで」

    有希「そうなんだ・・・女の子にモテそうなのに」

    俺「いえ、モテないっす」

    なんか、そういう情報収集をされてたと思う。


    で、ホテル到着。


    有希様はテキパキお風呂の準備とかベッドにバイブとかを並べ始めてるわけですよ。


    一緒にシャワー浴びて、ベッドに移動。


    有希様がどれを使おうかなって悩んでる姿に、俺はちゃんと恥ずかしがらずに自分のして欲しいことを言うことにしたんです。


    俺「あの・・・できたら一番太いのでお願いします」

    有希「え?いいの?結構太いよ?」

    俺「あの、僕アナル初めてじゃないんです。

    アナルセックスも経験があって」

    有希「そうなんだ・・・しまった・・・それならプライベート用の極太持ってきたらよかったね」

    俺「ごめんなさい・・・どんな風にすればいいのかわからなくって」

    有希「ううん?でも、嬉しいなぁ・・・初めてのお客さんって大体細いのしか駄目でしょ?」

    俺「そうなんですか?」

    有希「そうなのよね。

    普段使えないものを使えるとワクワクしない?」

    有希様はもう、ノリノリでしたね。


    目が輝いていました。


    ちなみに洗腸は家で済ましてきたのでお風呂場でそこはパスでした。




     

    pic-0212001506
    妻が他の男にフェラした時のエロ体験談






    私は30歳になる寝取られ願望のある男性です。


    妻(26歳)とは2年前に結婚し、まだ子供はありません。


    妻は芸能人の西野カナさんに似ていると言われ、スタイルはちょっとぽっちゃり系でFカップの持ち主でMっ気がある可愛らしい女性です。


    夜もいい声で鳴きますし、道具もOK!激しい時は1晩に3回は逝きます。


    しかも手を縛ったり、目隠ししながらするプレーでは特に感じてくれるんです。


    そんな妻を見ている内に、他人に抱かれる姿を見てみたいと言う願望がフスフスと湧き上がって来ていました。


    ある日、私は学生時代からの友人3人で飲みながら妻の寝取られ願望を打ち明けると”いいのか!あんな可愛い奥さん寝取られても”と言いながら友人達は股間を熱くさせ私の話に夢中になっていました。


    「まぁ、何となく分かる気もするけど・・・」

    「だろう!あいつが他人にヒィヒィ鳴く姿を想像しただけで勃起するよ」

    「昔と何も変わっていないな」

    ・・・私は学生時代にも彼女を寝取られさせた経験があるんです。


    酒で酔った彼女を友人が強引に犯しちゃったんですが、私公認でした。


    凄く興奮し、彼女が犯される所を見ながら、射精しちゃったんですよ。


    その頃から、寝取られ願望が強かったんです・・・・ 

    「なぁ、今度奥さんのエッチな姿見せてやろうか?」

    「どうする?」

    「キャンプってどうだ?」

    「キャンプって言ってもテントとか高いんだろ?」

    「バンガロウ借りれば安価に出来るでしょ!俺の友達にキャンプ用品借りて来るよ」

    「そうだな!行って見るか」

    今年は10月に入っても暑い日が続き、ちょっと遅いキャンプだったが、問題は無かった。


    妻にもそれとなく聞いてみると”キャンプ?楽しそうだね”と言い返事だった。


    キャンプ当日、私は妻と一緒に車でキャンプ場に向かいました。


    時期外れもあり、他の客の姿はありません。


    友人の太一と圭介は既に到着し荷物を運んでいました。

     

    「おっ!来た来た。

    荷物運ぶの手伝って」

    「悪い悪い!ちょっと遅くなった」

    山の斜面に点々と建てられたバンガロウは20個位はあっただろうか?

