00292
義母との体験談。



俺33歳、嫁24歳、義母46歳。


去年の3月までH市にある嫁実家で3人で暮らしていましたが、俺の転勤でY市の社宅に嫁と2人で住んでいます。


去年9月に嫁さんが妊娠してることが判明。


安定期だからとセックスレス状態で、少々欲求不満です。



そんな中、元々居た仕事で欠員が出たので、今年1月から3月末までちょっとだけ単身赴任が決まりました。


会社にはアパートを用意するからと言われましたが、嫁さんと義母の勧めで前に住んでいた実家に世話になることにしました。


システム管理の仕事なので日勤夜勤は当たり前、飯の用意までしてもらえるのが有難かったです。


最初の夜勤が終わり3日間の休みになった木曜の朝。


帰ったのは9時をちょっと回ったくらいでした。


疲れて昼過ぎまで寝てしまったのもあり、嫁さんには帰らないと連絡。


ぐだぐだ寝て夕方6時過ぎに目を覚ましました。


下半身は朝立ちならぬ夕立ち状態、シャワーでも浴びてスッキリしようと風呂に行くと、義母が先に入ってるようでした。


いつもなら義母はもう少し帰りが遅いのですが、その日は早かったようです。


あきらめて洗面所から出ようとした瞬間、目に入ったのは洗濯カゴ。


ピンク色のショーツらしきものが丸めてありました。


ホントに出来心でした。


思わずポケットに突っ込んで部屋に持って行ってしまったんです。


ベッドに座って広げるとやっぱり義母のショーツです。


嫁さんが穿いてもおかしくないような小さ目のヤツで、思わず義母の体を想像してしまいました。


嫁さんは死んだ義父さんに似て大柄で、胸もお尻もそれなりにデカイのですが、義母は150センチで童顔なので30代後半でも通りそうなくらいです。


つまり余り似ていません。


先日義母を街中で見かけたときなんぞ、事務服姿の義母の周りを学生が歩いていて、後ろから見る限り体型もほとんど同じくらいでした。


AVを見ながら頭の中で義母の顔を重ねて、いきり立ったペニスを義母のショーツで包んでオナニーしたら、あっけなく射精してしまいました。


ぼーっとしてると急にドアがノックされました。


義母が呼びに来たようです。


そのせいか、晩飯食べる間はずっと義母の体をチラ見してました。


嫁さんのお古らしきミッフィうさぎのトレーナーにジャージ姿。


まだ濡れてる髪の毛が、小顔スッピンの義母によく似合ってました。


スッピンなのに唇もピンクで色白です。


切れ長の嫁さんの目と違ってくっきり二重のどんぐり目、目じりに小皺があるけど、その時はホントに30代後半のお姉さんに見えました。


結婚して2年近く一緒に暮らしていたのに、まじまじ見たのは初めてだったかも知れません。


「どうしたの?」義母が聞いてきて我に返りました。


机の下では、色々想像したためペニスは半立ちです。


何とかごまかして、飯の後でようやく風呂に入り、自分の部屋に戻りました。


その晩。


夜中12時近くになったものの眠れなくて、ビールを飲もうと台所に行った時のことです。


リビングの隣にある8畳間が義母の部屋なので、起こさないように静かに戻ろうとしたら、泣くような声が聞こえたんです。


耳澄ますと、義母の部屋の方からでした。


夢でも見て泣いてるのか、何かつらいことでもあったのか? と気になり、立ち止まったまましばらく耳を澄ましてみました。


泣声は止まりません。


高くなったり低くなったり。


気になって「お義母さん、大丈夫ですか?」と、リビングの方から引き戸を開けました。


すると……

リビングの明かりに照らされて、布団の上の義母の姿がはっきり見えました。


裸で布団の上で足を広げ、片方の手で自分の乳房を弄りながら、もう片方の手にはヴァイブを持って、オナニーの真っ最中でした。


目を開けて俺の姿に気付いて、小さな悲鳴のような声を上げて、そのままの姿で凍りついたようになっています。


「お義母さん……」もう自分でも判らないくらい興奮してしまったのを覚えています。


義母の体の上に覆い被さりました。


顔を近づけながら、ヴァイブを握って動かしていきます。


義母は顔をそむけてキスこそさせてくれませんが、がら空きになった乳房を咥えたり吸ったりしながら、

ヴァイブを出したり入れたりしているうちに、義母が喘ぎ始めました。


さっき聞こえた泣き声は鳴き声だったようです。


