0400
大きなヒップがこちらに突き出されている
女性らしい豊満な大きな尻は俺のお気に入りだ
この尻を撫で、なめあげて後ろから胸に手を回しふくよかな胸をもみ
乳首を指でもてあそぶ
この時が一番幸せに感じる
この女の一番のチャーム、ポイントだな
しばらく尻を撫で上げ、なまめかしい声が続くようになったら
びしょびしょになったおマンコの周辺を指でなぞり。

手のひら全体で軽く撫でる
女の声が大きくなってくる
左手は乳をもんでいる

女をひっくり返し仰向けにしおマンコに舌を這わせるあ
クリトリスを舐めあげ、ヴァギナに舌を差し込む
俺の顔までびしょびしょになる
女は俺の挿入を待っている
さらに喘ぎ声が切ない感じになる
左手でおマンコをいじり、キスをした
臭いって?お前のおマンコの匂いだろ?
俺は大好きだよ
舌を口に差し込み口の中をまさぐる
上奥歯の歯茎、下奥歯の歯茎を丹念に舌先で刺激する
女の舌が俺の口の中に入ってきた
舌を吸ってやった
俺の舌をもう一度差し入れた
女は舌を吸ってくる
お互いの舌をからめあい、欲しいかと言うと
入れてと切ない声で言う
女の足を大きく開いて、怒張した俺のチンポをおマンコに差し込んだ
あっ~!という小さな溜息とも喘ぎとも取れる声が漏れた
俺は腰を浅く、深く何度もピストンした
女の声が大きくなる。

そして声が小さくなったと思ったら
歯をがちがち言わして痙攣気味だった
俺は女の中に精液を放出した
女は余韻の中で横たわっている
体が敏感になっているのか、少し触ってもビクン!とした
少し時間が経ったら、また求めてくる