Tomena Amamiya
高校3年生の9月初めの学園祭の時でした。

男子に「ちょっといいかな」と声をかけられました。

私は「いいけど」と言い、二人っきりになりました。

その男子は、高校2年の時同じクラスでした。

「好きです。

つきあってください」と初めて告白されました。

「ごめんなさい。

受験勉強で男の人と付き合ってる余裕はないの」と私は断りました。

本音はその男子に恋愛感情を持てなかったからだけど、受験で恋愛をする時間も無かったからも本当です。



私は受験勉強をし、何とか志望の大学に受かりました。

県外の大学でした。

職員室・事務室近くの廊下に、進路が決まった生徒の紙が貼られました。

私は、学園祭の日に告白してきた男子の名前を探しました。

ありました。

彼は、調理専門学校に決まってました。


彼の名前を見ながら、(どんなちんこしてるんだろ?)と思いました。


振り返ると彼がいました。

「将来は、調理師になるの?」と彼に言いました。

「うん。

君も大学に受かってよかったね」
「ありがとう」
「お互い、卒業しても頑張ろう」
「ええ」
「じゃあ」
「・・・あの、今から帰るの」
「そうだけど」
「一緒に帰らない」
「いいの?」
「ええ」
放課後、私は彼とデートをしました。

別れ際にキスをしました。

「さようなら」
彼と会った最後でした。


数日後、私達は高校を卒業し、別々の道を歩き始めました。