気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談【泥酔】   カテゴリ : H体験談【泥酔】

    a11122343001884

    もう結構前の話。




    ○田のキャバクラで飲んでたんだけど、キャバ嬢のお持ち帰りに失敗したのさ。




    「今日は彼氏が迎えに来るから○○クンと飲みに行けなくなった」



    2回お持ち帰りしてる子だったから、ちょっと何かあてが外れてしまいムッとしててね、大して飲んでねーし仕方無しに店を出たあと車で帰ったのさ。




    ○田駅の方に向かって車を走らせ、細い路地をやっとこ車で通るとキャバ嬢らしき者が2人でうずくまってた。




    「出たー!酔っ払いすげー邪魔!」



    とぶちぶち言ってたけど、別の考えも出てきた。




    「おねーさん、車ぶつかっちゃうよー」



    と声かけてみる、そしたら1人が



    「あ、すいませーん」



    「ほらー○○、轢かれるしー」



    「ちょっと動いてよ」



    なんて1人をどかそうとするが動かない。



    俺は

    「しょーがないなー大丈夫?」

    なんて言いながら車を降りていく。


    状況を見るに、2人は両方とも酔っ払いだが1人は泥酔、もう1人が辛うじてって感じだな。


    店が引けたキャバ嬢なら普通は送りがつくはずなんだけどなぁとか思いながら女に

    「すげー酔ってるね。

    何してんのよこんなトコで?」

    女「ごめんなさい、チョーしつこい客がいてー余裕でバックレたんだけどコイツ死んでー」

    全然余裕に見えないのは俺だけか?

    要は店が終わって客とアフターしたんだけど、やらせろとしつこいので酒を飲ませて潰れた頃を見計らって逃げた、と。


    なるほどね、おまけに自分の限界も超えてしまったと。


    俺「俺さ、送りのバイトやってんだけど、もう終わりだからついでに乗ってくか?」

    何のついでか知らんけどさw

    ワゴン車バンザイって感じで、向こうも"え?いいの?"状態。


    女「いやいやいいですよ、そんな大丈夫ですからー」

    俺「バッカこんな所で潰れてちゃ危ねぇって。

    いいよ別についでだから」

    ちょっと強気、しかし何のついでだ?

    女「でもチョー悪いし、大丈夫だからいいです」

    俺「まぁいいよ、別に金なんて取らねーから、今度店行くからサービスよろしく」

    俺「とりあえずこの子積むかー」

    よいしょっと

    俺「で、何ちゃん?道教えてもらうから横でいい?」

    女「すみませんチョー助かったかも」

    俺に角とシッポが生えてきましたよw

    いざ車発進!

