0384
妹の旦那との体験談。

私36歳。


25歳で結婚2年3カ月で離婚。


妹夫婦は仕事の関係で遠くから転勤で近くに住むようになり、車で1時間位のところなので再々行き来するようになりました。


義弟はスポーツマンで歳は37歳です。




そんな義弟と妹に隠れて関係を持つようになりました。


きっかけは妹に頼まれて、義弟が休みの日品物を持って私の住むマンションに来るとのことでした。


時期は7月の半ばのことでした。


其の日はすごく暑く、私も短パンにノースリーブでした。


義弟も短パンにTシャツ姿でした。


スポーツマンの義弟は身体も大きく汗かき出した。


Tシャツが汗で黒くなっていました。


私は「シャワーでも浴びて来て下さい」とすすめました。


私はその間、彼の脱いだTシャツと、無断でトランクスまで洗濯機に投げ込みました。


すぐ乾くと単純に思った行動でした。


しばらくすると脱衣所から「姉さん、俺の服は?」と呼び声がするので今洗濯中だけど、すぐ乾くから、しばらく待って・・」

と答えると義弟はバスタオルを巻いて居間に入って来ました。


初めて見るバスタオル姿になぜか胸がキュンとなりドキドキして来ました。


冷えたビールを出すと「俺車だから・・・」と言うので

「酔いがさめてから帰ればいいじゃない。

私も一緒に頂くは。

こんなに暑いのだから・」と。


大きな身体の義弟はコップにそそいだビールを一気に飲み、2本目がすぐに空いたほどでした。


それ以上に私を驚かせたのは義弟が胡坐をかいて飲んでいたので。


その合間から彼の股間がはっきりと見え、黒々とした陰毛のなかから大きなペニスが見えるんです。


久しぶりの一物は私を変な気持にさせてしまいました。


離婚からしばらく時間も経っており、その間彼もいなくて、オナニーで慰めていました。


アルコールの酔いもあり軽口をたたく私でした。


「妹とは仲良くやっているの?私みたいになると駄目よ。

やはり一人は寂しいから。


男の人だけでなく、女性も一緒で、やはりほしくなるもんですからね。

」というと、

「早くいい男の人が見つかるといいですね。

どんな男の人がタイプなんですか?」と聞いて来るから

「そうねえ、スポーツマンで、身体のがっしりしたタイプの男性が最高です。


と答えると義弟は「その部分だけは俺も当てはまりますよね、」と言って来た。


その間私は義弟の股間が気になって仕方がなかった。


「そう、賢二さん、みたいな人がタイプなの。

だから賢二さんが一番身近な人になるわ」と答えた。


義弟は横になッたので「私もすっかり汗をかいたのでシャワーを浴びて来るわ」と言ってバスに行った。


私の心が決まり、というよりもうこれ以上自分の心を抑えることが出来なかった。


バスタオルを巻いて居間に行くと義弟は寝息を立てて眠っていた。


私は今のカーテンを閉め、バスタオルと外し、全裸になると義弟の傍に行き、そっと彼のバスタオルをはがした。


そこには陰毛が黒々と生え、決して勃起していないとは言え、おおきな二つの睾丸と14cm~15cm位はあるおちんちんがはっきりと見えた。


もう我慢できず。


そばに添わりそっと片手で握り口に咥えた。


そこで義弟は目を開けた。


私の全裸姿にびっくりしたのと口に含まれているので驚いたのでしょうが、私は目で彼を仰向けになってもらった。


彼は黙って従い、両足を少し開いた。


すごく彼のペニスは私の口の中ではちきれんばかりにおおきくなった。


私を口から離すと私仰向けに寝た。


かわりに彼が上半身を起こし。


私に身体の上に乗ると、両方の乳首を口に含み、彼のいきり立ったペニスを私の秘部にあてがうと一気に貫いた。


なんという感触だったでしょうか。


本当に久しぶりのセックス、それも大きくて固いおちんちん。


私は彼の背中を両手で抱き締め、強いピストンを促し、私の腰もそれに協力した。


義弟が私に耳元に口を寄せ「姉さん、もう出るよ・・・中に出していいの?」と言うので

私はM字に開いていた両脚をを高く上げ、「いい・・・思い切り出して・・・」と言うと私の中でピくピくしながら何度も射精した。


終わっても少しも彼のおちんちんは柔らかくならず。


前の旦那はすっと抜けてしまっていたので、私は「もう一度して・・」と言った。


彼は「いいよ」と言うので「今度は後ろから入れて・・」と上半身を起こしてよつんばになった。


きっと彼の眼には私の一番恥ずかしい、アナルとあそこが丸見えになっているだろうと思うとよけいに興奮してしまった。


2度目の射精までは強く、又弱くのテクニックのセックスに私はもう声を出すのを抑えることは出来なかった。


終わると二人とも汗びっしょり。


二人してバスへ行き、私は彼の身体をていねいに洗ってあげた。


洗い終わると私は目の前にあるペニスを口に含んだ、初めての義弟へのフェラだった。


仁王立ちした彼は腰を思い切り突き出してくれた。


元気な彼のペニスはマタマタ大きく勃起してしまった。


二人は黙って目を見つめ合うと、私は立ちあがって壁に手を突いて彼の方へお尻を突き出した。


彼は後ろから私の両方の乳房を鷲づかみにすると一気に突っ込んで来た。


すばらしい快感でした。


こうして半日の間に義弟と3度のセックスをしてしまいました。


別れ際、彼は私を軽く抱き締め、キスをして来ました。


私はズボンの上から彼のものを握り「最高だったわ」と言いました。