4
私は松本 信二(45歳)小さな設計事務所を経営している。

妻(有里 40歳 158・86・60・88)も事務所を手伝ってくれています。



夕方、予定より早く帰社した達也に事務所での夫婦の遊びを見られた私達は達也に口止めを約束させるため仲間にするしかなかったのです。

電話で私の覚悟を聞いた妻も『仕方ない・・・』と意を決したようです。



私と達也を乗せたタクシーは自宅に着きました。

玄関で私達を迎えてくれた妻の有里は事務所での格好にカーデガンを羽織ったままでした。

ただ透けたブラウスからはブラは着けていないのか乳首が透けてみえます。

達也をリビングに通して私はシャワーを浴びに行きました。

シャワーを済ませた私は腰にバスタオルだけの格好でリビングに戻りました。

有里と達也は客用の3人掛けのソファーに並んでビールを飲んでいました。

「達也もシャワーしてこいよ」
有里に案内され達也はバスルームに付いていきました。

達也をバスルームに案内して戻った有里に声を掛けます。


「さっき、達也となにを話してたの?」
「達也君に聞いたの?『こんな、おばさんでもいいの?』って・・・達也君がね・・・『有里さんを想って毎晩、オナニーしてました』だって・・・今日の事も聞いたわ・・・達也君に聞かれていたの・・・私のHな声も・・・ローターの音も・・・恥ずかしいわ・・・パパ・・・私、今夜は大胆になるから怒らないでね・・・」
「怒るもんか・・・有里をこんなHな奥さんにしたのは私だ・・・今夜は楽しもうな・・・」
「パパ・・・」
達也もシャワーを済ませてリビングに戻ってきました。

達也も腰にバスタオルだけの姿です。

替わって有里がシャワーを浴びに行きました。

二人だけでビールを飲んでいると重い空気になってきます。

その空気を振り払うように達也に声を掛けました。

「達也・・・有里の別の写真とビデオを見るかい?」
「ええ・・・見せてください。

達也に有里の恥ずかしいアルバムを手渡し部屋に有里のDVDを取りに行きます。

リビングに戻ると達也は食い入るようにアルバムを見ていました。

腰のバスタオルを突き破るように勃起した肉棒が目に入ります。

「所長・・・有里さん、凄いですね・・・興奮するなぁ・・・」
「事務所での有里と違うだろう?明日は休みだし予定がないんだったら泊まっていけよ・・・」
「・・・はい・・・そうします・・・」
私はリビングのテレビに有里のDVDをセットしてリモコンの再生をおしました。

有里がバイブを使ってオナニーしている姿が映し出されます。

達也はアルバムを手にしたまま画面を見つめます。

ビールを薦めると画面を見つめたまま一気に飲み干しました。

「・・・有里さん・・・」
達也の肉棒を勃起させたまま妻の名前を呟きました。

その時、リビングのドアから顔だけ出して有里が聞いてきました。

「まだ、ビールある?」
「もう少し持ってきて・・・」
「はーい」
冷蔵庫からビールを持って現れた有里を見て驚きました。

赤の透け透けのベビードールだけで下着は白のTバックだけです。

その白のTバックも前は殆どがレースなので有里の陰毛が透けて見えます。

テーブルの横に立つ有里を私と達也が胸から脚まで舐めまわすように見つめます。

「二人とも・・・恥ずかしいから・・・」
「有里さん・・・色っぽいですよ。

綺麗だ・・・」
「ありがとう・・・達也君・・・」
「乾杯しよう・・・有里・・・達也・・・」
達也の横に有里が座って3人で乾杯しました。

「・・・あんっ・・・パパったら・・・達也君に恥ずかしいビデオ見せてる・・・」
「いいじゃないか・・・見せるぐらい・・・今夜はもっと恥ずかしいこと達也とするんだろ?」
「・・・うん・・・達也君・・・有里と遊んでね・・・」
「有里さん・・・宜しくお願いします・・・」
「うふっ・・・達也君・・・ビンビンになってる・・・可愛い・・・」
「す・すいません・・・」
私は有里の後ろに回ってベビードールを脱がせ露になったバストを揉みました。

「・・・あんっ・・・気持ち良いわ・・・達也君・・・夕方、事務所でパパにしてたことしてあげようか?・・・」
有里は達也の腰に巻いただけのバスタオルを開いて肉棒を握りました。

