気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談[初体験・初エッチ・処女・童貞]   カテゴリ : H体験談[初体験・初エッチ・処女・童貞]

    kimamamh4140014


    私の体験したことです。

    高校を卒業して2年。

    東京本社の会社の地方の営業所に勤めています。

    事務機器の販売で社員は全部で14人。

    女子は私と既婚2人の3人、それにパートの倉庫の小母さんの4人だけ。

    倉庫は車で30分程の共同倉庫を使用しているので、何時もは事務所は3人です。

    女子は全てオペレーターと電話番が仕事。

    男子社員は所長を始め、全員が販売とアフターサービスで外回り。

     私は160センチ58キロの(ちよつと太め?)の独身。

    色の白い 「あむろなみえ」と言われています。小さい時から新体操をしてきました。今も中学で週イチの土曜日に、午前中のみコーチをしています。

    引退してから7キロ近く太ってしまいました。

    ポチャッとして可愛いと・・言ってくれる人もまーいます。




     私は今 彼はいません。

    付き合っていた彼は東京の大学へ行き

    二つ上の彼は東京に就職を決めて・・わかれ状態。

    単なるボーイフレンドだったのです。

    キッス以上の付き合いでも無かったのです。



     部活に追われて 自由な時間を持てたのは二年の秋からで、

    その後も後輩の指導と就職活動の為、あまりにも付き合う時間がなかったのです。

     私も進学の夢があり 私大の推薦の話もありましたが

    父が定年のまじかで 母の体の具合が思わしくなく、父と母の面倒を見ることになり

    家を出ることが出来ず、地元で就職の道を選びました。



     でも毎日が楽しく 皆が親切にしてくれ、張り切って仕事をしています。

    入社の年は、本社や工場への研修や色々な外部の研修があり

    東京や長野・浜松と結構あちこちへ行きました。

    秋の社員旅行も沖縄へ行き 今年はグァムへ決まっています。

    kimamamh30090



    えー、ネタは一応中産のときの思い出ですが、

    なにしろ10年以上昔の話なので、あやふやな所も

    ありますが書きます。



    俺は部活が嫌いだった。テニス部はテキトウな先生で、

    部室で本をよんでても(エロ本じゃないぞ!)、

    見てみぬふりをしてくれていた。

    ちょうど隣のコートでテニス部女子が練習していた。

    そのなかの一人に俺は恋を抱いていた。

    ここでは仮に「ひとみ」としておこう。

    ひとみはショートヘヤで眼が二重、俺の好きなタイプに

    ぴったり当てはまっていた。

    性格も天然、疑わしいくらい性の知識がなかった。

    この後の出来事を書くと、ネタと思うかもしれない。

    でも信じて欲しい。






    俺とひとみの仲は周りがはやしたてるほど

    よかった。当時はひとみが俺を友達としてしか

    みてないような気がして告れないでいた。



    そんなある日―。



    ひとみはクラスでも天然っ子で遊ばれてたので

    俺を含む男子(4、5人くらいだと思う)が

    「ひとみが音楽の先生に『彼と何回やった?』

    ってきいたら一回だけなんでもいいから願い事聞いたるわ。」

    という男子厨房らしい馬鹿な話しになった。

    純粋無垢なひとみとしてみれば、何のことだか

    サッパリだったと思う。

    けれども願い事を一回聞いてくれるという条件が

    魅力的だったのだろう。

    潔く条件をのんでくれた。

    もうすぐ音楽の時間。



    「じゃあ、がんばれよ」

    と友達の一人が言うと

    「うん、約束守れよ〜」

    といって先生の方にいった。

    もう俺達は笑いが止まらない。こらえても無駄だった。

    「せんせ〜、えっと、せんせーって彼と何回やったんですか〜?」

    その時の先生の表情といったら・…。今思い出しても笑える。