    泥酔娘は後ろのシートで寝かしてる。


    a11122343001881

    少し長くなるけどボクの大切な人との馴れ初めを書いてみたい。




    「田中くん、この受注報告書、間違っているわよ」



    笹倉さんにそう言われ、



    ボクは頭を掻きながら書類を受け取ると自分の席に戻ってどこが間違っているのかを探し始めた。




    この道二十年近くのベテラン社員である笹倉さんは手堅い事務で定評のある人だが、



    間違いがあることは言ってくれてもどこが間違っているのかは教えてくれない。




    "営業のボクは忙しいのだから、



    どこが違っているのか言ってくれても良さそうなものなのに"と一人ごちて書類と睨めっこをしているうちにようやく判った。




    ボクは受注報告書を訂正すると、笹倉さんのところに持っていった。




    「気をつけてね」



    笹倉さんは一瞬だけ目を上げてその一言を言うと、書類を受け取ると直ぐにパソコンに視線を戻して自分の仕事に戻った。




    二十年のベテランというのだから恐らく年は四十前後、女性にしては背が高くて髪の毛をいつもひっつめにしているので、オフィスでは目立つ方だ。




    胸は薄くて小さいが、すらっと背筋が伸びていてよく見ると身体のバランスはとれており、



    清楚な感じの中にどことなく品があって、四十前後とは思えないくらい若くて綺麗だ。



    とは言ってもいつもメガネを掛けていて、二十代には見られない人生の深みみたいな雰囲気は十分に漂っていた。


    笹倉さんは仕事に対して真面目な分、周りの人にはちょっと厳しい。


    その結果、若い女の子に給湯室でたまに悪口を言われたりする。


    「笹倉さんたらねぇ、"間違っている"って言うから"どこですか?"って聞いても教えてくれないのよぉ」

    「わかるぅー、自分がちょっと仕事ができるからって、上から目線なのよねー」

    笹倉さんは意地悪ではない。


    当然に上から目線なわけでもない。


    さっきの報告書だって、本当のことを言うとボクは一ヶ月ほど前に別の報告書で同じところを間違えていた。


    笹倉さんは確かその時には何が間違っているのかを丁寧とは言えないけれど、きちんと教えてくれた。


    「君たち、自分に非がないなら陰でコソコソ言わないで笹倉さんに直接言ったら?」

    給湯室を覗き込むようにして入り口でそう言ってやったら、二人の女子社員は少しむくれて給湯室から出て行こうとした。


    ボクを無視して横を通り過ぎたようとしたところで二人の足が止まった。


    振り返るとそこにはマグカップを持った笹倉さんが立っていた。


    二人は一旦顔を見合わせたあと、バツが悪そうに目を伏せながらそそくさと走り去って行った。


    「笹倉さん、聞いてたんですか?」

    「何のこと?」

    そう言うと、笹倉さんはそれ以上は何も言わずに給湯室に入って行って、手に持っていたマグカップを洗い始めた。


    笹倉さんはいつも白っぽいブラウスを着ていて、後ろから見るとブラジャーがちょっとだけ透けて見える。


    そんなことがあってから二週間ぐらいが経った金曜日の夜だった。


    ボクが接待の帰りで繁華街を歩いていたら、向かいからフラフラと歩いてくる笹倉さんにバッタリと出くわした。


    メガネは掛けていなかったけれど、直ぐに笹倉さんだと判った。


    「笹倉さん!」

    びっくりして思わず名前を呼ぶと、笹倉さんはゆっくりと酔った視線をボクに向けると、

    「あっ、田中くんだぁ」

    と少し呂律の回らない口調で言った。


    「こんなところで何してるんですか!」

    ボクの口調に少し非難の色を感じ取ったのか、

    「おっ、報告書もきちんと書けない男が何か言ってるぅ・・・」

    そう言うと笹倉さんの身体が大きく揺れて倒れそうになったので、ボクは笹倉さんの脇に手を回して支えた。


    「あ、田中くん、いま、わらしのおっぱい触ったぁ」

    「ち、違いますよ!支えなきゃ、笹倉さん、転ぶところでしたよ!」

    「あー、痴漢のいいわけぇ・・・」

    "まいったな・・・"

    そんな風に呟いていると、笹倉さんはゆらゆらと身体を揺らしながらボクに背を向けてバッグの口を開けたまま歩き始めた。


    身体が傾いた拍子にバッグの中身が道に散らばったのに、笹倉さんはそれらを拾おうともせず、お構いなしにフラフラと歩いていく。


    ボクは笹倉さんが落としていったものを拾い集めると、"携帯に財布まで落ちてるじゃん・・・"などと思いながらも歩いて立ち去ろうとする笹倉さんに小走りで追いつくと肩を貸した。


