気ままな情報板~エロ話・エッチな体験談~

2chなどのエッチな体験談を集めて毎日更新!JKとの体験談から寝取られ体験までH話の総合サイトです。

【体験談】友だちの彼女のフェラは最高だった
友だちの彼女のフェラは最高だった
【体験談】37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
37歳の主婦なんですが近所の高校生とエッチしちゃいました
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
スーツや会社の制服を半脱ぎのままセックスを楽しんでるOLのハメ撮りエッチ画像
【エロ話】中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
中学の時にオカズにしていた同級生と再会した結果www
【体験談】同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
同じマンションのアラフォーの奥さんが泥酔していたところをナンパした結果www
これぞ至宝!極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
極上のS級巨乳おっぱいの厳選エロ画像まとめ
【H話】久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
久しぶりに会った友だちの奥さんが美人だったから寝取ってしまった…
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
エロメガネがくっそエロい知的美女たちのエロ画像集めてみた
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常ww
おっぱい丸出しでパンツ一枚しかまとっていない女の子のエロさは異常w
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくりのエロ動画キャプまとめ
お金に困った素人JDがAVに出演!Mだからバックが好きと言われながら挿入されて喘ぎまくり
最新記事紹介

    トップ>H体験談[初体験・初エッチ・処女・童貞]   カテゴリ : H体験談[初体験・初エッチ・処女・童貞]

    images (5)
    子供の家庭教師の童貞を卒業させた。

    受験に向け友人に子供の家庭教師を頼んだ。

    有名私立大学のバイト学生で良平と言い週1回教えに来る。

    子供も良平になつき成績も順調に良くなってきた。


    旦那は仕事が忙しいと朝早く出掛け帰宅はいつも遅い。

    携帯に浮気の痕跡を見つけてしまった。

    夫婦の夜の会話は3ヵ月に1回程度で義理みたいである。


    夏休みになり子供と旦那は運動クラブ合宿に出掛け家には私ひとりだけ。

    良平から夕方夏休みの宿題教材を届けくると連絡が来た。

    ミニのスカートとブラが透けて見えるブラウスで良平を待った。

    ひとりの夕食も寂しいと良平を誘い冷えたビールで乾杯し他愛の無い会話を若い青年と楽しんだ。


    「就活はどうなの?」
    「厳しいですね、旦那さんが羨ましいですよ」
    「そんなことないのよ、夜もいつも遅いし、彼女はできたの?」
    「時間もないし出会う機会もなくて」
    お互いに酔いに任せ際どい会話になった。


    「帰宅が遅いと夜の方はどうしてるんですか?」
    「ときどきね、レスに近いわ」
    「美人な奥さんなのにもったいないですよね」

    「ありがとう、彼女がいないということはまだ一度も・・・」
    「ええっ、一度も・・・」
    「時間はあるんでしょ、今晩はひとりだからゆっくりしていって」
    食事を終え良平にコーヒーを持っていくとソファに前屈みで座っていた。


    「どうしたの、お腹でも痛いの?」
    「いいえ、なんでもありません、ちょっと刺激的で・・・」
    股間にテントを張っているのを見つけ、
    「あららっ、若いのね、こんな40過ぎのおばさんなのに」
    とからかったら突然抱きついてきた。


    「だっだめっ、いけないわ」
    「奥さんが素敵なんで息子が勝手に・・・」
    旦那の浮気のこともあり、
    「仕方ないわね、分かったわ」
    良平のズボンを剥ぎ取ると怖いほど反り返った硬い男根が目に入った。



    0998erojd

    童貞の俺が彼氏持ちの女を寝とった。

    俺はずいぶん遅くて26歳の時が初めてだった。


    それまで付き合った女や微妙な関係になった女はいたが、
    超奥手だったりちょっとヤンデレみたいな感じな風変わりな女だったりしたので、
    リアルで出会う女には縁が無かった。



