25
金髪に廻された妻。

失神から目覚めると、マサオはみゆきに規格外の大きさのペニスをくわえさせたまま、太い指をアナルに差し込んでかき混ぜていた。

みゆきは、痛そうに顔をしかめながらも、必死でフェラチオを続けている。

顔に青あざを作りながら、涙や鼻水でグチャグチャの顔で、必死で口での奉仕を続ける。


マサオのペニスは、血管がうねって浮き出ている。

そして、大きいだけではなく、バナナのように反り返っている。

金髪のペニスも圧倒的だったが、マサオのペニスは出来の悪いCGのように、違和感を感じるほどだ。


そして、マサオの指はとても太い。

末端肥大症とか、そんな感じなのかもしれない。



下手したら、彼の中指は私のペニスよりも大きいかもしれない。

さっき、強制的にみゆきとセックスをさせられたが、私のものではまったく奥に届かないと思い知らされた。


みゆきも、こんな事がなければ、私のペニスが小さいと知らないままでいられたはずだ……。


マサオは、ガラス玉のような感情を感じさせない目でみゆきの事を見ながら、黙々とアナルの中を指でかき混ぜている。

みゆきが痛そうにしていても、まったく気にする事なくそれを続ける。

まるで、幼児が悪意なく虫の羽や脚をむしり取るような感じだ。


もしかしたら、マサオは少し知的障害があるのかもしれない。

私は、ふと気になって金髪の方を見た。

すると、金髪はあくびをしながらスマホをいじっていた。

出すだけ出したので、みゆきにはもう興味を失ったのかもしれない。


マサオは、執拗に指でみゆきのアナルをこね回した後、指をずぼっと抜いた。

そして、みゆきのアナルから引き抜いた指の臭いをかぎ始めた。

『嫌っ! 嗅いじゃダメッ! イヤぁぁーっ!』
と、みゆきは羞恥で顔を真っ赤にして叫ぶ。

すると、マサオが左手でみゆきの頭をガシッと掴み、ペニスのところに強引に移動させた。

フェラチオを続けろという、彼の意思表示のようだ。

ここまで、マサオはひと言も口をきいていないような気がする。

もしかしたら、しゃべる事が出来ないのかもしれない。

マサオは、左手でみゆきの頭を掴んだまま、アナルに入れていた指の匂いを嗅ぎ続けている。

そして、ニヤッと薄気味悪く笑うと、その指を口にくわえてしまった。

そして、アイスキャンディーでも舐めるように舐め続けるマサオ。

みゆきは、それを見ながら泣いていた。

そして、泣きながらあきらめたように、フェラチオを再開した。


マサオは、美味しそうに指を舐め続ける。

無邪気な子供のようだ。

そして、しばらくすると、今度はみゆきのアナルに指を二本突っ込んだ。

唾液程度しか潤滑剤がない状態で、力任せに指を突っ込むマサオ。

みゆきは、極太をくわえたまま、悲鳴のようなうめき声をあげている。

そして、また執拗なアナルいじりが始まった。

無垢な幼児のような執拗さで黙々とみゆきのアナルを拡張していくマサオ。

アナルがどんどん拡がって行ってしまう……。


性器ではなく、ただの排泄器官なのに、こんな風にいたぶられ続けるみゆき。

眉間に寄ったしわが、痛みの大きさを物語っているようだ。

すると、人差し指と中指を束ねてアナルに入れていたマサオが、親指をみゆきの膣の方に突っ込んだ。

『んっぐぅっーっ! ん、ふぅっ!』
みゆきは、突然の事に、驚いたようにうめく。

マサオの親指は、見るからに私のペニスより太かった。

長さこそ、さして長くないのだが、それでも私のものと同じくらいの長さがあるように見える。


マサオは、膣とアナルに入れた指を、ガシガシと掻き出すような感じで動かす。

『んんっ! ンフゥ、おぉッ! んっーっ! んっーーーっ!』
嫁は、両穴をグチャグチャにされて、悲鳴のようなうめき声をあげ続ける。

でも、さっきまでとは違い、眉間のしわがなくなっていた。

それどころか、明らかに気持ちよさそうな顔に変わっていた。


この状況で、感じるはずがない……。

そう思う私だが、逆に、こんな状況なので、感じてしまうのかもしれないと思い始めていた。

生命の危機を感じ、子孫を残すためにセックスの快感が倍増する……。

そんな事があるのだろうか?
私は嘘だと思うが、レイプの被害者が被害届を出さないのは、信じられないほどの快感を感じて、イキまくってしまったので、それを警察に言いたくないからだと聞いた事がある。

