0421
人妻に中出しした体験談。

今から4年前の話。

癒し妻新空間に潜伏して、相手を探していたときのこと。

俺は年上が好きだから年上をターゲットにしてたけど、ほとんどは割り切り目的の若い子ばかり。

出会い系なんてそんなものかと諦めていたところに、ちょうど年上希望の俺より8歳上の人妻の募集書き込みを発見!
しかし、そのときは人妻はどうも手を出しにくかったし、その上ちょっと遠いところに住んでた。



でも、その人以外に俺の求めてる条件に合う人がいないし、ダメ元でメールを送ってみた。

そしたら返信がきて、顔写真を送ってくれというから、ちょうど友達のデジカメで撮ったのがあったから送ってみた。


すぐ返事が届いた。

写真を見たら好みの顔だからよろしくだって。

ということでメールをすることにになった。


彼女の名前は雅代。

子供は2人いるそうな。

2人目が生まれてから、旦那に相手にしてもらえず欲求不満で男漁りをしてるということだった。

ちなみに、旦那は2人目が生まれてからは右手が恋人になったらしい。


メールを始めて1週間後に彼女の地元で会った。

ちょっぴりダイナマイトボディな人妻でした。

会ってすぐにホテルへ直行。

で、エッチしました。

でも、そのときはゴム付きで。


別れ際に来週も会おうということになって、次の週にまた会いに行きました。

前回同様、すぐにホテルに入った。

入ってすぐにお互い素っ裸になってベッドに入って、お互いの大事なところをいじり合い。

彼女の指使いが異様に上手くて、チンチンはかなり元気になってしまいました。


1週間もオナニー我慢して挑んだからか、かなり感度が良くなっていてすごく気持ち良くなってきてしまい、もう射精しそうになってしまった。

ここで射精するわけにはいかないから、とにかく我慢。


しかし、我慢にも限界がある。

このまま手でいかされるのも悲しいから、おまんこに入れたいと言ってみたものの、彼女は俺の願いを聞く様子なし。

それどころか、我慢してる俺を嬉しそうに見つめてるし。


我慢できずに手コキで射精してしまった。

大量に出た。

あまりにいっぱい出たから彼女も最初はビックリしてた。

でも、段々と嬉しそうな満足な表情になって、精液を指で弄び始めるし。


いっぱい出したあとも彼女はチンチンを弄んでました。

出した後、ちょっと元気をなくしていたけど、精液を拭くこともなくそのまま手でしごかれて、しゃぶって綺麗にしてくれたから、またまた元気を取り戻した。


俺も彼女のおまんこを触ってみた。

かなり濡れていた。

「おまんこすごい濡れてるね」と言ったら、
「ひろしくんが気持ちよくなってる姿を見たら、すごく興奮しちゃったんだ。

早くおまんこにひろしくんのオチンチン入れて」と彼女が言ってきた。


俺も入れたくて仕方なかったから、入れることに。

彼女は備え付けのゴムを取ろうとしたけど、生で入れたいとねだってみた。

彼女はちょっと困った顔をしていたけど、
「俺がおまんこに入れたいって言ったのに、雅代は手でしちゃったじゃん。

ずるいな~。

お詫びに生で入れさせてよ」と言ってみた。


仕方ないなぁと彼女はOKしてくれた。

ラッキー。

生でおまんこに挿入。

何とも言えない感覚がチンチンにした。


「雅代のおまんこに、俺のオチンチンが生で入ってるよ。

すごく気持ちいいよ~」
と俺が言えば、
「ひろしくんのオチンチンが生でおまんこに入ってる!すごく気持ちいいよ」
とか
「生のおまんこは気持ちいい?」
と彼女は返してくる。