    そんな中、もう10年以上前の話で今もあるかどうか分からないけど、
    某メジャーなWebチャットで知り合った女がいた。


    5~6コ下の女でほぼ毎晩チャットで話をしてたけど、
    暫くして連絡先を交換するまでの仲になった。


    チャットでも話してたけど電話も頻繁にする様になって色々話を聞いた所によると、
    彼女は一人暮らしで、どうやら彼氏がいるらしい。


    でも何だかうまくいってないとの話だった・・・。



    それから1~2ヶ月くらい連絡を取り合ってて、
    彼氏いるしやっぱちょっと疎遠になりつつあるかな?と思ったけど、
    その彼女がどうも俺との連絡を断ちたくないらしい事に気付いてからは、
    心理的に急激に近付いた。



    夜な夜な長電話をする様になり、お互い心理的に微妙な関係に発展し、
    ある意味殆ど付き合ってるのと変わらない感じ。

    この時点で既に浮気状態。


    いつしか会う約束をした。

    一応、軽く写真も交換した。



    5931erojd
    巨乳なおばさんのカラダに俺はゴクリと唾を飲み込んだ。


    小学6年生の時、両親に連れられて温泉に行った。


    北関東か南東北か覚えてないが、とにかくあっちの方だったと思う。



    泊まった旅館はボロかったが、さすが風呂はたくさんある。


    嬉しくて片っ端から入ってたら、湯あたりしたのか夕食後に気分が悪くなった。


    自分でも馬鹿だと思うが、当時は馬鹿の自覚がなかった。



    部屋で少し休んだら回復したんで、夜も遅かったがまた風呂へ。


    どう考えても馬鹿だ。

    床に就いてた両親も「なに考えてんだ」と呆れてた。



    実は夕飯前、大浴場の奥に「洞穴風呂こちら」という小さな表示を見つけ、
    あとで絶対に行こうと決めてたのに、その前にダウンしてしまった。


    翌日に出直して何の問題もないんだが、「洞穴」という言葉の響きに惹かれ、
    どうしても夜のうちに見ておきたかったわけだ。



    洞穴風呂は大浴場の男湯から少し離れた露天だった。


    入るまで気付かなかったが混浴。

    女湯からはすぐ行き来できるらしい。


    俺が行った時は爺さんが一人で湯船に浸かってた。

    平和な光景だ。



    お目当ての風呂はというと…期待外れだった。


    洞穴といっても大して奥行きはなく、崖下の窪みにショボい岩風呂があるだけ。


    お湯が何筋か、岩の割れ目から滝のように湯船へ注いでるのは珍しかったが、
    もっとワクワクする何かがあると思ってた俺にすれば、肩透かしもいいとこだ。



    窪みの奥まで行ってみたが、小さな鳥居みたいなのが飾ってあるだけ。


    仕方ないんで、お湯が落ちてくる所を見てやろうと岩によじ登ってみた。



    「ちょっとボク! そんな所に登っちゃ危ないでしょ!」

    険しい声に驚いて落ちそうになった。

    不意に声かける方が危ないだろっ!
    見ると洗い場にオバさんが立って俺をにらんでる。

    女湯から来たらしい。


    無視しても良かったが、ちょっと怒ってる感じなんで渋々岩から降りた。



    降りてしまうとすることもないし、せっかくだから湯船に浸かることにした。


    爺さんはいつの間にかいなくなってて、さっきのオバさんが独りで入ってる。


    軽くかかり湯して、少し離れた所にザブン。



