00230
元妻との体験談。



今年は元日に帰省し5日に帰ってきた。


実家で妻たちは借りてきたDVDをずーっと見ているので、俺は家電量販店に掘り出し物を見つけに行った。


店の駐車場で、隣の車がバッテリー上がりになって困っていたようなので声を掛けたら、18年前に別れた元妻だった。



近くのカーショップにバッテリーを買いにいこう、と元妻を車に乗せた。


「懐かしいなあ。

このままホテルに行ったりして、ははは・・・」

「一回だけなら、いいかもね。


46歳になった元妻の裸は色っぽかった。


昔はピンクだったアソコはドドメ色になっていた。


元妻の愛液を18年ぶりに口にしたり、元妻のフェラチオを18年ぶりに味わった。


フェラの最中

「あなた、白髪があるわよ。

年ねえ・・・」

さすがに返す言葉がなかった。


元妻はそのまま俺に跨り騎乗位で腰を振った。


「アア~ン、ア~ン、アン、アン、アン」

懐かしい元妻のあえぎ声だ。


このままでは俺が先に逝かされそうだったので正常位にして、ゆっくりと楽しみ、下でもだえる元妻をまずイカせた。


復活した元妻は「あなたもイキなさいよ」と股を開いてきた。


その様子が妙にエロくて、俺は元妻にのしかかり、ガンガン突いて腹上へ射精した。


元妻は俺の精液を指につけて「昔は私のものだったんだけどね…」と寂しそうに呟いていた。


バッテリーを買って家電量販店へ戻る道すがら、元妻は再婚して幸せにしていると自慢げに話した。


バッテリーを交換して別れた。


「古いバッテリーは俺が処分しておくよ。

幸せに暮らせよ。


「あなたもお幸せにね。

今日は、ありがとう。

さようなら。


元妻の車を見送った。


何故か涙がこぼれた。


元妻の左手の薬指には指輪の痕はあったが指輪はなかった。


あいつ、二度目の離婚をして戻ってきたのかなあ…そう思った。


そうでなきゃ、俺に抱かれないと思った。


暫く元妻のことが頭を離れそうになかった。