気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談【合コン・紹介】   カテゴリ : H体験談【合コン・紹介】

    Pic00010022

    夫との夜の生活が月に1回程度だったのに大きな不満もなかった私が・・・

    48才人妻です。

    浮気や不倫は雑誌やドラマの世界で本当はほんの一握りの人達の事だとつい数ヶ月前まで思っていました。


    初めての男性と結婚し他の男性との経験がない私は多少の浮気願望があったにせよ自分から遠ざけていたのでしょうね。

    主人との夜の生活は月に1回程度ですが大きな不満もありませんでした。

    今思えば無知だったのかも。


    子供も手を離れ平日の仕事がお休みの日はフィットネスクラブに通うようになりました。

    もうすぐ50才ですがまだまだ、との気持ちがあったのでしょう。

    クラブに通うにつれ同年代の1人の奥様と親しくなりました。


    時折ランチやお茶しプライベートもお互い話すようになっていきました。

    彼女は結婚しているのに彼がいると言っていました。

    少し羨ましさは正直ありました。


    ある日、彼女は「合コンするけど来ない?」と。

    「私は仕事あるし夜もあんまり出られないし」と言うと「その点は大丈夫、あなたの休みの日だしお昼だから」と。


    その時はなぜ休みを知ってるのか?と考えましたが「あなたの休みの日はいつも決まってるじゃない」と言われるとそうです。

    その日はちょっとだけおしゃれをし待ち合わせのカラオケルームに出かけました。


    そこに居たのは彼女とその彼、そして男性は1人だけでした。

    「あれっ、これだけ」
    「そうよ、まっいじゃない」
    「まっいいか、でもこれじゃお見合いだね」
    自己紹介で男性は彼女の彼氏の友達で私と同年代とわかりました。



