00348
義母との体験談。

嫁の実家の農作業を手伝うようになり、義母と色々話しをするように成った。


最初は特別な感情などは持たなかったのに、いつしか義母を意識するように成る。


それは義母も同じで言葉には出さなくても雰囲気で感じられた。


刈り入れが忙しくなった時に、私は軽トラックで刈り取った袋詰めの米を運んだ。



何度も往復を繰り返す時に義母が休憩の、おやつを持って行くのに私が運転する軽トラックの助手席に乗って来た。


家から田んぼまでは10分程度の距離であった。


綿のパンツにTシャツ姿の義母、助手席に乗り込む時に義母は私を見た。


その時に暗黙の了解を得たと理解した私は、ゆっくりと車を走らせ始めた。


田んぼまでは僅かの距離。


私は怒られる事も覚悟しながらシフトレバーを握っていた手を義母の太腿に、そっと添えてみた。


義母は助手席の窓の方を向いたまま拒んで来ない。


そのまま私は添えた手に力を入れ腿を摩り始めた。


義母も、そうする事を待っていたのか、ゆっくりと膝の力を抜き腿を開いて来る。


私は運転しながら興奮、義母も同じように窓を向いたまま身体全体で呼吸が荒くなって行くのが解る。


「こっちに曲がって」義母が小声で言う。


田んぼとは反対の方向で水汲み場の方だった。


その途中の今にも朽ち果てそうな小屋の辺りに車を止める。


人の気配が無い事を確かめると、私は義母の唇を奪った。


義母も応えてくれる。


Tシャツの上から胸に触れる、弾力の有る抵抗感が掌に伝わって来る。


私は焦るように綿パンに手を掛けたが、さすがに、その時は義母に制せられた。


「また今度に…」義母が言う。


確かに、今からだと田んぼ仕事に間に合わないと私も思い、私達は田んぼに向かった。


狭い車の中で、しっかりと手を握り合いながら、車を止めるまで手は離さなかった。


私達は気持ちを確認しあった後、忙しさが過ぎた時に義母に電話を掛けた。


義母の気持ちは揺らいでなく、まるで若い女性のような甘い声で約束の日時を決めていた。


約束の前日に義母から妻に電話が入り、義父が疲労で倒れたとの事、直ぐに病院に行き点滴で今は、少し楽になり自宅で休んで居るとの事。


いよいよ明日は!と思った矢先だったが事情が事情だから仕方なく、私達は翌日に義父の様子を見に出掛けた。


意外と元気な様子に、一安心。


妻が義父と話して居る時に私と義母は台所に居た。


その周りを私の子供が駆け回って居る。


口数も少なく互いに見つめ合う時間…。


義母も義父が、たいした事が無かったのに安心したのか気持ちを、再び私の方へ向けてくれる。


義母が立ち上がり、義父に一言

「見舞いに来てくれただけなのに、悪いけど残ってる片付け物を手伝って貰おうと思うの」

「申し訳ないけど頼めると助かる…」と義父。


妻も手伝ってあげて、その間、私が父さんを看てるから…と協力的だ。


「お願い出来るかしら?」義母の言葉に、はやる気持ちを抑えて私は静かに頷いた。


着替える事なく義母はワンピースのまま軽トラックの助手席に乗る。


家から少し遠ざかると義母の方から私の腿に手を添えて来た。


私も、その手を握る。


初めてキスを交わした場所に着くと軽トラックを小屋の陰に止めた。


この時間帯に近くの水汲み場に来る人は殆ど居ないと知って居る義母は、安心したのかじっと私を見つめている。


狭いトラックの中で激しく抱き合い唇を貪り合う。


既に我慢の出来なく成っていた私は、ワンピースの裾から手を差し込み義母の太腿をまさぐる。


喘ぎ声を漏らしながら義母は膝を緩め脚を開いて行く。


柔らかく肉感的な感触が指先に伝わって来る。


「お義母さん」呟きながらショーツの中に指先を進める。


既に熱い蜜液が溢れる義母をまさぐる。


ワンピースの片袖を肩から外し豊満な乳房をブラジャーの上から貪る。


