気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談【痴漢・痴女】   カテゴリ : H体験談【痴漢・痴女】

    pic-0212001769
    満喫でおじさんと一緒にオナニーしてるの。

    今日は大学が昼からだったから、それまで暇を潰そうと思って漫画喫茶に行ったらめちゃめちゃ空いてたので、個室でオナってしまいました\(^o^)/

    個室といっても低い板で仕切られてるだけだったからかなり興奮した。


    その店はちょっと値は張るけど小綺麗だから気に入っていて結構よく行く。



    今日行ったときは、最初は私しか客が居なかったみたいなんだけど、トイレから戻るときにスーツのおじさんが私の隣(背後)の個室に入っていってたのを見たんだ。


    それで、壁一枚隔てて荒い鼻息がフーフー聞こえてきたもんだからついつい興奮してしまって、スカート捲り上げてパンツ膝まで下ろしてクチュクチュww
    最後、イくときに「あっ・・・」と甘い声が出てしまったので焦った。



    ん?と思って振り返ると、おじさんは目を見開いて、顔を真っ赤にして何か言いたげに私を見ていた。


    ふと下の方に目をやると、股間はモッコリw
    そして私の視線に気づいたおじさんは、そそくさと自分の個室に戻っていった。



    私は大学の時間もあるのでもう出ようと思っていたところなんだけど、
    どうもムラムラしてしまい講義どころではないので、あと30分だけ居ることに決めて、個室に戻った。




    bfe676dcb2bd4c95cdc560e51baf29a5
    通勤電車での話。

    香織が勤務するZ電機の本社は、香織の住む街からは電車で四十分ちょっとの距離にあっ
    た。

    駅まで歩く時間を入れると約五十分ほどの通勤時間になる。

     香織は軽めの朝食を終えると、明るめの赤いスーツに身を包み、髪を後で纏めて背中に垂
    らした。

     赤のスーツはインナーとスカートが一体式でちょうどノースリーブのワンピースの様に
    なっている。

    スカートの丈はだいたい膝上十センチぐらいといったところだ。

    香織は上着の
    前をちょうど臍のあたりについた大きめのボタンで留めた。

    スーツの赤は香織の白い肌によ
    く合い、その美しさとあいまってハッとするような鮮やかな印象を与える。

     香織は鏡に向かいほんの少しだけ化粧をすると、黒いショルダーバッグを肩に掛け、いつ
    も通り七時四十分に部屋を出た。


    a11122343001190
    満員電車で何度もイカされてしまった僕。

    僕が高校2年生の夏に受けた屈辱的な体験を書きます。



    僕は彼女である裕子ちゃんと一緒に電車で通学していました。


    裕子ちゃんとは同じ中学校に通っていましたが、クラスも別で気にはなっていたけど
    話す機会もなくて中学校3年間はほとんど会話を交わす事はありませんでした。


    高校に入ると同じクラスとなり、意気投合して高校2年になったと同時に付き合うことに
    なりました。


    当然女性経験は無く、裕子ちゃんとの恋愛を大事に育んでいました。


    付き合ってからは家も近いこともあり、駅で待ち合わせをして一緒に通学することに
    なりました。


    僕等が乗る駅は丁度座れるか座れないか程度の乗客が電車内にいました。


    運が良いと座れるといった感じです。


    その次の駅からは一気に人が乗り込んできて、マレに見る身動きのできない
    通勤ラッシュの光景となります。



    その日は座る事ができなく、いつものようにドアのところに裕子ちゃんを立たせて、
    後ろに僕がぴったりとくっつき、痴漢から守るようにしていました。


    やはり痴漢が多いと聞きますので裕子ちゃんに痴漢の手が来ないようにしていました。



    その日は裕子ちゃんと僕のすぐ横に、見た目20代半ばから後半くらいの女性が立って
    いたので、ラッシュになっても安全だと思って安心していました。


    そして次の駅になったときにいつものように大勢の人が乗り込んできて電車内は
    ぎっしりと詰まり、身動きのできない状態となりました。



    裕子ちゃんはドアにくっついてその後ろに僕が立っています。


    そして僕と裕子ちゃんの横にぴったりとくっつくように先程説明した女性が立って
    いました。


    ここまでは裕子ちゃんを守るという意味では完璧な配置でした。



    ところが電車が動き出すと同時に・・・ズボンの上から誰かの手がおちんちんを上下に
    擦ってきたのです。


    最初はカバンか何かが触れているのだと思っていましたが、すぐにそれは誰かの手で
    あることがわかりました。


    明らかに意図的に僕のおちんちんを上下に擦っているのです。


    僕は心臓の鼓動が高まり、まさか男である僕がこんな被害を受けるなんて想像もして
    いませんでした。



    一体誰が?

