0802
私の秘密のオナニー体験。

私は東北の田舎に住んでいます
商業高校に通っている二年生です

うちは市営の古いアパートで、私は4人兄弟で自分の部屋もありません

中2の秋からアソコがムズムズして、オナニーをする様になりました
最初は恐る恐るアソコにシャワーをかけたり、石鹸でしたりしていました

部屋がないからオナする場所がないんです

お風呂でするにも妹が入ってくるし思い切りしてみたいです


たまに、家に誰も居ない時があり、お布団で思い切り出来る事もありますが、1ヶ月に一度あるかないかです

私はセックスにとても興味があります、でも彼氏もいないから


生理の前後にとてもしたい時があり、我慢出来ない時があります

でも家では出来ないから、ストレスになるんです


それでいい事を思い付きました

私ね高校でバレーボール部なんです

部活の帰りは遅い時もあります、学校から徒歩で駅まで、電車に乗り駅から家までは自転車で帰ります

その駅から家まで帰り道で、人気のない脇道に曲がるんです、そこに小さな橋があってね、橋の下でオナ出来るんです

車もあまり通らないから、ちょっと怖いけど、でも誰も通らないから安心ってことですよね

それを初めて思いつき、橋の下でオナした時は緊張で1人でドキドキしながらしました

制服のままで胸を揉んだりスカートの中に手を入れて下着の上からしました、緊張しすぎて満足は出来なかったけど、とてもドキドキして興奮しました
またここなら出来るねって思いました

うちに帰ってからも興奮して寝られなくて今度行ったら何しよう?ってエッチな事ばかり考えてしまい、アソコがまたムズムズして寝られませんでした

それから何度も帰り道に寄ることになっていました

遠足に使うシートを持って行って、横になってしました、下着を脱いでアソコを弄ると触る前から興奮して濡れていました
寒いからと膝掛けのブランケットを持ち出して、それを股の間に擦ると、とても気持ちいいんです、これは誰も居ない時に家でやっていた私の好きなやり方でした、家では毛布やタオルケットでやっていました

始めのうちは外で服を脱ぐのが怖くて出来ませんでした、制服を着たまま中に手を入れてしていました
スカートを捲って下着の中に手を入れて弄るくらいだったんです、頑張ってもスカート履いたまま下着を脱ぐのが精一杯です
それがだんだんとエスカレートして、ブレザーを脱ぎ、シャツん脱ぎ、スカートを脱ぎエスカレートしていきました
外で下着姿になれるようになり、それだけでドキドキ興奮しました

下着姿でシートに横になり、オナしながらブラを外しパンティを脱いでオナするようになり、大股で弄ったり四つん這いでヤるようにもなりました

仰向けで全裸になり、アソコにブランケットん丸めて擦り、アソコを舐められてるのを想像しながらは、ハマってしまい、それでイク事も覚えてしまったほどでした
でもまだセックスをした事がないので、アソコに指を入れるのは怖くて出来ません


何度かオシッコをしたくなってしまい、外でしてしまったことも、ドキドキしながら男の子みたいに立ってしたことも有りましたが、脚にオシッコが付いてしまったこともあります、外でオシッコしたら興奮してハアハア息が荒くなりました


暖かくなり、蚊や虫が出始めて虫除けスプレーやジェルを持って来ています
、それを身体の敏感なとこに塗るのが気持ち良くなりましたが、アソコに少し塗ってみたら激痛が走りビックリです、少ししたら収まりましたが痛かったです
でもその後苛めらてるみたいに思えて興奮してしまいました

外で脱ぐのは虫がいるので、場所を変える為に自転車で探してみました

近くに高速道路があって、何かの施設があります、いつもは無人らしいので、小さなフェンスを飛び越えて、今はそこの建物の裏や横の見えないところでオナしています
ここはあまり虫がいないのでちょうどいいですね

高速道路に車が走っていますが、入って来ることは今までなかったです、車が走っている近くでこんなエッチな事をしているって考えながらオナするのも、凄く興奮しますよ

車の音で声も聞こえないみたいだから、橋の下で出さなかった声も、ここでは出しています、声を出すと興奮してくることも覚えました


1週間のうちに三回はオナ通いしています、やめられなくなって、休日まで通うようなりました


早く高校卒業して、今までを出て自分の部屋で思い切りオナしたいです

出来れば素敵な彼氏が出来たら、思い切りセックスして欲しいです

私みたいなのでも大好きになってくれたらね



これからもバレないように気を付けないと、オナするところを見つけてから、ストレスもなくなりました

楽しみも見つけたし、オナニーだけど


毎日ドキドキ楽しく過ごしています



これが私の性癖です





最後まで読んでもらって
ありがとうございました