「・・・達也君・・・大きい・・・」
有里の隣に腰を降ろした私の肉棒にも手を伸ばして握ってきました。

「・・・やっぱり・・・パパより大きい・・・」
私も人並み以上の大きさですが達也の肉棒は私より大きく20センチ位ありそうで太さも私の1.5倍はありそうです。

真ん中に座った有里は両サイドの肉棒を片方を扱いて片方を咥えます。

私と達也に片方ずつバストを揉まれ感じてきた有里は『・・・パパ・・・オ〇ン〇ン・・・欲しい・・・入れて欲しいの・・・』と求めてきます。

「どっちのが欲しいんだ?」
「・・・今夜は・・・二人で・・・して・・・」
「達也・・・ベットに行くぞ」
達也と二人で有里を抱きかかえて寝室に移動しました。

有里のTバックを脱がせてベットに乗せました。

「・・・パパ・・・達也君・・・来て・・・」
達也は有里と激しく舌を絡ませるようなディープキスをしています。

私は有里の下半身を舌で舐め取るように責めていきます。

「・・・あ~ん・・・パパ・・・オ〇ン〇ンが欲しい・・・」
「・・・有里・・・最初は達也に入れてもらえ・・・」
「・・・うん・・・達也君・・・入れて・・・」
有里は枕元のコンドームに手を伸ばして達也に付けようとしています。

「・・・うそっ・・・パパ、達也君の太すぎて付けられない・・・どうしよう?」
完全に勃起した達也の肉棒には明らかにコンドームのサイズが合っていません。

「有里、今日は安全日?」
「・・・だと・・・思う・・・でも・・・中で出さないで・・・」
「達也・・・生で入れてもいいぞ・・・中出しするなよ。

「・・・ええっ・・・出さないようにします・・・」
有里は仰向けになって達也を迎え入れようと少し脚を開きます。

達也は有里の脚を広げて体を入れました。

有里の脚をM字に広げ肉棒を肉壷に擦り合わせるように位置と角度を合わせます。

有里の肉壷からはグチュグチュと卑猥な音がするのです。

「有里さん・・・入れますよ。

「達也君・・・来て・・・」
二人を覗き込むように私は二人の挿入を見ました。

達也の肉棒は有里のビショビショのはずの肉壷に小陰唇を巻き込むように亀頭だけ入りました。

「あん・・・きつい・・・パパ・・・達也君の太すぎるぅぅぅ・・・」
達也はそのまま少しずつ肉棒を沈めていきます。

「・・・ああっ・・・入ってくるぅぅぅ・・・まだ、動かないでぇ・・・」
半部ぐらい入った状態で有里に声を掛けました。

「有里・・・大丈夫か?」
「パパ・・・なにか・・・気持ちよくなってきたぁ・・・達也君のオ〇ン〇ン大きくて・・・堅いの・・・」
達也の肉棒はズブズブと有里を犯していきます。

「・・・有里さん・・・入りましたよ・・・」
「・・・子宮が突き上げられているみたい・・・」
「有里さん・・・ゆっくりと動きますよ・・・」
有里の肉壷の小陰唇を巻き込むようなピストン運動に喘ぎ声を有里はあげています。

