067_201403091315295ac
母との体験談。

お母さんのスケベな姿を隠し撮りしたエロムービーを見ながらオナって眠り、昼近くに母が声をかけてきて、

「映画に誘われたから行ってくるわね」

「昨日も出かけたじゃん!」

「付き合いは大変なのよ!あなたも大人になればわかるわよ!」

夕方近くに帰宅した母は、

「暑いわね!シャワー浴びてくるから夕飯は少し待ってね!」



母のエロムービーを見て、母に興奮するほど興味が固まり、洗濯籠にある母のパンティーを入念に調べたりと一日を過ごした。


私は、今脱ぎたての母のパンティーを見たく、脱衣所の脱ぎ置かれた。


母のパンティーを匂い嗅ぎ、最高の興奮を味わったが、変な形でそばにあるハンカチを見ると、

股に充てがっていた証のような形であり、ガーゼ布のハンカチには愛液、オマンコ汁が染みた濡れ滑りが、

(どうしてこんなものを、どうしてこんなに濡れてるの)母がシャワーから出てこないうちに、そのハンカチを持って部屋に帰りました。


ハンカチから漂う匂いは母のオマンコ汁臭と言うより射精汁臭に間違いなく、映画に出かけたのではなくて、

男とオマンコしに出かけていた母に間違いなく、昨日も昼間に出かけてあの汚れがあるのでは。


(それでシャワーを帰るなり浴びている)

(パンティーにしても日数と枚数が合わない感じがしたのは、一日に何枚も履いてるから)

(ティーバック有り、普通のパンティー有り、様々なセクシーなパンティーが)

そんな母を軽蔑するよりも、母のオマンコに突っ込み母子相姦したくなった興奮は、自分でも解らないが勃起してやまない興奮でした。


あげくに父からもう一晩泊まりゴルフになることを電話で告げられていて、母に言えば機嫌が悪くなるからと私に託けてきた事など、

母のオマンコに突っ込むチャンスが来てる偶然以上の運命を感じていた。


夕食時に父の伝言を伝え、案の定母は不機嫌感じでいたが、

「もう!ビール飲もう!」

滅多に飲まない母がビールを飲み、片付けもそこそこに部屋に行ってしまった。


三十分も過ぎただろうか、母の部屋のドアを伺い開けすると中から母のイビキが聞こえて熟睡の合図を聞いているようだった。


母の部屋に入り外明かりを頼りにベッドに近づく、

薄明かりに慣れてきた目に見えたのは母の裸の姿(えっ?裸で寝てるのか?)

大きなおっぱいが見えて、触りたくなる衝動をこらえ、(とにかく、早く、ぶち込ん近親相姦してしまおう!その後は、どうでもいいや!)

