1
義母と子作りした私の話。



義母との間に子どもを作った婿、って世の中にどれぐらいいるんでしょうか。


ちなみに私と義母の場合、初めて関係を持ったのは私の妻(義母の娘)と義父(妻の父、義母の夫)が亡くなった後で、私が30歳、義母が47歳の時でした。


義父と妻の死後、残された私と義母は同居し続けていたのですが、やがて異性として惹かれ合うようになりました。




伴侶を亡くした心の淋しさがあったことはもちろん、溜まっていた性欲を満たしたかったのです。


義母は始めこそためらっていましたが、いちどセックスしてからは、何かが切れたかのように私を求めてきてくれました。


お互いセックスの相性がすこぶる良く、初めて関係を持った時から1年間は毎日セックスしてばかりしていました。


いやらしい言葉も使ってくれますし、下着も派手になりました。


毎日中出しセックスをしていたからか、義母は年より若く見えるようになりました。


関係を持ち始めてから1年後。


中で出しつづけていたこともあり、義母は私の子どもを妊娠しました。


義母と色々相談し考えた結果、私たちは内縁の夫婦として生きて行く事に決めました。


翌年、私たち二人の間に娘が誕生しました。


あれから23年。


私と義母の間に生まれた娘は21歳に、私と妻の間に生まれた娘(義母にとっては孫娘)は24歳になって、私たちは家族四人で平穏な毎日を過ごしています。


私は53、義母は70になりました。


昔に比べると回数こそ減っていますが、それでもセックスは続けています。


相性は最高ですし、昔と同じようにかなり激しく濃厚に交わり、男女にとっての最高の悦びを感じ合ってます。