dcvxcv
息子との体験談。


私は毎晩、息子に抱かれてセックスしています。


懺悔な母子相姦と分かっていますがやめられません

私は47歳、息子・孝(仮名)は18歳。


世間の皆様から見れば、あってはいけない、おぞましい2人に映るかもしれませんが、愛欲に満ちた日々に、私たち母子は溺れてしまっています。


始まりは、主人を交通事故で亡くし、三回忌も過ぎたある日のことでした。


夕食後の洗い物をしていると、息子が後ろから私のお尻を撫で回すように触ってくるのでした。


初めは、冗談と思い気にも留めていなかったのですが、次第に、その手がお尻から太股へ移動し、スカートを捲りあげてきたのです。


「ちょっとっ!あんた何やってるの!」

少し怒った口調で言いました。



「お母さん。

俺っ。


息子は完全にスカートを捲り上げ、右手でショーツの上から私の敏感なところを刺激し始めました。


「あっ。


と、思わず声を出してしまいましたが、我に返り、

「孝っ!だめ!こんな事しちゃいや。


だめよ!だめ!」

息子に対して躾は厳しくして来たつもりですが、目の前に迫る息子には、道徳観のかけらも無い、オスの野獣にさえ思えました。


息子はますます迫って来ます。


女の私が、息子とは言え、大人の男の力にかなうはずがありません。


「本当にやめて。

私たち母子なのよ。

あなた、自分がやっていること、わかっているの。

いやょ。

やめて頂戴!」

息子は、私の体を正面に向けると、唇を合わせてきました。


「うっ。

ムッ。

ん・ん~」

私は、必死に唇を閉じ、体を引き離そうとしましたが、息子の欲情した力にはかないません。


強引なキスと両手でお尻を撫で回されているうちに、心の奥に眠っていた、女の性が目覚めてくるのが、はっきりわかりました。


なんとか、唇を離し、

「ちょっと待って。

本当にいいの?本当にお母さんでいいの?」

「俺、お母さんが好きなんだ。

他の女じゃ駄目なんだ。

いけない事ってわかってるんだけど、俺、お母さんが欲しいんだ。


「わかったわ。

私も孝が好き。

でも・・・。

今日だけよ。

1回だけよ。

これっきりにして頂戴。

それと、これは2人だけの秘密にして。

いいわね。

約束できる?」

「うん。

」息子は、素直に頷きました。


「じゃあ、私の部屋に来て・・・。

」私は、息子を自分の部屋に招き入れました。


そこには、既に覚悟を決めた自分がいました。


「そこに座って」

と、ベッドを指差しました。


覚悟を決めた私は、大胆にも自分から脱ぎだしたのです。


ブラウスのボタンを、ひとつひとつはずしていく時は、心臓の鼓動が激しく高鳴り、

「もうどうなってもいいの。

あなたの女にして頂戴。


と心の中で思いました。


自分の息子に、そんな思いが湧くこと自体が、正気を逸脱していたんだと思います。


スカートのファスナーを下ろすと、スカートは足元に落ち、ブラジャーとショーツをはずした全裸の私は、しばらく息子と見つめ合っていました。


「孝も脱いで。


息子は、Tシャツを脱ぎました。


息子の胸や腕の筋肉を見た途端、私は、息子への気持ちが『母としての感情』ではなく、『女としての欲情』へ変わっていくのを、はっきりと意識しました。


その時以来、息子の生チンポを中出しセックスで受け止めているのです。