00034
かわいい男の子を狩っている私の話。



私は付き合っている彼氏はいるけど、
あくまでも友達。

本命ではないの。

今日も将太とデート。

何度か断ったんだけど
しつこいから付き合うことにしたの。


めちゃくちゃ嫌いというわけでもないし、
いつもおごってくれるし、まあしばらくはこのままの関係でいいか。


「由紀ちゃん、これからどうする?」
「そうねぇ・・・あたしの部屋に来る?今、親いないし。

「うん、行く。

将太が目をギラつかせて嬉しそうについてくる。


部屋に入り、二人でベッドに座った。

その時、二人の手がそっと触れた。

私は少し、ドキッとした。

そしてとんでもないことを一つ思いついた。

「ねえ。

」「何?」
「将太くんてあたしのこと好きなんだよねえ。

「何?いきなり。

」「聞いてんの。

「・・・うん、好きだよ。

照れながら言う。

その顔もかわいらしい。

「あたしも将太君のこと好きだよ。

と言って自分からキスしにいった。

将太がびっくりした顔をする。

「なんで?あたしたち付き合ってんでしょ?」
「うん、でもまだ日が浅いし。

「もう一度聞くけど、将太、あたしのこと好きよね?」
「うん。

」「じゃあさ・・・おちんちん見せて。

「え~!」「嫌?」少し泣きそうな顔を見せる。

「ぜ、全然そんなことないよ。

いいよ。

「本当?ありがとう。

じゃあさっそく。

あたしは彼のおちんちんをズボンの上からギュっとつまんだ。

「あ!」「大丈夫?」「へ、平気。

そしてもんだ。

彼が興奮する。

「じゃあズボンおろすわよ。

あたしは彼のベルトをはずし、ズボンをおろすと、白いブリーフパンツがあらわになった。

少し先が黄色くなってる。

将太の顔を見ると恥ずかしさで真っ赤になってる。

ちょっとかわいそうかな・・・。

でも途中でやめない私。

途中でテントを張ってる上にファスナーがひっかかりそうになり、
将太があはんと声をあげた。

「ちょっと危なかったけど大丈夫よ。

そしてパンツの上からさらにつかんでつまんで揉みまくった。

「あ、あはん。

あはん。

「どう?気持ちいい?」
「う、うん。

はあはあ。

そしてちんちんを指でくるっとなぞった。

「うわあ!はあはあ。

フフフ。

たのしい。

「そしたら将太君、この社会の窓から失礼するわね。

と言ってあたしは窓に指をつっこんで生チンに触れた。

そしてそれをつかんでもんで遊んだ。

だんだんものがいきり立ってくる。

「はあ、はあ、由紀ちゃん!やめて!」
「もうここまできたらやめないわよ。

将太クン、あたしのこと好きなんでしょ?」
「す、好きだけど何だか犯されてるみたいだよ。

「そうよ、犯してるの。

あたしはパンツをぬがし、おちんちんをぱくっと口にくわえた。

「ああああ!由紀ちゃん、出るよ!」
口を話した途端、ピューっと白いものが飛び出した。

「あはは。

面白い。

そのあと、一緒にお風呂に入って彼の体を洗ってあげた。

将太が泣きべそをかきながら、
「由紀ちゃん、このことは誰にも言わないけどもう会うのはやめよう。

と言って帰って行った。


さあ、次のターゲットをまた見つけなくっちゃ。