dcvxcv
彼女を職場へ車で送って行った時に彼女が車から降りた時に転倒し怪我をした。

あいにくゴールデンウィークの真っ最中で整形外科は休診中。

救急病院へ連れていくと、足の骨折。

とりあえずギプスで固定してもらい、翌日彼女の掛かり付け総合病院のある地方都市へ送って行った。


1ヶ月の入院・手術となり、週末には150キロ離れた病院までお見舞いに行った。

入院3週間目位になるとお互いヤりたくてウズウズ。

そしてついにお互いの我慢が限界になり、病院の中でやった。

それは総合病院の外来待合室。

土曜日の午後は診察が無く人は居ない。

背もたれのある5人掛けの長椅子に座る。

少し嫌がる彼女にキス。

上着をまくり乳首を舐めると彼女も声を殺しながらも反応。

乳首を舐めながら下に手をやるといつも以上の大洪水。

彼女も吹っ切れたのか、俺のジーンズのホックとチャックを開け、触ってきた。

彼女は前かがみになってフェラ。

いつもは頼まないとしてくれないのに、この時は自分からしてくれた。

もうこうなったら止められない。

彼女を長椅子に寝かし紐パンの紐をほどき挿入。

トロットロのアソコはとても気持ち良かった。

手を噛んで声を抑える彼女を見ながら激しくピストン。

そして彼女の中に生中出しした。

久しぶりだった為か物凄く長い射精に思えた。


ふと我に返り冷静になるが、まだ冷静にならないチ○コ。

そのまま抜かずの2回目に突入。

1回出しているにも関わらず、カッチカチで我ながら凄かった。

2回目も生中出しをした。

その後彼女のアソコから出て来る精液の量は尋常じゃなかった。

普段は遅漏で彼女に早くイッてと言われてるけど、この時ばかりは2回とも三分位しかもたなかった。

後にも先にもあれほど興奮したことはなかった。

彼女もかなり興奮して気持ち良かったって言ってました。

長椅子には彼女と俺の混合液が溜まってた。

後からその場所を通ったら、掃除のおばあちゃんがぶつくさ言いながら掃除してくれてた。

あの彼女どうしてるかな。