気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験【思い出のH】   カテゴリ : H体験【思い出のH】

    a11122343001238

    俺31歳 彼女22歳の時だった。




    休みの日の午後、彼女が「ご飯作ってあげる」と言って家にやってきた。


     

    前のデートの時も家に来てくれて、



    帰りしなの初キスの後、彼女をバス停迄送っていく間



    彼女がしなだれかかるようにして腕を組んできていたので、



    今日はチャンスがあれば最後まで行けるかもしれないと思っていた。




    二人で料理を作って(と言っても殆ど彼女がやっていたがw)食べた。




    その後も雑談やビデオを観てすごした。




    冬の昼は短く辺りも薄暗くなりかけてた頃、



    お互い絨毯の上に直に座って話をしている時に彼女を抱き寄せた。



    彼女:「どうしたの?」

    俺:「・・・」

    俺は無言のまま抱きしめていたが、 暫くの後、片手を下に移動させて彼女のパンツのベルトを緩め脱がそうとした。

    a11122343001903

    私の20年ほど前の経験。




    相手は日本で指折りの食品会社の副社長の娘でした。




    かなり短期で終わってしまったんだが、いつも「です」「ます」で喋る、




    まさに育ちの良いお金持ちのお嬢さんだった。




    彼女とは、俺の友人の夕食会で知り合った。




    俺は彼女とは面識がなかったが、俺の友達が彼女をよく知っており、それで話をする事が出来た。




    何でも彼女の親父さんが退職し、リゾート地に引っ越すとかで、



    彼女はまだ両親と一緒に暮らしていたので、一緒に行くのか1人で残るのかの選択を迫られていた。




    彼女は身長約165cm、サイズは上から85・60・90ぐらいで、物凄いグラマーだった。




    その上、目の遣りどころがないほどの爆乳。




    恐らくEからFカップぐらいだろうか。



    やはり裕福な家に生まれると食生活が恵まれているのか、とても発育がいいようだ。


    その日の彼女は夏の初めだった事もあり、薄水色にプリントの柄が涼しげなワンピースを着ており、身体の線はそれほど強調されてはいなかった。


    しかし、ちょっと気をつけてみれば彼女の肢体がいかに成熟しているかは隠せるはずもなかった。


    特に胸の辺りは、ワンピースがパッツンパッツンに張っているのが見て取れた。


    彼女が姿勢を変えたり笑ったりする度に、その部分が悩ましく振動するのがよく見えた。


    俺は彼女に礼儀正しく挨拶をし、彼女がこの先どうするかを悩んでいる、という話を聞いてやった。


    彼女のセミショートの髪は艶々とし、タイムスリップしたのでは、と思わせるほど丁寧な言葉遣い。


    そして俺の目をじっと見つめてくる彼女の目は、明らかに育ちの良さを示していた。


    そのワンピースの下に見え隠れする、グラマーな肢体とのコントラストが俺の理性を麻痺させた。


    俺は酔った勢いもあってか、彼女に絶対に引っ越すべきではなく、君は1人でこの街に残るべきだ、という無責任は話をしていた。


    彼女はそれをどう思ったのか分からないが、数日後に彼女から手紙が来て、一緒に会う事になった。


    当日、彼女はゆったりとした、しかし薄手の夏用のワンピースで、腰はセクシーに紐でくくられていた。


    彼女と一緒に映画を見て公園を歩き回り、いわゆる平凡な、遊び慣れている子にすれば退屈なデートだったかもしれない。


    しかし、彼女はその育ちの良さからか静かに一緒に歩き、見る物を楽しそうに話し、実に上品だった。


    俺はそういう子が初めてだったので、半ば面食らいながらも楽しく過ごした。


    当然こういう上品な子だから、なかなかすぐに発展はしないだろう、と踏んでいた。


    その日の夜、彼女の両親の家まで車で送り、少し離れたところに車を止め、しばらく話をした。


    彼女は

    「今日は私、久しぶりのデートでとても楽しく過ごす事が出来ました。

    お付き合いくださって、どうもありがとうございました」

    と丁寧に礼を言ってくれ、俺を感動させた。


    俺は彼女の手を握ると、彼女は俺の方をじっと見つめ、俺は堪らず彼女にキスをした。


