dp6yepgd
従姉との体験談。

 小学生のころ、3歳年上の従姉が住む伯父の家が近所にあった。

我が家にも伯父の家にも風呂はあったが、50年ほど前は貰い湯が普通のことで、従姉と一緒に入浴することにも何の違和感もなかった。


 小3のある日、いつものように彼女と一緒に入浴して、いつものように彼女は背中を洗ってくれた。

でも、その日に限ってスポンジではなく素手で・・・・・・
 子供ながらにスポンジの無機質な感触とは違う素肌の感触を感じながら
「どうしたの?・・・・・・どうして今日は手なの?」
と尋ねると


「手の方が気持ちイイでしょ?・・・・・・イヤ?」
「うん!手の方が気持ちイイよ!」
 いつもなら背中だけなのに、その日に限って背中から首筋、わき腹と洗われ続けた。

少しだけくすぐったかったけれど・・・・・・そのうちに背中から回された彼女の手は私の胸からお腹へ・・・・・・その頃には小6なりに成長した彼女のオッパイが私の背中に当っている。

「私さぁ、寝てる時に解ったんだ。

手で胸や腋の下を優しく触ると気持ちイイって・・・・・・Rちゃんも気持ちイイでしょ?」
その頃には、小3の私のオチンチンは痛いほどに勃起している・・・・・・本人がその現象の意味も理解していないのに・・・・・・先端を少し覗かせただけで皮を被ったままのオチンチンが、小さいくせに一人前に反り返っている。

「Rちゃん・・・・・・勃ったね・・・・・・男の子はエッチな写真見たりすると勃つんだって。

この前プールに行ったとき、中学生の人が言ってた。

その人私にオチンチン擦ってくれって言って・・・・・・私、嫌だったけど我慢してやってあげたの・・・・・・気持ちイイって言って、トロンとしてた。

その時から、Rちゃんにやってみたくて・・・・・・ずっと考えてたんだ・・・・・・今度お風呂に入った時にやってあげようって。


 彼女は背中から抱きしめるようにして私に身体を擦りつけている。

知識も、もちろん経験も無いのに、彼女の手でお腹みたいにオチンチンを擦られたら・・・・・・気持ちイイだろうなということは容易に想像できた・・・・・・その結果がどうなるかは知らなかったけれど。

 彼女に背中を向けたまま小さく肯くと、彼女の手がお腹から少しずつ降りてきた。

 ほんの少し触れると大きく息を吐いて手を引っ込める・・・・・・そんなことを5~6度も繰り返しただろうか。

私は、どうせ触ってもらうなら、彼女の割れ目を見せてもらいながら触られたいと考え、
「ねぇNちゃん、後ろからじゃなくて向かい合って触って。

「え?・・・・・・だって・・・・・・恥ずかしいヨ。

「Nちゃんだけ僕のを触ってるってずるいよ!Nちゃんのも見せてよ!」

 彼女は、風呂用の椅子に腰かけていた私の前に回り込んで、簀子の上に体育座りで座り込んだ。

「見える?」
「ウン。

割れ目の頂点に少しだけ、柔らかそうな・・・・・・いまにして思えば、まだ陰毛とも呼べないようなものがあり、風呂場の薄暗い光なりにその奥が見える。


 今度は戸惑うことなくオチンチンに手を伸ばす彼女・・・・・・軽くキュッと握られただけで私の腰が引ける。

ニヤリと笑った彼女が優しく扱く。

気持ちがイイという感覚を通り過ごし、なんとかしてほしいという切迫感!
 ゆっくり・・・・・・ほんの数度扱いただけで、一瞬前の切迫感がものすごい充足感に変わる。

不随意の律動。

思わず目の前の彼女の肩に手を突く。

彼女は少し驚くけど
「すっごく気持ちよかったでしょ?」
深い息をしながら肯くのが精いっぱいの私。

「中学生の子は白いのがピュッと出たけど、Rちゃんは何も出ないいんだね。

きっともう少し大きくなれば出るようになるんだよ。


 私が口もきけずにいると、
「今度は、私を・・・・・・気持ちよくして・・・・・・私のを触って・・・・・・。

私が静かに右手を伸す。

彼女の割れ目はヌルヌル・・・・・・おしっこかと思ったけど、気持ちよくしてもらったんだからと考え続ける。

彼女は肩を上げ下げして、トロンとした目で私を見る。

向かい合わせの態勢なので思うように手が動かせない。

 彼女ももどかしく思ったか
「Rちゃんの足を貸して」
と言って椅子に腰かけた私の右太股に跨る。

私の肩に両手を置いて、身体を前後にスライド・・・・・・ボート競技の動きのように。

 私は彼女の背中に両手を回し支える。

太股の感覚や彼女の表情を見てオチンチンがまた勃つ・・・・・・ついさっき達したばかりなのに。

彼女はそれを軽く握りながらボート漕ぎ・・・・・・小刻みに震えながら。

 ほんの数分だったと思う。

上半身をピンと反らせる彼女。

私も当然再び到達。

 長い間静まり返った風呂場で抱き合った。


 それから20年後・・・・・・妻と付き合い始めた頃に
「貴男の初めてのエッチってどんな感じだったの?」
と寝物語に問われてこの話をした。

その頃でも・・・・・・いや、今でも・・・・・・その出来事は私を興奮させる。

 話しているうちにすっかり勃起するペニス。

「今でも感じるのね?」
と言って私に跨った彼女の股間だって準備OKの状態。

 いつも以上に早く達した妻に
「お前も感じてたんじゃない。

と笑って手をつないだ。