胸に沈む私の髪を掴み悦びの声を挙げる義母。


狭いトラックの中では、そこまでが限界で私は外に出ようと義母に言う。


今にも壊れそうな小屋の裏に回る、周りは未だ青々とした、ススキに覆われて居る。


義母のワンピースの裾を捲り上げ私は雑草の中に屈み込む、目の前には熟年の熟れた下肢が…。


私は息を荒げながらショーツに手を掛けた。


静かに引き下ろすと義母自身を隠す様に黒々とした恥毛が露になった。


両手で腰を、かき抱くと夢中で恥毛に顔を埋めて行く。


「あっ…!」小さく呻く義母。


 義母の性の匂い…私は夢中で義母の股間に顔を埋めた。


小さい呻きを漏らしながら、自ら脚を少しずつ開いて行く義母。


義母の表情は良く見えないが…小さな呻きと肉体の振るえで、感じてくれている事がわかる。


長めの大陰唇を唇で捉え強く吸い込む。


恥ずかし気に身悶える義母、襞の中に舌を這わせ蜜液を啜り小さめの突起物に舌を這わせると、

義母も堪らないのか股間に埋まる私の頭を掻き抱き下肢を振るわせて来る。


股間から顔を離し立ち上がると目の縁を紅く染め、何とも妖艶な表情の義母。


蜜液で光る私の唇に義母の方から唇を重ねて来る。


キスを交わしながら私はジーンズのベルトを外した。


唇を離すと義母は心得たように私の前に屈みジーンズのファスナーを下げ下着と一緒に下げて行く。


義母の目前に私の物が…丸めた手で包み込むように先端から根元へと摩り始める義母。


根元を強めに握ると、ゆっくりと顔を近づけて来る義母。


私は立ったまま、その様子を眺める。


私の物が義母の唇の中に、ゆっくりと消えて行く。


義母に咥えられている…。


得も言われぬ快感が、そこから全身に広がって行く。


義母の唇から私の物が出入りする度に、淫靡な音が同時に漏れて来る。


「お義母さん…」私の我慢は限界に来て、義母を呼ぶと立ち上がらせる。


何時、誰が通るかも知れないと言う緊張感も有りながら私は後ろ向きにさせた義母のワンピースを腰の上まで捲り勃起させた物を義母の股間に添えて行く。


ヌルッとした感触から私の物は、一気に柔らかい襞に包まれて行く。


義母の中に挿入した…その興奮と快感が全身を駆け抜ける。


義母も同じだろうか?私の物を受け入れ突き上げた顔を俯かせると、髪を振り乱すように激しく頭を振り、丸くて大きな腰を揺り動かす。


絶頂は、あっと言う間に訪れた。


義母に終わりそうと告げると義母は大きく頷き、このままで…と言う。


今にも終わりそうな感覚を必死で堪え、私は腰を鷲掴みにして激しく突き立てた。


初めての性交で、そのまま義母の中で果てた私。


汚れた股間を拭うものがない事に気づき、義母も私も照れ笑いを浮かべ、そのまま身仕度を整えた。


片付け物をすると言い出掛けた私達は、余韻を、そのままに田へと行き、刈り終えた藁くずを所々にかき集める作業をした。


周りに人の気配がない事を確認しながら作業中に義母に触れたりも。


一度味わった禁断の秘肉を私は忘れる事が出来なく成った私は、こと有る事に理由を付けては義母の元に行った。


義父の手前もあり義母も家を空ける訳にも行かず、禁断の逢瀬を人の目に付かぬ場所で重ねていた。


ある時は収穫の終わった畑を義父がトラクターで土を掘り返している中で、小さな農機具小屋の中での性交…。


義父が昼の休憩中に近くの雑木林の中での性交…。


それも全て私が休みの時だけに限られていた。


僅かな逢瀬の中で余韻を味わいながら、ゆっくりと周りを気にする事なく愛し合いたいとの言葉を交わし合う。


ある日に私は妻に内緒で会社の有給休暇を取った。


その事を義母に告げると義母も、その日に何とか家を空けると言ってくれる。


その日の朝に緊張感を覚えながら妻と子供を先に家から送り出すと、私は急いで着替えを済ませ約束の場所へと向かった。


