00392
近所のおばさんとの体験談。



うちのおふくろが亡くなって、何かと世話をしてくれる近所のおばさんがいたんだ。


おばさんも未亡人で、娘がふたり。


それも中学、高校のときの部活の先輩。


おふくろが亡くなったのが、オレが23のときで、


来年の就職を決めて間もないころだったし、オレの弟たちも数年もすれば社会に出る時期だった。


親父は50半ばだったけど、おばさんはきっと親父が好きで、あれこれ世話を焼いてくれるんだろうと思ってた。


だから再婚話でもあれば素直によい返事をしようと思っていたんだけど、それから7年立っても再婚話はなかった。


たまたま帰省したときにおばさんが来て、梨を置いていった。


ちょうどそのときはオレしかおらず、おばさんに「今晩、飲みにいきません?」と声をかけてみた。


その晩、近所のスナックでおばさんとグラスを交わした。


「ひさしぶり、誰かと飲みに行くの・・・」

「親父とは行ったりしないの?」

「あんたんところのお父さんとはそんな関係じゃないわよ~・・・そりゃ、お父さん男前だけどさ」

「じゃ、どうしてこんなによくしてくれるんですか?」

「アンタのお母さんにはホント、世話になったんだよ。

感謝しても感謝しきれないぐらい」

確かにうちの母は近所でも有名な世話焼きで、

一人暮らしのお年寄りのお世話にいったり、町の催事の手伝いを率先してやったりしてた。


おばさんはグラスを傾けて、

「旦那が死んだときに、ふたりも娘を抱えて困ってたあたしに、仕事を紹介してくれたのがお母さんだよ」と遠い目で教えてくれた。


「そうか・・・オレはてっきり親父と・・・だからおばさんがお母さんになってもいいと思ってた。


先輩がおねえちゃんになっちゃうけどね」

「あのころはどっちもフラフラして結婚どころか彼氏もあやしいね。


あたしのことなんかより、あの子らどっちか貰ってくれよ。


アンタいい男だしね」

おばさんはアルコールに弱いのかグラス2杯で、自宅に送り届けることになった。


フラフラしながらおばさんのアパートへ。


娘さんは独身だと聞いてたので同居かと思っていたが、とっくに独立してるようで、おばさんがは一人暮らしのようだった。


大丈夫だよ~とおばさんは言っていたものの、ここまで来たついでだし、布団を引いて横にして、水を飲ませてあげた。


「ゴクゴク・・・ありがとう。

もう大丈夫だから・・・・」

そういいながら着の身着のままおばさんはいびきを立て始めた。


帰ろうかとも思ったものの、女性宅でふたりっきりになるのもずいぶんご無沙汰で・・・直ぐに帰る気にはなれなかった。


それまでおばさんを女として意識してなかったのだが、豊満なせいか歳よりも若く見え、なかなか可愛い。


そっと胸に手を置いたり、乱れたスカートから見える内股を指で軽く押してみたり。


もうすぐ還暦になる女性に何欲情してんだろうなぁ・・・と思いながらも、そっとスカートをめくってみる。


ベージュというか金色のセクシーな下着が見えた。


ハイレグで2本の紐が柔らかそうな腰のあたりに食い込んでいる。


胸元に指をひっかけて覗くと、同じ組み合わせのブラジャー。


なんだかエロいな~・・・と思ってたら部屋の隅に、いかにもおばさんっぽい下着が脱ぎ捨ててあった。


オレと呑みに行くからオシャレしたのかな?・・・なんか期待してた?と思うと俄然勇気が出てきて、大胆におばさんの身体を触る気になった。


布団に添い寝するように横たわり、「おばさん、苦しいでしょ?ブラはずすよ」と抱きかかえるようにしてシャツの中に手をいれ、ブラを外す。


ううん・・・おばさんが顔をしかめたが、今度は、「おなか苦しそうだから脱がすね」とスカートを脱がせた。


ウエストがゴムだったので指をかけるだけでよかったが、たまたま指にパンティの紐がかかった。


偶然・・偶然・・・そう心に言い聞かせて、そっとずり下げる。


しかしお尻にひっかかってなかなか下げられない。


苦労してズリズリと下げているうちに前から陰毛があらわになり、ついに下半身スッポンポンに。


もうあとには引けない。


いつ目が覚めてもいい・・・とマンコを手を貼り付け、指でクニクニとおばさんの柔らかい肉を堪能する。


ふと、おばさんが手をはさんでオレのほうに寝返った。


顔を見てるとホントに寝てるような感じで、濡れないなぁ・・・オレがヘタ?