    「ほらボク! お湯に手拭い浸けちゃダメじゃない」
    「えっ…?」
    「マナーでしょ。

    入り口の所に書いてあるの見なかったの?」

    また厳しい声が飛んだ。

    書いてあるって、そんなもの見るわけない。


    というか、いちいち「ボク」と呼び掛けるのが、
    なんか餓鬼扱いされてるようでちょっとムカッとくる。

    まあ餓鬼だけど。



    「あ…はい、ごめんなさい」

    俺はおとなしく手拭いを湯船の脇に置いた。

    いくらムカついても、
    あの手のオバさんが相手だと、母親に叱られてるみたいで言い返せない。



    オバさんは30代半ばくらい。

    うちの母と同年代か少し若いかもしれない。


    声と同様、ややキツめの顔立ちだが、それなりに美人ではある。


    まあ、小学生にとって怖いオバさんの美醜なんて、どうでもいいことだ。



    「ボク、何年生?」
    「えっと、6年生…です」
    「まっ、うちの子と同じじゃない」

    オバさんの声はさっきより柔らかくなってたが、それでもビクッとする。



    kimamamh111800184
    小学生の時黒ギャルJKから筆おろししてもらってハメまくった話。

    俺が小四の時に高二のいとことやった。



    黒ギャルだったいとこは
    夏場はいっつもタンクトップやチューブトップにケツ半見せショートパンツで過ごしていた。



    夏休みでばあちゃんちに泊まりに着ている俺の楽しみはそのいとこと遊ぶ事だった。


    すでに小三で精通し毎日オナってた俺は、
    イヤラシイ気持ちも持ちながらいとこのギャルと遊んで(いちゃついて)いた。



    ある日プロレスごっこやってて押さえ込まれたりヘッドロックかけられたりして
    抱き合ってるような感じをずっと続けていたら
    短パン越しにもはっきりわかる位激しく勃起してしまった・・・
    (いい匂いだし、ヘッドロックで顔を胸に押し付けられたりしたから)

    そうしたら「A(俺の名前)一人前にチンチンたたせられるようになったんだww」とゲラゲラ大笑い。



    恥ずかしくて隠そうとしたんだけど、いとこが無理矢理股間に手を突っ込んできて
    「こうやってさすると気持ちいいんだよ?知ってる?wwww」と笑いながら扱いてきた。


    「つーかあんたをオカズにすでに毎日やってるよ」と思いながらも結構気持ち良くなってきた。


    7
    友達のカーチャンとセクロスしたったwww

    友達のカーチャンちなみに義母で90年代ころの森高千里みたいな感じwww

    そして俺ははじめてwww

    俺ー高2、童貞だった
    バレー部、ショタ顔

    友達の義母(30代)
    過去の森高千里似
    胸はそこそこデカかった

    友達ー高2

    まず簡単に俺と友達はいわゆる幼馴染な関係で2歳の頃から仲良かった、それで小4の頃に友達の本当の母親がどこのかわからんけど癌になって死んでしまった。


    それで小6の頃に友達の父親が今の母親(以下千里www)
    とりあえず友達の母親が千里になるまでの話はこんなもん

    それで中学生になってから友達は少しヲタクになって、俺はバレーを始めた
    まぁそんなんは関係なく仲良くて俺は毎日クラブ終わってから毎日遊びに行って、友達ほとんどゲームとかしてて俺は義母千里とリビングで話してたりしてた

