20170419_TCPG8JSGRP_021
6年前、俺が高1の時の話。


夏休みに、水泳部の練習を終え。


帰宅すると。


「おっ翔太!真っ黒に焼けて、部活。

がんばってるな~!背もかなり。

伸びたんじゃない」

東京で一人暮らしをしている4歳年上の、姉でした。


姉は昔から美人でしたが、久しぶりに見る姉は、さらに美しさを増していた。


俺は、目を合わせる事が出来ず。


適当に挨拶をして、自分の部屋に逃げ込んだ。


ベッドに転がりマンガを読んでいると、隣の姉の部屋が。


騒がしくなってきた。


「かんぱ~い!久しぶりだね~。

みんな変わらないね~」

声を聞いただけで、分かります。



姉の親友の、未来さんと由香里さんが来ている。


俺は、小柄でかわいい未来さんが小学校の頃から、大好きだった。


一方、由香里さんは背は高くないが、かなり太っていて顔も不細工。


姉達の話も徐々に過激になっていった。


「麗子(姉)の彼氏、超イケメンだよね~!」

「あいつ顔だけでさ~エッチ下手くそで~、おちん○ん小さいくて~」

「エ~!そ~なの~ギャッハッハッ~」

”女は怖い、怖すぎる”

「由香里は、あの彼とはどうなってるの?」

「あいつとは、もう別れたよ~。

たまに来て、抱くだけ抱いて。

私の財布からお金取って、。

もう~サイテーだよ!」

「それって、由香里の身体だけが目当てなんだよ~。


サイテーだね~!」

”違う違う、お金お金”。


「どっかに、マッチョなイケメンいないかな~」

「アッ!いるかも~」

「えっ誰!麗子、紹介してよ~」

そこからは、ヒソヒソと何か話している。


そして、暫くすると、俺の部屋の扉がノックされた。


扉を開けると、姉がニヤリと笑い立っていた。


俺は知っている、あの笑いは。


何か悪戯を思いついた時の顔。


俺は怖くなったが勇気を出し。


「あの~ 何か・・・」

「翔太、ちょっと話があるから。


私の部屋に来て!」

「いや~これから、ちょっと。


出かけようと・・・」

「いいから、来い!」

「ハイ!」

姉の部屋に入ると、沢山のお菓子と、缶チュウハイの空き缶が散乱していた。


そして、俺の身体を下から舐めるように、見上げる由香里さん。


「えっ!これがあの翔ちゃん!。

ウソ~ヤバくない~」

未来さんと由香里さんは、本当に驚いたらしく、目を見開いていた。


「凄いでしょう!さっき私も一年ぶりに見て、かなりビックリしてさ~」

俺は、どうしたら良いか分からず立っていると、由香里さんが。


「ほら!私の隣、座って 何か飲む お姉さんが取ってあげる~」

姉と未来さんは、ケラケラと笑い転げている。


未来さんは、昔は長かった髪をバッサリ切って、今はショートカットになっていた。


顔も昔より、更に可愛いくなっていて、短い髪がとても良く似合っていた。


俺が未来さんに見とれていると。


相変わらず無神経な姉が。


「そういえば翔太、お前昔ずっと未来の事好きだって言ってたよね~」

「なんで・・今更・・そんな事・・・」

「エ~ウレシィ~翔ちゃんホント~」

未来さんは、俺に抱きついてきた。


しかし、由香里さんによって一瞬で引き離された。


「ダメ~!私の翔ちゃんだから。

ダメ~!」

その後も由香里さんは。


「部活何やっているの?」

「凄い筋肉だね~!」

「もてるでしょう 彼女いるの?」

ずっと俺の身体を触りながら、。


質問責め。


その様子を見て、姉と未来さんはニヤニヤしている。


暫くすると由香里さんは、俺の筋肉が見たいから、Tシャツを脱げと言い出した。


俺が抵抗していると、姉が。


「脱いであげなよ~由香里がかわいそうだろ~」

”意味分からねー!俺は、かわいそうじゃないのかよ!”。


とは言えないので、素直に脱いだ。


「わーすご~い!未来より胸大きくない~麗子も、そう思わない?」

俺は直ぐに未来さんの胸を見てしまった。


「由香里はうるさい!。

翔ちゃんも、見るな!」

俺は下を向き謝った。


そして、上半身を暫く触っていた由香里さんは、今度は俺の股間の辺りを触り出した。


いくら、デブでブスな由香里さんが相手でも、童貞の俺に耐えられる筈もなく、徐々におちん○んは大きくなっていった。


「ワー見て!翔ちゃん私に興奮してる~!」

”お前に興奮している訳ではない!お前のそのエロいさわり方。


にだ~”。


「翔太、私はお前をそんなスケベに育てた覚えはない!お姉ちゃんは悲しいよ~」