    2090kimama
    合コンで知り合った24才のお姉さんに筆おろししてもらったwww

    学生時代にコンパで知り合った4つ年上のお姉さんに筆おろしされた。


    今となってはいい思い出。



    俺が大学3年の頃の出来事。


    当時の俺は下宿仲間と女っ毛はないが毎日楽しく過ごしていた。


    入学してから何回かコンパに参加したが、人見知りで女と話した経験もあまりなく、上手くいくはずもなかった。



    ある時下宿の仲間がテレクラか伝言ダイヤルで知り合った女とコンパをする話をもってきた。


    どうせつまらんだろうと思いつつもドキドキしながら参加した。


    4対4だったんだが、俺たちは皆20、向こうは20から26だった。



    女たちの見た目は20才はそこそこカワイイ、23才は可愛くないがエロそう、
    24才は冷たい目でエロそう、26才はキレイな感じだった。


    コンパはそこそこ盛り上がった。


    カラオケから、24才は俺にベッタリとなっていた。


    帰り際に電話番号の書いてある紙をもらった。



    数日後悩んだ末に電話をかけ、デートとなった。


    何処に行ったかは忘れたが、夜には俺の部屋にいた。


    冬だったのでこたつに入りながら
    卒業アルバムを見せたり、他愛のない話しをしている内に女が寝始めた。



    女はこたつに浅く入ったまま俺に背を向けていた。


    短いキュロットのしたに黒いパンストを穿いていて、
    くのじになってこっちに尻を突きだす様な格好だった。


    おーい、風邪ひくぞ的なことを言いながら、尻を叩いてみたが反応無し。



    今考えればこっちを誘っていたんだと思うが、俺はどうしていいかもわからず。


    体が触れる程度に近づき寝たふりをした。


    デートした最初の日にこんな事になるとは考えてもなかったので頭はパニくっていた。


    それでも髪の匂いを嗅いだり、太ももを軽く
    触ったりしていた。



    こたつでは尻をさすって、女に添い寝する事が精一杯。


    ギンギンになったモノをキュロット越しに押し付けて少し寝てしまった。


    女もいつの間にか本当に寝ていたと思う。



    1

    誘われた飲み会にいた男性との生セックスに興奮

    はじめまして。

    33のパート主婦です。

    仕事はネット系の不定期職です。

    元々OLの頃から自宅で出来る仕事に興味があって前から同じ仕事をしている友人に紹介してもらって、今のパートをしています。

    WEBデザインみたいな仕事ですが実際は細かい地味な作業でストレスもたまります。

    ですので「女も結婚したからと言って家に閉じこもっていたら駄目になっちゃう。

    第一ストレス解消しないとね。

    」との友人の誘いに、あまり深く考えることも無く、初めはついていきました。


    営業も兼ねて一石二鳥な遊びだからと言う友人の言葉に、特に深い意味は考えませんでした。

    主人とは結婚してもお互いの友人関係は大事にしようと約束しています。

    ですので、仕事関係の友人(もちろん女性)と、ちょっとストレス解消に飲みに行ってきますと言っても、疑われることも無くOKでした。

    もうお気づきですね。

    友人の誘ってくれる飲み会は男性と一緒でした。


    今から思えば、
    「外に飲みに出る時くらいは独身気分で着飾ってみたら」という友人の言葉には、何か男性も相席する響きがあったかもしれません。

    とにかく初めての時は驚きましたが、
    「彼女は新婚早々の人妻さんだから脅かしたりしないで、優しくしてあげてね。

    」との友人の言葉に少し安心したりしました。

    男の人は2名。



    1813
    人妻との合コンの後、車内フェラ。

    俺は30、俺の5,6年前からの女友達は、既婚30のあけみ。


    あけみの友達と合コンすることに。

    (男3、女3)

    あけみの友達は、28歳の×1の女の子と、39歳(多分)既婚の理恵。


    どうやら理恵が男好きで、あけみに合コンを要請した感じ。


    前から電話で話したことある理恵は、年のわりに若い感じで、おれらとタメぐらいにしか感じませんでした。


    電話で話してる時も下ネタOKさんで、どんな人だろうとは思ってたんですけどw

    合格!むしろ浮気希望の人妻さんなら、俺が立候補とおもいました!

    俺は、合コン開始からもちろん、理恵にべったりマンマーク!

    しかし2次会のカラオケ屋では盛り上がりすぎ、女3人のおっぱいを揉み比べと大興奮の合コンに発展!

    楽しい飲み会も終了w、ここから勝負!

    今時、飲酒運転かよと怒られるとこだけど、ここは田舎w

    俺の車でみんなを送ることになり、順次開放!最後に友達のあけみと理恵だけになり、順番的に理恵を降ろしてあけみなんだけど、あけみの旦那からナイスな電話!早く帰ってこいとお叱りの電話!

    俺は、にっこり。


    あけみに「しょーがぁねーなぁ、お前、先におろしてやるよ」

    あけみ「いいよぉ、理恵ちゃんに悪いし」

    理恵「えっ、あたしなら大丈夫だよー」「旦那、あたしに興味ないし」

    俺「そんなことないでしょうー、俺なんかほっとかないけどなぁー」

    あけみ「かずや(俺)そんなこと言ってると理恵ちゃんに食べられちゃうよぉw」

    理恵「食べちゃうぞぉーw」

    俺は、もちろん勃起してました。


    無事、あけみを送り届け2人に。

    後ろにいた理恵を助手席に誘導。



    17
    熟女には見えないが性欲は凄い女

    俺(K)36歳、バツイチ独身(離婚してから7年)背は180くらい、

    見た目はフツーだと思う。

    彼女(M)41歳、同じくバツイチ独身(離婚後5年)20歳の娘がいる。


    スタイルはいいほうだと思う。


    小柄155くらい。

    渡辺真里奈に似てる感じ。




    出会いは友人の紹介。


    俺「彼女と別れて結構たつからカノジョ欲しいなぁ…」
    友人「40くらいのバツイチの人だったら、
    『カレシ欲しい』って人いるけど紹介しよか?40くらいには見えんよ。