    木々が多い茂り、隣のバンガロウ以外は案外見えない設計だった。


    細い道をクネクネと登ると、目的地のバンガロウがあって私自身も迷う感じでした。


    2回往復し荷物全て運び終えると、既に15時を回っていました。


    「早速、夕食の準備始めようか?暗くなると大変だから」

    「そうだな!」

    そう言いながら火を起し、鉄板に切った野菜や肉・魚介類を乗せ焼き始めたんです。


    火を起こして1時間程経った頃には、いい感じに食べ物が焼けテーブルに着いた私達はビール片手に夕食を食べ始めたんです。




    30dc70f4-s
    彼氏持ちのT子とエッチなことをした時のエロ体験談





    T子は大学で同じクラスだった。


    色白で美人なんだけど、うるさいくらいよくしゃべることが彼女の色気を失わせていた。


    いつも地味な服装なので、よけい色気を感じさせなかった。


    でも僕はT子が結構おっぱいがでかいことと、ぽっちゃりした肌の感じがすごく色っぽいことに気付いていた。


    僕はT子と何かと交流が多かった。


    飲み会とか、海とか山にグループでよく遊びに行っていた。


    だからわりと気軽に馬鹿な話でも出来る間柄だった。


    僕は当時彼女が居なかったので、チャンスがあればT子とエッチなことしたいなあと思っていたが、T子には残念ながら彼氏がいた。


    T子は馬鹿話や下ネタでも平気で話すくせに、ガードは固かった。


    彼氏絶対だった。


    僕はT子の彼氏と面識はなかったが、社会人で同い年くらいだった。


    T子は彼氏に絶対服従している感じだった。


    呼び出されたらすぐ駆けつけていたし、少々無理な命令にも従っていようだ。


    そんなT子と僕がああなったことは何年か経った今になっても興奮する出来事だ。


    僕はその日、運動系の大会に出ていてクタクタだった。


    まあマラソンみたいなものだ。


    もう歩くのも面倒くさい、そんな感じだった。


    帰宅した僕は(安アパートの一人暮らし)食べ物はいらないからシャワーを浴びてビールを飲んで軽く酔っ払ったらすぐ寝るつもりだった。


    が、冷蔵庫を見るとビールが無い。


    「あっ」

    ・・・僕は数日前に、T子を含めた何人かで飲み会をしたことを思い出した。


    その時に僕のキープしていたビールを飲まれたんだ。


    僕はすぐさまT子に電話した。


    T子は「そんなの知らないよ」と言った。


    でもクタクタな僕はビールをコンビに買いに行く体力が残っていないので、「頼むからビールを買ってきてくれ」と頼んだ。


    本当にこのときは体力が残っていなかったのだ(笑)

    T子は少し渋りながらも、買ってきてくれることを承知してくれた。


    僕が運動系の大会に出ていて疲れていることもT子は知っていたし。


    なにせもうクタクタだった。


    布団を敷いて横になり、疲れすぎて寝れない体を伸ばしていると、ビールを持ったT子が現われた。


    お金を払ってそのまま帰すのも申し訳ないので、「まあ一本よかったら飲む?」と声をかけたら、T子は「うん」と言って飲み始めた。


    僕は相当疲れていて精を失っていた。


    それが彼女に安心感を与えたのかもしれない。


    話題は自然とその運動系の大会の話になった。


    それはほんとに過酷な競技だったので、ほんとに今にも眠りそうになっていた。


    だんだんとT子のほうがしゃべって僕は聞き役のようになっていた。


    そして、疲れている僕を見かねてT子が足をマッサージをしてくれることになった。


    すごくありがたかった。


    僕はもうこのまま確実に寝てしまうなあと、うつらうつらしながら考えていた。


    足の裏からマッサージしてもらって、段々とふくらはぎ、太ももへと上がっていった。


    筋肉痛で少し痛いときがあったので眠ることはなかった。




     