そう思いながら、かろうじて動く指を曲げると・・・中にズブっと入ってしまった。


中はまさに蜜壷って感じで熱く蕩けていて、指を出し入れするとネバネバした液が掻き出されてきた。


「ううん・・・・ダメ」

おばさんがボソっとつぶやいた。


しかしまだ眠った顔をしている。


おばさんをそっと押して仰向けに戻し、少し足を開かせた。


クチュクチュとおばさんの粘っこい汁が溢れくる。


上着は取れそうにもなかったので、オレも下半身だけ裸になりおばさんの足を拡げた。


少し陰毛に白いのが混じっているけど、歳を感じさせない綺麗なローズピンクのマンコ。


入り口を少しこすった後、そっと挿入した。


「あんんん・・・ダメだって」

おばさんが目を瞑ったまま言った。


「ごめん、おばさん」

そういって何度もマンコへの出し入れを繰り返した。


「あたし、そんなつもりじゃ・・・あああん」

それでもおばさんは目を瞑り、抵抗せずにオレのなすがままになっている。


「これで満足したら・・・帰るんだよ」

そういって一切抵抗しないおばさん身を起こしてクリトリスの皮ごしにいじる。


「んむむ・・・そんなことしなくていいから・・・」

「ア・・・ダメ」

おばさんの声を無視しながらクリを弄り続けると、おばさんの下半身が跳ねた。


「イク・・・イグゥ・・・」

ぎゅっと身体を強張らせる。


オレは酒のせいか、おばさんのマンコがゆるいのか、まだまだ余裕だった。


おばさんが簡単にいくのでずっとクリをいじってると、何度も痙攣し声もいつのまにか喘ぎ声に変わった。


「あん・・・ダメぇ・・・もう無理・・・お願い許して」

グッタリして声も絶え絶えだが、オレはちっともいけそうにない。


そこでおばさんを四つんばいにしてバックから挿入した。


「ああぁ・・・ダメ・・・・これはダメ・・・」

おばさんが頭を枕に埋める。


「許して・・・しんじゃう」

「おばさん・・・気持ちよくない?」

苦しそうなおばさんを見て罪悪感がわく。


「ひっ・・気持ちよすぎて・・・壊れる・・・」

おばさんの身体がビクビクンとはねる。


オレも我慢できなかったから、そのままおばさんのマンコの中に精を放った。


タオルで辺りを拭き、ようやく一息。


おばさんは布団で顔を伏せてグッタリしていた。


「おばさん、ごめん」

「どうしてこんなことしたの?」

おばさんが聞いた。


静かな声だ。


オレはおばさんが期待してるんじゃないかとか、ムラムラしたってことを伝えた。


「若い男と呑みにいくんだもん・・・おしゃれもするわよ。


だけど、こんなのは嫌」たしかにやりすぎた・・・ごめん、おばさん・・・そんなつもりじゃなかったと謝罪した。


今までの恩を仇で返すようなことをしてと土下座して謝りました。


「いいわよ・・・もう・・・あたしも悪かったんだし・・・つい甘えちゃって。


それに、ひさしぶりに・・・よかったよ。


」おばさんが隣にくっついてきた。


「貴弘くん、こんなおばちゃんでよかったの?ちゃんといけた?

おばさん、10年以上セックスしてないし・・・

それにおばさん、すごい感じてた・・・恥ずかしい・・・やっぱり若い子は違うね」

「オレも気持ちよかったですよ。


それにほホラ?もうこんなに大きくなってる。


おばさん、また・・したいです。


今度は優しくします・・・いいですか?」

おばさんはクスクス笑って、

「こんなババァでよかったら、いいよ。


あたしのほうこそ、お願いします・・・」

そういって深々と正座して頭を下げた。


今度は全裸で朝までゆっくり愛し合いました。


2日後の夜、おばさんに空港へ送ってもらう前に、もう一度ホテルで愛し合いました。


「おばさんは再婚は?」

「あん・・・アンタんとこのお父さんアレでもてるから、あたしとはないかな・・・?」

「おばさんさびしくない?」

「大丈夫だよ、心配いらない。


・・・心配だったら、うちの子どっちか嫁に貰ってあげて。


おばさんアンタだったら反対しないよ」

そんな会話をしながら、おばさんにたっぷりと中出ししてきました。


で、今月の連休にお見合い(?)で再び帰省します。