駐車場に着くと義母は既に来ていた。


真横に止めた私の車に義母は素早く乗り込んで来る。


義母を助手席に乗せながら私の心は、若かりし頃のように弾んでいた。


車を走らせ暫くすると義母も、ドキドキすると言う。


家を出る時に義父に嘘を言う事にも心臓が飛び出すくらい緊張したと言う。


車の中で、しっかりと手を握り合い車は目的地付近に近づく。


何軒かのホテルが建ち並ぶ、ひとつに私は車を入れた。


誰の目から見ても、明かに不倫と分かる私達は緊張しながらフロントに入り部屋を選択する。


その間に誰かに会わないかと心配する義母は私の背中に隠れるようにしながら私の後に従う。


エレベーターに乗り少し安心したのか義母は私を見つめ苦笑いのような表情を浮かべた。


長い通路を歩き私達は部屋のドアを開け中に入った。


義母は室内の豪華さに驚きの声を漏らしキョロキョロと見回す。


少し落ち着いた所で義母は飲み物が有る事に気づき、私にお茶を煎れてくれる。


並んで座り、お茶を飲みながら「やっと誰の目も気にせずに二人だけに成れましたね」と言うと義母は恥ずかし気に頷く。


「お茶を飲んだら、お風呂に入りましょう」と言うと義母は軽く頷く、その時は一緒に入るとは思わなかったのか、

私が一緒に…と言うと義母は顔を紅く染め恥じらった。


それでもバスタブにお湯がはられ私が先に入って居ると、少し遅れて義母はタオルで前を隠しながら恥ずかし気に入って来た。


初めて目にする義母の全裸姿、浴槽の縁に屈むと掛け湯をして恥ずかし気に浴槽の中に入って来る。


浴槽の中でもタオルで隠そうとする義母の手からタオルを取った。


頬を上気させ目を逸らす義母。


目の前には妻とは違う熟した義母の肉体。


二人で入っても未だ余裕のある浴槽の中で私は向かい合い義母を抱き寄せた。


バランスの取りにくい浴槽の中で義母は上半身だけを預けて来る。


五十路も半ば過ぎた義母の肉体は例えようもなく柔らかだった。


脂肪に被われてると言えば、それまでだが…私にしてみたら堪らない抱き心地だった。


浴槽の中で義母の下半身も抱き寄せる、私の脚の上に跨がる格好で義母は私に、しがみ付いて来る。


激しく唇を貪り合い、甘い言葉を囁き続ける。


義母は、お風呂の中で男性と、こんな事をするのは初めて…。


と言いながら悩まし気に身悶える。


妻のより柔らかい乳房を、ゆっくりと揉むと義母は更に悩ましく身悶え喘ぎの表情が更に私を高ぶらせて行く。


脚を跨ぐ義母の下腹部に私の怒張した物が突き当たる。


私は密着させた股間に手を差し込む。


「あぁ…いゃぁ恥ずかしい」義母が私に、しがみ付き声を挙げる。


「お義母さん凄いですよ、もうこんなに成ってます」

「あぁ、いゃ…いゃ恥ずかしい」

「私のも、もう我慢出来ないくらいに成ってます分かりますか?」

義母は激しく頷く。


「このまま、ここでお義母さんの中に」私は義母の股間を指で愛撫しながら義母を少し浮き上がらせる。


義母も素直に腰を浮かし浴槽の中で私を受け入れようと態勢を整えて来る。


私の物は、いとも簡単に義母の中に吸い込まれるように入って行く。


義母は腰を沈め根元まで深く飲み込んで行く。


恥骨を擦り合わせるように、ゆっくりと蠢く。


「あぁ…入ってる毅さんのが奥まで入ってる」義母は私にしがみ付き猥らな言葉を発して来る。


「お義母さん離しませんよ、もうお義母さんを離さない」私の言葉に激しく頷き、義母は自ら腰を揺り動かして来た。


浴槽の中で義母は最初の絶頂を私に告げる。


義母が逝った後に、私は身体を洗おうと義母に言い浴槽から出た。


義母の体型は決して美しいとは言えず、農業で働く義母の腕と顔は日焼けをしている。


しかし首から下は肌が抜けるように白く、そのアンバランスが堪らなかった。


あとどれ位義母を抱けるかは判らないが、抱ける限りは関係を続けたいと思う。