あり得ないと思いながらも、目の前のみゆきの姿を見ると、もしかして本当なのかな? と、思ってしまう。


マサオは、まったく手加減する事なく、指をガシガシ動かし続けている。

みゆきを感じさせようとか、みゆきを辱めようとか、そんな気配は一切ない。

ただ、子供がおもちゃに夢中になっているような、ある意味ピュアなものを感じる。



『んんっーーっ!! んっ! んーっ!』
みゆきは、とうとう身体を震わせて大声でうめいた。

どう見ても、オルガズムに至ってしまった感じだ。

背中をのけ反らせ、ガクガクと震えているみゆきに、マサオは一切興味がないようだ。

まったくペースを変える事なく、二本の指でアナルをかき混ぜ、極太の親指で膣中をほじくり返している。


もう、みゆきのアナルは柔らかそうにほぐされてしまったように見える。

すると、今度はマサオがアナルに指をもう一本追加で入れようとし始めた。

一瞬耐えたみゆきだったが、すぐにガバッと顔を上げ、
『痛いっ! ダ、ダメ、裂けちゃうぅっ! イヤぁぁ、止めて、止めて下さいぃっ!』
身をよじって、アナルから指を外そうともがくみゆき。

必死という感じだ。

指を三本も入れられては、痛いだろうし、切れてしまうのではないかと思う。

でも、マサオは一切感情を動かされる事がないようで、無慈悲に指をもう一本突っ込んでいく。

四本……。

入るはずがないと思う。

『イヤぁぁーーっ! ホントに裂けちゃうぅっ! お願いします、許して下さいぃっ!』
みゆきは、本気で絶叫している。

でも、これだけ叫んでも、周りに家がないので、誰も助けに来てくれないと思う。

私は、どうしてこんな場所を選んでしまったのだろうと、激しく後悔をしていた。


マサオは、一切手を緩める事なく、強引に指を入れていく。

しばらくあがいていると、キツキツな感じで指が4本入ってしまった……。

みゆきは、狂ったように叫んでいたが、バシンと一発ビンタをされて、急に静かになってしまった。

みゆきは、うつろな目で虚空を眺めている。

あまりの痛みと、救いのない絶望的な状況に、精神が壊れてしまったように見える。


すると、マサオは指を一気に引き抜いた。

そして、さっきと同じように匂いを嗅ぎ、それを美味しそうに舐め始めた。

すると、金髪がいつの間にか近くに来ていて、ローションボトルをマサオに渡した。

マサオは、すぐに中身を手に取ると、それをみゆきのアナルに塗り広げていく。

ポッカリと、穴が空いてしまったような感じのアナルの中にも、丹念に塗り込んでいくマサオ。


すると、
「じゃあ、初物頂くわw」
と言って、みゆきのアナルにいきり立ったペニスを突っ込んだ。

金髪は、なんの躊躇もなく根元まで突っ込む。

バックではめたまま、すぐに腰を振る金髪。

『ううっぎぃっ! ヤアァァァッ! で、出ちゃいそう! 出ちゃいそうなのぉっ!』
と、涙で顔をグチャグチャにしながら叫ぶみゆき。

でも、金髪は何も聞こえていないような感じで、腰を動かし始めた。

『うぅっ! んおっっ! ダメぇっ! で、出ちゃうっ! イヤぁっ! ダメぇっ! おぉおッ! ううあぁっ!』
みゆきは、泣きながら叫ぶ。

でも、初めてアナルにペニスを突っ込まれたのに、痛がっている感じはない。

一時間近くもマサオにアナルをいじられ続け、拡がってしまったのかもしれない。


「なんだよ。

ユルユルじゃねーかw 拡げすぎなんだよw」
マサオに向かって、笑いながら言う金髪。

私は、目の前でみゆきのもう一つの処女を奪われたのに、身動き一つ取る事が出来ない。


「旦那さん、もうガバガバだわw」
金髪は、腰を振りながら私に言ってくる。

でも、すぐに吹き出しながら、
「てか、なんで立ってんだよw みゆきちゃん、お前の旦那、クソ変態だなw」
と、笑いながら言った。

私は、自分でも無自覚だった。

でも、言われて視線を落とすと、確かに私のペニスは勃起していた。

私も、精神が壊れてしまったのだろか? みゆきは、涙でグチャグチャのひどい顔で私の方を見る。

そして、勃起している私のペニスを、恐ろしく無表情で見ていた……。


