00116
従姉との体験談。



 夏休みになり、共働きの両親がいないのをいいことに、我が家に下宿している女子大生の従姉とエッチ三昧です。


 初体験はまだというかやらせてもらえませんが、僕をたっぷりと満足させてくれます。

以下はプレイ内容です。


 今回のプレイはまず当然のディープキスから、もう舌と舌を絡め本気モードのキスです。


 いつもそうでしたが、今回はより濃厚です。

 もうたまらんとばかり、息子はビンビンで超元気で、ズボンが苦しいです。

  次は、従姉を当然の全裸にして、弄びます。

こちらも全裸に・・・スッポンポンというほうがいいかも。


  おっぱいモミモミスイスイ、あそこに指入れ、クンニも・・・・ひざの上にだっこし、またディープキス、手と口が休んでる暇ありません。

あー、忙しい。


  ここで、とどめの2回戦宣言、もちろんOK、いつもの約束ですから、快くOKで、早速息子を咥えます。

 濃厚なフェラチオでノックダウンしそうなので、体勢を入れ替え、69を要求、OKで従姉のマンコを舐めながら、早々に昇天、発射です。

 あー、気持ちいい。

これがこれから毎日あと1ヶ月もできるなんて、最高です。


 しかもまだ続きがあります。

楽しみな2回戦目です。

 とりあえず、すっきりしたので、勉強を少しだけします。


 でも、5分もすると我慢できず、キスしたり、おっぱい揉んだり、すったり、セックス以外は何でもありです。


 息子がすっかり元気を取り戻すと、従姉から「さあ、やろうか?」とうれしい一言。

 そのまま、お互いに全裸で、フェラチオに、今度は長持ちして、なかなか射精しません。

 従姉はフェラの合間になんとキスしたいと言い出して、キスとフェラの交互プレイです。


  濃厚なフェラチオで、俺の体は快感で、全身がとろけそうです。

昼間っから、こんないいことしていいんでしょうか?いいんです。

(ジエイ風)
 従姉の口撃をしばし、楽しみ、射精しそうになると、従姉の手を握り締めました。


 なんという一体感でしょう。

ドピュと従姉の口に残りの白い情熱を発射しました。

 一度目に結構出したのに、2度目も結構でました。

 しかも、従姉は俺が「いったよ。

」と言ったのに、息子がしぼむまで、ずっとフェラチオを続けてくれました。

 もう最高でした。

 これで従姉がDカップだったら、最高なのに、残念ながらAカップです。

でも大きくしたいから、揉むのはいつでもOKです。