    軽く、しかし長いキスをしながら、俺は手を滑らし、彼女の腕、そして彼女の腰、やがて片手は彼女の太ももを優しく擦り、もう一方の手は背中を緩やかにタッチした。


    時々唇を離して見つめ合い、またキスにふけった。


    a11122343001881

    少し長くなるけどボクの大切な人との馴れ初めを書いてみたい。




    「田中くん、この受注報告書、間違っているわよ」



    笹倉さんにそう言われ、



    ボクは頭を掻きながら書類を受け取ると自分の席に戻ってどこが間違っているのかを探し始めた。




    この道二十年近くのベテラン社員である笹倉さんは手堅い事務で定評のある人だが、



    間違いがあることは言ってくれてもどこが間違っているのかは教えてくれない。




    "営業のボクは忙しいのだから、



    どこが違っているのか言ってくれても良さそうなものなのに"と一人ごちて書類と睨めっこをしているうちにようやく判った。




    ボクは受注報告書を訂正すると、笹倉さんのところに持っていった。




    「気をつけてね」



    笹倉さんは一瞬だけ目を上げてその一言を言うと、書類を受け取ると直ぐにパソコンに視線を戻して自分の仕事に戻った。




    二十年のベテランというのだから恐らく年は四十前後、女性にしては背が高くて髪の毛をいつもひっつめにしているので、オフィスでは目立つ方だ。




    胸は薄くて小さいが、すらっと背筋が伸びていてよく見ると身体のバランスはとれており、



    清楚な感じの中にどことなく品があって、四十前後とは思えないくらい若くて綺麗だ。



    とは言ってもいつもメガネを掛けていて、二十代には見られない人生の深みみたいな雰囲気は十分に漂っていた。


    笹倉さんは仕事に対して真面目な分、周りの人にはちょっと厳しい。


    その結果、若い女の子に給湯室でたまに悪口を言われたりする。


    「笹倉さんたらねぇ、"間違っている"って言うから"どこですか?"って聞いても教えてくれないのよぉ」

    「わかるぅー、自分がちょっと仕事ができるからって、上から目線なのよねー」

    笹倉さんは意地悪ではない。


    当然に上から目線なわけでもない。


    さっきの報告書だって、本当のことを言うとボクは一ヶ月ほど前に別の報告書で同じところを間違えていた。


    笹倉さんは確かその時には何が間違っているのかを丁寧とは言えないけれど、きちんと教えてくれた。


    「君たち、自分に非がないなら陰でコソコソ言わないで笹倉さんに直接言ったら?」

    給湯室を覗き込むようにして入り口でそう言ってやったら、二人の女子社員は少しむくれて給湯室から出て行こうとした。


    ボクを無視して横を通り過ぎたようとしたところで二人の足が止まった。


    振り返るとそこにはマグカップを持った笹倉さんが立っていた。


    二人は一旦顔を見合わせたあと、バツが悪そうに目を伏せながらそそくさと走り去って行った。


    「笹倉さん、聞いてたんですか?」

    「何のこと?」

    そう言うと、笹倉さんはそれ以上は何も言わずに給湯室に入って行って、手に持っていたマグカップを洗い始めた。


    笹倉さんはいつも白っぽいブラウスを着ていて、後ろから見るとブラジャーがちょっとだけ透けて見える。


    そんなことがあってから二週間ぐらいが経った金曜日の夜だった。


    ボクが接待の帰りで繁華街を歩いていたら、向かいからフラフラと歩いてくる笹倉さんにバッタリと出くわした。


    メガネは掛けていなかったけれど、直ぐに笹倉さんだと判った。


    「笹倉さん!」

    びっくりして思わず名前を呼ぶと、笹倉さんはゆっくりと酔った視線をボクに向けると、

    「あっ、田中くんだぁ」

    と少し呂律の回らない口調で言った。


    「こんなところで何してるんですか!」

    ボクの口調に少し非難の色を感じ取ったのか、

    「おっ、報告書もきちんと書けない男が何か言ってるぅ・・・」

    そう言うと笹倉さんの身体が大きく揺れて倒れそうになったので、ボクは笹倉さんの脇に手を回して支えた。


    「あ、田中くん、いま、わらしのおっぱい触ったぁ」

    「ち、違いますよ!支えなきゃ、笹倉さん、転ぶところでしたよ!」

    「あー、痴漢のいいわけぇ・・・」

    "まいったな・・・"