    ちょうど通りかかったタクシーを拾ってぐにゃぐにゃになる一歩手前の笹倉さんの身体を押し込んだ。


    a11122343001897

    夏真っ盛りなある日、職場の送別会があり、仕事を終えて居酒屋へ。




    私は同僚の隣を陣取った。




    仕事の経験年数も年も私達が一番若いので、下座でオーダーなど目配り気配りに必死。




    みんなある程度酔いが回ってきたので、フードやドリンクを頼む人も激減。




    話に熱が入る。




    その頃から私達は食事をし始め、お酒もがっつり飲み始めた。




    大半の人がベロンベロンでその場で眠り始めた頃、同僚も酔っている。




    同僚は胸元がパックリ開いたシャツにスカートで、何とも涼しそう。




    そして空いたお皿をふすまの所に置いたり、何かしらの動作で前のめりになることが多い。




    酔っているせいか、胸元のシャツも押さえない。




    私は、もしかしたらおっぱいが見えるんじゃないかと思い、彼女の真正面に座ることに。




    すると、見えた!バッチリ見える!シャツからの左乳が。



    ブラのストラップは黒、カップの外はシルバーと黒、内はピンクと派手なブラをしている。


    あと少しでお腹の辺りも見えそうなくらいだ。

    a11122343001814

    レースクイーンをしている友人から



    「みんなが紹介して欲しがってるから、今年の忘年会には是非参加して欲しい」



    と頼まれました。




    私が業界関係の仕事をしている為、コネを作りたくて呼ばれたんだと思います。




    その日はクリスマスイヴ前で、面倒臭いなと思いながら渋々その忘年会に参加。




    仕事が忙しかった私は、一次会の終わり頃から加わりました。




    来ていたメンバーはレースクイーンやモデル、深夜番組でアシスタントをしているような駆け出しのタレント達が中心でした。




    もちろん男性陣もモデルや舞台俳優をやっているような人達がほとんどでした。




    ミニスカポリスに出てる子や、変わった職業ではそこそこ人気のある漫画家もいました。


    a11122343001730

    サークルの新年会四次会の家呑み後、



    男性陣が壊滅しあんまり酔ってない女性陣が送っていった



    俺もかなりべろんべろんで寝っ転がって半分寝てたら



    女性陣の一人Kが帰ってきた(ただいまと声がした)



    目も開けずにうめいて



    そのまま半分寝てたらいたずらをはじめた



    Kは体系はぽっちゃりして小柄、顔は人並み、化粧っ気がうすく地味な服装



    面倒見がよくノリもいい、というかノリが男性的で俺はKと親友だと思ってた



    講義や飯を食いに行くのも一緒、悪ふざけもバカやるのも一緒だった



    そのKが寝ている俺の鼻をつまんだり唇をムニムニしだした



    目を開けるのもおっくうで呻いてだけいたらそのうちお腹を撫ではじめた


     

    a11122343001737

    昔バイトしてた雑貨屋の店長が女で、超生意気で皆から嫌われていた



    確かに美人でスタイルは良いのだがそれを鼻にかける所があり



    バブル時代に散々遊んで高飛車になってしまった行き遅れの30代って感じだ



    でも俺はバイトと割り切ってたんで、



    店長に腹を立てても顔にはあらわさないでいた



    そんな俺だから店長もどんどん調子に乗ってゆき、



    他のバイトのミスも俺のせいにするようになってきた



    いい加減に辞めてやると思っていたある日、店長は俺を食事に誘ってきた



    辞める事を切り出すのには丁度いいチャンスと思い



    付いていったらとんでもない


    a11122343001618

    一昨日の夜に飲み過ぎてしまい、そのまま彼の家に泊まる事になったらそこで勝手に避妊もせずにされてしまった。




    いや、彼曰く、勝手ではないらしいが。




    私に問うた所、「大丈夫」という旨の発言をしたらしい。




    私は安全日なんてあやふやなものは信用していないので、避妊なしでの性交渉なんてあり得ないと思っていたのだが、彼はそうじゃなかったらしい。




    男性は着けない方が気持ちいいんでしょ?



    それは分かってるけど、気がついた時には行為は佳境に入っており、お腹に出された。




    で、一言。



    a11122343001617

    入社5年目の時、定年退職する人の送別会を地元の旅館でやった。




    部署単位での送別会だったんで参加者は少なく、メンバーは退職する部長(男)そして課長(男)と係長(男)と僕、女子はA子主任(32)、B子(31)の計5人A子主任の方は仕事は真面目でよく働くんで尊敬してる。




    ちょっとぽっちゃりだけど、可愛らしく松たか子似なんで以後は松さん(仮)と呼びます。




    B子の方は松さんとは性格が真逆でおっちょこちょい。




    見た目も可愛い系の松さんとは真逆で細身の綺麗系で、矢田さん(仮)にしときます。




    ちなみにどちらも既婚。




    僕はもちろん独身送別会も一段落し、男部屋、女部屋へとそれぞれ戻ります。

    (人数も少ないんでそれぞれ一部屋ずつ)



    部屋で男上司3人とビールを飲みながら部長との思い出話に花を咲かせます。




    すると、女子2人が



    「露天風呂いきませんか」



    と誘ってきて、課長と女子2人の4人で露天風呂へ行くこととなりました。



    部長は年のせいか既に横になってます。


    係長はこの時既に酒でダウン。


    露天風呂は脱衣所別々で、中入ると壁一枚。


    壁は途中までで、奥の方では行き来自由の実質混浴で、入るまで誰も知らなかった。


    うちの部署は下ネタが一切ない部署なもんでどうしたもんかと・・・。


    課長と2人本気で困ってました。

    (ヘタレです)