    それでこの頃から千里キレーだなーとか千里でオナニーするようになっていった、ちなみに父親は夜遅くまで働いてた。


    中学生の時はこんな感じだった。



    それで高校生になって(友達とは同じ高校)俺は緩いバレー部に友達は謎に製菓部に入った。


    それでも対して変わらず放課後は基本友達の家で遊んだりしていた。


    この頃から俺は本格的に千里を口説こうと思ってきていた。



    それである日俺は千里と話していて思いきってお食事に誘うことにした。


    「えーwww俺ちゃんと2人www」みたいな感じだったけどまぁ食事と言ってもお茶に行くことになった。



    住んでるとこそんな都会じゃないから移動は基本車で千里の車でカフェに行った(スタバの次に多い、多分)。


    そんで適当に話して帰り、車に乗り込んだところで俺は「今しかない!!」と思って

    それで、思いっきり手を握って「千里さんのこと好きになったんですけど…」みたいな感じで告白した。


    一瞬戸惑ってたけど「俺ちゃんのことは嫌いじゃないけど私にも子供がいるし」みたいになった。




    bijyo019008


    初めてだったけど強引でかなりドキドキした思い出

    多分3年くらい前の話です。

    細かいところがちょっとあやふやですけど。


    当時私、大学受験の為に個人塾に通ってたんですね。

    予備校に行こうかとも

    思ったんですが、知人からの紹介でしたし、人数が少なめなのもどっちかと
    言うと予備校よりもいいかと思いました。


    同じ受験生クラスの人が確か全部で9人で、私の元々の友人も一人いました。


    大学で言うとゼミみたいな、仲のいい雰囲気で楽しかったですね。



    で、その中に、浪人生で私よりも一つ上の人がいました。

    名前出すとまずいかな、

    皆に宮さんとかみゃーちゃんって呼ばれてた人なんですけど。


    顔はかっこいい感じなんだけど、県でもトップの男子校に6年間通ってて、あんまり
    遊んだことないなこの人、というのは良く分かりましたw 
    私とも、仲良くなってからもかなり長い間さん付け&丁寧語で話していましたし。


    でも話は面白いし趣味も合うし、当時地元で良く演奏していたインディーズバンド
    (今から思うと、ゆずみたいなギターデュオ+女性ボーカル、という感じの変なバンド
    でしたけど)のファンという共通の趣味もありまして、段々仲良くなっていきました。



    何しろ成績は凄いんで勉強教えてもらったり、勉強の気晴らしに遊園地に行ったり、
    一緒に模試に行ったりとか。

    でもキスもえちもまだ、とゆー、付き合ってるんだか

    付き合ってないんだかという状態がしばらく続いてました。

    後から聞いたら、この

    時期私に彼氏がいるんじゃないかと思っていたとか。

    いや、同時進行なんて面倒なこと

    する程器用じゃないですから私w その人にとっては、女の子で仲良くなったのは中学
    以来私が初めてだったらしく、何をどうすればいいか分からん、ということもあった
    らしいんですね。