金髪は、さらに力強く腰を振る。

パンっ! パンっ! と、肉を打つ強い音が響く。

『ダメッ! ダメッ! ダメぇっっ! 出ちゃうっ! 出ちゃうっ! やめてぇっ!! やめてぇーっ!!』
と、金切り声で叫ぶみゆき。

おとなしい彼女が、こんな声を出せるんだと驚くほどの声だ。


それでも金髪は、パンパンと腰を打ちつけ続ける。

泣きながら叫ぶみゆき。

すると、金髪がいきなりペニスを抜いた。

同時に、みゆきのアナルから吹き出すように腸内のものが排泄されてしまった……。

激しい音と臭い……。

『イヤぁぁぁっーーっ! 見ないでっ! 見ないでぇぇーーっ! おねがいぃっ! うぅあぁぁぁっ!!』
絶叫しながら、それでも出し続けてしまうみゆき。

指で拡張されてしまい、止める事が出来なくなってしまっているのかもしれない。


「可愛い顔で、すっごいの出すねぇw」
金髪は顔をしかめながら言う。

『嫌っ! 嫌っ! 見ないでっ! 見ちゃダメぇっ! お願い! うぅああぁあぁーっ!』
みゆきは絶叫しながら排泄し続ける。

床がひどい事になっているし、部屋中臭いが充満している。

でも、マサオは気にする様子もなく、いつの間にかビデオカメラで撮影をしている。


みゆきは、一番恥ずかしい姿を見られ、その上撮影までされている。

みゆきは絶叫していたが、次第に弱々しい声に変わり、すすり泣く声だけになった……。


「こんな姿撮られちゃって、もう俺達に逆らえないねぇw」
と、金髪がにやけた顔で言う。

みゆきは、魂が抜けたような顔でぼんやりしている。

もう、精神が壊れてしまったのかも知れない……。


そして、いきなり私は解放された。

「じゃあ、また来るわw 奥さん綺麗にしてやれよ?w」
と、金髪は笑顔で家を出て行った。

マサオも無表情のままあとを追って家を出て行った。

私は、慌ててみゆきに駆け寄る。

そして、大丈夫かと声をかける。

警察を呼ぼうとも言った。

『イヤぁぁっ! ダメ、こんなの言えないぃっ! 呼んじゃダメっ!』
と、ヒステリックに叫ぶみゆき。

私は、とりあえず彼女を浴室に連れて行った。

そして、すぐにシャワーで彼女を洗い始める。

お尻の周りを綺麗に流し、身体もボディソープで洗い流していく。

その間中、みゆきはほとんど身動きせず、まるで人形のようだった。

そして、あそこも洗い始める。

でも、流しても流しても、中から精液があふれ出てくる。

私は、恐る恐る彼女の膣中に指を差し入れ、掻き出すように洗い始めた。

そんな事をされても、みゆきは無抵抗で人形のようだ。


そして、彼女の身体にタオルを巻き、私は脱衣場から出た。

私はバケツとぞうきんを持ち、ひどい状態の床を掃除した。

掃除しながら、悪い夢なら醒めてくれと念じ続けたが、やっぱり夢ではなかった。


床を綺麗にすると、すぐにみゆきのところに戻った。

でも、みゆきはすでに寝室に行っていて、ベッドの中で眠っていた。

私は、どうしていいのかわからなかった。

警察に行くべきだと思う。

でも、あんなビデオまで撮られている。

ネットにばらまかれてしまったら、もう生きていけない……。


私は、どうしていいのかわからないまま、みゆきの横に滑り込み、彼女の身体を抱きしめた。

そのまま、気がつくと朝になっていた。

ずっと縛られていたので、身体の節々が痛い。

でも、横にみゆきがいない事に気がつき、私は青くなってベッドを飛びだした。

自殺してしまうのではないか? そんな恐怖を感じながらリビングに行くと、コーヒーの良い匂いが漂ってきた。

どうして? と思う間もなく、
『雅治さん、おはようございます。

朝ご飯出来てますよ』
と、にこやかに言ってくるみゆき。

私は、一瞬固まってしまった。

みゆきは、凄くにこやかで上機嫌な感じだ。

まるで、昨日の事なんてなかったように、いつも通りのみゆきだ。

でも、顔の青あざや、唇の端のかさぶたが、昨日の悪夢が現実だったと伝えてくる。


私は、大丈夫? とか、警察に行こうか? などという言葉が喉まで出かかるが、あまりにみゆきが普通の態度をし続けるので、言葉が出せなかった。