    26_2014122906310688e
    手マンした彼氏持ちの女子高生とのエロ体験談





    院生1年目の頃の話。


    大学一年の頃からしていた飲食店でのバイトでは、古株になっていた俺。


    社員の都合のつかない日は、店を閉めることも任されていた。


    そこで仲良くなったのが、高2の美紀。


    バイトの制服は分厚い生地のベスト。


    それでも胸と腰が盛り上がるほどの巨乳の持ち主。


    特に巨乳好きではなかったけど、視線がつい胸を追ってしまう。


    顔は特別可愛いこともないけど、どうしようもないということもない。


    俺は童顔で、歳よりいつも若く見られる。


    それもあってか、美紀は歳の差の割には良く懐いてきた。


    教育係りになった経緯から色々相談に乗ってくる。


    俺は半年ほど前に、一緒にバイトしていた彼女とは別れていた。


    別れるときに少々揉めて、バイト同士では付き合いたくなかった。


    美紀は出会った頃は処女だったけど、下ネタも大丈夫な子で、そのうち彼氏もできて初体験の話も聞いたことがあった。


    ある時、「俺さんは手だけでイカせることが、上手いって聞きましたよ」と話し掛けてきた。


    どうも元カノは、他の女子に俺とのことを話していて、それが美紀の耳にも入ったようだ。


    確かに元カノのことは慣れもあって3分もあれば簡単にイカせることはできた。


    話を聞くと、美紀は彼氏とのセックスでイッたことがないらしい。


    好奇心旺盛な女子高生。


    試しにイキたいか聞いたら、あっさりOKがでた。


    ただし、セックスはダメ。


    舐めるのもダメ。


    手マンだけらしい。


    もちろん、美紀は何もしない。


    俺は何よりもイカせることが好きで、自分がイクことはどうでもよかった。


    自分のテクがどれほどのものか、試せることの方を期待していた。


    数日後、美紀を俺のアパートに連れてきた。


    「結構きれいな部屋だね」と、照れながら入ってくる美紀。


    すぐにソファに並んで座らせ、短いスカートから覗く太腿を開く。


    美紀「もうするのですか?」

    俺「だってイキたいんだよね」

    美紀「そうだけど・・・」

    顔を反らして恥ずかしがる。


    M字に開いた脚の中心に手を向かわせると、美紀は少しだけ声を出してビクついた。


    いきなり脚を開かせたけど、しばらくは撫でるように内腿を触って焦らす。


    美紀が落ち着いてたところを、薄い色の下着の上からクリを狙ってグリグリと責めた。




     

    pic-0212001097
    初めてエッチした彼氏とのエロ体験談





    私が高校二年の時に、彼氏に告白されて、三ヶ月経った夏ぐらいに、初めてのエッチをしたけど、彼が下手なのか、私も初めてだったので痛いという思いしかなかった。


    彼はゴメンと謝ってくれたし、友達いわく最初は仕方ないという話も聞いていたので、あんまり彼には落ち込んで欲しくないなぁと思って、こっちはこっちで気を使った。


    それからしばらくして、彼はまたエッチしたい素振り(というか彼の部屋に行った地点で思ったけど)を見せたので、彼との2回目のエッチをしたけど、最初ほどでは無いにしろ、痛いしあまりいいものではなかった。


    何回かすれば・・・とは聞いていたが、私はちょっと気が重くなっていた。


    それからしばらくして、彼はまたしたいといってきたけど、もうすぐ生理だったし、エッチするのが嫌だったので、「生理だから・・・」と言って、そのときは断った。


    そして、高2の夏休みになって、親に女友達と旅行とウソをついて(彼・私・彼友・彼友の彼女)の4人で海に行き、夜は旅館にそれぞれカップルで部屋に泊まった。


    部屋で2人きりになると、それとなしに彼の方から寄ってきて、キスをしたり、私の服の上から胸を揉んだり、足と足の間に彼が足を入れてきたりした。


    私もエッチは嫌だったが、その前までは恥ずかしながら感じていたので、私は彼のなすがままになっていた。


    彼が私の上から唾液を垂らすと、私は彼に言われることなく、それを口に開けて美味しそうに飲み込んだ。


    そうすると彼は再びキスをしてきたのだが、いつもと違って、かなり奥まで舌を入れて、私の口の中も舌で舐め回し続けた。


    それがとても気持ちよく、彼がディープキスをやめると、今度は私が彼の顔や顎にネコが甘えるように頬擦りをした。


    それから彼が私の服を脱がしながら、ブラの上から再び胸を揉んだり、パンツの中で手を入れて、私のクリトリスを刺激してきた。


    私は少し気持ちよさそうな声を上げてしまい、それに気づいた彼がもっと私を気持ちよくするように、右のおっぱいを口で挟んだり舐め回したりして、左の胸は今まで無いほど強く揉むというより掴んでいた。


    最初は痛いというか、なんか変な感じがして(気持ち良いけど変だからやめて欲しいという感じだったが)、次第に慣れてきて、それが右左交互になったり、私を布団の上で半立の状態にして後ろから胸を揉みほぐしていた。


    私はその無理な体勢から振り返って彼を見て、再びディープキスをした。




    054_20140309131440e91
    Eカップの彼女がビッチに変わった時のエロ体験談




    あれは大学時代、当時付き合ってた彼女と海に行ったんだ。


    ゼミの仲間がそこの海水浴場の海の家でバイトしてて、色々ご馳走するからって誘われたんだけどね。


    彼女は、身長はちっちゃくてちょっとムチッとした感じだけど、おっぱいが大きかったのが堪らなく好みで自分から告白した。


    Eカップあったのがコンプレックスらしくて、海に行くのは嫌がったけど、水着を買ってあげたりして説得してなんとか連れ出すことに成功。


    流行ってた黒い水着を選んだんだけど、白い肌との対称がものすごくエロかった。


    もともと性格的に大人しくて引っ込み思案だったのが、付き合うようになってから明るくなってきて、まわりの男たちの見る目が変わってたのには気がついてたんだよね。


    ゼミの仲間はいわゆるリア充で、セフレが何人もいるとか合コンて無理やりやっちゃったとか噂のあった男だけど、根はいい奴と思って仲良くしてた。


    思えばかなり前から伏線張ってたらしい。


    水着姿の彼女見て、「すげー胸、でかいねー」なんて話して、彼女が露骨に嫌がってたな。


    海遊びは楽しくて、そいつの海の家で昼飯ご馳走になったりした。




     