    周りからはとっくに付き合ってると思われてたろうな。

    手も私から

    握ったくらいなんですがw

    ちなみに、このクラスで出来たカップルはもう二組ありまして、一組は今でも続いて
    いるそうです。



    007
    大人になったいとこのバージンを頂きました


    俺には4つ下のいとこの女の子(名前は葉月)がいる。


    小さい頃からいつもいっしょだった。



    東京の会社に就職して2年目の24歳の時。


    ワンルームでわびしい生活を送っていた。


    突然、携帯に葉月からアパートに泊まりたいというメールが。


    何やら用事があって上京したらしい。


    あわてて東京駅まで迎えに行って、食事をして俺のアパートへ。


    こんなふうに過ごすのはひさしぶりだった。



    ちなみに当時の葉月のスペック。


    年齢:20歳、身長:155cmくらい、童顔、髪はショート、巨乳。



    葉:「おじゃましま~す。


    俺:「前もって連絡くれれば部屋くらい片付けておいたのに。


    葉:「ホテル取ろうかなとも思ったんだけど和也兄ちゃんがいるなと思って。


    俺:「まあ、その辺に適当に座ってよ。


    葉:「うん、ありがと。

    和兄(かずにい)のことだからもっと散らかってると思ってた。


    俺:「どういう意味だよそれ。


    葉:「子供の頃の部屋すごかったじゃん。


    俺:「大人になったってことだよ。


    葉:「うふふ、ちょっとチェックしちゃお。

    おばさんにいろいろ見てこいって言われてるんだ。


    そう言うと葉月はどこかに行ってしまった。



    俺:「おい、どこ行くんだよ。


    俺はスーツからジャージにあわてて着替え、葉月の後を追った。


    葉月は風呂を掃除していた。



    俺:「何やってんだ?」
    葉:「見ての通り。

    お風呂汚れてたよ。


    俺:「ああ、ありがとう。

    洗う暇なくってな。


    葉:「この後、トイレも掃除するからね。


    俺:「ああ、ありがとう。


    葉:「どういたしまして。

    一泊させてもらうお礼だから。



    葉月は子供の頃から世話好きなところがあった。


    その後、トイレも掃除してそのまま風呂に入ってしまったようだ。



    葉:「和兄~、バスタオル貸して~。


    俺:「お前、風呂入る前に言えよ。


    葉月にタオルを渡した。



    葉:「ありがと~。


    葉月はバスタオルを巻いた姿で着替えを取りに来た。



    俺:「おい、何て格好で現れるんだよ。


    葉:「ごめんごめん。

    気にしないで。

    勝手にお風呂借りちゃってごめんね~。


    胸の谷間をモロに見てしまった。


    俺は生唾を飲み込んだ。



    ドライヤーで髪を乾かしている音が聞こえる。


    すっかり成長した葉月の姿に胸騒ぎをおぼえた。



    やがて葉月が着替えて戻ってきた。


    足首のあたりまである長い茶色のワンピース型のルームウェアを着ていた。


    ゆったりしてるが薄手の生地なので体のラインがわかる。


    ここで問題がひとつ。

    胸元が大きく開いているデザインだったこと。


    胸の谷間がしっかり見える。



    俺:「おい、はづ。


    葉:「なあに?」
    俺:「お前さ、その胸元どうにかなんねえの?」
    葉:「え?これ?暑いし。

    それにちょっとだけ和兄へのサービスのつもりだけど。


    俺:「いいよ。

    そんなサービスしなくたって。


    葉:「あれ?もしかして和兄、照れてんの?」
    俺:「全然、お前に色気なんて感じねえし。


    葉:「ひっどーい。

    私ねえ、これでもFカップあるんだからね。


    俺:「何?お前、Fカップもあるのか?」
    葉:「うふふ、ビックリした?」
    それを聞いた俺は何も言えなくなってしまった。



    葉:「ねえ、和兄って指圧得意だったよね。


    俺:「ああ、昔から母ちゃんの肩揉まされてたからな。


    葉:「私の肩、ちょっと揉んでくんない?」
    俺:「何で俺がお前の肩揉むんだよ。



    hatsumi_saki_2919-068s
    童貞だけど出会い系でカキコしたら1人だけ返事をくれたので。。。

    この前、ついに筆下ろししました。



    23歳にもなって童貞ってことに
    ものすごくコンプレックス持っていたので
    相手さえ良ければ
    どんな形でもいいから童貞を捨てたかったのです。



    それで出会い系サイトのワイワイシーで初の相手募集とゆうことで
    カキコしたらたった1人だけ返事をくれました。


    その人は弥生(仮名)29歳の人妻です。



    デブだけどいいですか?
    って言われたんですけど僕は見た目は全然気にしないのでその人と会いました。



    でも実際会ってみると全然デブじゃなかったです。


    ちょっと太めのおっぱいが大きい人でした。


    僕はおっぱいは全然気にしないのですが
    ちょっと太めが好きなのではっきり言って好みの女性でした。



    弥生さんとインターチェンジの駐車場で待ち合わせして
    僕の車に乗ってホテルへ……。



    ホテルに入り、サービスのご飯を食べて一緒にお風呂に入りました。



    最初に僕の体を隅々まで洗ってくれて
    その後僕が弥生さんの体を隅々まで洗ってあげました。


    初めて女性の体に触れました。



    洗うことよりいろんなところを触ることに夢中になってしまいました。


    そしてお風呂から上がってついにベッドへ。



    弥生さんから寄り添って来てキスをしてきました。



    RS=^ADBmjgh8kXwRqQbvGwEUujKUH7ykLw-
    童貞の俺が看護婦さんの手コキされたんです。

    これは、私が大学に入ったばかりの頃の話です。



    当時、受験によるストレスが原因なのか定かではありませんが、全身の皮膚炎に悩まされ診察に行ったところ、「学生で暇なんだし、ちょっと入院して本格的に直して見るか?」と進められて、1週間程度の入院をしました。