    「え?…んっとねぇ、そんな事言われても…」

    俺達の笑いは絶頂に。いっせいに大声で笑いこけてしまった。

    「あ〜、あんたたちね、このエロポンチ!」

    先生も先生で笑っていた。今思えばイイ先生だったなぁ。

    可愛かったし。

    kimamamh30032


    高2のときの話。

    吹奏楽部だった俺は、楽器庫の戸締り担当だった。

    つまり、部員全員が楽器を片付け終わるまで俺は

    音楽室に残ってなければならなかった。

    実際は遅くまで練習しいるやつに鍵を託して

    帰っちゃったことはあるけど。

    ある日、いつものようにみんなが楽器を片付けるのを待つ。

    この日は早く帰りたいなと思いながら、待っていたが、

    いつものように片付けが遅い部員がいるわけで。

    それが美奈だった。いつも元気なキャラの美奈は、練習にも熱心。

    うちの学校は、お世辞にも上手い学校とは言えなかったが、

    彼女は「上の大会に出たい。」の一心で練習に力を入れていた。

    そのせいか、俺は美奈を待つことが多かった。

    みんなが練習終わった30分後、美奈の個人練習は終わる。

    俺はそれを待っている。一緒に合わせればいいと思っても、




    俺はトロンボーン担当、フルートとはかなりあわせづらい部類。

    たいていは、俺が楽譜見て聞いてあげたりしていた。

    「美奈ぁ、そろそろ遅くなるし、終わらないか?」

    「そうだね、じゃあ終わろ。」と、今日もやっと終わった。

    音楽室に残っているのは俺と美奈のみ。

    いつもはこの後一緒に話をしながら帰る。

    今日もそのつもりだった。

    「ねぇ、雨すごいよ。」と美奈が窓の外を指差す。

    天気予報で雨とは言ってなかったのに、と思いながら

    「雨やむまで待とうか。」と美奈に声をかける。

    「うん。」と美奈はうなずいた。

    暇だったので、いろいろと話をする。

    いつもは帰り道を歩きながら話をするのだが、

    今日は音楽室の椅子に座りながら。

    「そういえばさぁ。」と美奈が話を切り出した。

    「明人(俺)って夏美ちゃんが好きって本当?」

    夏美とは同じトロンボーンのメンバー。

    一時期、部員の間で噂されたことはあるが、

    恋愛感情のようなものは抱いてはいなかった。

    俺「いや、違うよ。あれは噂だって。」

    美奈「え、そうなの?同じトロンボーンなのに。」

    俺「それだけだって。」

    美奈「へぇ、2人とも付き合ってると思ってた。」

    どうやら、美奈にまで勘違いされていたようで。

    美奈「でもさぁ、夏美ちゃんの側にいて何も感じないの?」

    俺「いや、そんなことはないけど。」

    美奈「ほら、マウスピースになりたいとか・・・。」

    俺「なんだそれ!」

    美奈「ほら、キスしてみたいとか。金管楽器だったらそういうことあるんじゃないの?」

    俺「美奈って妄想癖あるだろ、そこまではないよ。」

    美奈「考えすぎ?」

    俺「そのとーり。」

    相当妄想が激しいようだった。

    「夏美とキスするよりも、美奈としたいな。」

    と、俺は冗談半分で言ってみた。

    「えー、明人と?」と苦笑いをする美奈。

    「美奈のほうがかわいいじゃん。」と俺は言った。

    多分、噂を打ち消すためにこんな感じのこと言ったと思うのだが、

    今思うと、何でこんなこと口走ったかはわからない。

    素直に美奈がかわいいタイプだとは思っていたが。

    「・・・ちょっとドキッとしちゃった。」美奈は少し頬を赤らめていた。

    kimamamh10013


    高校が工業高校だったんでほとんど野郎ばっかのムサイ学校。

    ある日社会科担当のおっさん教師が怪我とかで入院したから復帰するまでの間

    代わりの先生が臨時で赴任してきたんだけど・・・

    27とゆーわりにはどーみても10代だろ!っつーよーな女性教師Nさん。

    背もちっさくて、めちゃくちゃ可愛い!みんな大喜び!