    201608022310hls023tt5s
    結婚式の2日前に過ちを犯した時のエロ体験談





    26歳の私は、人生で一度だけ過ちを犯した事があります。


    それは、婚約もまとまり結婚式の2日前だというのに、別の男性を関係を持ってしまったことです。


    私は当時、地方銀行の受付をやっていました。


    そして会社の歓送迎会の飲み会で、協力会社の方々と一緒になってお酒を飲むイベントがありました。


    さらに私は結婚間近という事もあって、歓送迎会だけでなく私のお祝いの意味もあった為、私も随分と飲まされたものでした。


    そして終電も終わり、それぞれがタクシーを拾って帰るとき。


    私はまったく知らなかったのですが、協力会社の今まで何度も電話でやりとりした事のあるTさんと偶然にも同じマンションに住んでおり、

    Tさんはマンションの3Fに、私と当時結婚予定の彼氏との家が8階という近さでした。


    ちなみに、電話は何度も話したことのあるTさんでしたが、お会いするのはその時がはじめてでした。


    そしてTさんと同じタクシーに乗り、マンションの下の公園で少し酔いを醒まそうという事になりました。


    酔っていた私は、なんの疑いを持つ事もなくTさんと一緒に公園のベンチに座り、結婚したら何がかわるか等のテーマを結婚15年目である大先輩であるTさんに質問するという展開です。


    (ちなみにTさんは40過ぎで結婚し子供もいます)

    Tさんはダンディで清潔感もありかっこよく、さらに気さくな方で、酔ったことでさらに気さくになっており、下ネタなのですが笑いやギャグを交えて「結婚は人生の墓場だよ~~w」と色々教えてくれました。


    私にとっては、集団でワイワイするよりもTさんと公園で話している方が気も使わず、楽しかった印象でした。


    しかし、私は急にお酒が入っているせいかトイレに行きたくなり、それを理由に家に帰ろうとしました。


    ですが、Tさんが「えーここから大事な話しなのにw その小屋の裏でやっちゃえやっちゃえ」という甘い誘導についつい私も乗ってしまい・・

    私はTさんに連れられ、小屋の後ろに向かいました。


    その時から、もう間違いは始まっていたのかもしれません。


    Tさんは私の肩に手をかけ、私もTさんの腰に手を回しながら歩いていたのです。




    1002
    離婚した元妻とのエロ体験談





    私は32歳の妻に裏切られ、離婚しました。


    信じていた身近な人間に裏切られるのは辛いですね。


    私が元妻にされた仕打ち…いったい、私が何をしたのか…腹いせの意味も込めて、元妻との離婚に至るまでを投稿しようと思います。


    結婚して8年、まあ、普通の夫婦だったと思います。


    子宝にも恵まれて、両家の家族とも良好な関係でした。


    夫婦の営みと言えば、私も妻もお互いしかしらなかったのでごく普通のセックスだったと思いますし、私自身、セックスは子作りの為…と思っておりました。


    思えばそれが、妻(元妻)の浮気の根本だったのかもしれません。


    ありがちなのかどうなのか、わかりませんが、元妻の寛子は趣味で始めたフィットネスクラブのインストラクターの若い男の虜になってしまい(むしろ、虜にさせられたのか)家庭を捨てました。


    寛子は完全にその男のいいなりで、こともあろうに、情事の様子を撮影したDVDを私が観るように仕向け、浮気をばらし、悪びれもせず、離婚届を置いて出ていきました。


    まだ5歳の娘も置いて…

    ただ…正直申しまして、DVDを観て興奮し、元妻に性的に満たしてやれなかったことは反省しなければなりません。


    夫婦といえども、所詮は赤の他人。


    ただ愛しているだけではダメだということでしょうか?