”お前に育てられてないし、むしろお前がやらせているだろ~”。


「翔ちゃんのエッチ!由香里。


もうズボン脱がせちゃいなよ」

”未来さんまで・・・”。


俺はもう諦めた。


そして、由香里さんは俺のズボンとパンツを脱がせた。


「ウソ!結構大きいね!」

「すご~い!お腹にくっつきそ~」

由香里さんは、俺のおちん○んを愛おしそうにペロペロと舐め始めた。


俺は、余りの気持ちよさに。


頭が、ぼーっとしてきた。


鬼頭を加え、おちん○んを奥まで入れた瞬間。


俺は、うわーっと叫びながら由香里さんの口の中に射精した。


流石に、姉も未来さんも何も言わずに見ていた。


そして、由香里さんは俺の放った精液を当然のように飲み干すと。


「翔ちゃんいっぱい出たね、次は私にしてね!誰かコンドーム貸して」

「エッ!私無いよ~」

二人とも持って無いみたいで。


「じゃあ、翔太買ってきなよ!」

「やだよ!俺、買ったことないし・・・恥ずかしいよ・・・」

「そこのドラッグストアに売っているから、逃げるなよ!。


ハイ!10分以内、用意スタート!」

俺は、急いで服を着て、自転車でドラッグストアに向かった。


因みに俺の両親は、自宅から少し離れた所で飲食店をやっているため、夜10時を過ぎないと。


帰ってこない。


ドラッグストアでは、急いでコンドームコーナーの棚の一番前の箱を手に取り、下を向いて会計を済ませ、逃げるように帰ってきた。


家に帰り、その箱を姉に渡すと。


3人は大爆笑。


俺は、訳も分からず見ていると。


「お前は、何回やるつもりだよ!」

どうやら俺が買ってきたのは。


お徳用ファミリーパックと書かれた、1箱にコンドームが10個入って、それが5箱セットになったやつだった。


俺はまた、裸にさせられた。


そして、由香里さんの言われるまま、キスをしておっぱいを揉み、裸にした。


由香里さんの裸は、とても醜く。


汗をかいていてヌルヌルしていた。


それでも、俺は言われるままに。


おっぱいを舐め、乳首をすって。


肉に埋もれたアソコを舐めた。


俺が由香里さんを舐めている間。


未来さんは、俺のおちん○んをいじって大きくしてくれた。


そして、由香里さんが上になって俺は童貞を失った。


由香里さんが上下に動く度に。


おっぱいとお腹の肉が、波のように揺れた。


由香里さんが上下運動していると未来さんが隣に来てキスをしてくれた。


俺は未来さんとしているような気持ちになって、直ぐにイッテしまった。


「翔ちゃんの大きいから、気持ち良かったよ!私ちょっと休憩ね~」

と言ってベッドから降りていった。


未来さんがコンドームを外してくれ、ウエットティッシュで綺麗にしてくれた。


俺は未来さんに抱きつき、夢中でキスをした。


「なんかさ~私の時と違い過ぎない~」

未来さんは自分で服をぬぎ、俺の口に、小さいが形の綺麗な。


おっぱいを、押し付けてきた。


俺は一生懸命おっぱいを揉み、乳首を吸った。


そして未来さんのアソコを懸命に舐めた。


未来さんのアソコはすごくヌルヌルしていた。


「翔太、そこを舐めながら、出てきて汁を飲むんだよ!」

俺は姉に言われたように、舐めながらジュルジュルと未来さんのアソコから出る汁を、飲んだ。


未来さんはギャーと悲鳴をあげた。


コンドームを付けゆっくりと未来さんのアソコにおちん○んを入れていった。


未来さんのアソコは、由香里さんのよりもきつく、なかなか奥まで入らない。


未来さんは少し痛そうにしていたが、おちん○んが全部入る頃には、息が荒くなり、たまに。


ブルッと震えておちん○んを。


締めつけてきた。


2回射精しているにもかかわらず、憧れの未来さんとしているという興奮でまたもや、直ぐに射精した。


その後、続けて未来さんともう一度やって、由香里さんがうるさいので、またエッチした。


いくら水泳で鍛えているとはいえ、流石にシャワーを浴びて休もうと思ったら、姉が。


「もう、我慢の限界!。

未来、翔太の立たせて!」

「ウソ!良いけど、マジで」

未来さんは俺のおちん○んを。


しゃぶりだした。


そして、大きくなると姉はパンツを脱ぎ捨て、俺の上にまたがった。


「姉ちゃん、マズいよ、だめだって!」

「私だって、弟だから我慢しようと思ったよ!でももう限界!」

姉はなんと、コンドームも付けずに・・・。


「生理前だから・・・あー気持ち良い~」

俺は姉に、中出しした