00251
彼女が痴漢され、犯された話。

自分には、23歳の堀〇真希に似た彼女で付き合って3年目で同棲生活中です。


身長は、152cmでB85・W55・H86のセミショートカットです。


むかしは、彼女のパンチラやブラチラが凄く新鮮だったが、今では見慣れてしまい刺激が無くHにも気合いが入らない

日々が続いていましたが、先日、彼女が痴漢に遭うのを3度も目撃して公園のトイレで3人のおじさん達に犯される


彼女の姿を見て興奮と嫉妬が混みあがりそれ以上に寝取られ願望が、自分にあることに気付きました。


彼女が、1度目の痴漢に遭ったのは、朝の5時です。


自分と彼女は、朝から健康のためとある場所を走りますが彼女は、2週目から歩きに変更します。


この日は、朝からムシムシとしていて自分は、Tシャツに短パンで彼女も同じ格好です。


日によって彼女は、ノーブラの時もあり今日は、ノーブラでした。


朝が早いから自分としては、あまり気にしてなくいつも通り走っていましたが、いつもすれ違う強めのおじさんの目が彼女を

見る目が鋭いのに気が付きました。


いつもなら最後までおじさんとすれ違うのに2週目以降散れ違うことが無く走っているとある空家の倉庫の前を通ると

彼女が、持って出たタオルが落ちていました。


そういえば、彼女もいつもなら追い抜いていくのに歩きではなくまだ、走っているのかと思ってタオルを拾うと倉庫の方から

声が聞こえてきました。


いつもなら門が閉まっているのに空いていたので、中に入っていくと倉庫の裏で男性が女性の口をふさいでいます。


女性は、間違いなく彼女で男性は、いつもすれ違う強め目おじさんでした。


おじさんは、彼女の後ろに立ち片手で口をふさぎ片手で彼女のTシャツの上から胸を揉んでいます。


自分は、彼女を助けないと思いましたが、足が動かず声も出ません。


強めのおじさんは、身長が180cmぐらいで筋肉がめちゃめちゃありがっちりしていて顔も怖いなので動けなくなり

そんな自分が悲しくなりましたが、陰から情けないですが、覗きました。


おじさん「ねぇちゃん  あんたが悪いんだー こんなノーブラの格好でおれを誘惑したからなー おっぱいがプルンプルン

しているからなー ちんぽが立っちまって我慢できねーよ いいおっぱいしてるなー 乳首も立っているどー かなねんして

おとなしくしろー 」

おじさんは、口から手をはなすと彼女の口にキスをしています。


初めのうちは、彼女も抵抗していましたが、舌と舌がからみあうのが見えます。


おじさんは、彼女のTシャツを脱がして胸を舐めたり揉んだりして等々、短パンとパンティまで脱がされてマンコまで

舐められています。


ぴちゃぴちゃと音がして彼女は、「あぁーん うふーん」と感じています。


そのとき、声がして「だれかいるのかー ここは、私有地だぞ―」声がすると2人は、服を持って逃げていきました。


自分も逃げて行くと彼女が歩いて来て、もう服を着ていました。


どこにいたのと尋ねると、きついので休んでいたのこと、自分は、思ったあの時声が無かったら彼女は、おじさんに犯されていた

んでは無いか不安になりつつもっと見たかった自分が居ました。


1度目の痴漢は、以上です。


後日2度目の痴漢を投稿します。