    俺「40なら範囲だから頼むわ~」と友人を介して出会う。



    M「こんにちは。

    Mです。


    出会った最初の印象は「清楚な感じ」だった。



    …。



    自己紹介も済まし、出会いから2週間くらいでメールや電話もし、
    話も結構合い、付き合うことになりました。


    それからドライブやら食事やら重ねていったある日二人で飲みに行った時のこと。



    M「ねぇK君ってさぁ~私のこと襲ってこないけど、
    魅力無いのかなぁ~?オバサンだから?」なんて振ってきます。



    俺「そんなこと無いよ!Mさん魅力的だけど、
    なかなか襲うチャンスが無くってさ~(笑)」

    二人はお互い仕事があって、なかなか時間が合わずっていう感じでした。



    M「じゃぁ今日は~??私へーきだよ~?」と結構酔ってるようで…

    俺「俺も今日はへーきだよ~襲っちゃおうかなぁ~いいの~?」というと、

    M「ねぇこの後二人きりになれるところ行こ?ね?」と上目遣いで見られると、股間も膨らむってもんです。



    彼女はそれに気付いたようで、意地悪そうに、
    M「あれ~??ちょっと気が早いんじゃないの~?」と俺の股間を擦ってきます。



    俺「えっ!?!ちょっとココじゃマズイよ!!!」というと、

    M「う~んそれもそうね!じゃぁ出よ!!」と俺を引っ張って店を出た。


    しばらく歩いていると、

    M「ここにしようよ~空いてるみたいだよ~」と気持ち千鳥足で、
    俺にもたれ掛かってきます。



    俺「うんココにしよう!」とホテルにイン!!

    入ると、割りと綺麗な部屋で彼女は、
    「あ~っ超キレイだね。

    ステキ~ホテルなんて来たの何年ぶりだろう~?」
    彼女からは、離婚後5年。

    彼氏も出来ず。


    元ダンナともレスでそれこそHなんか6~7年ぶりだそうだ。



    M「ねぇ一緒にオフロ入ろ!ねっ?」と言われたので、
    『寂しかったんだろうな』と思うと、Mを後ろから抱きしめた。




    1536
    合コンで会った人妻に中出しした体験談

    去年の6月に会社の連中に合コンのセッティングを頼まれ、SFのユキに女の子を集められないか頼んだ。


    結局、集まったのはユキの同僚の3人でユキを入れて女は4人。


    こちらは俺を含めて4人なので調度良い。



    場所の手配はユキに任せてあったのだが、当日は仕事の関係で俺だけ7時スタートなのに到着は9時になった。



    1次会の店は牢屋をコンセプトにした店で各部屋(座敷?)が鉄格子で仕切られている。


    入り口でマニュアル棒読みのやる気の無いミニスカポリス(でも、可愛かった)に手錠をはめられ、部屋まで「連行」されたら当初予定に無かった男が二人増えてる。


    どうやら話しが漏れたらしく「俺達も連れて行け」となったらしい。



    皆もうかなり良い気分になっており、完全に出遅れた感の俺は残り物の料理と温いビールで腹を満たしながら
    「今回はダメだなぁ」と捨てモードで冷めていました。



    ところが、残り物のは福があるようで結構女の子達が話かけてくるんですよね。


    他の連中と違って俺の事は皆知らないわけで、ましてユキの友達という触れ込みですから興味があったんでしょうね。



    しかし、俺以外の男連中は普段はパチンコと女の子の付く飲み屋しか行かないような奴等ですから女の子の扱いが下手。


    ただの飲み会状態で「どうしようかなぁ…」と思っていました。



    そんなわけで、2次会に流れるかも微妙な雰囲気だったんですが、カラオケに行こうと提案すると女の子はOK。


    折角、成○から○葉まで来てくれた彼女達に悪いし、酔っ払ってテンションが上がってるだけの奴等に任せては置けないと思い、バーテンやってた頃を思い出して必死に彼女達を接待しましたよ。



    その中でユキの1つ年上のフェロモン系の「真○子」が気になった俺はさりげなく隣に移動してユキに怪しまれないように、ユキと本人の両方から誘導尋問で、実は人妻である事や最近SEXしてない事など情報を入手しながら27,8歳にしか見えない真○子のご機嫌を取っていました。



    0時を過ぎて終電を気にする彼女達に「帰りは送るから大丈夫だよ」となだめながらグイグイ飲ませて、酔って暴走する一部の男連中をなだめすかしながら彼女持ちの奴を取り込んで、ユキと真○子以外の二人を送ってくれるように段取りをつけました。



    0702
    メル友として知り合った女の子とコンパをやったら・・・

    ハピメでアドレス交換してメル友になった
    ある程度仲良くなってから飲みに行った
    でも、男女の関係とかになれなかった
    でも、なんか意気投合して週に2回くらい連絡取る、友達関係に綺麗になってしまった
    こうなるとなかなかヤれない

    そんで半年くらいたった頃には普通の友達になってた

    この前飲んでる時にお互い、一人身寂しいね~って話になって、誰か男を紹介して欲しい、こっちも女の子連れて行くからって言われた

    丁度その頃、俺のイケメン鬼畜友がコンパよくセッティングしてくれて呼んでくれたり、
    いろいろと世話になってたんで、そいつ呼んで2:2で飲み会やることになった。