母が浮気をしてる事が私の興奮につながるとは、薄いうわ掛けを捲り上げるとピンクのパンティーが鮮やかに見えた。


用意してきたハサミで股あたりを切り、母のオマンコを晒した。


静かに母の足を開いは股間に入り込み、勃起した先を母のマンコ穴に差し向け、ゆっくり濡れも、昼間の浮気射精汁のお陰か、腰押しで

亀頭が母のマンコ穴を広げていくのに幸いしながら、こことばかりに一気に母のマンコ穴に勃起を押し込んだ。


「グッグゥ~グゥ」なんて音がしたような強烈に熱くグイっと嵌る感触の母マンコ。


母が目を覚まし見る目線に、私はしっかりと合わせた目線のまま、母の両足を動けないように抱え込んだ。


そして、勃起マラを激しく突き動かし、母マンコを突き抜く以上にぶち込みに続け、抵抗できないままに母はオマンコ刺激に打たれたよう

体が震えて応えているかのような表情になり、

「グジュっズッボ」

股間から聞こえる擦り音が響いて、必死に勃起マラを突き抜き擦り込むことに集中

母が善がりだしてしまった声を聞いた

「あぁあっあぁ」

母に飛びつき乳房を揉み込み掴んで、乳首を吸い取り、母の善がり声はやまずに大きくなり、両手で私に抱きついては、

「すごい!すごぉ~っい~!」

叫んでは母は失神するかのように全身痙攣でイキ捲ったようだ。


昨夜のオナニーのせいか私の射精も長持ちして、母が何度か行きまくっているタイミングに合わせて私はオモイッキリ射精をした。


母は何も言わず、グッた~と全身を投げ出して、休息のような感じなのだろうか、

しかし母マンコが姦通チンポをそそのかす様に「グニュグニュ」うねり動いてるのが伝わる。


母の顔を改めて見てみると目を閉じて何も語っていない、

怒っていない顔で、姦通密着のオマンコだけが勃起を促す動きで刺激してる。


半ば勃起のまま再び母マンコに挑み、擦り込む刺激にフル勃起で突き抜けば、母はオマンコ刺激に敏感な反応で答えて

「あぁいぃぃ~善がる快感を言葉にしながら母は、昼に浮気してきたにも関わらずに性欲が尽きないほどに乱れては絶頂しまくり。


突き込む勃起マラに答えて締め付けるような母

まんこ穴二度目の射精も、母のよがり狂いを何度も目にしながら、キスも当たり前のように出来て、絡み合う舌

母から求めてくる動きで、「すごい!いっちゃう~」激しい痙攣のような動きで、今までにない騒ぎの母は失神したリキミで上り詰めた。


さすが二発連続での射精はこたえて、母との姦通姿のまま呆然とした時間を過ごした。


母まんこは相変わずに勃起をそそのかす動き

疲れ癒しに外すしかなく、母まんこのか眠りに入ってしまった私

母の寝動きで目を覚まされた私は、寝息吐く母の股間を開かせ、再び母まんこ穴に突っ込み、眠っているのか起きているのか母の微かによがるような声

一気に突っ込むことの出来た母まんこも応えるようにうねりの刺激が、シーツに染み広がりが分かる大きさが見え、興奮を演出しているようでした。


呆然としていながら、よがりを言葉に囁く母、

次第に私に抱きつき求めてキスを、絡み合う舌に更に興奮の吐息母、

「あっすごい」

「母さん怒ってない?」

母の耳元で告げると、

「おこってないわぁ~、うれしいわぁ~女として見てくれて、あぁ~」

この会話が拍車をかけたのか、勃起マラはぐんぐん盛上がり、母まんこ穴を残すとこなく突きにていた。


母もよがり悶え尽くすかのように悲鳴のように叫び上げては絶頂に行きまくり、興奮過ぎた疲れからか、

三発目の射精が出たかどうか構わずに終了した。

お母さんのスケベな姿を隠し撮りしたエロムービーを見ながらオナって眠り、

昼近くに母が声をかけてきて、「映画に誘われたから行ってくるわね」

「昨日も出かけたじゃん!」

「付き合いは大変なのよ!あなたも大人になればわかるわよ!」

夕方近くに帰宅した母は、

「暑いわね!シャワー浴びてくるから夕飯は少し待ってね!」

母のエロムービーを見て、母に興奮するほど興味が固まり、洗濯籠にある母のパンティーを入念に調べたりと一日を過ごした。


私は、今脱ぎたての母のパンティーを見たく、脱衣所の脱ぎ置かれた。


母のパンティーを匂い嗅ぎ、最高の興奮を味わったが、変な形でそばにあるハンカチを見ると、

股に充てがっていた証のような形であり、ガーゼ布のハンカチには愛液、オマンコ汁が染みた濡れ滑りが、

(どうしてこんなものを、どうしてこんなに濡れてるの)

母がシャワーから出てこないうちに、そのハンカチを持って部屋に帰りました。


ハンカチから漂う匂いは母のオマンコ汁臭と言うより射精汁臭に間違いなく、映画に出かけたのではなくて、

男とオマンコしに出かけていた母に間違いなく、昨日も昼間に出かけてあの汚れがあるのでは。


(それでシャワーを帰るなり浴びている)

(パンティーにしても日数と枚数が合わない感じがしたのは、一日に何枚も履いてるから)

(ティーバック有り、普通のパンティー有り、様々なセクシーなパンティーが)

そんな母を軽蔑するよりも、母のオマンコに突っ込み母子相姦したくなった興奮は、自分でも解らないが勃起してやまない興奮でした。


あげくに父からもう一晩泊まりゴルフになることを電話で告げられていて、

母に言えば機嫌が悪くなるからと私に託けてきた事など、母のオマンコに突っ込むチャンスが来てる偶然以上の運命を感じていた。


夕食じに父の伝言を伝え、案の定母は不機嫌感じでいたが、

「もう!ビール飲もう!」

滅多に飲まない母がビールを飲み、片付けもそこそこに部屋に行ってしまった。


三十分も過ぎただろうか、母の部屋のドアを伺い開けすると中から母のイビキが聞こえて熟睡の合図を聞いているようだった。


母の部屋に入り外明かりを頼りにベッドに近づく、

薄明かりに慣れてきた目に見えたのは母の裸の姿(えっ?裸で寝てるのか?)

