0042
夫を裏切り続ける私の話。

私は39才の主婦。

夫と子供が1人いる、ごく一般的な家庭。

私の秘密、それは夫以外の男性と繰り広げる不貞行為。

そんなことを繰り返すようになったのは、夫のせい・・・・
やさしかったのに、子供が産まれてから、次第に冷たくなっていった。

子供を育てるだけの同居人のような振る舞い、時折見せる蔑みの眼差し。


そして、いつでも抱ける性欲のはけ口であるかのような行為は、私を悲しくさせたのです。

そんな私が浮気に走ってしまったきっかけ・・・
そもそも男性の人って、もう結婚した女性には興味なんてないものだと思っていました。

でも、40才目前の私に対して、熱烈なアプローチをしてくれる人がこんなにいるなんて・・・
パート先や友人との飲み会・出会い系サイトまで・・・・出会いの場所はそこかしこに・・・
露出の高いミニスカートに男性が好む下着を着て男性の前にいると、いやらしい視線を私に向けてくる悦びは、私の心を浮つかせるには十分でした。

そして何人もの男性との情事にはまってしまったのです。

男の人って、みんなそう・・・ 
さまざまな出会いの場所で一度軽くタッチしてきたら、じっと目を見ながら嫌がらなければ、急に積極的になる。

お酒の場でなんか、スカートの中に手を入れ、私の秘穴をもてあそぼうとする人も・・・
こんなところのどこに、魅力があるのかしらと思うけど、そんな私もその時にはもうアソコを潤ませて期待してるのだから・・・
そして一番興奮する瞬間は、秘密の場所を披露するとき・・・
私はいつもTバックの濡れてる部分を横にずらして、自ら秘穴を見せつけるのが好き。

本当の人妻で、しかも風俗でもない、めったに出会うことのない主婦のオマ○コを見る男の心情は、最高に興奮する要素なのだろう。

開けば体液が指を濡らし、1人の興奮した浮気妻が、夫より別の男を欲しがっているのだから。

私の心は背徳感と被虐感にたまらなくなる。

もう何本のチンポを見ただろうか?
はしたない、破廉恥極まりない体に、男の人達は尽きない欲求をチンポに込めて私を責めてくる。

私の口へ、オマ○コへ、大きく開脚させられ、しゃぶる姿を晒しながら最後は、夫以外のチンポを受け入れる。

そして、射精を迎えたときの男性の満足そうな顔を見るとき、私の快感はピークに達するのです。

あのいかがわしいモノが体を求めて這い回り、夫との幼稚なHでは到底味わえない、オスのセックスに女として
これ以上ない悦びがここにはある。

今回会う人は、カラオケボックスの個室で・・・
そんな所でも体を許す不貞な私は、今幸せを感じています。