    ヤりたい盛りのクセしてまだ女の子とまともに付き合ったこともないオクテな

    俺はその先生の授業を受けるのが楽しみなだけでした。

    そんなある日。

    自転車通学な俺が放課後自転車置き場へ向かっていると、N先生とバッタリ。

    「あ、先生さようなら(うっわー、向かい合って話するの初めてだよ!)」

    「U君今帰り?部活とかしてないの?」

    「はい、バイト頑張ってるんで帰宅部なんです。そう言えば先生、生徒の名前

     なかなか覚えられなくて大変だって授業で言ってませんでしたっけ?ちゃん

     と覚えてるじゃないですかー(名前覚えてくれててうれしー!)」

    「頑張ってるもん!それにU君って可愛いからすぐ覚えちゃったよ♪」




    「え・・・・またまたそんな〜(ま、まじ!?)」

    「やっぱ可愛いな〜♪じゃあね、バイト遅刻しちゃダメだぞ!」

    「はーい(どきどき)」

    とぶんぶんと手を振って去っていくN先生。

    明るい人だし他の生徒にもあんな調子なんだろうと思いつつも、その後は幸せ気分で一杯でした。

    引っ込み思案な俺はその後N先生に話しかける様な場面はなく、自転車置き場

    でバッタリ会う様な事もなくて、日々は過ぎていくんだが・・・いつまででもいる

    訳じゃないN先生。オヤジ教師が復帰するまでの先生。

    よくある話で女性教師への憧れは憧れで終わるんだと思ってた。

    そしてまた場面は自転車置き場。

    「あら、U君さようなら。今日もバイト?」

    「あ、今日はバイトない日なんですよ。

     駐車場の方向に向かってる先生は今帰り?」

    「うん、臨時教師って結構暇だからね〜、すぐ帰っちゃうの」

    と俺は自転車押しながらN先生の横歩き出す。

    「先生の車って、アレ?パジェロじゃん、かっこいー!乗ってみたいー!」

    「そう?じゃドライブしよっか?」

    「え!?」

    「だって乗ってみたいんでしょ?」

    「そりゃそうだけど・・・本当にいいの?」

    「いーよ?でも学校から二人で出て行けないから・・・スーパー裏の駐車場で待ち合わせだからね?」

    「うん、じゃあ行く!」

    思いもよらず、降って沸いた急イベント!

    天にも昇る心地で自転車のペダル踏む速度はいつもより早く、俺はスーパー

    へと急いだ。

    kimamamh20123


    あたしも今年で歳にもなったけどまだ一度も彼氏がいないんだ~

    胸はCで顔は自分的にはカワイイかな??

    なのに彼氏はいない(><)

    けど一回だけエッチはした事あるんだぁ~

    あれは歳の頃だった・・・

    何もあるわけでもなく暇だったから散歩に出かけていた・・・。

    渋谷の駅前ぐらいに行った時いきなり後ろから

    「真由亜っ」

    って呼ばれて振り向いたら卒業してった先輩がいた。

    その先輩とは同じ部活だったから近くの喫茶店で一緒に話していた。

    その後先輩に

    「お金欲しい?」

    って聞かれたし今かなりお金なかったから

    「うん」

    って答えたら渋谷の駅裏でお金もらえる所知ってるよって言われて先輩と二人で駅裏に行った。




    そしたらおじさんが二人こっちを向いて待っていた。

    先輩はそのおじさんに近づいていった。

    あたしはいけない事だと思ったけど先輩もいたし後をついて行った。

    先輩が大丈夫って言ってくれたしお金も欲しかったしついて行った。

    ちょっと町外れに行ったのかな??

    通ったことない道だったしあんまり分かんなかったけど・・・

    車をとめて二人のおじさんがホテルに入っていった。

    先輩と私も後をついて行った。

    おじさんが何かした後帰ってきて一緒に部屋へ向かった

    先輩とははなれべなれになってしまった。

    kimamamh10021


    俺、かなり早熟で初めて精通があったのが小学校5年の春頃。

    まだ毛も生えてないのに精通だけあった。布団の上でコロコロコミック

    読みながら足をバタつかせてたら急にチンポがキュイ~ンとしてきて

    (な、なになに?この感触・・・)と思ってたらオッオッオッって

    込み上げてくるくるものを感じた。(うぉ~!なんじゃこりゃ~!)

    って思ってこのこみ上げてくるものの最終地点がどういうもんなのか

    ドキドキしながら布団にチンポこすりつけてみる・・・。

    したら急に背中から腰のあたりが痺れてきた。アッアッア~!