大きなおっぱいが見えて、触りたくなる衝動をこらえ、(とにかく、早く、ぶち込ん近親相姦してしまおう!その後は、どうでもいいや!)

母が浮気をしてる事が私の興奮につながるとは、薄いうわ掛けを捲り上げるとピンクのパンティーが鮮やかに見えた。


用意してきたハサミで股あたりを切り、母のオマンコを晒した。


静かに母の足を開いは股間に入り込み、勃起した先を母のマンコ穴に差し向け、ゆっくり濡れも、昼間の浮気射精汁のお陰か、腰押しで

亀頭が母のマンコ穴を広げていくのに幸いしながら、こことばかりに一気に母のマンコ穴に勃起を押し込んだ。


「グッグゥ~グゥ」なんて音がしたような強烈に熱くグイっと嵌る感触の母マンコ。


母が目を覚まし見る目線に、私はしっかりと合わせた目線のまま、母の両足を動けないように抱え込んだ。


そして、勃起マラを激しく突き動かし、母マンコを突き抜く以上にぶち込みに続け、抵抗できないままに母はオマンコ刺激に打たれたよう

体が震えて応えているかのような表情になり、

「グジュっズッボ」

股間から聞こえる擦り音が響いて、必死に勃起マラを突き抜き擦り込むことに集中

母が善がりだしてしまった声を聞いた

「あぁあっあぁ」

母に飛びつき乳房を揉み込み掴んで、乳首を吸い取り、母の善がり声はやまずに大きくなり、両手で私に抱きついては、

「すごい!すごぉ~っい~!」

叫んでは母は失神するかのように全身痙攣でイキ捲ったようだ。


昨夜のオナニーのせいか私の射精も長持ちして、母が何度か行きまくっているタイミングに合わせて私はオモイッキリ射精をした。


母は何も言わず、グッた~と全身を投げ出して、休息のような感じなのだろうか、

しかし母マンコが姦通チンポをそそのかす様に「グニュグニュ」うねり動いてるのが伝わる。


母の顔を改めて見てみると目を閉じて何も語っていない、

怒っていない顔で、姦通密着のオマンコだけが勃起を促す動きで刺激してる。


半ば勃起のまま再び母マンコに挑み、擦り込む刺激にフル勃起で突き抜けば、母はオマンコ刺激に敏感な反応で答えて

「あぁいぃぃ~善がる快感を言葉にしながら母は、昼に浮気してきたにも関わらずに性欲が尽きないほどに乱れては絶頂しまくり。


突き込む勃起マラに答えて締め付けるような母

まんこ穴二度目の射精も、母のよがり狂いを何度も目にしながら、キスも当たり前のように出来て、絡み合う舌

母から求めてくる動きで、「すごい!いっちゃう~」激しい痙攣のような動きで、今までにない騒ぎの母は失神したリキミで上り詰めた。


さすが二発連続での射精はこたえて、母との姦通姿のまま呆然とした時間を過ごした。


母まんこは相変わずに勃起をそそのかす動き

疲れ癒しに外すしかなく、母まんこのか眠りに入ってしまった私

母の寝動きで目を覚まされた私は、寝息吐く母の股間を開かせ、再び母まんこ穴に突っ込み、眠っているのか起きているのか母の微かによがるような声

一気に突っ込むことの出来た母まんこも応えるようにうねりの刺激が、シーツに染み広がりが分かる大きさが見え、興奮を演出しているようでした。


呆然としていながら、よがりを言葉に囁く母、

次第に私に抱きつき求めてキスを、絡み合う舌に更に興奮の吐息母、

「あっすごい」

「母さん怒ってない?」

母の耳元で告げると、

「おこってないわぁ~、うれしいわぁ~女として見てくれて、あぁ~」

この会話が拍車をかけたのか、勃起マラはぐんぐん盛上がり、母まんこ穴を残すとこなく突きにていた。


母もよがり悶え尽くすかのように悲鳴のように叫び上げては絶頂に行きまくり、興奮過ぎた疲れからか、三発目の射精が出たかどうか構わずに終了した。


熟睡から目が覚めたのも早朝のような兆しで、まだ目を覚ましてない母が、私の横で寝てる。


