zxz
強盗強姦事件。

発生日:2002年10月12日?25日

被害者:21歳?29歳の女性4名
或いは自宅に侵入され、或いは買い物帰りに車ごと拉致された被害者たちは
抵抗しないよう覚醒剤を打たれ、そして金を奪われ、身体を陵辱された。

被害者の中にはお腹の中に子どもをやどした妊婦も含まれていた。


犯人 :無職の34歳と37歳の男2名。

金と女欲しさに、大型商業施設の駐車場に車をとめ、隣接する銀行から出てくる
若い女性を双眼鏡で品定めした。

女性に狙いを定めると、ナイフで脅して現金を
奪った後に車に監禁。

抵抗を抑えるために覚醒剤を注射し、そして犯した。

犯人たちの供述によると、妊婦を狙ったのは出産費用を持っていると思ったから
らしいが、最終的に妊婦の中から21歳という若い妊婦を犠牲者に選んだ犯人たちは、
金以外のものも彼女から奪い取った。


主犯とされた一人は無期懲役。

もう一人は懲役18年。


<事件概要>
「お願い乱暴しないで。

お腹には赤ちゃんがいるのよ。

涙を流し懇願する女の上着を、相棒は薄笑いを浮かべながら剥ぎ取るように脱がしていた。

「大人しくしろ、腹の子と一緒に死にたくねぇだろ。

そう言って、前に突き出した女の腹の前でナイフをユラユラと揺らす相棒。

男は女から奪い取った金を数えながら、自分の相棒のそんな行動を眺めていた。

相棒のナイフに震え抵抗できない女。

相棒は、左手で女の腹にナイフをかざしながら、右手で女のマタニティドレスを捲り上げ、女の太ももや股間に指を這わした。

女が妊娠何ヶ月ぐらいなのかは、子どものいない男には分からなかったが、大きく前に突き出した腹と、以外に細く華奢な太もものコントラストは、男にとってもなかなか色っぽいものだった。

ましてや、その大きな腹の中には、他人の精子でできた赤ん坊が入っている。

他の男の赤ん坊に自分の精子を振りかけるイメージは、男に
何とも言えぬ劣情をかきたてた。

ましてや男の相棒は、シャブ中の変体野郎だ。

「嫌、やめて。

助けて。

涙を流し、身を硬くする女の腕をまくると、相棒はバックから注射器を取り出した。

「奥さん、すぐ気持ちよくなるからな。

「何、何するの。

「暴れるな怪我するぞ」
逃れようとする女を押さえつけると、相棒は女の腕を注射器で貫いた。

覚醒剤だ、薬中ではない男には分からなかったが、少し濃い目を打つのがコツだと、相棒はそう言っていた。

その方がショック状態になり大人しくなりやすいらしい。

無論、それだけリスクも高いであろうことは男にも想像できた。

震える腕に覚醒剤を注入されると、見る見る女の瞳孔が開き、その抵抗が弱まった。

それを確かめると、相棒の男は女のマタニティドレスをナイフで胸元から引き裂いた。

下着には包まれているが、弾力のある白い肌が現れた。

まだ若い女の肌はきめ細かく、そして美しい。

それだけではない。

子どもを身篭っているためだろうか、適度に肉の付いた女の身体は熟れた果実のような、柔らかさを感じた。

「美味そうな身体だ」
歓声をあげ、女に襲い掛かる相棒の男。

相棒は、女の身体を辛うじて守っていたブラジャーとショーツも剥ぎ取り、そして、生まれてくる子どものために大きく実った、女の乳首にしゃぶりついた。

「アッッ、嫌、アウ、やめて」
まるでミミズのように女の白い肌の上を這い回る、相棒の舌。

やがて、相棒は、横たわる女の股間に顔をうずめると、その秘部に吸い付いた。

「ヒィッッッ、ダメ、許して」
相棒に両足をがっちりと抱え込まれながら、何とか逃れようと身をくねらす女。

しかし、薬のせいだろうか、女の抵抗は弱く、むしろその赤く上気した顔と潤んだ瞳は、女が感じているかのようにさえ男には見えた。

「子どもの命のためだ、大人しく入れさせろよ」
相棒はそう言いながら、自分のズボンを下ろし、汚い尻を男のほうに向けながら、自分の肉棒を取り出した。

「お願い、嫌だ、あなたやめさせて」
ここにはいない自分の旦那に助けを求める女。

相棒は、女の儚い願望を打ち砕くかのように、隆起した肉棒で女の股間を刺し貫いた。

「あっう、あっっ」
声にならない声をあげる女の股間に、自分の股間を激しく打ちつける相棒。

相棒に股間を突き上げられるたびに、女の乳房と、そして、その大きな腹が激しく前後に揺れた。

「あっっ、あっっ、あなた、ごめんなさい。

うっ、許して」
旦那以外の肉棒に犯されていることに涙を流しながら、下の口からも体液を滴らせる女。

相棒は女の両足を担ぎ上げると、更に激しく女の身体をむさぼった。

「お前の子どもに、俺の精液をぶっ掛けてやるからな。

「ダメ、抜いて。

あっ、ダメ」
相棒は、雄叫びをあげながら、激しく腰を動かした。

そして、相棒は麻痺するかのように腰を震わすと、女の中に激しく射精した。

余韻に浸る相棒と、泣き崩れる女。

「お前も姦るか」
男は、相棒のその質問には答えず、相棒を押しのけると、自分も女の股間を刺し貫いた。


男たちが、女を解放したのは、それから何時間もたった後だった。