qweqweqw
出会い系での体験談。

関東 30歳 170/細身貧乳 独身無 城戸真亜子

関東 34歳 183/写メは普通体型 既婚子無 無職(就職先決定済)ヒゲ坊主コワモテ

某出会い系で待ちでゲット。

別居中とのことなので、離婚寸前か? メールは楽しいし、今後のことは会ってから考えよう。

発情期だし、即ヤリもあり?

中間点の私鉄ターミナル駅で待ち合わせ。

お互いすぐわかった。


コワモテじゃないじゃーん。

若干太らせて、若くしたうじきつよし似?以下うじきで。


飲みに行こうという約束だったので、うじきの知ってる居酒屋へ。

エレベーターが混んでて不安になるもすんなり入店。

カウンター席に案内される。


まずはお互いが知ってるプロフィールを確認、補足しつつ歓談。


ここで×1が発覚。

現嫁とは別居中というか、お互い外泊し放題なだけだった。


話は楽しいし、食べ物も好みはあうし、まいっかということで会話中のスキンシップを増やしてみる。


「俺、手が大きいんだよね~」と言いつつ、大きさを比べてそのまま手つなぎキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

私の持ちネタなんですけど、まぁいいです。

手の大きい人はみんなこの手使うんですかね。


うじきはセックスそのものより、一緒にお風呂入ったり、イチャイチャするのが好きらしい。


飲食もほどほどに進んだところで、「この後、どうする?ゆっくりできるとこ行きたいけど、ヤダっていうならそれでもいいし」と判断をゆだねられる。


とりあえず悩む振りをしていると、「本当に無理しなくていいから」と言うので、「イヤじゃないよ。

うん、じゃあ行こう」と決定。


LHに向かいつつ翌日の予定を確認。

お互い特に無いので泊まりになっても大丈夫。


飲み物買ってから、新しそうなLHに入り「あわただしいのもイヤだから」という事で前延長付のお泊り。

 
とりあえずベッドでイチャイチャ。

お互いに「もうずっとしてないからなぁ。

やり方忘れたかも」などと言いつつ、

うじき「たたなかったらごめんね」いや、それは困るからw
ねっとりキスしてたら「いやらしいキスする子だね」って、そうですか?

お風呂もたまった頃なので、とりあえず私ひとりでお風呂へ。

「後から行くよ」というので、手早く身体を洗って、湯船につかってると入ってくる。


 

うーん、ややわき腹が気になるけど34だし、それ以外はいい身体してるんじゃないの? うじきも身体をあらって、湯船に。


首~耳にキスされながら乳首いじられる。

手が下に伸びてくると
「あれ?お湯の中でもわかるくらいヌルヌルしてるけど」と。


お風呂が熱めでのぼせそうになり、ここでベッドへ。


ベッドへ戻って、再度キスから。

唇厚めだからか、気持ちイイ。

こういうキス好き。


貧乳が気に入ったらしく、ずっと触ったり舐めたりしてくれるんですが、ごめんね、あんまり感じないんです。


「舐めるの好きなんだよね」の言葉とともに、クンニ開始。

これが気持ちいい。

舌で転がしつつ指で入り口刺激されたり、指で摘まれたり。


声は止まらないし、思わず腰も浮いてきておかしくなりそうだったので攻守交替。

ティンティンはやや小さめながら形はいい。


これはフェラしやすくていいなぁと思いつつ、咥えてるとポイント発見!重点的に攻めると「ヤバイ、出ちゃう」と言い出した。


口に出したことがないと言うので、「出してもいいよ」と言ってるのに、うじきは「復活できないかもしれないから」というのでストップ。


お互い我慢できなくなって、正常位でin。


「イタタ」あれ?ティンティン小さめだったし、ヌレヌレだったのに痛いって何事?私、処女?ゆっくり動いてもらって、慣れたところで騎乗位に移行。


最初は上下動から入って、前後に動きを変えて盛り上がってきたところで腰を押さえられる。


「そんな動かれるといっちゃいそうだから」と振り幅を小さくさせられた。

なんだよー、と思いつつ、うじきの笑顔が可愛いので許す。


その後バック→正常位ときて、またいきそうなのを我慢するうじき。

我慢しすぎなのか、ここでED発生 orz  そのまま就寝

翌朝、寝起きのうじきにキスしてたら、ティンティンもおっきしてきたw
そのまま手コキしてたら、お風呂で洗いっこしたいというのでお風呂場へ。


お風呂で洗いっこの後、軽くフェラしてベッドへ。

「まあ子は反応いいよねぇ」の言葉とともに下へ指が伸びる。


軽くクリ触られただけでヌルヌルで、わざと音をたてて手マンされ、正常位。

足を開かされて、クリ触られつつピストンされるとすごく気持ちいい。


体位を変えようと抜いたら、なぜかティンティンの血が!びっくりと同時にうじき、ED。

っていうか、なぜに出血?やっぱり私、処女?

幸いシーツを汚すほどではなかったし、すぐに血も止まったので、再度シャワー浴びてイチャイチャして、チェックアウト。

朝ごはん食べて、解散。


このまま私に彼氏が出来るまではセフレ。

私の幸せは邪魔しないそうなので。