    飲み会第一席目
    居酒屋で飲み始めるも、女友達と鬼畜がすぐに打ち解け、
    俺も初対面のきょぬー美人と打ち解ける。



    俺より一つ年上でフリーターで女友と同じ店でバイトしてるらしい。


    色々話して、どんどん打ち解けるも、どうも隣の二人と綺麗すぎるくらいに空気が別れたw
    ノリノリではしゃぐ隣と、落ち着いてちょっと艶っぽい話しをするこっち、みたいな感じw

    んで、そこでお腹いっぱいになって、一旦店出て、どうしようかってなって、まだ飲み足りないと言う女友の提案でワインバーに移動した。


    移動する車の中、後部座席に俺と巨乳、前の二人には内緒で、とか言って自然に密着して話してるw
    なんか、雰囲気のせいかあまりに自然にそうしてる俺がいて、緊張したりもせず、ただ巨乳の香水の匂いにヤられてたw

    大きくハンドルを切ったのか車が大きく揺れる。


    はずみで巨乳の頬にキスしてしまう俺、半分は偶然だが、半分はわざとなんだけどなw
    一瞬、あっ!って言ってそのまま無口になって、次に俺の口から出た言葉は
    「キスしていい?」
    自分でも信じられない事を言っていた、一年前までヲタだったのにw
    巨乳が黙って目を閉じたのでキスした、そのまま俺の胸に寄りかかる巨乳。

    ムード最高。



    何気なく、前方に目をやると、ルームミラーの中の鬼畜の目がサインを送ってきた、
    ついでに指でピース、しまった鏡で見られたw

    そしてそこに移動すると、もう席の並びが 鬼 女友 巨乳 俺 
    とベストな配置、鬼畜もそろそろ遠慮がない、鬼畜と女友がべったり、巨乳もたまに俺にしなだれかかるみたいな仕草に酔わされるw
    いや、酔ったのは酒のせいかもしれんがw

    もう話とかはそれぞれに2:2でカップリング完成、耳元で話してたり小さく笑うジョークしか言わなくなってたし、
    店出て、鬼畜と女友がそそくさと消える、あ・・・俺ら足ないのに・・・。



    そして、二人きりになって、思いっきり口説き出す俺wwwもう本能に支配されてたw

    酔ってふら付く巨乳、ひと気の完全に途絶えた路上でまたキスをした。


    最初は遠慮がちに、次第に舌を差し込んで、お互いの呼吸がはぁはぁ言ってたのを憶えてる。


    すごく刺激的で、ほんの少しだけ照れがあって、でも唇をこすり合わせるのがすごく気持ちよくて止まらなかった。


    出会ったばかりなのに、って頭で思うんだけど、それが逆に興奮させる。



    段々と抱きしる腕に力が入ってきたころに、巨乳が言った

    「おトイレ・・・いきたい」

    しまった!先にお泊りのところに行くべきだった、何をもたついてたんだ!
    と思うがもう手遅れ。


    公衆便所が近くにあったのでそこまで同伴して、俺は外で待ってた。



    流石に中には入れないし、と思ってたら、中からすごい音がしてきた、バタン!って。


    慌てて声を掛けたけど、なんかモゴモゴ言ってて聞き取れない、
    もうしょうがないと、トイレに駆け込むと、トイレのドアにしがみついてた。



    ヒールで挫いてしまってただけみたい、俺はトイレの床に膝をついて、
    「足、貸して?」と言った
    ヒールを脱がせて、足を俺の太腿に乗せるように促す。


    ヒールがちょっと浮いたみたいになってて、小さく叩いて直してみたら、なんとか直ったみたい、
    本当にこれで直ったのかどうかは不安だったが、巨乳がもう大丈夫だって言ってくれたので、
    まあいいかってなって、そのまま俺の肩に巨乳が手をつき、ヒールを履きなおすまでじっとしてた。



    巨乳が礼を言って、片膝ついてる俺を引っ張りあげようとして、またバランスを崩す、わざとなのかもしれないがw
    思わず、抱きとめる俺、じっとお互いの目を見て、そのまままたぶちゅっとw
    気が付いたら、2歩移動してた、身障者用の個室に向かって。



