074_2014031116204138a
義母との体験談。

妻の母親、江美子(62歳)とSEXしてしまいました。


ある日に、突然に妻の携帯に義母から、家まで送って欲しいとの連絡が入った。


車は車検中で代車の古い軽自動車。


妻は家事が残ってるから、私に代わりに送って欲しいとの事。


仕方なく、私は義母が待つ場所に向かった。




初夏の少し暑い夜。


義母は薄手のワンピースにカーディガンを羽織っている。


「悪いわね、お願いね」と言いながら、助手席に乗り込んで来る義母から、微かに香水の香り。


化粧も、きっちりとしており、何と無く熟女の色香が漂う義母。


友達との久しぶりの外出で、食事の時に少し飲み過ぎたと笑顔を見せていた。


普段の義母とは全く違う表情と仕草に、私は何と無く興奮を覚えてしまった。


少しシートを倒し凭れる義母。


走り抜ける街灯の明かりにフラッシュみたいに義母の白い膝が見え隠れする。


胸の谷間にシートベルトが食い込み、それが余計に義母のおっぱいを際立たせる。


酔ってる義母は、友達と飲みながら食事の時に若い男性にナンパされたと楽しそうに話す。


他の場所に移動して、飲み直そうと誘われたらしいが結局は、その居酒屋で巧く変わし終わったとの事。


内心は、若い子とのHに興味も少し有ったらしい。


などと話しながら車は大通りを外れ家に向かう。


通り過ぎる車は殆どない田舎道。


私の欲望が一気に湧き上がった。


拒まれる事を覚悟で、私は腿の上に置かれる義母の手に私の手を重ねてみた。


一瞬、驚く表情を見せた義母だが、私の手を退ける様子も見せず、暫くすると更に私の手に、もう一方の手を重ねて来た。


「駄目よ、仮にも私達は義理の親子なのよ」私は前を見ながら運転を続け、重ねた手で義母の太腿を撫でた。


スカートの裾が乱れ、白い腿が少し露わに成る。


「駄目よ」か細い声を挙げながら義母の腿の上で私達の手が争い合う。


やがて義母の手が離れ胸のシートベルトを強く掴んで行く。


硬く膝を締め拒む義母、内腿の間に手を差し込む。


「あっ!駄目」家が近づく頃には義母の膝が緩み私の手の進入を許して居た。


「道を外れますよ、お義母さん」それには答えず目を閉じ、助手席の窓側を向く義母。


田畑が広がる道を走る車。


生脚に下着だけの還暦を過ぎた義母の下半身を私の手は蠢き回る。


下着の上からでも義母の股間が濡れて来ているのが判る。


私は山沿いの狭い所に車を止めた。


義母の顔に私の顔を近づける。


義母の唇が、「駄目」と動く。


悩ましい濃厚なディープキス。


いつしか義母も舌を絡め返して来る。


義母の両足は淫らに開いている。


下着の脇から指を進入させ義母を、まさぐる。


淫らに妖艶に蠢く義母の下半身。


下着を脱がそうとすると、義母も腰を微かに浮かせ脱がせ易くして来る。


下着が膝を通り抜けようとする時に、義母は私の腕を掴み、「やはり駄目よ、もう止めましょう」と言って来る。


私は脱がせる手を一旦止め、そのまま太腿を撫で上げ、夥しく濡れた股間に指先を進める。


もう一方の手で義母の腕を掴み、ジャージの上から私の勃起した部分に触れさせる。


「お義母さんのも凄いですけど、私のも、もうこんなに」義母は羞恥を浮かべながらもジャージの上から手を逃す事はなかった。


「私みたいなお婆ちゃん、こんな真似を、それに貴方は家のお婿さんなのよ。


私も、いい年をして恥ずかしいですが、今日のお義母さんを見て、我慢出来なく成ってしまいました。


「お互いに何もかも知り尽くした大人として、今日、今夜だけは」再びキスを交わす。


半開きの唇舌が悩ましく絡み合う。