    入院経験の無かった私は、少し不安でもありましたが、「高々皮膚炎だし話のネタにちょうどいいか。

    」くらいに考えていました。

    で、翌日からお気楽な入院生活を始めたのですが、そんなにお気楽なものではなかったのです。



    入院初日に早速「○×号室のKさん、処置室までお越しください。

    」の放送に誘われて、処置室へ行きました。

    そこでは病棟の看護婦さん達2~3人が待ち構えていて、その内の一人が私に「じゃあ、その衝立ての向うで、服を脱いで、あっ、パンツも全部脱いでくださいね、それからこのガーゼで前を押さえてこっちに出てきてくださいね。

    」といいました。



    当時童貞だった私は、思春期以降女性に裸を見られた経験がありませんし、前を隠してと言っても、ペラペラで15cm角くらいの情けない布切れです。




    milk-5951
    twitterで知り合った大学生と会ってきた。

    ハチ公前で待ち合わせして道玄坂のロイホでお茶して円山町のラブホで抱かれてきた。

    お茶代は奢った。

    ラブホ代も全額出してあげるつもりだったが、相手の好意で折半になった。

     
    相手はtwitterアイコンの顔写真本人だった。

    別人が出てきたら逃げるつもりでいたので、私の顔は晒していなかった。

    服装はダウンジャケット・ノルディック柄のVネックニット・チノ・スエードのチャッカブーツ。

    身長は低めだが細身で小奇麗な若者だった。

    実際に会ってみると丁寧な口調で、twitterでの印象とは違った。

    wakazuma_5762-039s
    僕が童貞を捨てた時の話しをします。


    私の名前は教えられないので、久村という名前にしておきます

    私は23歳にもなって童貞を捨てずに、てか捨てれずにずっと23年間

    生きてきました・・・。

    私自身童貞である事が自分の中のコンプレックス

    でもあり、恥ずかしいと思って、相手さえよければどんなカタチでも童貞

    を早く捨てたかった、それで私はある掲示板サイトで初のエッチ(セフレ募集)

    というカキコをして、1人返事がくれました♪

    その人は佳苗(仮名)28歳の人妻です。


    デブだけどいいですか?って言われたんですけど、

    僕は見た目は全然気にしないのでその人と会いました。

    13
    処女を抱いた。

     出会い系サイトで九州地方の女の子マイと知り合った。

    マイは28歳独身。

    例によって、これまでどんなセックスをしてきたかリサーチ。

    俺「イッたことあるの」。

    マイ「あるよ」。

    俺「連続でイケるの」。

    マイ「ウン」。


     いい男を選んでいるなと感心した。

    でも実際に会おうという直前になって、それらは真っ赤なウソだったと判明。

    本当は、いまだ処女とのこと。

    セックスには凄く興味あるけど、二人きりになると突然抱きついてくる男が過去にいたりして、怖い思いもあるらしい。

     俺はこの年まで処女とはしたことがないので正直あせった。

    28歳まで処女だった子の初めてがこの俺なんて責任重大だ。

    【H話】ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    ネトゲで姫やってたメンヘラのJDの彼女との黒歴史とセックス
    【エッチ話】オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    オレが寝取った人妻の彼女とセックスの話
    【エロ話】20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    20歳で処女OLだった私の初エッチの話
    【エロ話】サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    サークルの先輩DQNが彼女を脅したので、然るべき対応をした結果…
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス!!
    半脱ぎ状態のまま騎乗位でヤっちゃってるハメ撮りエロ画像が興奮度マックス
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    整形でも可愛ければいい!韓国人美女専門のデリヘルの嬢たちがエロくてかわいいからまとめてみた
    【エロ話】JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    JKの私がサイトで知り合った外国人とデートしてみた結果…
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ
    激レア!素人韓国人たちの自撮りエロ画像まとめ