    巨乳の目にすごい躊躇いがあったのは憶えてる、でもここで引いたら、これっきりになってしまうような、
    そんな気がしてそのまま個室に入った、ちょっと強引に。


    「会ったばかりだけど、好きだ」確かに言った。


    途端、巨乳の体が脱力した。

    服の上から巨乳の体をまさぐるみたいにあちこち触った。


    スカートをまくりあげ、ストッキング越しにむちゃくちゃアソコを前後に擦った。


    胸のブラウスのボタンを外すと、花柄のブラと白い乳房、ずらすとちょっと色の濃いティクビ。


    酔っても基本どおり、最初は乳輪にそって舌を這わせ、先端が尖ってきた頃合でむしゃぶりついた。



    吸って、口の中で先端をちろちろ舐めて、唇をわざと狭めてティクビを挟み込んだまま、首をちょっと振ってみる。


    俺の頭の上のほうで巨乳の呼吸がわななくみたいに乱れてる。

    俺のティンティンはもう全力おっきw

    そのままストッキングと下着を一緒にずらす、光は上のほうから差し込んでくるだけなのでよく見えなかったが、
    巨乳のあそこは濡れていた、指がヌルっと滑った。


    そのまま巨乳を後ろ向きに壁に手を付いてもらって、これまた豊満なオシリに顔を近づける。


    むっとむれた様な匂いがする、生まれて始めての「年上の女性」の匂いにクラクラしたまま、
    オシリのすぐ下に顔を埋めるように、舌を伸ばして巨乳のクリトリスを捜した。


    じきにそれっぽいところに辿りつき、舌先でツンツン突付きまわる。

    巨乳の口から漏れる吐息が変わる。


    さっきよりもずっと切なそうにする、この体勢だと、これ以上舌で上手にクリトリスを刺激できそうになかったので、
    俺は体を起こして、今度は手で巨乳の割れ目の中とクリトリスを同時に責める。