    と絶頂に達するとチンポがトクントクンいっている・・・。

    フルフルとその初めて感じる妙ちきりんな快感に震えていた。

    精液はまださすがに無色透明だった。量もかなり少なめ。チンポの

    先がちょびっと湿るぐらいの感じ。







    おぼろげながらだが、それが子供を作る為の液体であるっていうことは

    理解していたと思う。だがすこぶる早かったのでまさか自分のチンポに

    こんな機能が備わっていることにえらく戸惑いを感じたのを覚えてる。

    問題なのは、この先の話なのだがガキの頃に精通あると歯止めが

    きかないのだ。もうチンポが気になって気になってしょうがなかった。

    要するにオナニーしたくてしたくて堪らないのだ。

    しかし当時の我が家は平屋の一戸建て。チンポを公然といじれる場所が

    なかった。うちは両親の部屋と子供部屋。妹と俺は同じ部屋で寝かせ

    られてたのだが、夜に我慢できずにチンポをいじってるのをどうやら

    妹は感づいていたらしく親に密告されてしまったのである。

    これには焦った。「夜お兄ちゃんが怖い」って言ってたらしく親も

    なんとなくだが俺が何をしてるのか知ってたんじゃないかな?と思う。





    「何してるの?」しか聞かなかったけどね、あんまり深く言及すると

    傷つくと思ったんじゃないかな。母親なりに配慮してくれたんだと思う。

    しかし問題はチンポなのである。こっ恥ずかしい話だが5年生のくせに

    疼いて疼いてしょうがないのだ。学校の授業中でも気付くとチンポに

    手がいっており、周りの子とかにクスクス笑われたりして。

    まさかでもオナニーしてるとも思わないだろうから変態視はされなかったけど

    それには本当に焦った記憶がある。

    疼きに翻弄され途方に暮れる俺。おれはとにかく何処でもいいからチンポを

    いじれる場所を探してさ迷い歩いた。田舎なので畑や田んぼ林とかも

    結構あるんだけどいくら人気がないとはいえ青天だとやっぱり無理だね。

    絶対に無理。やっぱり屋内じゃないと駄目なの。


    Pic00010016



    僕が中学一年の時にその当時隣に住んでいた30代後半の未亡人に童貞を奪われました。

    奪われたと言うより捧げたて感じかも知れない。

    体調が悪く学校を早退して家に帰った。その当時母も仕事をしていて家は誰もいない。

    仕方なく自分の2階の部屋てベットに入り横になっていた。いつのまにか寝むってしまった。

    誰か人の気配を感じて目を覚ますと顔の前に女性の顔が、『あら目が覚めたの』と隣の未亡人『大丈夫?顔が赤いわよ、寒くない?』と矢継ぎ早に質問。

    『ちょっとだけ寒い』と僕が返事を返す間もなく未亡人が洋服を脱ぎ僕のベットに入ってきて抱きついてきた。

    未亡人の体か僕の体に密着し温かった。そのままの状態で数分たった頃僕の体に変化が訪れた。

    未亡人の体の中心部付近に僕のいきり立った物が当たっていた。未亡人はその物を両手で包み込み可愛く撫でてくれた。

    僕は段々と興奮し始め何故か腰を前後に振っていた。それに合わせるように両手で前後に擦ってくれていた。

    『アッ!出る!イイ!ウッ!』と言った瞬間両手の中に射精してしまった。

    Pic0001smagazo+1000+795+29



    髪型はショートだったですね。たしか白系の薄地のワンピースを着てましたよ。

    洋服越しに、胸の膨らみとか腰の肉付きとか、結構わかるんですよね。女性らしい

    身体つき、って言うんですかね。同級生の女子や母親なんかとは、柔らかさが違う

    って、そんな感じに見えたのを覚えています。



    そうそう、話題がエロ話になった時にね、時々お姉さんが照れたような表情を見せるん

    ですよ。それが嬉しくてねぇ、もう自分の知ってる限りのエロトークを仕掛けましたね。

    もっとも六年生だから、たいした知識も無くて、やれ公園でカップル見て勃起したとか、

    男は立つけど女は濡れるんだよね、とか、せいぜいその程度の会話ね、よく覚えてないけど。



    ただね、「お姉さんはセックスしたことあるんでしょ?」って聞いたのは鮮明に覚えてるw

    「どんな感じだった?」とか「気持ち良いんでしょ?」とか、色々と聞き出そうとしたけど

    はっきりとは教えてくれなかったよね、まあ当たり前だけどさ。しかし子供ってのは大胆だね。

    大人じゃ絶対に聞けないような事でも、平気な顔して聞くんだからさw



    Pic0001smagazo+1000+795+26




    友達というよりは「彼女」的な関係の子です。

    その彼女、纏とのことです。



    纏とはいろいろありました。

    幸せなこともあったし、つらいこともあったし。

    本にしたら「泣けるんじゃないかなぁ」とか思うぐらいドラマ的なストーリ。でも

    その話をすると長くなりそうなので・・・・(聞きたい人は言ってください)

