RS=^ADBQs9g4Fmo2p1Y1abnvmCndKDel_E-
彼女の母親との体験談。

来年には結婚する予定の彼女の母親と、

最近はセックス三昧の日々を送ってます。


彼女とのセックスを何度となく見られてそのたびに翌朝、

「激しかったね!」と冷やかされていました。


ある晩、彼女がセックスに疲れて寝てしまった後に

義母も寝てるだろうと思い射精出来ずに勃起してるチンポを晒したまま

台所に行くとオナニーしてる義母と遭遇しました。



薄明かりの中に居る義母は40半ばとは思えない体型で、

俺は欲情してしまいつい義母を襲ってしまいました。


ビックリしながら嫌がる義母の口に無理矢理チンポをねじ込み、

吐き出されないように頭を押さえてイマラチオ状態で、

娘の愛液まみれのチンポを味わせました。


その様子にたまらなくなって愛撫もそこそこに義母のマンコに挿入すると、

驚いたことに義母は自ら腰を振りだし、悦び簡単に逝ってしまいました。


1度逝くと連続で逝くカラダらしく、

ビクビク痙攣しながらマンコもぎゅうっと締まり、

ヤバいって思った時にはもう遅くて中出し。


翌朝、耳元で娘より先に妊娠したかもって言われてしまいました。