とにかく、おまんこだオチンチンだと隠語プレイ?しまくりでした。


出そうになったから
「もういきそう」と言うと、中はダメってことで、射精寸前に引き抜いて彼女の腹の上にチンチンを乗せて
「しごいて」とお願い。

またしても彼女の手で射精することに。

「また手でいっちゃったね~」と彼女は笑いっていた。


彼女のおへそに精液がたくさん溜まっていた。

もう一度、今度はゴムをしてゴム中出しして、その日は別れた。


その後は、会うたびに生ハメ外出し(最後は彼女の手によって腹の上に射精)するようになりました。

たまにゴム中出しもしたり。


そしてある日のこと。

いつものように生でおまんこにチンチンを入れて、頑張って腰を振っていた。


途中で何となく
「おまんこの中に生出しされるのって、どんな感じなの?」って聞いてみた。

「おまんこの奥に精液が掛かって、すごく中が熱くなっていくのがわかるんだ。

それがけっこう気持ちいいんだよ~」
女の人も中に出されるのは気持ちいいんだってことを始めて知った。

でも、人によっては気持ちいいと感じないらしいけど。


「コンドーム付けて中で出されても、射精してるのはわかるけど、じわ~って熱くなる感覚を得られないからイマイチなんだよね」だって。


「気持ちいいから生で中に出してほしいけど、子供ができちゃうからね。

子供ができないなら、絶対に中に出してほしいよ」
確かに子供ができないなら、俺も生中出ししたいと思った。


「ダメだよ、中で出したら!」
突然、彼女が言った。

彼女は俺が中に出そうとしてるんじゃないかって思ったみたい。


「いや、中に出さないよ。

ちょっと聞いてみたかっただけ。

でも、子供ができないなら、中に出してみたいなぁ」
そう返事して、そのあとはエッチに集中することにした。


正常位で突いていて、いきそうになってきたから、彼女にいきそうなことを伝えると、彼女が背中に足を回して絡めてきて腰を引けないようにされてしまった。


ビックリした俺が中に出ちゃうよと言うと、
「いいよ、中に出して」と彼女が言ってきてビックリ!
あまりに突発的なことをされたものだから、いきそうだったのも止まってしまった。


「ひろしくんが中で出されるのはどうなのなんて聞いてくるから、中で出されると気持ちいいの思い出しちゃった。

思い出したら何だか中に出してほしくなったからさ。

だから、中に出して」
正直、ちょっとビビリました。


中に出して妊娠なんかしたらと思うと・・・でも、誘惑には勝てませんでした。

いつもよりもスピードをあげて腰を動かした。


「ほんとに出すよ。

おまんこの中にいっぱい出すよ」
俺は叫び、彼女も
「いっぱいおまんこの中に出して。

おまんこの奥に出して!」と叫んでいた。


そして、思い切り彼女のおまんこの奥に射精しました。

そりゃもう何とも言い難い快感だった。

ゴム中出しとは全く違う射精感でした。

随分と長いこと脈打っていたような気がする。

精液も大量に出たように感じた。


雅代は、
「いっぱい出てる~。

おまんこの中にひろしくんの精子がたくさん出てるよ。

すごい熱いよ。

気持ちいい・・・」
と悶えていた。


そして、出し終えた後にちょっと恐怖感が湧きあがってきた。

妊娠したらどうしようって。

「妊娠したらどうする?責任とってね」
なんて彼女は笑いながら言うし。


本当に妊娠したら・・・と考え込んでいたら、いきなり彼女がチンチンをパクリ。

そのまま口で綺麗にししつつも、刺激をしてきた。

またしても元気になるチンチン。

そのまま彼女がフェラしてるのを見て堪能していた。


「またオチンチンが元気になってきたね~。

このまま口でいっちゃう?」と彼女。

「またおまんこでいかせて。

当然、生でだよ」と返事。

彼女も了承して、また生で挿入することに。


おまんこにオチンチンをあてがって、
「ほら、オチンチンをおまんこに入れないと」と言って、彼女に誘導させて生挿入。

脚を左右に広げて、おまんこにチンチンが出入りするところをまじまじと見ながらエッチ。


「そんなに見たら恥ずかしいよ~」なんて言う彼女に更に興奮。

「すごいよ、雅代のおまんこが俺のオチンチンを生で咥えてるよ。

すごく美味しそうに咥えてるよ」といやらしい感じで言ってみたり。

彼女もかなり興奮していました。

そりゃもうすごい乱れようだった。


途中でわざと引き抜いてみたら、
「抜いちゃダメ~。

早くおまんこにオチンチン入れて」
と、自分からチンチンを持っておまんこへ入れて、抜かせないように腰を足で抱え込むようにロックしちゃうし。


バックでは自分で動き回ってくれた。

わざと彼女の腰の動きから逃げるような腰の動きをして、焦らしてみたりもした。

すごい甘えた声で「うぅ~ん」って囁くのがすごく興奮した。

騎乗位に変わって、彼女の激しい腰使いが始まった。


限界が近づいてきて、
「ねぇねぇ、またおまんこの中で出してもいいの?」と聞いてみたら、
「ひろしくんが嫌だって言っても、中に出させちゃうもん。

またいっぱい出してね」
俺に拒否権はなく、中に出さないといけないらしい。

そして、彼女が上に乗った状態で中出し。

たっぷりとおまんこに搾り取られた。

射精してる最中も腰を動かすから、何ともいえない射精感があった。


彼女が腰を上げておまんこからチンチンが抜けると、彼女のおまんこから精液がチンチンに滴り落ちてきた。

何ともエロティック。


彼女がオチンチンを舐めて綺麗にしてくれたあと、彼女は風呂場へ行っておまんこを洗ったよう


そのあとにもう一度、生で挿入したけど、途中からフェラに移行して、そのまま口でいかされました。

でも、ほんのちょっとしか出なかった。


かなりドキドキしてましたが、そのあとに生理がきて妊娠はせずに済みました。

このときは本当にホッとした。


これ以降、これからも中出ししたいなと思う気持ちと、妊娠したら困るという不安で揺れ動くようになりました。

が、欲望にはやっぱり勝てなくて、癒し妻新空間の人妻とは一切ゴムは使わなくなって、何度も中出ししました。