そのいい声を出して、俺が動かすヴァイブに体をくねらせています。


義母がイキそうになったのが分かったので、俺も片方の手で何とか下半身だけ裸になりました。


後はすることはひとつです。


あえぎながら体をビクつかせ始めた義母の中から、まずヴァイブを抜き出しました。


「あ、イヤ、やめないで!」

ヴァイブを欲しがる義母の両足を担ぐようにして、熱くなったペニスをぶち込みました。


さすがに嫁さんほど締め付けは良くなかったですが、小柄な分、あそこは中々のきつさです。


熱い膣に咥え込まれて、俺は夢中で腰を動かしました。


「いやああ!、もうダメ、ダメ……」

俺が射精するまでに、義母は2回はイッてしまったようです。


何度も体をビクつかせながら叫び続けました。


よっぽど興奮してたのか、義母の中に射精し尽くしたつもりでも、ペニスは全然小さくなりません。


義母を繋がったまま抱き上げ、布団から起き上がって2階の自分の部屋まで連れて行きました。


駅弁のようにしつつ歩きます。


ぐったりした義母も、泣きじゃくるようにいい声を上げています。


俺の首にしっかり腕を回して掴まって、廊下、階段を歩くうちに義母の熱い膣に絡まれて俺のペニスも硬さを増して行きました。


「とおるさん!とおるさん!気持ち良い!」

ベッドの上にあぐらをかいて、座位のようになりました。


下から突き上げるように動くと、義母は俺の名前を呼びながら悶えて体を揺すります。


ほどなく義母の中で2回目の射精を迎え、少し落ち着きました。


義母はベッドの上に手足を投げ出してぐったりしてます。


とんでもないことやっちゃったよ、と思いはしたものの今更どうしようもありません。


義母の隣であおむけになり、義母の言葉を待ちました。


どれぐらい時間が経ったでしょうか。


いつの間にか寝てたようで、目を開けると義母が俺の胸に顎を乗せるようにしながら俺の顔を見つめています。


『お義母さん、ゴメンなさい』そう言おうと口を開きかけたら、義母の方からキスして来て、舌を絡めてくれました。


「とおるさん、ありがとう、気持ち良かった……」怒るどころか、お礼まで言われて、抱きついてきてくれました。


「玲(嫁の名前です。

)には悪いけど、これからもしてくれる?」

「2人で居る時だけは、綾って呼んで。


そう言いいながら、片方の手で俺のペニスを触り始め、フェラまでしているうちに3回目が始まりました。


義母と色んなことを話しながらセックスしました。


俺たち夫婦と同居していたころ、2階の部屋から聞こえてくるセックスの音に刺激されて、

自分でも驚くほどエッチなことばかり考えるようになったこと、最初は指だけだったのが、

きゅうりやソーセージをコンドームで包んで使うようになり、とうとうネットでヴァイブを買っててしまったことを教えてくれました。


「あたしの下着を持ってたでしょう」

「とおるさんが、あたしの下着でオナニーしてたかと思うと、すごい興奮して、いつもより感じながらオナニーしちゃってた」

その時の鳴き声に、俺は釣られてしまったようです。


3回目の射精の時は、義母もほとんど同時に最後の絶頂に達しました。


しっかり俺に抱きつき足を絡めて来て、俺の精液を受け入れました。


それから今日まで、ほとんど毎日セックスしてます。


俺が3日間休みの時は嫁さんの元に帰るのですが、日曜の夜に実家に戻ると、義母の嫉妬が待ち受けています。


「玲とセックスしたでしょ」とか言いながら、まず一緒に風呂に入って、

自分の娘の匂いを消そうとするように、頭の先からケツの穴までゴシゴシ洗ってきます。


「もう8ヶ月近い腹しててセックスなんか出来ないよ」と返しても、聞く様子はありません。


夜になると3回はセックスを求めて来ます。


義母はするどいなあ、と思います。


実は嫁さんも浮気相手がまさか自分の母親とは思ってないでしょうが、

疑っていることは確かなようで、デカイ腹してるくせにセックスを求めて来るんです。


嫁さんといる2日間の間に、口まで使われて5~6回は射精させられます。


今日も、義母は勤め先を早退して帰って来るそうです。


似てない親子のくせに、本当はセックス好きなところは似てるようです。


あと3週間。


義母の体は続けて味わいたいけど、その後どうなるか? 少し怖いような気もしてます。