00391
妻を友人に抱かせた結果、とんでもない事になった私の話。

妻の恵子は32歳、誰もが知っている大手の元銀行員。

160-49  85Dカップ、W60、H88
お尻の形のいい、従順な人妻です。

ひょんな事から6年も女を抱いていない私の友人に半日、貸し出す事になった。


友人は、わたしたちが結婚した時から、恵子を抱きたかったようだ。

(他人のものが欲しくなるタイプ)
友人には、恵子を乱暴に扱い後で報告することを条件に抱かせることにした。



恵子は、それを知らずに抱かれにホテルに入り、かなりビックリしたようだ。



以下は恵子と友人Tのホテルでの様子

「恵子シャブレよ」

といきなり、すでに大きくなったおちんちんに恵子の髪を掴んで無理やり唇に押し付けた。

恵子は、その行為よりも私の友人に「恵子」と呼び捨てにされたことに戸惑いながら、
Tが望む通り、風呂に入る前の汚いオチンチンを口に含み、
舌を使いながら細い綺麗な指でしごいていった。

恵子は明らかに私のニオイとは異なるオチンチンを咥えさせられていながら、

(主人の言う通りにTに奉仕しなくては・・・)

と考えていた。

しばらくするとTが

「ダンナの前でやってるように全部脱げよ」

「・・・わかりました。


恵子がゆっくりとスカートと白のブラウスを脱ぎ、
ブラとショーツだけになったところでTは

「ブラジャーずらしてオッパイ見えるようにしろ」

恵子は恥じらいながらDカップのオッパイをブラジャーをずらし
Tの前にさらけ出した。


「恥ずかしい・・・」

「今度は下もだよ。

膝の上までパンツおろしてケツ突き出して俺の咥えろ」

「イヤッ、そんなことできない。

主人に電話させて」

恵子は普段と明らかに態度が違うTに戸惑っていた。


「ダンナと約束したんだよ。

俺の好きなように恵子を抱いていいって。

女を抱くの6年ぶりなんだ。

協力しろよ。

恵子だってダンナに言われてきたんだろ?」

恵子もTの言葉を聞いて主人が望むなら要求に従うしかないと、
Tのいう通り黒のうすいレースのショーツを膝の少し上までおろし、
裸でベッドにふんぞり返っているTの股間に顔を埋め、
目をつぶったままピチャピチャといやらしい音をたてながらノドの奥までネットリと咥えこんでいった。


「次はチンチンしごきながら俺の乳首を舐めろ」

と言い恵子の胸を乱暴に掴み自分の乳首を舐めさせながら、
恵子の唾液でヌルヌルになったペニスを大きなストロークでゆっくりとしごかせた。

恵子も、まるで商売女にでもなったかのように小さな吐息を漏らしながら奉仕し続けた。

Tは携帯のカメラで数枚、恵子の裸を写した。

  
ベッドの足側の壁に掛かった大きな鏡には、
妻の恵子が私の友人に奴隷のように奉仕する姿が写し出されていた。

それを見て興奮したTは

「ダンナのチンチンと俺のとどっちがうまい?」

「ア~ン わからない・・・そんなこと言えない・・・」

「正直に言わないと、今携帯のカメラで撮った恵子の裸の画像ダンナの知り合いにばら撒くゾ!」

「お願い、それだけは許して・・・」

「じゃ、言うんだ。

ダンナと俺のチンチンどっちがうまいか?」

「約束して。

主人には言わないって。

そうしないと主人を裏切ったことになってしまう・・・」

「わかったから言ってみろ」

「・・・T君のオチンチンのほうが主人のよりおいしい・・・」

「それで、どうしてほしい?」

「・・・い・いれてほしい・・・」

「それだけじゃ解らないなあ。

はっきり言えよ」

「恵子のオ●ンコにT君のオチンチン入れてください・・・」

「ダンナのとどっちがほしいんだ?」

「T君の・・・、T君のオチンチンを恵子のオxxンコに、恵子のオ●ンコに入れて~」

恵子は遂にTのペニスを自分からおねだりしてしまった。

Tは恵子のおねだりの言葉を聞いて、ブラとショーツをむしりとり
四つんばいでいやらしく突出した恵子のオxxコにバックから汚い
ペニスを勢い良く根元までぶち込み激しくパンパンと打ち付けた。


「ア~ン き、気持ちいい~」

「どこが気持ちいいか言ってみろ!」

「オ、オ●ンコ~!」

「ダンナのとどっちが気持ちいいんだ?」

「ア~ン T君、のオチンチンが気持ちいい~!」

バックから生で突かれて恵子も相当気持ちよかったのか
Tの言うことは何でも受け入れる女になっていた。


「もっと気持ちよくしてほしいか?」

「もっと、もっと気持ちよくして~」

「だったら、このまんまの状態でダンナに電話しろ!」

と、恵子の前に携帯を放り投げた。


「イヤッ、イヤッ、T君のオチンチンが私も中で動いているのに主人に電話するなんて・・・」

「ダンナもお前のヨガリ声聞きたがってるはずだ。

早く電話しろ!」

Tの「恵子」という呼び方が「お前」に変わった。

恵子はTに激しくバックから突かれながら、私に電話をかけてきた。


「・・・もしもし」

「あなた、ごめんなさい。

今、T君のオチンチンが入ってるの・・・」

「気持ちいいのか?」

「気持ちいい~ あなたのより気持ちいい・・・!」

私は初めて妻の恵子が他人のペニスをオxxコに咥え込んだままの電話の声に興奮しながら、
黙って電話のむこうの様子をうかがった。

Tが恵子に何か言っているようだ。


「ダンナに中出しすると言え!」

「だめっ、だめっ、妊娠しちゃう。

お願い、中はだめっ!お願い、外に出して~!!」

「う~っ、出すぞ 出すぞ!お前の奥さんの、中にっ~ 恵子のオ●ンコに~ ア~ッ!!!」
 
妻の必死で抵抗している声とTの射精した瞬間の声が聞こえてきた。

私は、自分の愛する妻が他人に中出しされる瞬間を電話で聞くとは
夢にも思わなかった。

電話の向こうからTが恵子に命令する声が聞こえてきた。


「恵子、口できれいにしろ」

命令口調である。

恵子の声は聞こえない。

しかし、耳を澄ますとピチャ、ピチャとTのペニスを舐めている妻の舌使いの音が聞こえてきた。

私は複雑な気持ちで携帯を置いた。


電話を切った後、恵子は30分ほどTのペニスをしゃぶらされ
元気になったTの上にまたがり腰を振らされ、これから毎週土曜日は
Tのためにオ●ンコしに来ます。

と私に断わりもなく約束させられた
と言っていました。


二度目の射精も、恵子に「中に出して」とおねだりさせ、
恵子はTの出した精液をすべてオ●ンコで受け止めてシャワーも浴びずに帰って来ました。