    今回は初体験談だけ。



    俺と纏は2人とも、運動部に所属していて土日の練習も当たり前だった。

    クラスは隣なので顔合わせる程度ならあったけど、喋るとかいう時間は少し。

    定期的に会う日は決めてはいたのだが、なかなか予定通りにはいかず。

    よってHも見送り・・・・






    中3の夏。

    3年は受験のため引退するので、俺らもそれぞれの部活を引退することになった。

    だけど高校でも続ける予定だったから、その年はほとんどでてたね。

    部活をしていたときよりは会う約束もできたし、実行できたけど、

    纏が、2人で会うことをさけてたっぽくてみんなで

    勉強会的な感じでそういう雰囲気にはならなかった。



    中3の冬休み。

    やっとチャンスがやってきた。

    元同級生だった親同士が旅行に行くことになり、家を空けることになった。

    「親がいないほうが勉強進むでしょ?」という無理やりな理由をおしつけ、

    寒い寒いといいながらうれしそうに旅行に出かけていった親。

    俺らは受験生。旅行なんぞ行っている場合ではないので別に悪い気はしなかった。

    Pic00010016


    当方22歳学生。これまで二人の素人と付き合うが、処女のためにCまで至らず。

    ヘルス経験1回。Bまでは数回経験ありだが事実上の童貞。

    女の肌を知るも、Cへの幻想と憧れを抱いてた。

    最近、付き合ってた女と破局。半ばヤケになりながらも脱童を決心した次第。




    前々から「この日に必ず!!」と決めていたので、前日になると期待と不安でいっぱいだった。

    とにかく自分のミスで嫌な想い出になることを恐れたので、

    必要な物やするべきことをピックアップするなどしながら

    何度もスレや過去ログ集を読み返して準備万端の状態に。

    緊張しないことと体調を整えることを念頭に、早めに就寝した。



    ちなみにオナニー性遅漏の気があるので、4日間オナ禁してチャージ。

    心なしかいつもより身体の調子が良くなった気がするよ・・・




    [〜入店前]

    ゆっくり寝ていようと思ったがいつも通りの時間に起床する。

    体調良好しっかり朝勃ち。でも食欲は少し落ちてたかも。

    出撃予定時刻までに時間があるので、スレを読んだり動画みたりしてイメトレしてた。

    出かける前にシャワーを浴び、どこもかしこも清潔に。ここでも反応してくれて一安心。

    清潔感のある服にササッと香水をかけて袖を通し、いざ出陣。



    最寄の駅につくと、電話予約開始時刻になったので。

    何回かコールすると、声のトーンが低いおっさんが出ました。ボーイさんかな?