    裕子ちゃんは外側を向いていて手摺りにつかまっているのでそんなことはできるはずも
    なく、そんなことをする意味もありません。


    僕は下を見下ろしてその手の伸びている方を見ました。



    そう、朝から横に立っていた女性の手でした。


    僕は何気にその女性の顔を見ました。


    すると、女性はニヤリとしながら僕の顔を見つめ返してきたのです。


    すぐ20センチか30センチくらいの距離に女性の顔があり、僕は慌てて目を反らし俯いて
    しまいました。


    高校生であった僕は社会というものを知らず、初めての体験に恐くなってしまったの
    です。




    19_20140406014259ba6s
    私は風俗でアルバイトをしている女子大生です。

    お店では、一応手コキ、ゴムフェラまでですけど、チップさえもらえば口内射精・ゴックンもOKです。

    指名トップ3に入っています。


     この間、初めて痴女をしてしまいました。

    電車はS京線です。

    S京線は男の痴漢が多いことでも有名な線です。

     朝夕のラッシュ時はとても人が多くて、ドアが閉まらないくらいになります。

    私もしゅっちゅう痴漢に遭っています。

     もっとも私もふだん黒レザーのぴちぴちのホットパンツにロングブーツ、ラメ入りストッキングといった格好で、殿方達を挑発してるせいもあるんでしょうけど。


     その日はお店が早番だったので、朝、満員の電車に乗合わさなければなりませんでした。

     最初は痴女をしようなんて思って乗ったのではないですが、ふと気がつくと、硬くなったモノが私のお尻に押し当てられてくるではありませんか。

    09-1-300x300
    おじさんに犯されているつもりでビショぬ
    れのマンコにバイブを乱暴に・・・


    昨晩気持ちがたかぶったので、高校生の頃の制服を着て夜中に外出してみまし

    たぁ。

    23歳だけど150cmしかない童顔だし、良く未成年に間違われるので大丈

    夫かなぁと。



    夜中の1時過ぎにセーラー上下に紺のハイソックスとローファ、真面目な高校
    生に見えるように化粧は控えめにして、スクールバッグにはローターとバイブ
    を入れてお外へ。

    1度位しか気温がないから寒くてちょっと部屋に戻りたくな

    ったけど、そのまま外へ。

    家の近くには警察署があって補導?されてもいやな

    ので、あえてタクシーに乗って少し離れた場所にいどう。

    運転手さんに「こん

    な時間にどうしたの?」「何かあったの?」てバックミラー越しに視線がじろ
    じろ。

    その視線に感じてきちゃって「友達と遊んでたら遅くなっちゃって」て

    軽くいいつつ、オナニーしちゃいましたw軽くスカートをまくって、下着の上
    からマンコを触ると、エッチな汁がもうあふれてておじさんの突き刺さるよう
    な視線を意識しながら触ってるととまらなくなってきたので、ローターを取り
    出して使用。