    そんな風に呟いていると、笹倉さんはゆらゆらと身体を揺らしながらボクに背を向けてバッグの口を開けたまま歩き始めた。


    身体が傾いた拍子にバッグの中身が道に散らばったのに、笹倉さんはそれらを拾おうともせず、お構いなしにフラフラと歩いていく。


    ボクは笹倉さんが落としていったものを拾い集めると、"携帯に財布まで落ちてるじゃん・・・"などと思いながらも歩いて立ち去ろうとする笹倉さんに小走りで追いつくと肩を貸した。


    ちょうど通りかかったタクシーを拾ってぐにゃぐにゃになる一歩手前の笹倉さんの身体を押し込んだ。


    a11122343001810

    今付き合っている彼女(Y)と最初に結ばれたのは中3の夏ぐらいだった。




    その時の俺はテニスが大好きで、勉強も頑張りつつテニスで発散していた。




    夏休みのある日、その日はYが入っている陸上部とたまたま時間が重なっていた。




    Yとは家が近いこともあったので、その日の練習後の帰りはYと帰った。




    当時のYはちょこっと天然で、顔はかなり可愛く男子の中ではかなりモテていた。




    その時の俺ときたら、好みのはずなのに話す内容はなぜか音楽とかテレビとかで、今では謎の行動をしているなぁと思っている(笑)



    そろそろYと道が別れるから、いつも通り



    「じゃあね~!」



    とお互い言うのだが、この日は違った。




    俺がいつも通り



    「じゃあね~!」


     

    a11122343001729

    私、女なんですけど、



    友達(女の子)としてしまったことがあります。




    一度彼女がうちに泊まりに来てくれた時、



    夜通し話していたら、ふいにぎゅっと抱きしめられたことがありました。




    ずいぶん体温高いな、汗かいてるのかな?というくらいあったかくて。




    その時は何もなかったのですけど、二度目に泊まりに来てくれた時は、



    またぎゅうーと抱きしめられて、やっぱり彼女の体が熱いくらいで、



    「どうしたの?」と恐る恐る聞いてみたら、



    「…発情しちゃって」って。




    私を抱きたいってことかな?



    でも、私、ノーマルなんだけど…友達だし、でも信頼してるし、



    きっと本気で思ってるんだろうなとか頭の中で色々考えて、



    「してみる…?」と言ってみました。



    a11122343001429

    俺の初体験は、笑われるかもしれませんが25歳です。




    大学でも彼女が出来ずに彼女いない暦23年で、社会人になってから初めてできました。

    (そもそも女友達さえいなかった)



    今回僕がここに投書させていただいたのは、まだ性経験が無い事を焦ったり、恥ずかしく思ったり、興味本位で性交をしようとする人に少しでいいから性について考えてほしいからです。




    SEXは焦ったり、興味本位でするものではないのです。




    SEXは自立してからするもの、俺はそう思います。




    絶対大好きな人はできます。

    俺でさえそうだったのですから。




    そりゃ、俺自身大学卒業まで辛かったです。

     

    a11122343001860

    今から5年前、数学の教育実習として我がクラスに1人の女性がやってきた。




    麻美先生で年齢は22歳、身長は160cmくらいで、川島海荷似の清純そうな女性。




    教育実習初日は特に何もなかったが、次の日麻美先生に呼ばれて話をしていると、俺の兄と同級生という事が分かって話が弾んだ。




    麻美先生が来て1週間が過ぎたある日曜日、俺はパソコン機器を買う為に電気街に出かけた。




    ショップに入った時、後ろから肩をトントンと叩かれ、振り向くと1人の女性がいた。




    麻美先生だ!



