00368
近所の人妻との体験談。



近くに住む中年のご夫婦。


散歩してるのをよく見かけていたので、奥さんが孫のお守りで公園に来ていた時に話しかけてみた。


「いつも、ご夫婦仲が良いですね~」とひやかすと、

「旦那がリハビリで歩いてるので付いて歩いてる」


「もう、だいぶ前から夫婦は休業中ですよ」と奥さんが返してくれた。


「なんと勿体ない、俺もアッチは自信が無いけど、このふっくらボインを是非一度、抱いてみたいものです」

と冗談半分に頼んでみたら「こんなデブ、くれても要らないでしょう?」と笑いながらOKしてくれた。


2日後、スーパーの駐車場で待ち合わせてホテルへ直行。


部屋に入るなり抱き付いて、ベッドに倒れ込む。


シャツの前を開き、ブラジャーを外すと、期待してた以上の白い肌で形のいい見事なオッパイだ。


オッパイを揉んだり吸いついたり・・・ホントは、そのままの流れで合体したいところだったが、

記念の初エッチは汗を流してサッパリした体でしたい。


「お風呂の準備して来るね」と浴室へ行って浴槽に湯を入れ、ついでにシャワーを浴びていたら彼女も入って来て、一緒に洗いっこをした。


立ったまま全身にソープを塗り合って撫でまわしたり、浴槽でも抱き合ったり、オッパイを愛撫したり、指を入れてみたり。


垂れていた大きなオッパイを浴槽に浮かべると見事にふんわり浮かんでる。


すごい。


ベッドに行って彼女の花びらに顔を埋めると、ほんのりとしたソープの香り。


彼女の「私にも・・・」で69スタイルに。


はじめは、俺が彼女の上に覆い被さっていたが、すぐに抱き合ったまま回転して彼女を上にした。


彼女が上なら、ムスコが彼女の口の中に入り過ぎないし丁度いい。


秘所が俺の目の前で満開になって、楽な姿勢で舐め合える。


以前から是非やってみたいと思ってた奥さんと、念願の本番だ。


両手で花びらを広げてから、ムスコを花芯に押し当てる。


そのまま上体を彼女に密着させて、体全体でムスコをゆっくり秘所に押し込む。


ジワジワーッと膣の中をかき分けて行く様な感じがいい。


「ゥーッ」と、彼女もしがみついてきた。


いちばん深いところに先が当たっても、更に奥を求める感じで突き込んでいくと彼女から声が出る。


差し込んだまま抱きしめて、唇を吸ったり、オッパイを揉んだり。


なんだか昔からの恋人のような甘い気分で、じっくりたっぷりとお互いを味わう。


俺がピストン運動を始めると、彼女も腰を突き上げてきた。


だんだん呼吸が荒くなり、動きが激しくなったと思ったら、彼女の抱きつく手に力が入った。


「もうダメ…イク~」思いっきり体をくねらせて昇天した。


彼女はイッテからも、ずっとしがみついている。


俺が絞り出すように ヒクヒク と何回も射精すると、一滴残らずしぼり取るように秘所を何度もキュッと締め付けてくる。


しばらく、抱き合ったままで快感の余韻を楽しんでいた。


「凄く良かったよ」「私も…」

抜いてからも、彼女がムスコをやさしく握って口に入れてくれた。


先っぽを舐めたり、割れ目に舌先を押し込んだり・・・。


憧れのふっくら人妻との初エッチ。


大満足だった。