    音が漏れないように気をつけてたけど、ばればれだったんだろう

    なぁw軽くいっちゃった時に、前に住んでいた場所の近くの車通りの多い商店
    街に到着。

    降りるときに「気持ちよかったの?」て言われて「はい、すごく良

    かったです♪」ていっちゃった。



    時間が2時前ということもあって、まだ人通りがまばらにある商店街。

    あまり

    変なことをして通報されても困るけど、もうとまりませんwマンコの中にロー
    ターを入れて、スイッチを中位に。

    ブーンという音が思ったより大きい音でひ

    びいて、入れているのがばればれw危ないかなぁと思いつつももうそのまま。


    ちょうど千鳥足のおじさんが大声で電話をしながら歩いてきたので、スイッチ
    が入ったまま、おじさんの方に向かって歩きます。

    私にきづいたおじさんが、

    こんな時間に歩いている女子高生の顔を目線を合わせるほど凝視して、その後
    全身を舐めるように見ています。

    それだけで膝がガクガクと震えてきたけど、

    無事すれ違いました。


    kimamamh090200461

    プチ露出したら男性ではなく女性につきまとわれたんです。

    8月前半、専門学校の夏休み中のことです。

    彼氏とも7月に別れたばっかりで、

    サークルの行事も中旬以降まで何もないので、暇な時期でした。



    早朝ですが、猛暑で気温は既に30℃近くに達していました。

    朝早く目覚めた私は暑さ

    でちょっとムラムラしてきて、無性に男性の視線を浴びたくなりました。



    そして我慢できなくなって、近くの運動公園にジョギングに出かけることにしました。



    何を着て行こうかと悩んだあげく、上は白のシースルーの小さめのTシャツとピンクの
    ブラ(紐なし)、下は膝上位の黒のスパッツのみを履くことにしました。



    鏡の前に立ってみるとけっこう大胆な格好です。

    上下とも体の線が完全に浮き出ています。


    またシャツは本当にスケスケで肌の色が透ける位です。

    当然ブラジャーも透けて丸見え

    スパッツはちょっと小さめ、黒なのでそんなに目立ちませんが近くから見るとかなり
    エッチなです。

    ショーツも履いてないし


    これで男性に見られちゃうかと思うと、この時点でかなり興奮してきました。



    公園までは薄いジャケットを羽織って行きました。


    マンションから出てちょっと人目がきになりましたが、だれにも会う事なく公園までた
    どり着くことができました。



    公園入り口の木の陰にジャケットを引っかけて、Tシャツとスパッツ姿になりました。


    この時点で心臓がバクバクしていました。



    運動公園の外周道路でジョギングを開始したのですがどういうわけか殆ど人に出くわさず、
    たまに会っても素通りされるだけで私のことを見てくれません。

    本当に期待外れでした。



    ジョギングを続けて疲れてもきたのでこのまま帰ろうかと思っていました。



    ただそれからしばらくして競技用の自転車?みたいなのに乗った女性が私を追い越したあ
    とに振り返って私のことをガン見してました。

    たまたまかなと思っていましたがその後も

    何回か追い抜いて振り返って私のことを見ていました。



    相手は30位の女性で、もしかしたら私の格好を不審に思ってチェックしているのかと思
    って、不安になりなるべく視線を避けるように走っていましたが、そのうち併走してこち
    らを見るようになりました。



    おそるおそる目を合わせてみるとけっこうきれいな女性で、ニヤニヤしながら
    「大胆なな格好ね」
    と話しかけてきました。



    いきなりなので私はちょっと焦って
    「いや。

    暑いから。




    と意味不明の事を行って彼女を避けるように走っていました。



    男性に見られると本当に興奮するのですが、やっぱり女性に見られるのは違和感があります。



    0198
    淫乱な奥さんに
    ベットに寝かされたオレはもう言いなりだった・・・

    10日間程留守にしていた奥さん(H子さん)が、お土産を持って

    預かっていた鍵を取りに来た。


    その時は、挨拶だけ交わして終わった。



    次の日の朝、母親が「お土産と、下着のお礼を置いてきて」と言うので
    オレは、その日の午後、少しバツが悪かったが渋々持って行く事にした。



    その日は、午後から小雨が降り始めていたので早目に用を済まそうと
    家を走って飛び出しH子さんの家へ急いだ。


    玄関のチャイムを鳴らすと
    H子さんが花柄のエプロン姿で出て来た。



    オレは、母親からの頼まれ物を差し出した。


    「わざわざ、ありがとうね・・・傘は持ってないの?」
    「小雨のうちに、帰りますから・・・」
    「ねえ、今誰もいないから、紅茶でも飲んでいかない?」
    「雨が本降りになると困るから・・・」と言いつつ心の中ではガッツポーズ!
    「大丈夫よ。

    帰りに傘貸してあげるから」

    0631
    俺は、ゲーム屋の痴女姉さんに童貞奪われた。

    ゲーム屋のお姉さんとの思い出

    高校の時、よく学校帰りのゲーム屋に行っていた。


    ゲーム予約・ゲーム購入・ゲーム売却(基本的にあんまり売れないけど)
    そんなに繁盛していないお店で、いつも20台中盤ぐらいのお姉さんだった。


    お姉さんはそんなに美人ではないけど、髪が肩ぐらいで清楚な感じで
    髪も自然ね茶髪ぐらいだったけど、胸は巨乳だった。


     
    高校生なのに、まあいろいろ環境もあって月イチぐらいでゲームを買っていたので
    予約まで含めると、月2~3回、中古で探す時もあったので
    もっと多い時もあったかもしれない。


    何回も行くと、お姉さんもいつもありがとねと言ってくれるようになり
    仲良くなっていった。



    そんなある日、ゲームの発売日だけど、文化祭の準備で遅くなった。



    ゲーム屋は8時に閉まるので、今日は買えないかなと思っていたら
    まだ開いているので急いで入った。


    お姉さんは、俺が来た瞬間に少しにっこりして、
    A君が来ないから、なんかあったのかなと思って心配しちゃったと言われた。


    この時、俺が店に入って見せた笑顔を見て、
    他の客と比べて俺は特別な扱いなのかなと思うと、なんか嬉しかった。



    0135
    京都の旅館で本当に起きたエロ体験談。

    「あぁ…お客さん、早くオチンポ入れてぇ〜子種を、子種を出してぇ〜」
    女将は自ら太ももをM字にかかえ、両手の指で剛毛とビラビラをめくりあげた。

    真っ赤に充血した膣口がパックリと開いた。



    (これからの話は二年前の実話である。

    )


