rtfd
ミッコと逢いだして数年経った。

夫が以前から悪かった腰の痛みが
ひどくなり手術する事に、30代の頃から痛がって性生活も
あまり無く、夫からは「以前交際していた人にオメコしてもらったら」
と冗談か本当なのか分からない様な事を言ってました

ミッコに逢うようになって数年経ち、夫に打ち明けました、色々話
夫はうすうす気づいており許してくれました、「体は良いけど
心まで奪われないように」と、夫の思いに思わず涙が出ました

無事退院してから、少し休んで仕事に復帰し出張に出る時
「入院中は良く尽くしてくれ有難う、長い事してないんだから
ミッコに逢って良いから、楽しんで来い」と夫の看病でミッコの事
は忘れていたのに、夫が居なくなりミッコの事を思いだすと
ソファに座り手がオメコに、乳を揉みながらオナニーを
夕方ミッコに電話を、逢いたいと言うと「旦那さんは良くなったのか」
と言われ、夫にミッコに逢っている事を話し許してもらった等を伝える


明後日昼から休みなのでアパートに来て」と其の日に成り
アパートに向かう車の中で久し振りに逢えると思うとオメコが濡れて
来るのが分かりました、アパートに着き玄関でミッコに迎えられ
抱きつきキスをし、乳を揉まれパンツの上からオメコを触られ
久し振りの快感に恥ずかしかったけど「ミッコ気持ち良い」と思わず声が、「旦那に許して貰ったんだったらもっと気持ち良い事をしよう」
私は直ぐにでもして貰いたかったのですが、
雨が降っていたのですが、「今からドライブに行くから下着を脱いで」
と言われ、パンツとブラジャーを外しミッコの車に乗りシートに
座りスカートが濡れないかと心配していたら、車が走り出すと
「スカートを脱いで」と言われ従う事に、対向車に見られないか
心配でしたが、山の上に海の見える公園があり駐車すると
ミッコにブラウスのボタンを外し脱がされ、裸に
乳を揉まれ抱きつきキスをしていたら、車が通りこちらを見てました

「ミッコ恥ずかしい」と離れようとしましたが、ミッコは止めず
しばらく乳を揉まれ、恥ずかしいのと気持ちいいのとで
体が熱くなりオメコは汁が垂れシートを濡らす程になり
ミッコに抱きついていたら、「後ろのシートに行こう」と後ろに
ミニバンなので後ろは広く、シートを倒しミッコも裸になり
私の足を大きく拡げ、オメコをオメコを舐めたり、クリを吸ってくれたり
オメコの中に指を入れ、クチャクチャと音を立て動かされれていると
ミッコが69の姿勢になり、目の前にミッコの大きく勃起した太い
チンコが、すぐにでもオメコに入れて欲しかったけど、頬ずりし
しゃぶりつき、さき汁を吸い舐め、玉を吸っていると、
「尻の穴も舐めて」と初めてだったけど、ミッコが喜ぶのだったらと、
舐めたり吸ったり、肛門を手で広げ舌を挿し込むと
「ノン気持ち良い」と喜んでくれ、起き上がりシートに座ると
「ノン上になって」と言われ、ミッコを跨いで腰を落とし
久し振りのミッコの大きいチンコを、気持ち良くて汁が垂れている
オメコに押し広げながら入り、快感に腰を少し動かしただけで
逝き動くのを止めると、ミッコが下から激しく突き上げ、気持ち良く
ミッコの上に倒れ込み、動けないでいると、尻を突きだしてと
後ろから入れられ動かされていると、汁で一杯になった

オメコからグチャグチャと白い汁と泡が溢れ出て、
気持良い快感に頭がふぁっとなり、シートに倒れ込み少し痙攣が
体位を変える度に逝きふらふらになり、「少し休ませて」と
シートに横になる、外は雨のせいもあるのか少し薄暗くなっている

ふらつきながら起き上がり、ミッコの大きくなったままのチンコを
舐めしゃぶっていると、ミッコが起き上がり私の足を持ち上げ
大きく拡げ大きいチンコをオメコの中に、突っ込まれると激しく
腰を動かしながら「ノン誰かに覗かれながらのオメコも良いやろ」
と言われ、「恥ずかしいけど気持ちいい」と下から腰を突き上げ
逝くと、ミッコも「逝く」とチンコを抜き私の口に勢いよく精子を
ドクドクと出され、飲み込むとチンコに吸いつき残りを吸い
チンコを綺麗にして抱き合い、車の中というのも忘れ裸のまま
少し休んでから、服を着て助手席にシートを倒し横になり、
運転席のミッコのチンコを握ったまま、心地良く眠りアパートへ
ミッコの部屋でシャワーを浴び、下着を着け帰る準備を
ミッコとキスをし玄関を出ようとすると「今度から来るときは
下着はつけないでこい」と言われ思わず「はい分かりました」
と言ってました、帰りにほか弁を買って帰りましたが、
久し振りの気持ち良い疲れに、食べずにソファに横になり
朝までグッスリ眠る事ができました。



チンコを握ったまま