    ボイ「はい○○○です」

    俺「あ、予約したいんですけd」

    ボイ「どうぞ」

    俺「(姫と時間言えばいいのか…?)えっと、△△さんお願いしt」

    ボイ「・・・みです」

    俺「え?ちょっとよく聞こえなかったんですけど」

    ボイ「だから休みです」

    俺「そうですか、わかりました・・・。じゃあフリーで行くことにしm」

    ボイ「ガチャ!!ツーツー・・・」



    ボーイの接客態度が悪いとは聞いてたけど、たしかに悪いなぁ。

    ちょっと不安になってきた・・・



    駅から出るとポツポツと雨が降ってきたので近くのファミレスに避難。

    コーヒー1杯飲んで気持ちを落ち着かせ、コンビニで傘を買って店へ。

    途中、ポリスとすれ違ってなんとなくビビったけどw

    Pic00010030


    私は地方に住む普通のOL(24)です。

    ここに貼付けるような話ではないのですが

    忘れかけているこの話を誰かに読んでほしくて書きます。

    文章の構成力が乏しくて読んでいる方には不快な思いをさせてしまうかもしれません。

    その時はごめんなさい。あと前振り長くてごめんなさい。





    これは高校生から社会人になるまでつきあっていた彼の話です。

    高校に入ったばかりの時、新しく遠方から通っているという女の子と親しくなりました。

    クラスの中でも目立って元気のいい子であっというまにみんなの人気者になっていました。

    その子(以下Y子とします)はある人を追いかけてこの高校に入ったそうです。

    中学時代からかなり猛烈に押していたそうなのですが

    なかなか彼女にしてもらえないということでした。

    なんだかその彼(1コ学年上)には女の子より興味のあるものがあったみたいです。








    ある日の昼休み、いつものように校内の自動販売機の場所で友人数人でしゃべりながら

    うだうだやっているとY子はわざわざ彼(以下Kとします)を連れてきてみんなに紹介してくれました。

    Y子:「この人が私の彼で~す!」

    みんなは「えっ」というような感じでいきなりのことにただびっくりしていました。

    K:「おいY子ふざけんなよ。そんなんじゃないだろ俺ら、てかおまえうざいよ!」

    Y子:「え~!こんなに好きだって言ってるのにィ~!もうそろそろつきあってくれてもいいじゃん。」

    K:「お前に興味ないって何年も前から言ってるだろ!本気うざいんだよ!」

    ……。壮絶なシーンを目の当たりにしてみんな目をぱちぱちしていました。

    すぐにKはすたすたと自分の教室へ帰っていきました。

    Kがいなくなると同時にY子は静かに泣き出しました。

    Y子:「あたしもう限界かも…。つかれちゃったよ。せっかく高校まで追いかけてきたのにな。

       毎回こんな感じなんだもん。無理なものは無理なんだろうな…」

    友人たちはみんなかわるがわる声をかけてY子をなぐさめました。


    Pic00010006


    俺が19で童貞のころの話です。

    男子高だったんで特に出会いもなく隣の県に就職しました。

    ちょうど仲の良い友達(遊び人)が近くにいたんでよくコンパとかよくしてました。

    いつものように2-2でのお誘いに、うきうきで行きますた。

    そのときはぶっちゃけなにもなっかたです。

    一人はギャルっぽい軽そうな女。

    もう一人は昔でいう不思議ちゃんっぽいおとなしそうな子。どっちも18歳。

    当時でいえば歌手のhitomi似。スレンダー。ぱっと見かわいい。

    ひとみ似のほうと番号交換してその日はおわりました。




    何日かしてhitomi似(仮ひとみとします)から遊ぼうとお誘いの電話がありますた。



    なんかよく分からないけどディズニーランドでも行くかってことになり

    二人ともかなりはしゃいでくたくたになるまで遊びました。

    車だったけど帰り際ちょっと飲むかってことで、うちの近くの居酒屋で飲みました。

    けっこう昔のことなんで内容は覚えてないけど、おとなしくて純情で

    いい子だなーと思いました。このときは処女だと思ってました。

    会社の飲み会でイタズラされて…
    会社の飲み会でイタズラされて…
    「ザーメンって知ってる?」と言ってきた女友達。教えてあげようと家に連れていったら…
    「ザーメンって知ってる?」と言ってきた女友達。教えてあげようと家に連れていったら…
    小学5年生の処女膜を頂いて1カ月。逃げる態度をとる彼女から一変、話しかけてきて…
    小学5年生の処女膜を頂いて1カ月。逃げる態度をとる彼女から一変、話しかけてきて…
    初めての子宮貫通は俺じゃなくて…
    初めての子宮貫通は俺じゃなくて…
    嫁の日記がエロすぎる…
    嫁の日記がエロすぎる…
    一人ドライブで山に行った時に知り合った男性と野外で…
    一人ドライブで山に行った時に知り合った男性と野外で…
    出会い系で出会った34歳の巨乳子持ち主婦。顔合わせだけと言って会う事にしたのだが…
    出会い系で出会った34歳の巨乳子持ち主婦。顔合わせだけと言って会う事にしたのだが…
    洗濯機が壊れ、しばらくコインランドリーに通うことに。妻の帰りがだんだん遅くなっていて…
    洗濯機が壊れ、しばらくコインランドリーに通うことに。妻の帰りがだんだん遅くなっていて…
    出会い系で典型的な欲求不満の団地妻とホテルへ…
    出会い系で典型的な欲求不満の団地妻とホテルへ…
    純君の通う大学の学園祭に誘われて行ったら…
    純君の通う大学の学園祭に誘われて行ったら…