62
女子大生との体験談。

即アポ小悪魔で、大学生19才、滅茶苦茶に犯されたい、
アナル以外何でもしますって。


すぐに連絡、焦りながら、30分後に会えた。

髪は黒、細身だが冬の服装上からも胸が大きいって分る、

生脚にミニスカート、ブーツ、しかも顔は童顔だ。


童顔娘の教えてくれた近いホテルへ。


車降りてからは手を仲良くつないで部屋へ入る。


入ったらブーツを脱がせないままで、ソファに押し倒した。


童顔娘をうつ伏せにして、スカートをめくって、パンティだけを下ろした。


「きゃーっ」と言うが笑っている。


どれどれ、どのくらい濡れてるの?いつから濡れたの?

じっとりと濡れたマンコを見ながら質問すると、

「何させるか、ドキドキして、会った時から濡れました」

アナル以外。







洗面器とカミソリで、まず元々薄めを一気に剃った。


剃られてる間、股から濡れた液がじっとり。


ツルツル完成。


スカートを自分でめくらせてこちらを向かせる、

立ったまま前屈姿勢で、

バックから露出させる、

座らせてM開脚で完全鑑賞。


しかも表情は明るい。

いいね。


そのまま着衣で洗面台の鏡に手を付かせて立ちバックで挿入だ!!

先端が入ろうとすると、童顔娘が鏡で悶える。


まだ入れない、

「入れて下さい、犯して下さい」を言わせる。


やっとズボ。


「あー」

背が低いのもあり、腰を持ち上げて、足が宙に浮いた形で合体。


生で犯してる。


身体を預けている。


もうこっちのものだ。


ガンガン奥まで突いた。


「うー、感じる、だめ、いっちゃう」

もういくのか?

いいよ今日は楽しんでもらっても、こっちはもっと楽しませてもらう。


「一緒にいこう」なんていうから、多量にどどどどどどと出した。


出して、合体のまま抱き締めてキスして胸揉んで、そしたらもっと甘えてくる。


チンポ抜いて鏡で童顔娘にも見えるようにマンコから流れ出す精液。


かたまりがドクッと流れる。


太股を伝って脚にも。


エッチー!!!

今度は脱がせてあげて、ベッドで2回戦。


童顔娘が上になる。

動きが下手なので、こちらが動くと、すぐにいく。


「あーん、ずーっといく、いってるー」だと。


遠慮無く精液をローション代わりに入り口から奥までベチョベチョに犯す。


「犯して、お願い、犯して下さい」と何度も言わせて、

「○○りの中に、○○りのオマンコの中に出してー」で2回目のドクドク。


ツルツルから流れる精液を再度堪能。


風呂に入ってまたバックから。


風呂いっぱいに悶え声が響くので、今度は声を押し殺させる。


小さい可愛い声で「いく、出して、犯して」で3回目ドクドク。


着衣後帰ろうかと話している隙に、ズボンを下ろされて、フェラしてくる。


「だって咥えてなかったもん」で、もう一度全裸へ。


今度は正常位から脚を持ち上げたりで、結合部見えまくり。


ロ○マンコが太長チンポを咥え込んで行くのが良く見える。


ってんで4回目もドクドク。


かなり満足、しかし欲望は尽きない。


童顔娘○○り、来月は縛りとバイブで責めるよ。


しっかし、即アポ小悪魔でこんなにハイスペックな変態がいるなんて

想像もしてなかったな・・・