00154
伝言ダイヤルで知り合った女性(JUNKO)
待ち合わせ場所に来た女性は白色のパンタロンスーツを着こなし、ショートカットのヘアスタイルに顔は女優の土田早苗さんがスリム化して身長168cmくらいのスタイルを優雅に私の車の後部座席に乗り込んできた。

「何処に行こうか」と聞くと「何処でも」(電話で欲求不満解消にラブホテルに行きたがっていた)
川沿いに有る「リバーサイドホテル」に入り彼女が「シャワーは」と聞き私は「浴びて来た」
彼女「じゃあシャワー浴びてくる」と浴びさせながら、吸っていたタバコを灰皿で消し、ベッドの上で彼女を待ちました。


シャワーから身体にバスタオルを巻き付けた彼女が、パンツ一枚でベッドに横たわる私の横に
来て、kissを求めて来た。

「今日は、危険日だけど避妊せず
おまんこにチンチンを入れて」とお願いされたがみたいでした
ふと考えて、コンドームを装着してました。

彼女がベッドにいる私の横にきたので、バスタオルを取り、スリムな胸を見ると乳首が陥没しており、聞くと彼女のコンプレックスになっていました。

彼女の陥没した乳首を吸っていると少しは通常に勃起した気がしました。

彼女も感じてしまい、私のチンチンを握り早くも挿入して欲しいようです。

騎乗位で彼女は私のチンチンを握り自ら挿入して、SEXしているのではなく、彼女の自慰のように、1人満足するために動き、彼女は「JUNKO気持ちいい。

」と、挿入するまで彼女の名前を聞いてなかったのに、自分から名乗ったかたちになりました。

スリムな体型で、恥骨がチンチンに当たりまくり、彼女1人満足しましたので、コンドームの中に射精しました。

本当に彼女の希望通りに避妊せず、生挿入して生だし妊娠させていたならば、また違った爽快感があったとも思い残念です。