3発だしたか元気に朝立ちのフル勃起には母マンコの感触は忘れるものではなく、起き上がるには疲労もある感じ。


よこ寝の母の足を上げて寝ながら母のオマンコ穴にあてがうと、当たり前のごとく母が体を動かして、オマンコ穴に誘う体制になる母

ひと突きに嵌まり込む母のまんこ穴は、すでに勃起マラに応えるがごとく、熱く包み込んではうねりのマンコ穴絞りは始まっていた。


よがり出すと母は自ら乳房や乳首を揉み掴んで、

「あ~あっ、あぁ~」

時にはクリにも手を伸ばしては擦り刺激、

その度に母のまんこ穴のうねりが強烈になり、興奮と刺激に最高の導きであった。


「あぁ~いっくぅ」

母が痙攣のように震わせた全身でのけぞり果、母の絶頂を導き出すように擦り込んで射精飛ばしを母に合わせられた。


こんな母とのオマンコ三昧尽きることなくしたい願望、性欲のつきない母が浮気し放題も納得させられる疲労睡眠に這入っていった。


目覚ましの音と共に、

「たかお、おきて!部屋に戻って!」

母に叩き起こされて渋々部屋に戻って眠りに入ったが、父が帰宅した物音に眠りを削がれて母とのオマンコデビューに酔いしれていた。


寝室から母の声(まさか父としてる?)ドアに近づき聞き耳に聞こえる母のよがり騒ぎ、

暫くして二人がシャワーでも浴びてるのだろう雑音、そして父が出勤?

(休みじゃないのか?なら!)

興奮がありながらも再び眠ってしまった

昼近くに昼食に起こされて気まずさが感じられる雰囲気

誤魔化すかのように母の手を引くと、委ねくる様に抱きついてくる母

キスをし、ソファーに移れば母からパンティーを脱ぎ、股を開ききって私の勃起マラを待つ母ひと突きに応え狂う母

私を促すように体位を変えさせ、松葉崩しで何度も、気持ちよさそうな表情を浮かべ、体を痙攣させ、雄叫びをあげながら絶頂してしました。


熟睡から目が覚めたのも早朝のような兆しで、まだ目を覚ましてない母が、私の横で寝てる。


3発だしたか元気に朝立ちのフル勃起には母マンコの感触は忘れるものではなく、起き上がるには疲労もある感じ。


よこ寝の母の足を上げて寝ながら母のオマンコ穴にあてがうと、当たり前のごとく母が体を動かして、

オマンコ穴に誘う体制になる母ひと突きに嵌まり込む母のまんこ穴

すでに勃起マラに応えるがごとく、熱く包み込んではうねりのマンコ穴絞りは始まっていた。


よがり出すと母は自ら乳房や乳首を揉み掴んで、

「あ~あっ、あぁ~」

時にはクリにも手を伸ばしては擦り刺激、その度に母のまんこ穴のうねりが強烈になり、興奮と刺激に最高の導きであった。


「あぁ~いっくぅ」

母が痙攣のように震わせた全身でのけぞり果、母の絶頂を導き出すように擦り込んで射精飛ばしを母に合わせられた。


こんな母とのオマンコ三昧尽きることなくしたい願望、性欲のつきない母が浮気し放題も納得させられる疲労睡眠に這入っていった。


目覚ましの音と共に、「たかお、おきて!部屋に戻って!」母に叩き起こされて渋々部屋に戻って眠りに入ったが、

父が帰宅した物音に眠りを削がれて母とのオマンコデビューに酔いしれていた。


寝室から母の声(まさか父としてる?)ドアに近づき聞き耳に聞こえる母のよがり騒ぎ、

暫くして二人がシャワーでも浴びてるのだろう雑音、そして父が出勤?(休みじゃないのか?なら!)興奮がありながらも再び眠ってしまった

昼近くに昼食に起こされて気まずさが感じられる雰囲気

誤魔化すかのように母の手を引くと、委ねくる様に抱きついてくる母

キスをし、ソファーに移れば母からパンティーを脱ぎ、股を開ききって私の勃起マラを待つ母ひと突きに応え狂う母

私を促すように体位を変えさせ、松葉崩しで何度も、気持ちよさそうな表情を浮かべ、体を痙攣させ、雄叫びをあげながら絶頂してしました。