0346
貞淑な妻がセックスに目覚めた話。

私の妻は色白童顔メガネな文系奥様です。


私のタイプな真面目タイプなのですが、セックスに対しても真面目で結婚するまで処女でした。


そのためか、興味はあるようで、他の男ともしてみたいと思っていたようでした。


妻も働いており、社員旅行に行った日でした。



妻はお酒を飲むと大胆になるところがあり、心配でしたが、UNOやトランプをしてるとのことだったので、安心していました。


……が、やがて女性社員だけで王様ゲームをしている、というメールが来ましたその時までは、

ギリギリなんとも思わなかったのですが、次のメールで私の不安は強くなっていきました。


「男の子達が入ってきた」それからしばらく我慢していましたが、「エッチな内容になってきちゃった…どうしよ?」などとメールが。


不安とは裏腹に、私のチンポは勃起していきます。


寝取られたらどうしよう…。


そう思いながら、どこかそれを期待しているようでした。


「妻が誰かとするかもしれない」そう思うとドキドキして、嫌な気持ちと同時に期待のようなドキドキが胸を満たしていきます。


「エッチできそうならしておいで(マジ)」などとメールしてしまっていました。


すると、そのメールをした直後、電話が。


「あ……M?あのさ、今のメールってホント?」と妻が。


私はしばらく沈黙し「うん」と答えると、「えーっ、うそー!私が他の人としてもいいの?」という妻の声と、横にいるであろう外野の騒ぐ声。


「マジかよー」

「じゃあ俺としよーぜー」

「この際みんなですっか」などと男の声が。


「今みんなでこれがホントか賭けてたんだよ?おかげで私みんなに命令されちゃうよ?……」と妻。


「あーもしもし。

はじめまして。

朝子さんの同僚です。

それでは遠慮なく、朝子さんのオナニーを見させてもらいますね?ガチャ……プープープー」

それから電話がつながらなくなりました。


次の日、電話がつながった時には、時すでに遅く、嫁はその男を含む6人とセックスした後でした。


「ごめんね……。

抵抗したんだけど……」

と、ホントか嘘かわからないようなことを言う妻。


私は「どうだった?気持ち良かったの?」

と聞くと、「

え……別にいいじゃん、そんなの」と妻。


怒りか、性的にか、なぜか興奮してきた私は、

「いいから!」

と強く言いました。


「……だって。

オナニーでイッた後にしたんだよ?感じない方が無理だよ……全員にイカされた」

そう聞くと、チンポがギンギンになってもう…。


詳しく聞きながら、いつの間にか電話越しでオナニーしていました。


そして妻から

「……てゆーか。

今もしてる……」

と告白されました。


そこから、受話器越しに妻の喘ぎ声を聞きオナニーしました。


私の手は、3回の射精でベドベドになっていました。


社員旅行から帰ってきてから、妻とはほとんどセックスしなくなりました。


(当たり前ですかね…)結局妻は、まだ良い関係が続いていますが、セックスだけは他でしてきます。


たまに私ともしますが…。


2人の男と関係が続いているようで、一人は妻子持ちなので1ヶ月に1回ほど会社の中で、2人で残ってしているようです。


その人の事は昔から憧れていたので、すんなり受け入れています。


とても嫉妬してしまって、私も興奮する相手です。


たまにしてきたと聞くと、無性にドキドキします。


そしてもう一人は、「え?なんで?」と聞いてしまった程の男でした。


ぽっちゃりでカッコ良くないどころか、むしろちょっとキモい渡辺という男でした。


でも、妻に酔わせて吐かせたら、一番気持ち良かったのはその渡辺だったから、内緒でずっと会ってるとの事。


渡辺は独身で、独り暮らしだから家に行き放題。


妻は毎晩のように通っています。


この週末は泊まっているほどです。


ロリコンらしく、中学生を買ってしたこともある、と自慢していたそうです。


そんなロリコンには、たしかに妻は童顔だしいいのでしょうか?パイパンにさせられたのも、渡辺に言われたからだそうです。


メチャクチャ大きいわけではないのですが、相性が良いそうで、渡辺に入れられた時、ビックリするくらい気持ち良くて、

それで尚更スイッチが入ったと言っていたほどです。


そんな渡辺とは、よく電話で話します。


妻に挿入中に会話をするのです…。


基本的にずっと聞いているだけですが。


大体挿入直後か直前に電話が掛かってきます。


キモい男に妻の身体がまさぐられ、舐められ、おまんこをビチャビチャにされてそこに汚いチンポを突っ込まれてしまう。


妻を愛するが故に湧く何とも言えない嫉妬と興奮。


私のチンポはすぐに勃起してしまいます。


渡辺は実況しながら挿入を愉しんでいます。


「ん~今日もグニュグニュとしている膣内を俺のチンポが掻き分けて入っていますよ…。


あー。

奥に入るとおまんこの肉ヒダが俺のチンポを揉みほぐすように動くんです。

あ、すいません。


今日もナマなんで。

だって気持ち良いんですよ、その方が。

朝子もそう言うし。

合意の上です。

」などといった感じです。


ムカつきます。


ウザいのに…。


なぜかシコシコしてしまいます。


「こいつホントにエロいんすよ。

俺のチンポが大好きだって言ってますよ?騎乗位で腰をグリングリン好き放題振りまくって…。


勝手にイキやがるんです。

まあこっちは楽ですけどね。

(笑)」私はいつも無反応です。


興奮とよくわからない感情で声が震えていそうだからです。


「しかし、嫁がこんなことしてんのに、電話ごしにシコシコしてるって、ホント有り得ないっすね~。


まあ俺は気持ちイイからいいんですけど。

ほれ。


「あーM?今日もホント気持ちイイ…。

ごめんね。

でももうだめ。

これなしでは…。

何回でもイキたい…。


キモいのに…嫌なのに…でもアソコが…ああああん!」

妻に替わった時だけ「気持ちイイ?」などと聞いてみます。


すると「うん!うん!あ!あ!あん♪あん♪んんんん!」と渡辺にイカされています。


先週末も同じように泊まって、土曜の朝から晩飯までずっとしっぱなしだったらしく、セックスしながらゆっくりご飯食べたりして、

1日のほとんどを繋がっていたそうです。


不思議な事で、今では憧れていたあの人より、渡辺の方が気になるし、恋心のようなものがある、と私にまで打ち明けていました。


そんな渡辺に、キモい渡辺にイカされまくっている妻。


妊娠しないように薬を飲み始めたらしいですが、そこまでしてナマでしたいのでしょうか…。


でも、そんな乱れていく妻がたまらなく好きです。