『今日は帰り遅くなる?』
みゆきが少し心配そうに聞いてくる。

「いや、とくに何もないから、6時過ぎには帰るよ」
『じゃあ、夕ご飯食べに行く?』
みゆきは、本当にいつも通りだ。

でも、そんな顔のみゆきを外に連れ出すのは良くないと思った。

「いや、たまには寿司でも買って帰るよ。

金曜の夜だし、どこも混んでるでしょ?」
『本当!? じゃあ、上寿司でお願いします』
嬉しそうに言うみゆき。

私は、怖くなってしまった。

みゆきが壊れてしまった? それとも、私が壊れてしまって、実際には有りもしないみゆきがレイプされたという記憶が生まれてしまったのだろうか? でも、私の手首には、はっきりと縛られた痕が残っている……。


そして、私は会社に出かけた。

家を出ると、後ろでドアの鍵がガチャリとかかる音がした。

いつもは鍵を閉めないみゆき……。

やっぱり、昨日のアレは現実だったんだと確信した。

そして、鍵をかけたと言う事は、みゆきも壊れてはいないはずだ。

みゆきは、すべてをわかった上で、何もなかった事にしようとアピールしているのだと思った。


私は、自分の無力さに今さら涙が出てきた。

私は、みゆきが廻されていいるのに、結局何も出来なかった。

それどころか、勃起すらしてしまった。

そんな私を、あの時みゆきは冷たい目で見ていた……。


私は、結局いつも通り過ごした。

会社に行き、仕事をし、同僚と談笑したりした。

でも、心に穴が空いてしまったように、気力が湧いてこなかった。


私は、病院に行った方が良いのではないかと思った。

避妊もしていなかったし、かなり無茶な事をされた。

性病も怖い。

でも、それを言い出す勇気があるか、自信がなかった。


私は、駅ビルで寿司を買うと、重い足取りで家路についた。

そして、ドアにキーを刺し、鍵を開けて家に入る。

「ただいま?」
努めて明るい口調で言った私だが、みゆきの声がしなかった。

私は、嫌な予感で鼓動が早くなった。

まさか、自殺? 大慌てでリビングに入ると、そこには金髪とオマサオがいた……。

「お帰り?。

アレ? 寿司じゃん。

ちょうど腹減ってたんだよな。

気が利くねぇw」
そう言って、笑いかけてくる金髪。

彼は、ソファに座ってみゆきのアナルを犯していた……。

みゆきは、ツインテールにさせられて、ブレザーの女子校生の制服を着せられていた。

スカートは穿いておらず、金髪の極太がアナルにはまり込んでいるのが丸見えになっていた。


みゆきは、私が入ってきた事に気がつかないような感じで、無心に腰を上下に動かしていた。

「よし、声出して良いぞw」
金髪がそう言うと、
『イグイグぅっ! ケツマンコでイグぅっ!!』
と、みゆきがとろけきった顔で叫んだ。

そして、ガクガクッと身体を震わせる。

みゆきは、それでも腰の動きを止めない。

『んおおぉっ! またイグッ! ううぉおお゛お゛お゛ぉっ!』
みゆきは、獣みたいにあえぎながら、腰を大きく振り続ける。


「どうした? 早く寿司用意しろって。

テーブルに並べて、お茶も入れろよ。

お吸い物も忘れるなよw」
と、金髪はニヤけながら言う。

そしてマサオも、ガラス玉のような感情のない目で、じっと私を見つめていた。

私は、一気に脚が震えだした。

昨日とは違い、私は縛られていない。

声も出せるし、身体も自由に動かせる。

でも、私は言われたとおりに寿司の準備を始めた。


震える手で寿司の準備をする私。

その後ろでは、みゆきが見た事もないほどの激しいイキ方でイキまくっている。

私は、ひと言もしゃべる事が出来ないまま、寿司の準備を終えた……。


「お、良い匂いだな。

よし、出すぞ。

オラ、くわえろ!」
金髪がそう言うと、みゆきは慌ててペニスをアナルから抜き、ひざまずいて金髪のものを口に含んだ。

アナルに入っていたものを、躊躇なくくわえたみゆき。

男はすぐにみゆきの口の中に射精した。


「まだ飲むなよ。

ちょっと待ってろ」
金髪はそう言って、食卓に歩み寄る。

そして、寿司桶の中から玉子を掴む。


「よ?し。

ここに出してみろ」