100_2014031116220823c
小さい頃の体験談。
オヤジの実家に行くと
いつも、祖母に連れられて
お隣の家に行かせられた
そこは裕福そうな大きな家で
やんさん、って言うおばあさんがいて
ジイさんと二人で住んでた
いつも逆らわず、付いて行ってて
自分でも素直な子供だったと思う
俺は一応、歓迎されて
「おおきくなったのう」と言われ
ケーキやジュースが出されて
それに釣られてたわけで

そしていつも
決まったセリフを言われた
「みせてみいや」
正直・・・「またかあ」だった・・・
やんさん、ジイさん、祖母
みんなが見てる前で
おれは服を脱いで、パンツも脱いだ
すーすーして、ちょっと寒くて
なんか手持ち無沙汰で、じっとしてると
やんさんが
にやにや笑って擦り寄ってくる
俺の顔を覗き見ながら・・・ちんぽを握る
おやぁ、少しは大きくなったかのう
そう言われては、揉まれる
そろそろ相手出来るか? まだかのう?
(・・・「相手」って何?)
ゲームの相手かな、その頃はそう解釈してた
ほうれ、上向かせろや
そう言いながらやんさん
しきりに揉む、揉む、しごく
むりやり・・・子供勃起させられて
その後何をされるのかもわかってて
いやで、しょうがなかった
なんか暗い気持ちで
くすぐったくて、ぼーっとして
でも素直に、ぴよーんって勃起してしまう
目の前で、やんさんがかがんだ
・・・喰わえられて、ぎゅーって吸われる感触
おれは白髪まじりの頭を見下ろしてた
その間、祖母とジイさんは
じっと見てたわけだった
言うとおりに、膝ついて座って
俺の手がやんさんに握られて
スカートの中、下着の中の
もじゃもじゃの毛を触らせられる
そこじゃない、もっと奥だよ
いつも、そう言われて
ぬるぬるした、柔らかいところ
触ったが
何回やっても、よくわからなくて
触り続けたら
ふっふふう、まーだまだだな
そう言って笑われて
やっと手を放してもらった
いつも、こうされてて
なんか、少し悔しい気持ちになってた
やんさんに触られたりしたこと
帰ってから、いつもそのまま話したけど
オヤジも母親も無表情で聞いてて
終わってから
無言で顔をそむけてしまう
何で怒られないんだろうって
不思議だったけど
何やら理由があったとは思うが
今では確かめようがない
そのうち
オヤジの実家にあまり行かなくなった
夜、やんさんを思いだして
1人でいじって遊んでたら
ある日、目が真っ暗なほど
気持ち良くなって
突然、射精してしまった
びっくり
やっと自分で拭き取ったが
オナニーはそれで覚えた