    俺の顔の下半分が、俺の唾液と巨乳の愛液でぬるぬるになってた。



    顔を拭いながら、巨乳に話し掛ける、
    「すごく濡れてる・・・気持ちいい?」
    なんか、んっとかあっとか言葉にならない巨乳。


    そのまま今までアソコを舐めてた口で、巨乳の唇を奪う。

    ちょっと乱暴に、ちょっとだけ強引に。


    AVみたいな喘ぎ声じゃなくって、堪えるみたいな吐息混じりの微かな声に、ずっと押さえ込んでた俺の興奮もピークw

    もう抑えきれる、いや抑える気もなかったけど、ただガツガツしないように、とだけ思って前戯を頑張ってみただけだ。


    巨乳を揉みながら、耳元で聞いた「いい?」とだけ。



    返事をしない巨乳にOKだなっと思った俺はいきり立った何を取り出し、後ろから吸入を貫いた。


    外でするのも初めて、それどころか立ちバックもこれが生まれて初めてだ。


    1122777s
    積極的な女と絶頂セックスをしたけど・・・

    一時期お気に入りの居酒屋が出来て半年くらい頻繁に通ってました。


    その時の話です。



    とにかく週に2~3回、調子いい時は毎日のように行って飲んだくれてました。


    そうこうしているうちに店員とも仲良くなったし、
    カウンター席の隣に座った知らない客ともよく話した。


    ただ俺自身、数年前から酒飲むとすぐ記憶がとぶようになっちゃって、
    実はその居酒屋での事は、いつも決まって途中からの記憶がありません。


    10回行けば8回は後半覚えてないぐらいです。


    昔はこんな事なかったんだけど、変な癖つけちゃったなあ。



    で、気付けば朝、ちゃんと自分ちの布団で寝てます。


    それにしてもまぁ、よくも毎日無事にアパートまで帰ってきてるもんだ。


    何もトラブルはなかったんだろうか。



    ただやっぱり記憶をなくした後の事って気になりますよね。


    しつこく絡んだりして、店員さんたちから嫌がられてないだろうか。


    さりげなく店員たちに「迷惑してないか。

    」と聞いてまわったところ、
    ホントかどうか「そんなことない。

    楽しいし、面白い。

    」だそうで。


    まあ、陽気に酔っているようでひとまず安心。



    そのうち仕事のトラブル発生で急に忙しくなり、終電ギリギリまで残業の日々が続いた。


    おかげで2週間ばかりその居酒屋に行けなかった。


    そんな中ある日、昼休み中に弁当を食っていると携帯にメールが着ました。



    見ると送信者「マキ」と出ている。


    マキ、誰か一瞬分からなかった。

    と言うか登録した覚えがない名前。


    開いてみる。



    「○○(←いきつけの居酒屋の名前)のマキです。

    覚えてる?
    最近どーして飲みにきてくれないの?
    うちのメンバーみんな心配してるし。


    よその店に浮気しちゃダメだぞ。


    また飲みに来て面白い話して下さい。



    とある。


    あ、マキちゃんか!行きつけの居酒屋で一番よく話す店員。


    小柄でショートカット、明るくよく笑う21歳の健康的な女の子。


    もちろん俺の一番のお気に入り。


    全体的に小さくて細いんだけど、お尻がプリっとしてて大きい。


    尻フェチの俺にはたまらない。



    営業メールっぽい内容だけど、居酒屋です。


    居酒屋の店員が普通わざわざこんなメールくれないよね。


    おいおい、マキちゃん、俺に気があるのか?
    ・・・なんて勘違いしそうになった。



    それにしても俺、彼女とメールアドレス交換した覚えがない。


    もしやと思い携帯のアドレス帳を開いてチェックしてみると、マキちゃんを含め、覚えのないのが11人、いつの間にやら追加されていた。


    大体はあの居酒屋の店員さんの名前なのだが、なかには人間の名前と思えないのまである。


    まあ、思うに店員のあだ名か、あそこで飲んで一時的に意気投合した客だろう。


    記憶ないときに登録したみたいなのでよく分からんが。


    しかし俺が記憶をなくした時に現れるもう一人の俺は積極的だな。



    で、マキちゃんにはすぐに返信した。


    それからと言うもの仕事で居酒屋には行けなかったが、
    マキちゃんには絶えずメール送っといた。


    せっかくの繋がりを切りたくない。


    出来れば店員と客の関係から、個人的関係になりたい。


    嬉しい事にマキちゃんもいつもすぐに返事くれたし、また向こうから些細な事まで送ってきてくれるようになった。


    二人の間の壁が何かぶち壊れてきた感じだね。



    そんなこんなで仕事も落ち着き始め、
    久々に居酒屋に顔出してみようかと余裕が出来た頃、マキちゃんからこんなメールがきた。


    「××(←俺)さん、誕生日近いんでしょ。

    今度うちで誕生会やろう。


    嬉しかった。


    何でマキちゃんが俺の誕生日知っているのかって、まあ、もう一人の俺が教えたんだろう。


    それより何よりマキちゃんがそれを覚えててくれて、わざわざ誕生会開いてくれるってのが嬉しいじゃないか。


    もう絶対俺に惚れてる。

    小躍りしてしまった。



    という事でその週の金曜日に久々の居酒屋、お座敷で飲んだ。


    飲み代は店持ち。

    店長、地味で無口だけどいいところあるじゃないか。


    嬉しい事にその日出勤じゃない店員三人も来てくれた。




    RS=^ADBQj9kTmbIccdXmpFt2R9uJyHeR34-
    大学時代の話をしよう。


    涼子にあったのは合コン
    別大学の友人に数あわせでいったらという偶然に近い出逢いだったんだ
    あっちも似たような状況
    というよりキャンセル友人の穴埋め要員だから9人(5×5だった)全員と初対面で居心地悪そうだったんだ。

    けっこうレベル高いメンバーだったんだけど、その中でも涼子は際立っていたと思う
    マジでこんな人いるんだ~って思ったよ
    男どもは当然涼子に集中したけど、反応鈍いし女の子の中でも浮いてたんで徐々に分散していったんだ

    オレも誘った友人はオレ置いて物色中でさ、そもそもフツメン

    いや、どう好意的にみてもフツメンで喋り下手のオレに話しかける女はいなかったよ

    時間が経つにつれ、そもそもオレいらないんじゃ?って思い始めてたんだ
    「真司さん(オレ)って○○大学じゃないですか?」(自己紹介は大学生)
    そんなオレに「シーザーサラダいる?」以外で話しかけた女がいた!
    涼子だった…

    30c25b158ce463e708ac8bdf2203cdd1
    食欲の秋は性欲の秋とでしょ!