    その日、私は休み、寛子はフィットネスクラブ、娘は保育園で、娘のお迎えは私がすることになっていました。


    何もすることがない私は、妻が観ている映画のDVDを観ることにしたのですが、DVDの中にレーベルのない白のDVDがありました。


    妻(実際のところは浮気相手の指示でしょうが)の仕込んだものです。




    161005bs008
    先輩と満喫でエッチなことをした時のエロ体験談




    たしか9月頃の話。


    7時くらいに一人寂しく家に帰っていたんだが、朋子先輩(26)と駅で偶然一緒になった。


    俺は一人暮らしでほとんど外食かコンビニ弁当ばっかり食ってたから、思い切って食事に誘ったらOKがもらえた。


    俺の職場には200人くらい女が働いているんだが、ベスト3に入るくらいの美人。


    その日は台風が来てて、2時間くらいお好み焼きを食って駅に向かったら、朋子さんの乗るはずの電車が止まってた。


    外はちょっと肌寒かったから、ファミレスで時間を潰そうと提案したんだが、朋子さんはネットで運行情報を把握したかったらしく、「満喫に行こう」と言い出した。


    満喫では個室のペアシートに入った。


    とりあえず飲み物を準備して二人で運行情報を確認した。


    まぁ、まったり漫画でも読んで待つつもりだったんだけど、俺は密室に朋子さんと二人きりでいることにちょっとムラムラした。


    そばにいると朋子さんのいい匂いが漂ってくるし。


    俺はたいして体つきもよくないんだが、ネクタイをとり、ボタンをいつもより多めに外して男のセクシーさをアピールしてた。


    彼女は上着を脱いでいて、カーディガンとキャミ、膝丈のスカートという服装だった。


    ひょんな流れから俺は「朋子さんの胸って小さくて可愛いね」と軽く言ってみた。


    朋子さんは「そんなことない!」って言って胸を突き出してきた。


    カーディガンの前を肌蹴させながら見せてきたから、俺はとりあえずカーディガンを脱いでもらった。


    やっぱりどんなに大きくみてもBカップ。


    下心を隠すためにブラの話にもっていった。


    俺「黒いブラですかー!お洒落ですね」

    朋「でしょー。

    このブラ最近のお気に入りなの」

    俺「どんなんですかぁ?」

    朋「こんなの(チラ)」

    俺「全然見えねー」

    俺は強引にキャミを掴んで引っ張った。


    が、すぐに朋子さんの手がそれをブロック。


    俺「ちょっとだけ!ちょっとだけ!5秒でいいから!!」

    かなり必死な俺。




     

    0461
    Gカップの彼女とセックスした時のエロ体験談





    俺、会社員25歳。


    身長160センチあるかないかぐらい。


    痩せ型。


    顏は女顏だとよく言われ、よく似てると言われる芸能人は、永井真理子。


    彼女、会社員28歳。


    身長はかなり高い。


    170センチは超えてる。


    胸はGカップらしい。


    尻もかなりでかい。


    太ってはいないが、ごついのでニューハーフに間違えられたこともあるらしい。


    小池栄子に似てるとよく言われてるが顔はあまり似てない。


    おそらく体格とかスタイルのイメージ。


    もともと彼女が会社の先輩で、付き合い始めてから1年ちょい。


    彼女の方から付き合わないかと言われた。


    最初は身長差もあるし、弟気分でからかわれてるのかと思ったが、彼女は細い小さい男が好みだったらしく、かなり覚悟を決めて告白してくれたらしい。


    俺はグラマーな女性が好みで、彼女の身体にはいつも生唾飲んでたぐらいだから、二つ返事でOK。


    相手の親にも挨拶して、半年後には結婚予定。


    では、本題に。


    つい先日、彼女が生理中でしばらくエッチがお預け状態でムラムラしてたこともあり、ネットでAVを購入して観ていた。


    基本的にMなので、AVはたいてい痴女モノや逆レイプ系のを見てたんだが、なんとなくそのときは変わったものが観たくなってレイプ系のやつを買った。


    そのAVは企画モノで、出演予定のAV女優にいきなり予期せぬタイミングで襲い掛かって、すぐ挿入するという内容で、女の子は最初は嫌がったり困ったりするが、もともとAV出演で呼ばれてきてる子で、挿入されて突かれるうちにその気になってしまうという系統で、本格レイプとかではなく、和姦系で個人的にかなりツボだった。


    それを観てるうちに、もし彼女が同じような状況ならどういう反応をするんだろう、と興味が沸き、やってみたくてしょうがなくなった。


    幸い、三日後にうちのアパートに来るし、生理もそのときには終わってる(エッチするつもりで来る)と聞いていたので、AVで抜くのを我慢して三日後を待った。


    三日間の間に色々考えた。


    身長差がある(というか脚の長さが違い過ぎる)ので普通に立ちバックは無理があるから、やっぱり四つん這いにさせないとな、とか。


    あと、いきなり挿入するっていっても濡れてないだろうし、痛がらせるのも本位じゃないしなぁ、と思いローションも準備した。


    そんなこんなで三日後、もうワクワクしながら彼女を待っていた。




     

    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