    とりあえず課長と湯に浸かってると、小さい旅館でちょうど温泉は自分等しかいなかったからか奥の方から矢田さんが

    「気持ちいいですか?」

    って顔をひょっこり出してきました。


    a11122343001499

    数年前の俺のエッチ話です。




    当時は会社の仲間とその女友達とでカラオケにハマっていて、よく朝方まで騒いでおりました。




    直接の友達ではなかったので、その女の子達のフルネームは知りませんでしたが、その程度の付き合いだったんです。




    その中の1人に、細身でスタイルのいい髪の短い女の子がいました。




    顔は川村ひかるに似た感じで可愛い子です。




    名前も忘れたので、とりあえず川村としておきます。




    その日もカラオケでわいわい騒いでおりました。




    そこは和室の部屋があって、いつもそこを使ってたんです。




    夜も更けた午前3時、川村はお疲れ気味だったらしくテーブルにうつ伏せで寝てしまいました。




    隣に座っていた俺が

    「おい、寝るなよー」

    と声を掛けると

    「寝てないよー」

    と可愛く返事をするものの起きません。


    持っていた箸で脇腹をつつくと、くすぐったそうに体をよじります。

    a11122343001505

    まずは相手のスペック。




    年齢は同い年の20歳。




    高校の同級生でもあり、男友達の彼女でもある。




    俺はAKBにはそんな詳しくはないんだけど、周りからAKBの島崎遥香って子に似てると評判だった。




    俺も画像を見せてもらった事があったけど結構似てて、本人も最近よく言われるらしい。




    なので名前は遥香(はるか)にしておく。




    遥は性格はちょっと生意気な感じで、良い意味で男っぽい。




    身長は150cmそこそこくらいで、童顔で黒髪にポニーテールの髪型をよくしてた。




    そんなだから20歳には全然見えず、16歳といっても通用するくらいだった。




    色白で、キリッとした目と、笑った時に出来る両頬のエクボが特徴。




    遥香は俺の事を「七尾」と名前で呼び捨てで呼んでいた。


    a11122343001425

    近所のサークル仲間で、2人ほど妹感覚で遊んでいた女の子がいる。




    向こうも前々から



    「お兄ちゃん欲しかった」



    って言ってて、ここ最近は事あるごとに遊んでた。




    2人とも俺に懐いていて、1回自室アパートに泊まった事もある。

    (俺+♀2)



    その時はまぁ、俺は2DKの別室で1人寂しく毛布に包まってネンネ。




    ♀2は俺のベッドで寝てた。




    A(♀・20・ポッチャリ)。

    先に知り合った仲のいい子、こっちの方が好み、彼氏持ち。




    B(♀・20・ナイチチ)。

    後から仲良くなった子、好みではないけれど話が合う。




    Aを狙うがためにB同席でもいいかな、なんて思ってた俺。




    2人の就職祝いに飲みに連れて行く約束をしてたんだけど、急遽Aが参加出来なくなった事が判明。



    俺「Aちゃん来れないんだ?2人でデートになっちゃうね」

    B「そだね」

    俺「Bちゃんがよければ俺問題なし」

    B「あたしも問題ないよ。

    その代わり泊めてね。

    でも手出しちゃダメだよw」

    俺「そんな事しません。

    あと3年待ちますw」

    こんなやりとりで金曜夜は2人で飲みとなった。


    行ったのは行きつけのバー。

    a11122343001428


    僕は22歳の大学生で、東京都心にあるオートロック式のワンルームマンションに住んでいます。




    このマンションには僕と同じ大学に通う人も少なからず住んでおり、同じ階の斜向かいに、学年が1つ下の元気な女の子が住んでいます。




    いつも挨拶して礼儀正しく、特に親しいわけではありませんでしたが、たまにエレベーターで一緒になったりした時は、10分くらい立ち話するくらいの仲でした。




    先日、友達と遅い夕食をとって、夜0時過ぎにマンションに着いたのですが、僕の部屋の階でエレベーターを降りると、廊下に人が倒れています。




    飛び上がるほどびっくりしてすぐ駆け寄ってみると、斜向かいの女の子でした。




    慌てて抱き起こすと、凄いお酒の匂い。




    「何だ、酔っぱらって寝てただけか」



    と拍子抜けしましたが、とにかく彼女の部屋に運んであげないと……と思い、とりあえず彼女の部屋の前まで抱き上げました。




    しかし気付いてみると、部屋の鍵は当然ながら彼女が持っています。


    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