「この事は夢、今だけよ、今だけの事にして」下着が片方の脚から脱げ落ちる。


指を動かすと義母の股間からは淫らな音が響く。


ふっくらと膨れ上がる義母の陰核襞を開き小さな突起物を捉える。


「あぁ駄目ぇ」一気に快感に襲われるのか義母は腰を引き逃れようとする。


目一杯に倒したシート突っ張るように両足を伸ばし快感に耐える義母。


みるみる恍惚の悩ましい表情に変わり、股間に伸びる私の腕を掴み喘ぐ義母。


ブルブルと響くエンジン音と淫音義母の悩ましい喘ぎ声。


私は股間を開かせ顔を埋めようとする。


「駄目汚れてるから、それは嫌」哀願するような義母の声が漏れる。


「汚くなんて無いですよ、お義母さん、舐めさせて下さい」そのまま私は半ば強引に顔を埋めて行く。


「嫌ぁ」両手で顔を覆う義母。


少し粘りの有る蜜液を舌先で掬うように丹念に丹念に舐め続ける。


義母は我を忘れたように喘ぎ悶える。


舐める事で逝った義母。


股間から顔を離し義母を見つめると、義母は恥ずかしげに甘えた声を漏らし私の首に、しがみ付いて来る。


その間に私はジャージをズラし下半身を露わにする。


「お義母さん、私のも」義母を、ゆっくりと抱き起こすと私の胸に凭れ私の股間に視線を落とす。


義母の左手が、ゆっくりと伸び私の物を握って来る。


怖いくらいに硬く成ってる呟くように言いながら握った手を、ゆっくりと動かす。


やがて義母の顔が狭い運転席の私の股間に埋もれて行く。


義母のフェラは義父に教わったのか、粘っこく巧みだった。


我が妻は、ただ咥え顔を動かすだけ狭い空間の中で義母は、舌も使い丹念に舐め回して来る。


我慢の限界が近づいた私は、義母の顔を上げさせるとジャージを膝の上まで下げたまま車を降りる。


助手席のドアを開け外に出るように義母に言う。


義母は外に出る事を躊躇う。


その日は曇り空で月も無く、周りは真っ暗だった。


躊躇う義母を車から降ろすと、車に両手を付かせ裾を捲り上げる。


駄目よ、こんな所で駄目よ恥ずかしい。


誰も見てませんから、大丈夫です。


私は尻を突き出させると、しっかりと抱え込み後ろから、いきり立つものを義母の中へと突き刺した。


「あぁ」我慢出来なく成っていた私は、激しく義母の中に叩き込むように突き立てる。


肉が、ぶつかり合う音私の物が出入りする度に漏れる淫音深く差し込み義母を味わうと義母は、もっと欲しそうに自ら腰を揺らし快感を求めて来る。


軽のボンネットの上に、義母を座らせ両足を腕に抱え込む。


「駄目、声が出ちゃう」腰を突き出し義母の中に埋め込む。


二人が繋がり合う部分が見える。


出入りする私の物に義母の淫汁が絡んでいるのが判る。


ボンネットに後手を付き喘ぐ義母。


「このまま出して良いですか?お義母さん。

」妖艶な表情を浮かべながら義母は頷く。


私の激しい動きに車まで揺れ動く。


「逝きますよ、お義母さん出てしまいます」

「あぁ、逝って、来てぇ」繋がり合う部分を見ながら義母が言う。


下半身の力が全て無くなるかと思える程に私は義母の中に噴き出していた。


ゆっくりと引き抜くと、義母は未だ下肢を痙攣させながらボンネットに座っている。


私が噴き出した液が義母の中からボンネットに垂れ落ちる。


私は義母の突起物に吸い付いた。


「あぅ駄目よ、そんなぁ駄目」やがて車内に戻り互いにひと息を付く。


義母は脱ぎ捨てた下着を身につける。


身支度が整うと私達は、どちらからとも無くキスを交わした。


それから半年以上、今も還暦熟女の義母と秘密の逢瀬を続けている。


時間が限られる中での慌ただしいセックス。


一度ゆっくりと時間を取って、一泊で良いから旅行に行こうと話し合ってる。