    学生時代から神社仏閣巡りが好きな俺はゴールデンウィークを外して休みを取り、京都に旅に出た。



    お寺なんか嫌だ、USJに行きたいと言う彼女と軽い喧嘩をして一人で来た。

    泊まるのもホテルではなく古びた旅館を選ぶ。



    泊まった宿は小さくて不便な場所にあるが四代続いた老舗らしい。

    部屋に入ると若女将という女性が今は珍しい宿帳を持ってきた。



    細面の美人だが和服の下に隠れた肉付きの良さそうな体にドギマギした。

    三十代前半か?(こんないい女とやれる男がいるんだなあ…)と思った。


    さすがに女将は話上手で客は俺一人だけだったらしくしばらく楽しい談笑の中で旅館の歴史なんかを説明してくれたが、途中から俺の出身大学や親兄弟の職業、家族に病人がいないかとか、果ては血液型まで聞かれた。



    俺はちょっとムッとしたが美人の女将に免じて我慢した。



    kimamamh090900176
    妻をどんどん淫らな女にしていっています。

    腰にミニスカートを巻きつけただけの格好で、

    峡谷にて露出行為をさせられることになった独身時代の妻は、
    物陰のベンチの上で、私に抱き着いてきました。


    妻のワレメは異様なまでに潤っていました。


    白く、ねっとりとしたジュースがラビアの内側でべっとりとしていました。


    構わずにワレメに人差し指と中指を突っ込み、グリグリとかき混ぜると、
    妻のワギナは、ねっとりと私の指にまつわりついてきました。



    挿入した指を前後させ、クリの裏側を擦り上げるようにしながら、
    親指をクリに時々当てると、

    妻は、その度に小刻みに震えながら、「アァッ」とつぶやき、
    身体を痙攣させました。


    妻は、その部分を表と裏から同時に擦り上げられるのが弱点なのです
    (それでも、普通ならイク迄に10分くらいは、普通なら必要なのですが、、、、)。




    kimamamh0010600421
    東京に向かう夜行バスの中で人妻とのえっちな時間。

    このあいだ、東京までの夜行バスに乗りました。


    いつもは使わないのですが、どうしてもお金がなかったので。



    案の定狭いシートに詰め込まれて、バスの前方が男性とカップル。


    後部が女性のみに分けられたのですが、
    僕はギリギリに予約したからなのか、なぜか女性の席の方でした。


    後ろは4列ほど。


    女性ばかり。


    前は小学生くらいの男の子と女の子を連れた地味な女性でした。



    僕は2席を1人で使ってました。


    前の子連れの女性は僕を一瞥した後、子供は僕と反対側の席にやり、自分が僕の前に座りました。


    どうやら子供が騒がしくて迷惑をかけると困る、と僕を見て思ったんでしょう。



    僕は人から怖そうなイメージがあると言われます。


    本当は違うんですが。


    ただ、その瞬間に僕は、この人なら絶対に声を出さないと思ったのです。


    そして漫画を読んだりお母さんに色々と話してた子供も深夜に寝静まり、
    周りもメールなどをやめ、静寂が訪れました。




    僕は、意を決して、前の座席の隙間からそっと手を入れました。



    0200
    エロすぎるマッサージのおばさん。

    マッサージでものすごく大胆な痴女に遭遇したときの話です。


    どのジャンルか迷いましたけどこちらに投稿します。


    ちなみにフィクションではありませんので。



    僕は22歳の会社員で、出張や研修で他県に宿泊することが多々ありました。


    大阪に研修に行った時のことです。



    研修を終えて懇親会も終わり、僕は足がパンパンで肩も凝っており、マッサージを呼ぶことにしました。


    出張の度にマッサージはよく利用していました。



    24時過ぎ、部屋のチャイムが鳴り、ドアを開けるとマッサージのおばさんが来ていました。


    僕はこの段階ですでに圧倒されていました。


    外見が地顔なのかわかりませんが、ムスッとしており、何か言ったら怒られるんじゃないかという雰囲気をかもし出していました。


    僕はといえば女性に対しては奥手で、外見もおとなしく、いつもいじめられるタイプだと言われていました。




    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