    麻美先生もパソコン機器を買う為に来たみたいだった。




    電化製品に疎い麻美先生に頼まれて、パソコンの初期設定をしてあげる事になり、先生のアパートへ行く事になった。




    ワンルームで、女性らしい部屋で良い匂いがしていた。




    その匂いで既に頭がクラクラしていた。
     

    a11122343002374

    ありきたりだけど、僕とカノジョとの馴れ初めは、大学1年の時、同級生4人で忘年会をした時のことだった。




    入学した当初、僕はコウタとよく遊んでいたのだが、暫くするとコウタとユキが付き合うようになり、



    ユキの友達だったレイコを交えた4人で行動することが多くなっていた。




    レイコは背がスラリと高く、ストレートで長い髪が綺麗な女の子だった。




    僕はレイコよりも背が高かったので、最初は気づかなかったが、レイコは、



    実は自分の背が高いのを気にしていて、猫背で歩く癖がついていた。




    「ほら、しゃんと背中を伸ばして歩きなよ」



    僕がそういう度に、レイコは少しだけ照れるように笑って、グッと胸を反らせて見せると、



    細い身体なのに豊かな胸が目立って、ちょっとドキッとした。




    その日もコウタの下宿にユキとレイコと僕で、酒の肴を持ち寄って集まり、


    a11122343002839


    僕自身童貞で、妻も経験なしで婚約しました。




    だから、いわゆるオマンコにチンポをハメハメしたのは新婚旅行の第一夜なわけです。




    もちろん僕も健康な男でしたから、



    女性の張り切った腰回りとか豊かな胸を見る度に男の下半身の欲望を満たしたいと…



    しかし…度胸がなかったので体の関係は持った事がありませんでした。




    だから妻を紹介され、見初めたと同時に、早くこの女性と生まれた姿のまま抱き合い、



    硬く勃起したチンポをを思いっきりこの女性のまだ見た事もない、
     

    a11122343002843

    高3の時に女の先生(27歳)の事が好きで告白した。




    美人なのに真面目すぎて少し冷たい感じがするけど、生徒の間では結構人気者だった。




    元々告白なんてする気は無かったけど、たまたま休日に街でばったり会って少し会話して2人きりだったし、



    チャンスだと思って告白した。




    笑われるか?と思ったけど、真面目に話聞いてくれて



    「気持ちは嬉しいし、年の差も気にしないけど、きちんと学校出た社会人じゃないと付き合えない。




    でも私と付き合うために大学進学を辞めるのは無し」



    と言われた。




    「俺が大学卒業して社会人になったら、もう一度告白しに来て良いですか?その時、彼氏や旦那がいたら諦めますから」



    と言ったら

    「うん、分かった。

    でもその頃には私もうオバサンになってるよ?」

    と笑顔で返された。


    でも俺が大学3年の時に、先生が教師を辞めた事を人伝に聞いた。


    故郷の実家に帰ったらしいと聞いたけど、実家の住所も知らないし、完全に音信不通になってしまった。


    それからまた1年して就職先も決まって安心してた頃、同じ高校の女友達から

    「○○先生と今度飲む約束してるけど、アンタも来る?先生もアンタに会いたがってるみたいだし」

    と連絡が来た。


    言うまでもなく、俺は喜んでその話に飛びついた。


    3人で会ってお酒飲みながら先生から色々話を聞いたけど、まとめると

    ・色々事情があって教師を辞めた。

    ・ひとまず実家に帰っていたけど、またこっちに引っ越してきた。

    ・今は民間企業で会社員をしてる。

    ・独身で彼氏もいない。

    a11122343002547

    昔付き合っていた女性との話です。




    小西真奈美に似ていてスラっととした長身の綺麗な感じの娘で、エッチの相性はイマイチだったんですが、とにかく手コキが天才的に激ウマ(^^;)



    エッチはあまりしたいと思わなかったので、彼女に会うと毎回手コキをお願いしてました。




    ホテルはお金がかかるので、もっぱら車の中で。




    車の中にはローションを常備していたので、会うたび会うたびローション手コキをしてもらってました(^^)



    手コキの素晴らしさに目覚めた俺は、最高のシチュエーションで手コキをやって貰いたいと考え、色々悩んだ結果、次のような感じでお願いしました。

    a11122343002731

    25歳の時、マンションに一人暮らしをしていたが、隣の部屋に若い女が住んでいた。




    迷惑な事に、この女はいつも夜遅くに洗濯をしていた。




    その日も0時位からまたガーガーやり始め、うるさくて眠れずイライラしてついに、ベランダ越しに



    「うるせえなぁ!」



    と文句を言ったら、女が



    「私の勝手でしょ。

    うるさいわね、覗かないでよ変態!」



    と逆ギレしやがった。

     

    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