その時、私はビデオを思い出し隣の部屋に取りにいきました。

ビデオの準備を済ませ部屋に戻ると有里は『また・・・逝っちゃう・・・イクッゥゥゥゥゥゥゥゥ~』
なんと、有里は2回目の絶頂を迎えていたのです。

ビデオをセットしてベットに近づきました。

達也は巨大な肉棒でラストスパートのようなピストンで有里を責めています。

「達也・・・逝きそうなのか?」
「いえ?・・・まだ、大丈夫です。

・・・有里さん、感度がいいですね。

巨根にこんな高速ピストンをされたら有里もたまったものではありません。

「ああっ・・・凄いよぉ・・・また・・・逝ちゃうぅぅぅぅぅぅ~イクッ・・・イクッ・・・逝くぅぅぅぅぅぅぅ~」
有里はまた絶頂を迎えました。

私は撮影に専念しようとベットを離れました。

達也が射精したのは1時間近くも立った頃でした。

達也が逝ったのと同時に有里は何十回目かの絶頂を迎え気を失いました。

私はビデオを止め二人を残してリビングに降りました。

残ったビールを飲み干し二人の痴態を思い出していると眠りについていまいました。



「パパ・・・」
有里に揺り起こされて目覚めました。

「・・・パパ・・・ごめんね・・・」
「有里・・・良かったかい?」
「・・・うん・・・死ぬかと思った・・・」
有里は恥ずかしそうに笑いました。

「・・・あのね・・・私も達也君に起こされたの・・・キスされて・・・舐めてあげたらまた大きくなちゃって・・・パパ・・・寝室にいこう。

「今夜は有里と達也で楽しんでおいで・・・ビデオだけ頼むよ。

「・・・いいの?・・・パパ・・・」
「・・・いいから・・・」
有里は階段を昇っていきました。

少ししてシャワーを浴びようと廊下に出ると有里の喘ぎ声が微かに聞こえてきます。

私は音をたてないように静かに階段を昇っていきました。

寝室のドアは少し開いています。

寝室の常夜灯は点いていて二人のシルエットは見えます。

仰向けに寝た達也に有里が跨って腰を振っていました。

「有里さん・・・結構、淫乱ですね。

「・・・イヤッ・・・言わないで・・・達也君のオ〇ン〇ンのせいよ・・・アンッ・・・また、イクッ・・・イクッ、イクッ、イクッ・・・逝ちゃうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ~」
有里が達也の胸に倒れ込みました。

「有里さん・・・大丈夫ですか?・・・有里さんのオ〇コって凄く締まりますね。

・・・子宮を突付いていたら奥の穴に先が入ってる感触があるんですよ。

子宮内挿入ってものかな。

「・・・そうかも・・・達也君に子宮まで犯されたのかも・・・ねえ・・・もっとして・・・達也君・・・」
私は二人に気付かれないように階段を下りました。

シャワーを済ませリビングで眠りました。

8時過ぎに目覚めた私はまた音を立てないように階段を昇りかけた時、有里の喘ぎ声が耳に入ってきました。

私はリビングで新聞を読んだりテレビを観たりして二人を待ちました。

11時前にリビングのドアが開いて全裸で手を繋いだ二人が入ってきました。

「パパ・・・ごめんなさい・・・」
「・・・所長・・・すいませんでした・・・」
「・・・二人でシャワーしてきたら?」
「うん・・・達也君いこう!」
二人はバスルームに消えました。

少しする二人が気にかかります。

廊下に出てバスルームを伺っていると『・・・ダメだって・・・パパに聞こえちゃうよ・・・ダメ!・・・もう・・・咥えるだけだよ・・・チュパチュパ・・・もう・・・欲しくなってくる・・・入れてぇ・・・」
私はリビングに戻ります。

1時間以上してから二人はリビングに戻ってきました。

有里は昼食を作っている間、達也に有里の感想を聞いて見ます。

「達也、さすがに若いな。

「・・・所長・・・すいません・・・」
「いや・・・いいんだよ。

こんな事、頼んだのは私だ。

秘密にしろよ・・・」
「もちろんです。

誰にも言いません!」
「だったら・・・三人でこれからも楽しもう。

「はい・・・」
「ところで・・・何回、逝ったんだ?」
「三回です。

「一晩中してたった三回だけ・・・?」
「・・・はい・・・すいません・・・一度、射精するとなかなか逝かないです・・・」


昼食を済ませた後、リビングで3人はくつろいでいました。

「有里・・・フェラしてくれる?」
「パパ・・・まだ、一度も逝ってないよね・・・」
有里は服を脱いでショキングピンクの上下お揃いの下着姿になりました。

私も全裸になりながら『達也も脱いだら?』と促します。

ソファーに腰掛けた私の肉棒を下着姿の有里がフェラします。

「達也・・・もう、ビンビンだな」
「そうなの・・・達也君、元気だから一杯、逝かされちゃったわ・・・」
「達也・・・有里を喜ばしてやれよ。

達也は立ち上がって四つん這いでフェラしてる有里の下着を脱がせました。

有里のお尻から舌を伸ばして肉壷を舐めています。

「・・・あんっ・・・達也君・・・また・・・欲しくなる・・・アアッ・・・もっと、舐めて・・・」
有里は悶えながらフェラを続けます。

「ああっ・・・いいっ・・・パパ・・・達也君に入れてもらっていい?・・・達也君・・・オ〇ン〇ン入れてぇ~」
有里は上下の口で肉棒を飲み込み歓喜の渦に飲み込まれていきました。



あの日以来、事務所に来客の予定が無い時は鍵を掛けて有里は全裸で仕事をしています。

いつでも、私か達也の肉棒を咥えたり肉壷に入れられたりするためです。

週末は私と達也に責められ眠れない夜になります。

今、達也と相談しているのですが達也の友人達に、有里を貸し出す計画中です。