    夏も終わって肌寒くなってくると、何か秋を感じるという雰囲気になる。

    秋と言ったら食欲の秋だ。


    まあ年がら年中ずっと食欲はあるのだが、この時期は特に色々と食べたくなってくる。

    そこで休みの日に友人らで広い公園でバーベキューなんかもしたりして。


    男女の友達4人が中心となって、他にもそれぞれの友人を連れてきたりと。

    総勢で10人くらいにはなってしまった。


    それでもすぐに仲良くなれるのがバーベキューの良いところである。

    サツマイモやサンマなど、秋の食材を囲んでみんなで乾杯をした。


    友人繋がりできた方々は、オレのお初の人もいる。

    その中でも女友達が連れてきたユッコというスレンダーな女はオレと気があった。


    つまらないジョークにも盛り上がれる、この空気感がまた楽しい。

    ユッコは27歳の介護士の仕事をしているらしく、普段はご老体を扱っているのでオレ達みたいな集まりは逆に新鮮とのこと。


    話も場も盛り上がっていると、流石に10人という人数はバラバラになっていく。

    完全に三分割になったのだが、オレはユッコと一緒に公園の遊具で遊んでいた。


    滑り台やブランコなど、子供心をほうふつとさせる。

    そして二人で向かったのは、モグラの巣のような空洞の置物だ。


    長くて凸凹の密室空間を通りながら、行ったり来たりするようなものである。

    全長で7メートルくらいあるそんな空洞が、何通りにも入口が別れていて子供は楽しいのだろう。


    夕方になると子供もいなくなって、オレとユッコでその空洞に入った。


    中に入ると外の音が何も聞こえない、まさに二人だけの空間である。

    お酒が入っているオレとユッコは、そんな空間の中で行けない雰囲気となる。


    誰からも見えてないことを良いことに、オレ達はキスをしながらお互いの体を愛撫し合っていた。


    ユッコの胸はちょっと大きめで、上着を脱がしたら良い感じに膨らみが現れる。

    オレはその胸を優しく揉みながら、次第にブラジャーも外して乳首を吸っていた。


    kimama0809-02
    俺はクラスじゃあ目立たない方だった。

    よく話すのは正直三人くらい、女子は皆無。

    放課後は速攻で帰ってエロゲとか勉強とか遊戯王とかやってた。


    そんな俺が生まれて初めて合コンとやらに行くことになったのは、ほんの一週間前の話だ。


    今現在、高2
    身長167くらい体重55?まあ普通の体型。


    自分では10段階中6くらいの顔だと思ってるが、中学の時はジャニーズJrの森本?に似てるって言われたことがある。


    クラスの中でもあんま話さない(話せない)リア充グループの中に、一人オタクが居たんだ。


    一年の時は同じクラスで、掃除の時間とか理科の実験の時とか
    二人の時は出席番号も近いせいもあってちょくちょく話したりしていた。


    とりあえず、そいつはKとしよう。


    Kのスペック

    身長とかは俺と同じくらいで、顔はまぁ、イケメンだったと思う。

    kimamamh111300452
    女性とエッチ経験が増えてフェラされた私の体験談。

    私は出会いを求めてエロ話をたくさん作ってきました。

    エロい話は友達にも話すと羨ましがってくれます。

    男性ならエッチな話は好きな方は多いと思います。

    今回のエロ体験談はカップリングパーティーで知り合った女性とのエッチな話です。

    フェラされてクンニできクリトリスを刺激して気持ちよくしてあげて興奮してくれたから、かなり嬉しかったです。

    女性のプロフィールから紹介します。

    名前は安祐美ちゃんです。

    年齢27歳です。

    容姿は身長167cmと高く顔は色白でアイドル女性に少し似ています。

    性格はマイナス思考で話すのがすごく苦手で容姿だけならモテますが、話すと男性はあまり好きではないかと思われます。

    しかし私は安祐美ちゃんの容姿と性格が好きになってカップリングパーティーでフリータイムの時に積極的話にいき見事カップルになることができました。

    すぐに安祐美ちゃんと連絡先を交換しました。

    連絡先を交換している時に、私は勃起してしまいました。

    心の中で「安祐美ちゃんとエッチをしたい」と。

    安祐美ちゃんは身長が高くて比較的おっぱいも大きくお尻も大きいのでエッチな体型をしています。

    自宅に帰りすぐに安祐美ちゃんに電話してデートの誘いをしました。


    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